人気ブログランキング |
ブログトップ

時々更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


 今売れてるワイン~♬ は、コレ!↓

今売れてるねん。_d0212522_18344600.jpg
トレドンネの、
ロエーロ・アルネイス ‟ドンナキアラ” 2018
と、
ランゲ・ネッビオーロ ‟ドンナネーラ” 2015

 トレドンネのオーナー、ピエルニコラが来阪して一緒に食事したのは9月の末だった。
 イベントが目白押しの時期だったから彼らのことを書けなかったけれど、
 順調に売れてくれてよかったよかった♬

 ‟トレドンネ”というくらいだから、このカンティーナの主役はそう、三姉妹だ。
 だからそれぞれのワインに<ドンナなんとか>って必ず名前がついている。
 女性は他にも、ピエルニコラのおばあちゃんがいたりして、彼女の名前を冠したバローロなんかもある。
 家族の想いが、詰まっているのです。

 一度飲むと必ずリピートしたくなる、優しい味わい。
 試してみてみー♬

業務用イタリアワインなら!エノテカビアンキッ!!家族の想いも届けます。~



# by enotecabianchi | 2019-12-10 18:36 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)

フィレンツェっ子比較。_d0212522_19092227.jpg
 今日のテイスティング風景~ッ♬
 トスカーナ特集。
 久々のアンブラやね。
 カルミニャーノにあってこの価格そして、このクラシックスタイル。
 どちらかが年内イイ価格になって、どちらかが1月の新着案内に載ることになった。
 お楽しみにッ!!

 ところで右にいてるキミ、なんやその分かりやすすぎるチャラいイタリアーノの格好は?(笑)まるでジローラモやないか。
 しかもオイッ!
 下半身マッパやないか~い!(笑)
 フィレンツェで造られるメルロ&カベルネフラン。
 2018年と若いが青くなく、口に馴染む感じ。
 
 田舎風アンティパストをチャラめのイタリアーノと楽しんで、
 ほいでからパスタ&お肉をクラッシコ・イタリアーノと一緒にゆっくりと♬
 なんてコースは、いかがやろか?
 楽しい夜になること、請け合い♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!テイスティングが山積みです。大変や!~


# by enotecabianchi | 2019-12-09 19:11 | Comments(0)

 最初のインポーターに勤めていた頃だから今から20年以上前、
 あるマニアックなワイン評価本で、

「急速に評価を高めているアルト・アディジェの造り手がいる。彼はピノネロに夢中だ。」

 こう紹介された造り手があった。

あのピノネロが、再入荷♬_d0212522_17080624.jpg

フランツ・ハースだ。

 ほどなくして、僕の知っているインポーターが輸入することになり、エノテカビアンキでも扱っている。
 世界的に人気が高すぎて入荷するのも少量(と思う)、
 そして欠品していることの方が多い(かもしれないw)。

「おすすめのピノ、ある?」

 って聞かれてこれを勧めるとたいていリピートされる。
 ピュアで味わい深く、落ち着いた存在感。
 パッケージにスクリューキャップを採用しているのはこのピュアさをキープするためなのは、
 言うまでもない。

 ようやくの再入荷♬
 しばらくはある、と思うよ(笑)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!いいワイン続々! ~


# by enotecabianchi | 2019-12-07 17:08 | 再入荷! | Comments(0)

 インポーターさんから先日、豪華な木箱に入ったワインが1個、届いた。
 多忙を極めてたのと見るのが怖かったこともありしばらく放置してたけれども、
 今日恐る恐る開けてみたw
 そしたら、アスティでした♬

うっとりするほどの甘美。_d0212522_19545166.jpg

デ・ミランダ 2011 (コントラット)

 アスティが木箱で!?
 そうそう、僕も初めての経験。
 見ての通り、コントラット名義でラ・スピネッタが創ったアスティ。
 し・か・も!
 メトド・クラッシコのアスティね。
 先日の試飲会で他の高額赤ワインたちと比べても、群を抜いて素晴らしかった。
「こ、これがアスティだって!?」
 的な驚き。
 今やバルバレスコで有名なスピネッタだが、
 彼の名を世界に知らしめたのは単一畑のモスカートだったことを思い出してほしい。
 世界最高のモスカートの造り手でもあるのですよ。

