人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


 ルイジ・ルビーノ。 彼と会うのは何回目だろうか。
 同行営業はこれが2回目。
 3年前の初回はやはり、テヌーテ・ルビーノの基本ともいうべき <マルモレッレ> シリーズの行脚。
 そこから随分、知られるようになった。
 <上質な>ワインをリリースするプーリアの造り手として、ね。
 その影響か、インポーターが代わって初回入荷した分は、多めに仕入れたであろうにもかかわらず、ほぼ完売。
 中にはたった数週間で無くなったものもあったとか。
 そんな中、オーナーのルイジ来日。
 今回はだから、売れ筋のワインを持って歩くのではなく、<高品質>を追求しまくったワインを案内する旅となった。

 テヌーテ・ルビーノが高品質を追求するのは、国際品種ではない。
 白ブドウは 「マルヴァジア・ビアンカ」、
 そして黒ブドウは 「ススマニエッロ」、共にここの土着品種だ。

 マルヴァジアは、「カメレオン的ブドウ」 とよく言われる品種ね。
 スティルも泡も、白も赤も、辛口も甘口も造られる珍しいブドウ。
 テヌーテ・ルビーノは、辛口の白に仕上げる。
 とりわけ 「ジャンコーラ」 というマルヴァジアは、45年という高樹齢。
 ジャンコーラは単一畑の名前で 標高0メートル。 そう、隣は海だ。
 トロピカル系の香りと味わいはこの地のワインを想起させるものだが、
 このワインはその甘い香味を、海に由来するミネラル、そして酸が見事に支える。
 飲み心地が素晴らしいのよ!

d0212522_20385560.jpg
魚介のパスタに合わせて頂いたけれど、
言うまでもなく、ブオニッシモーーーーーーッ!


 土着黒ブドウの「ススマニエッロ」は、プーリアだけ、しかもこのブリンディシのエリアにしか植えられていない。
 ところでせやけど、ススマニエッロて、何語?
 語源を聞いてみた。
 そしたら、
<ソマレッロ・ネーロ:黒いロバ>
 から来ているそうで、ススマニエッロは樹齢が若い時はブドウをたくさんつける。
 イタリアではロバは、<強い>とか<たくさん>というイメージがあるそうで、
 ネーロは見た感じ<赤>というよりも<黒>に近い濃い色を呈していたから。
 フラッグシップの <トッレ・テスタ>は、それはそれはもう!

d0212522_20391275.jpg
仔羊さんとの相性抜群でございました~♫

 しかしながら何よりも驚いたのは、
 ススマニエッロでメトドクラッシコを造っていることだ。
 ほとんど黒に近い黒ブドウだからもちろんロザートだが、澄んだベリーのような美しい色あい。
 ギュッと凝縮しているが、心地良い酸味が清涼感を与える。
 あ、これプーリアの黒ブドウから造られたワインのコメントやで?
 考えられへんわ。

 そんな驚きがいっぱいの晩餐会。
 彼の造るプリミティーヴォもそうだが、
 一般的にいわれる、「プーリアは甘濃い」 というイメージとは テヌーテ・ルビーノは、異なる。
 最大の違いは、その飲み心地の良さだ。
 上品で、優しい。
 全てのワインに共通する。
 あ、それ、ワインだけじゃないね。
 ルイジの人柄も共通する。
 一日一緒にいたけれど、彼の上品な立居振舞いと余裕のある話しぶりは、
 周りの人をもリラックスさせる。
 こういう人が造るからこそ、ワインの味わいもそうなるのですね。
 そう 腑に落ちた夜なのでした。

d0212522_20393033.jpg
Grazie mille! Luigi e Francesco!

