人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


今日は午後から京都やさかいに、早めのアップ。

ここ数日、前回のブログに書いた内容について考えを深めていた。

酒販店はオンリーワンの商材を持たない。
だからこそ、「ここから買いたい」と思わせるなにかを、用意する必要がある。

インポーターのキーマンはそう言った。
確かにそうだ。
その言葉のお陰で新しい行動に踏み切れた。ありがとう。

逆にインポーターは、オンリーワンの商材を持っているからこそ、
それを数多ある他の商品に埋もれさせないような努力が必須となる。

先日、素晴らしい造り手を輸入しているのに担当の(ひいては会社の)心ない対応で取引を終了した会社が、残念ながら一社、あった。
そのインポーターのワインは今回のワインリストから姿を消した。
金輪際そこからは買わない。
造り手がかわいそうだから早く別のインポーターに移ってほしいと願うばかりだ。
あ、安心してください。FBでつながってる人の会社じゃ、ないよ(笑)

オンリーワンの商材を扱っているなら、その個性を伝え広めることこそインポーターの務めだ。
あの夜、酒販店である僕に提言してくれたインポーターのキーマンには、その気概があった。

エノテカビアンキの周りにはそんな人がたくさんいるし、今も増え続けている。
そして先日も、アツいオジサンがウチを訪ねてきた。
携えてきたのはシチリア、チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア。
聞くとこの新しいインポーターはシチリアワインしか扱っていないという。
潔いね。

~ 伯爵夫人を携えて ~_d0212522_11331487.jpg

チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコ・コンテッサ・コスタンツァ2020(ボルトローネ)

そして見よ!この<ダサカッコいい>ラベルを!(笑)
涼しい味わいのチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア。
ラベルに佇む凛とした公爵夫人そのままに。
フラッパートとネロダーヴォラを半分ずつ。ステンレスでの熟成を経る。
フラッパート単体ならともかく、チェラスオーロで夏に推したいと思った造り手は、これが初めてかも。
今回のワインリストにももちろん掲載されているから、試してみてね♬

ワインリスト集中週間、ようやく終了。
これからは夏に美味しいワインをお供に、リストを携えて走り回るとしまするか♬
まずは今日の京都から♬

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#ワインリスト
#できましてん
#個性を伝える
#伝道師
#インポーター
#尊敬します
#チェラスオーロディヴィットーリア
#ボルトローネ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#bortolone
#sicilia
#contessa
#costanza
.


# by enotecabianchi | 2023-07-31 11:34 | インポーターのお話。 | Comments(0)

~ 仲間みんなで こしらえる ~_d0212522_17521673.jpg

写真は、次のワインリストに掲載される文言。
あるワインの備考欄に書いたものだが、相性抜群。スタッフ上野くんの実体験だ。

ウチのお客さんでこのリストを知る人なら、「意外!」と思われるかもしれない。
なにせウチのワインリストは、「可能な限り私的感情を記さない」ことに徹していたからね。
それを、次回から変えていこうと思う。

とあるメーカーズディナーにて。
造り手が来てるわけだから彼らの話が中心だったが、その合間、
そのインポーターのキーマンはこう言った。

「我々インポーターはオンリーワンの商材を提案できるけれど、
酒販店はどこからでも仕入れられる商材を扱い、それを決めるのは各々のお客さんだ。
どこからでも買えるなら、『この人から買いたい!』と思ってもらえるような何かを、
こちら側が用意すべきなのでは?」と。

ごもっともです。
公正を是としてきた今までの考えは時に、消費者とワインとの距離ができてしまうことがある。
それはそれで本末転倒だ。
そして考えてみれば、ワインリストを創った段階で既に公正ではないし主観が入りまくっている。
これからもそんなエノテカビアンキのリストを気に入って頂けるお客さんへ、ワインを提案し続けるつもりです。

商品はオンリーワンではないけれど、オンリーワンの提案はできるはずだ。
恐らく誰よりも多くワインを飲んでいるだろうし、
飲み歩いた結果に得たお料理との相性は、他より優れていると思う。
ただの呑み助の言い訳やけどね(笑)

まずはごく一部のワインに限られるけれど、経験に基づいた情報を記し、温度が感じられるワインリストを創ってゆきます。

~ 現場が欲する情報を、的確に、着実に。~

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#ワインリスト
#更新
#実体験
#価値ある情報を
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#listadeivini
#winelist
.


# by enotecabianchi | 2023-07-18 17:52 | 業務連絡~。 | Comments(0)


造り手との関わりがほとんど無かった月初。
といっても、研鑽と称して食べ歩くことは怠らない僕、タカシーノです♬

~ 楽しみたいなら、さあすぐに ~_d0212522_22430371.jpg

過日の本町ヴィネリア・ヴィアヴィーノさんの、
運んで来られたシェフのドヤ顔が忘れがたい、
<牛フィレ肉のグリル>

なるほど確かに、「ドヤッ!」と言いたくなるようなきれいな火入れやね♬
視覚そして嗅覚によって、食べる前からもう美味しい。
いそいそとナイフを入れたなら、その柔らかさに思わず口元がゆるむ。
ヨダレ落ちてたに違いない。

おっと、グルメレポートとちゃうからこの先はご想像にお任せするとして、
かのソムリエさんはこのお料理に何を持ってこられたか。
うしろに写ってるね♬

実はこのワイン、ブラインドで出てきた。
「牛肉なら、サンジョヴェーゼっすよねぇ」ってヒント言いながら。
きれいなガーネット。
香りからはっきりとモンタルチーノが感じられ、しかも<南>であることを窺わせる果実があった。
とはいっても、タレンティやチャッチ・ピッコローミニのような集中力があるとはいえず、味わいは大らか。
これらと比べたら規模はもっと大きいか。
バンフィ?
いや、バンフィの個性とも異なる。
そう考えを巡らせていると、この造り手に辿り着いた。