 とはいえこのワイン、すンごい高いの♡
 それをケースで買うなんて正気とは思えない。
 酔ってたのかオレ?
 せやけどこのワイン、飲む人すべてに幸せを運ぶに違いない。
 初めての経験が口いっぱいに広がる。
 今読んでるそこのア・ナ・タ!
 1本買ってそんな経験してみないかーい?(切実)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!デザートワインを、楽しもう! ~


# by enotecabianchi | 2019-12-06 19:55 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 エトナから、ベナンティのアガティーノが大阪に来て夕食をご一緒した。
 僕の名前はもちろん憶えてなかったけれど、僕の顔を見るなり、
「ヘッヘーイ!エノテーカビアンキ!」
 つってハグしましてん!(笑)
 4年前に同行営業したの、憶えてはったんやー♬

 さてさて彼が今回来日した目的は、ベナンティの近況報告と新しいエトナのプロモーションだ。
 新たに<コントラーダ>のシリーズとして白1つ、赤2つのエトナが加わった。
 だが、ただ単に増やしたのではない。
 その最大の目的は<ラインナップを整える>ことにあるのだ。
 
 色んなエリアのブドウをブレンドして価格と品質にブレの無いように造られた<エントリーライン>。
 各エリアの特徴をフルにアピールする<コントラーダシリーズ>。
 そして、ベナンティといえば!という感ある、白の<ピエトラマリーナ>と赤の<ロヴィテッロ>。
 このふたつは今でも世界の美食家やコレクターが欲しがるワインだが、今後はさらに磨きがかかる。
 価格も今のようなものではなくなる。

やっぱりすごいわ、ピエトラマリーナ。_d0212522_20322419.jpg

ピエトラマリーナ2015

コントラーダ・カヴァリエーレ2017

 ガンベロロッソが発行する<グランクリュ・ディ・イターリア>にも、ピエトラマリーナは掲載されている。エトナで唯一のグランクリュ。
 年産8,000本に対して世界から35,000本のオファーが来るというから、ファンの熱量は大変なものだ。
 以前このブログに書いたコメントはこんな感じだった。↓

いつ溶解するのか予測できないほどのミネラル。
そして水晶のような透明感。
標高950メートル。
エトナでは唯一グランクリュに指定されているのが理解できる、秘めたポテンシャル。
アートに喩えるなら、水彩画。
でもそれ以上に、「氷の微笑のシャロン・ストーン」。

 ってね。
 4年前に書いたコメントだが、今でもそう思う。
 オンリーワンの個性。
 品質を考えればこの価格は絶対にお買い得。
 せやからケースで買いましてん。
 異次元のミネラルを体感したいなら是非♬

 Grazie Agatino♬
 また一緒に大阪を巡ろう!
やっぱりすごいわ、ピエトラマリーナ。_d0212522_20324345.jpg

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!
他にはないテロワールを、体感しよう♬ ~



# by enotecabianchi | 2019-12-05 20:33 | 造り手との食事。 | Comments(0)

12月は木曜日も配達してますよ♫_d0212522_18301022.jpg
 そうなんです。
 いつもの月、毎週木曜日は配達業務をお休み頂いています。
 お客さんの中には、
「ごめんね~お休みやのに電話してしもて・・・。」
 って方もいらっしゃいますが・・・、いや、仕事してますよ。配達がお休みというだけで・・・。
 配達業務しているとなかなかできない営業や試飲会への参加、デスクワークなんかをこの日に充てているのです。
 むしろ木曜日の方が忙しかったりするねん。
 とはいえ今は最大の繁忙期である12月。
 そんなこと言ってられない。
 <毎日配達体制>整えてますよ♫
 ご注文お待ちしております♡

12月は木曜日も配達してますよ♫_d0212522_18302671.jpg
 今日の虹、きれいやったなぁ・・・。
 明日はきっと、イイ日やわ。
 ご注文殺到やで!どないしよ!(ワクワクッ!!)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ロジスティクス、大事です。エノテカビアンキはそれを認識しています。~


# by enotecabianchi | 2019-12-04 18:31 | 業務連絡~。 | Comments(0)

「師走?そんなのダンディには関係ないんだゼッ!」

ロッコ ダンディ オルマンニ。_d0212522_18251698.jpg

ってロッコさん言うてはります~。
オルマンニ!同行営業🎵
年内最後のん、賑やかに無事終わりましてん。
知らなかったこと、いっぱい!
今からヴィアヴィーノさんのイベントに参加するさかいにこのへんで。
またレポートするなり~ッ。
できるのかオレ?師走にレポートできるのか?