 7月の再入荷が、楽しみだ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!また大阪を巡ろうぜぃ ♫ ~


# by enotecabianchi | 2019-06-21 20:40 | 造り手との食事。 | Comments(0)

 テヌーテ・ルビーノのレポートはまた改めるとして、
 木曜日は配達をお休み頂いている分、時間に余裕があると思われていたり、
 そもそも会社自体お休みと思われていたりもするが、
 むしろ木曜日の方が、時間がないのよね。。

 今日はインポーターさんが3社、商談に来られた。
 その中に、嬉々として、そう嬉々として ワインを持ってオフィスに入ってくる人がいた。
 佐野さんだ。

「やっとこの日が来ましたぁ!」

 つって満面の笑みを浮かべた。
 当然だ。
 今年3月に入ってくる予定の、創業して初のワインが遅れに遅れて6月入荷。
 ようやく今日、テイスティングの日を迎えたのだから、普段とは違う想いであったに違いない。

d0212522_19415029.jpg
今回はシチリア、アグリジェントの「カニカッティ」という協同組合のワインたち。

 きれいに、丁寧に造っているのがよくわかる。
 とりわけ ネロダーヴォラは、はっきりとその品種の特徴を香りから取ることができるが、
 きれいな酸のおかげでどんどん飲み進む。
 そんなワインたち。
 まずはこの4アイテムから、始めることにした。
 7月の新着案内に載るが、この土曜日にはもう入荷していると思う。
 
 まっすぐな人が選んだ、まじめなワインたち。
 各インポーターからすれば、競合の多いシチリアに強敵現る! といったところか。
 
 褒めすぎやろか?(笑)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!まっすぐ同士やさかいに、この人とは時々衝突するけどねー(苦笑) ~


# by enotecabianchi | 2019-06-20 19:42 | テイスティング! | Comments(0)


造り手と、同行営業~♪

d0212522_18314559.jpg

プーリアの優秀な造り手、テヌーテ・ルビーノのオーナー、ルイジ・ルビーノと、
エクスポート・マネージャーのフランチェスコ!
楽しそうだろぉ?
終始こんな感じ♪
せやけどもちろん、マジメな話も。

北イタリアで注目を集めているブドウ品種は、
先日同行した、レ・モレッテのトゥルビアーナだろうか。
南イタリアならば断然、このテヌーテ・ルビーノが造る「ススマニエッロ」。
テヌーテ・ルビーノはこの注目すべきブドウを100%使ったワインの一番最初のメーカーであり、
栽培面積も世界最大を誇る。

そして、ススマニエッロ100%のメトドクラッシコ(これがまた美味!)
も手掛けるというから、ほとんどマニアやね。
とはいえ、メトドクラッシコに不可欠な要素といえば?
そう。「酸味」やね。
上質のススマニエッロはその酸味を上品に備える。

ススマニエッロは至るところで「パチモン」が出回っているらしいが、
それはこの品種が世界的に注目されていることの証でもある。
あ、パチモンつかまされないように注意されたし。

これからもっとマニアックなお話を伺うべく、彼らと晩餐。
またレポートするねー。

~ 造り手の熱き想いを汲み取ろう。~


# by enotecabianchi | 2019-06-19 18:32 | 造り手と、同行営業 ! | Comments(0)

 今日も、テイスティング~ッ♫

d0212522_20035285.jpg
レオヌス 2017 (コルトネージ)と、
キアンティ・モンテスペルト―リ・リゼルヴァ 2013 (パッリ)

 ほぼ同価格のサンジョヴェーゼ比較!
 大樽での熟成ってとこまで同じときている。
 でも、非常にわかりやすくラベルが示してくれているね。

 つまり、レオヌスはモダンな造りのサンジョヴェーゼ。
 果実のふくよかさと心地良い甘さが前面に出たタイプ。

 対して キアンティ・モンテスペルト―リ・リゼルヴァ (長いな!)は、
 香りからノスタルジー。
 昔から造り変わらんのやろなぁ、と思えるような、<洗練されてない感>。
 あ、褒めてるねんで。
 香りからも味わいからも、上質であることは撮ることができる。

 今回、レオヌスはもう少し様子を見ることにした。
 3ヶ月経ったら、また味わいが良くなるかもね。
 まずはパッリの キアンティ・モンテスペルト―リ・リゼルヴァ(長いて!)を、
 よろしくぅ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!洗練されてないワイン、好きです ♫ ~



# by enotecabianchi | 2019-06-18 20:05 | テイスティング! | Comments(0)

 「光が丘興産」をご存知だろうか?
 ある知ってる人がそちらに移られて営業に来られるようになったんだけど、

d0212522_17503704.jpg
 このスプマンテたち、かなり美味しい。
 エクストラブリュット(アッボーナ)は、ドリアーニの歴史ある造り手によるもの。
 標高300メートルで造られるピノネロとシャルドネのメトド・クラッシコ。
 ノンドザートの超辛口!