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2014 (コル・ドルチャ)

かなりいい!
ポジティヴな意味で、ゆるい。
店主の的確な予想によってコル・ドルチャは、広く深く昇華したのです。
<ドヤ肉>との相性はもう、言うまでもあらへんがな。
ヨダレ倍増やw

レストランを楽しむ環境は、ますます良くなっている。
優れた料理人による想像豊かな調理アプローチでお料理の質は格段に向上し、
現代の優れた技術によってワインの醸造だけでなく現場のサーヴィスレベルは向上し続けている。
ブルネッロがグラスで飲めるなど、10年前には考えられなかったことだ。
そしてこういった煌びやかな経験は、家の中では実現しえない。

この世に、レストランがあってよかった。

最高のアッビナメントにご満悦&ヘベレケのオジサンはそう結論づけたのです。

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#牛フィレ
#グリル
#ドヤ顔
#ブルネッロディモンタルチーノ
#コルドルチャ
#ヨダレもん
#レストラン
#外食
#応援します
#アッビナメント
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#brunellodimontalcino
#montalcino
#griglia
#carne
#abbinamento
#ristorante
.


# by enotecabianchi | 2023-07-10 22:43 | ペアリング。 | Comments(0)

~ 造り手の熱を 感じましょ ~_d0212522_18113216.jpg

造り手の来阪はまだまだ続くね♬
先週はロエーロの雄、マルヴィラからロベルト!♬
これで何回目やろか大阪で逢うの?
いつかはヴィッラ・ティボルディでお逢いしたいねぇ♬

マルヴィラのワインが自社のセラーで長く熟成を経たものが多いのは、
「寝かせることで本領を発揮する」のを経験として知っているからだ。
そしてそのことを良く知ったソムリエさんが、「追い熟成」をかける(笑)

僕が手に持っているのは彼が造る「ロエーロ・トリニタ2006マグナム」!
うまいのなんの♬
自社のセラー熟成&追い熟成の賜物だ。
造り手の熱いエピソードを聞けば、その味わいはひとしおやのよねぇ。

今月も既にブックマークがちらほら。
7月も、楽しくなりそうやね♬

またレポートするなりー♬

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#マルヴィラ
#ロエーロ
#ピエモンテ
#ネッビオーロ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#malvira
#roero
#piemonte
#nebbiolo
#roberto
#giugno
#luglio
.


# by enotecabianchi | 2023-07-03 18:11 | 造り手との食事。 | Comments(0)

トアロードを散策、いや営業したあとのディナーは、元町の銘店、リョウリヤ タカシマさんへ。
コースのお料理が運ばれるや、このお皿が完成するまでのエピソードを話して聞かせてくれもうそれだけでも、美味しいお料理が更に引き立つ。そこに、このお店とシェフに関わった人やお店のことなんかも加わると、カウンターは特等席となり、さながら<高島劇場>へと昇華するのであった✨
〜 シェフのセンスに、なに合わそ? 〜_d0212522_09200469.jpg
頂いたコースの3皿目は、牛タンを使ったお料理。
おしながきには、「牛タン 塩檸檬」とある。
写真の通り、美しい。
但馬牛のタンをゴマ油、ローズマリー、タイムで6時間低温調理。
牛タンは薄切りにすることで、厚切りのいわゆる「ゴワゴワした感じ」を軽減し、そして香草を「巻く」ことで味わいがまとまり、見た目も美しくなる。
このお料理にはドイツのロザートが合わせられたが、相性はもう言うまでもないよね💕
そしてそのあとも、旨々のカルトッツォ、独創的なポルペットーネなんかを織り交ぜ、結局終電まで居座ってしもた~😅
つまり高島劇場を堪能しましてん✨
そして土曜日。
福島のタヴォリノさんへ、その日開けたワインを持って食事に出掛けた。
嬉しいことに、そこにも牛タンのお料理があったのでオーダーしてみた。
〜 シェフのセンスに、なに合わそ? 〜_d0212522_09204869.jpg
実は、持ってきたワインをどのタイミングで出そうかと悩んでいたところ、このお料理が運ばれた瞬間に、「ココやッ!」と思った次第。
お料理の名は「和牛タンの柔らか煮込み サルサヴェルデ」
そして持って歩いたのは、
ケルナー アリストス 2019(カンティーナ ヴァッレイザルコ)
抜群によく合ってくれた✨
サルサヴェルデにも、アスパラガスにも、もちろん厚切りの牛タンにもね。
お店変われば、そして創る人が変われば、お料理もまたそれぞれに昇華する。
そのお料理を引き立たせるためのワインのセレクトは、ことのほか大切だ。
職業柄、いろんなお店のお料理をたくさん経験している。
同じく職業柄、テイスティングしているワインの量は、かなり多い方だ。
あなたの創るお料理に寄り添うワイン、ご提案致します✨
という、おふたりの美味しいお料理をご紹介しながら自社アピールの投稿でございました〜🤣
リョウリヤタカシマさん、
タヴォリノさん。
ありがとうございました✨
また遊びに行きますね✨
〜 シェフのセンスに、なに合わそ? 〜_d0212522_09211919.jpg
3枚目の画像は先日ご一緒したカンティーナヴァッレイザルコなアルミンとの自撮り✨
このあとのルンルンも、楽しかったねぇ💕

# by enotecabianchi | 2023-06-27 09:24 | イエスタデー、コレ食べたでー。 | Comments(0)

by enotecabianchi