「そんなのオマエには関係ないんだゼッ!書けよ!」

ってロッコさんに言われましたーーーッ!(ウソ)


# by enotecabianchi | 2019-12-03 18:27 | 造り手と、同行営業 ! | Comments(0)

 新着ワインの案内、届いた頃かな?
 改めて見てみると、トップページに!

ミスプリ(痛恨の!)_d0212522_19043214.jpg
痛恨のミスプリ!!
 「¥1」って!
 スーパー玉出かッ!?

 ハイ、スンマセン。
 銘柄は見えないように撮ったので金額お伝えします。
 正しくは「¥2,688」です。
 バリックでの熟成(これも書き忘れとる!)で、きれいな樽が感じられるシャルドネですわよ♫

 師走やさかいにさ、焦って仕事してしもたんやねぇ(イイワケ!)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ちゃんとした仕事できるよう精進します! ~


# by enotecabianchi | 2019-12-02 19:05 | 新着! | Comments(0)
クエルチャベッラ×中国料理。_d0212522_18115363.jpg
 今週も大忙しの一週間。
 木曜日のお昼は例の、<ドゥエフィオーリさん試食会>で夕方まで、
 コース料理を食べながら、ワインを飲みながらの討論会。
 会が終わったのが16時半。
 あら?この2時間後にメーカーさんとディナーですが?(苦笑)
 そんなわけでその日の夜は、グレーヴェ・イン・キアンティの老舗、
<クエルチャベッラ>が来日、なんと中国料理<聘珍樓>さんとのコラボディナー!


特製焼味拼盆(香港式焼き物盛り合わせ)

 美味っすぃーわぁ♬
 サンジョヴェーゼが持つ優美な酸味をうまく引き出すためにバローロの優良な造り手<ヴィエッティ>を招聘するほどのクエルチャベッラだ。
 中国料理との寄り添い方は並ではない。
 キアンティ・クラッシコは言うに及ばないが、一番驚いたのが<バタール2016>の完成度の高さだ。
 この価格、高くないと思う。
 実際、ブルゴーニュの白を扱うフレンチとかのお店からのオファーが最近、増えているのだとか。
 確かにそれらと比べれば随分お買い得だ。

 やっぱりすごい造り手なのよね。
 クエルチャベッラ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!良いワインは、良い料理にうまく寄り添うのです。~

# by enotecabianchi | 2019-11-30 18:12 | イエスタデー、コレ食べたでー。 | Comments(0)

 ピエモンテがやたら多くなった今回の新着。
 師走やさかいにね。
 赤が多くなったのはもちろんだが白も、冬のよそおい。

新着案内できました。_d0212522_21035599.jpg

エティケッタ・ネーラ 2018 (ルナエ)

 うしろに写っているエティケッタ・グリージャが夏に美味しいヴェルメンティーノなら、
 こちらは冬、是非大きいグラスで楽しみたい。
 熟成に樽を使っていないが、驚くほどの複雑み。
 そしてこのヴェルメンティーノは、香りが素晴らしい!
 オーナーのパオロ・ボゾーニ自らが厳選したブドウで造られる。
 2020年版ガンベロ・ロッソではなんと、<白ワイン・オブ・ジ・イヤー>に輝いたのだとか。
 この賞を獲得したワインの宿命だが、一瞬でなくなる。
 日本人好きやからねそういうの。
 そうなる前にまとめて買いましてん。
 この冬、一番の<おすすめ白>かも♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!いよいよ師走! 準備はよろし? ~



# by enotecabianchi | 2019-11-29 21:04 | 新着! | Comments(0)