 ミラッツォ・クラッシコはシチリア、アグリジェントのシャルドネ&インツォリアのメトド・クラッシコ。
 白亜石灰質の真っ白な土壌。
 クリスタルのようにキラキラ輝く石灰岩が風化したものだ。
 味わいは正にそれを反映し、凄まじきミネラルを纏ったスプマンテ。

 このふたつ、小売価格を考えればまずサンプルは出せないワインだが、
 極めて説得力のあるトークを展開する元ソムリエの担当さんから、フランチャコルタと同じくらいの価格でもってご提案頂いた。
 既にスーパー営業マンぶりを発揮してはるわ!
 そんなインポーターさんの試飲会が来月、開催される。
 詳細は改めてお知らせするが、知らないから、とスルーしない方が良い。
 あなたが求める情報を、的確かつ巧みなトークで提供されること請け合い。
「一緒に試飲します?」という僕の問いかけには、「ラマダン中ですのでやめときます。」
 と一風変わった返答をされる担当さんに、会いに行って下さいね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ワインは、人から買うのです。~


# by enotecabianchi | 2019-06-17 17:52 | インポーターのお話。 | Comments(0)

d0212522_19232898.jpg
フィオルフィオーレ 2015 (ロッカフィオーレ)

 先日のルカとの同行営業で特に評判の良かったワイン。
 グレケットの中でも彼らの村、トーディにしかない品種。
 その名も 「グレケット・ディ・トーディ」は、酸のある熟成向きのブドウ。 樹齢はなんと30年以上。
 オークの大樽でゆっくり12ヶ月、熟成を経る。

 このヴィンテージこそ逃したが、既にトレビッキエーリの常連になっている。
 この価格で、やで? すごいと思わへん?

 ルカはとりわけこのワインを説明する時に、
「日本料理によく合うよ!」
 と言っていた。
 実際、彼とのディナーは、南船場「ルーヴァ」さんの和食だったけれど、どのお料理にもめっちゃ馴染んだ。
 そしてロッカフィオーレは、ペルージャでお寿司屋さんを経営しているのだとか。
 なんや凄いがな。

 優しくて美しいワインやさかいに、
 これから先、もっと注目されることに、なるんでしょうなぁ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!綺麗なワインだと、和食に寄り添うね。 ~


# by enotecabianchi | 2019-06-15 19:24 | お料理とともに。 | Comments(0)

d0212522_18395617.jpg
ショーンのワインたち。
イル・グエルチオ 2017
ウノ 2016
ドゥエ 2015
キアンティ・クラッシコ 2016
ロザート 2018

 数日前、アポイントと共に極めて詳しい資料そして価格が送られてきて、
 テイスティングし、
 数量検討&調整 そして、決定。
 11月に入荷する、といういつものスケジュール。
 今日はそのテイスティングの日だ。
 たくさんのテイスティング用グラスに加え、ブルゴーニュグラスも忘れず用意した。
 やっぱりすごいね。 どれもすごいけれど とりわけ、イル・グエルチオ 2017!
 ひゃぁ! ニンマリしてしもたわぁ ♫
 
 これから社内ミーティング (ふたりやけどw)の末に数量を確定して、
 11月に備える。
 今年もショーン、大阪に来てくれるかなぁ? ワクワクッ!
 材料が整い次第、ご予約受付 開始しますねー ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!今年一番のおっきい買い物になるかもね ♫ ~


# by enotecabianchi | 2019-06-14 18:41 | テイスティング! | Comments(0)

d0212522_18263419.jpg
レ・バッティステッレのワインたちと、
兄妹からもらった特製テラコッタ。

 昨日、同行営業を終えて会場へ急いだ。
 そう。ソアヴェ・クラッシコの <まっすぐ> な造り手、<レ・バッティステッレ>から、アンドレアとグロリアの兄妹。
 恋人のように仲睦まじい。
 二人のご両親と同じくまじめで、しっかりもの。
 特にグロリアは、アンドレアのお姉さんと間違えられることもしばしばなのだとか。
 二人の熱い言葉に、また心が動いた。

 ソアヴェ・クラッシコの造り手は数あれど、ガルガーネガしか育てたことがない造り手は、そう多くない。
 そしてそのガルガーネガを、一切の樽熟成を経ず、全てステンレスでの熟成を経る。
 デザートワインである 「パッシート・デッラ・グロリア」 でさえも。

 そうしてできたワインは、それを造った家族のようにまっすぐで、ピュアで、うそがない。
 畑ごとの味わいをこの価格で比較できるワインを、僕は他に知らない。
 
 グロリアの胸の開いたファッションに 目のやり場を困らせながら(てか見てたけどねw)、
 ますますファンになっちゃいましてん。
 あ、ワインのね ♫

d0212522_18265487.jpg
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!間もなく始まるね。 ソアヴェが一番美味しい季節 ♫ ~


# by enotecabianchi | 2019-06-13 18:30 | 造り手との食事。 | Comments(0)



d0212522_17592472.jpg
 造り手と、同行営業~♬
 ウンブリア州はペルージャにほど近い トーディ村から、
 おしゃれな造り手「ロッカフィオーレ」の若きオーナー、ルカ・バッカレッリ!
 親しみやすい価格、それでいながら全部高品質なワインだけに、
 ウチでは彼が造る全てのワインを扱っている。
 おぉ! もうこんな時間!
 今から彼と、ではなくなんと!
 別の造り手との食事。
 なんて忙しさだ!
 どこの造り手かって?
 今日は「ソアヴェの日ぃ」やんか。
 今日はこのへんで~!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!情報蓄えてます! ~


# by enotecabianchi | 2019-06-12 18:00 | 造り手と、同行営業 ! | Comments(0)

 エノテカ・ビアンキのワインリストは意図的に、インポーター名を記載していない。
 理由は僕の経験によるもの。
 あまり周りからは「良いワインを扱っている」と思われていないインポーターと、
 同業からも尊敬を集めるインポーター、
 その両極端に勤めた経験のある僕は、良きも悪しきもいろんなことを学んだし、酸いも甘いも経験した。
 とりわけ前者に勤めていた時は、<ワインも造り手も悪くないのに!> なんて悔し涙を流したものさ。
 インポーターを見てそのワインを判断してほしくないから、インポーター名は併記しない。
 これから先も、ここは変わらないと思う。
 (聞いて頂ければ答えますよ♫)

 ところで、ワインそのものの名前で憂き目に遭っているワインも珍しくない。
 僕がこのブログでよく書く、「過小評価されたワイン」 がそれだ。
 ラクリマクリスティやマルサーラ、ヴァルポリチェッラ、ソアヴェ・クラッシコなどなど。
 そして、小売価格¥4,000.- のキアンティ・クラッシコも。

d0212522_18364919.jpg
キアンティ・クラッシコ ‟パルゴロ” 2016 (イラリア・タキス)
 ご存知の通り キアンティ・クラッシコの品質は年々高くなっている。
 造り手の努力も並々ならぬものだ。
 各評価誌のキアンティ・クラッシコを見る目も、変わってきている。
 ところが、ひとたび小売価格¥4,000.- を超えると パタッ!と出なくなるのが、キアンティ・クラッシコのカテゴリー。
 日本だけだろうか?

 だが、キアンティ・クラッシコを甘く見てはいけない。
 お客さんの満足度を高めるなら、
<キアンティ・クラッシコ:¥4,000 = 高い> という壁は、取り除いた方が良い。
 品質を見ればすぐさま、それが誤った認識であることが解るはずだ。
 大きく頷ける説得力が、パルゴロにはある。
 満足度を更に高める<ストーリー>にも事欠かない。
 
 そんなことを考えれば、良いワインだと、思うのです。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!満足度を高めるのは、コスパだけではないのですよ。~


# by enotecabianchi | 2019-06-11 18:40 | ちょっと言いたいこと。 | Comments(0)