人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン



d0212522_21591718.jpg

 マルケージ・ディ・グレジィをご存知だろうか。
 たしか昔は神戸のインポーターさんが輸入していたと思うけれど、
 最近はとんと見なくなったので、若い人の中では知らない人が多いかもしらへんね。
 バルバレスコの素晴らしい造り手。
 その素晴らしさを改めて知るべく、今日のランチは現オーナーのご子息、アレッサンドロを囲んでの食事。
 素晴らしきネッビオーロ!そしてシャルドネ!
 取り扱い決定ですねん。
 しかし!そのレポートを書くつもりが、社に戻ったら仕事の山!
 また改めますわ。

 14日(土)、エノテカビアンキは営業していますが丸谷はお休み頂きます。
 このブログもすみませんがお休みです。
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!造り手の声を直接聞けるのは、貴重ですね。~


# by enotecabianchi | 2019-09-13 22:00 | 造り手との食事。 | Comments(0)

 昨日降った雨のおかげでようやくの、秋の風。
 待ってたよ、君。
 そんな風に誘われて、お昼はレストランに行ってきましてん。

d0212522_19325389.jpg
堺東、ピッコロカプリーチョさんの、
「サメガレイのやさしいグリル オレンジのソース」

 もうね、ホクホクやわ ♫
 エエ脂の乗り具合に、独りやけれどもニッコニコしてしもた。
 白ワインすすみまくり!(笑)
 
 レストランがいちばん楽しい季節、到来。
 食後は、オーナー、シェフ、八百屋さん、酒屋さん(オレ)で、楽しいイベントのミーティング。
 その詳細はまた後日!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!秋は毎日、レストランへ出かけよう♫ ~


# by enotecabianchi | 2019-09-12 19:33 | レストランを楽しもう! | Comments(0)

 今日の残業ソングは、マイケル・ジャクソンの、「Heal the World」。
 ラジオでも流れていたね。
 そう、18年前の今日は、同時多発テロが起きた日だ。

世界を癒やそう。
もっと良い世界にしよう。

 誰もが願っているのにね。

 さて、
「このアルバム、<DANGEROUS>で一番好きな曲はなに?」
 って昔、学生時代のバーテンダー仲間のMに聞いたら、彼はすかさず、
「In the Closet」
 と返してきた。
 その答えがいかにも彼らしく、そして妙に色気があった。
 そらモテるわな。
 どうしてるかなぁ前田・・・あ、名前書いてもた!

 名曲がたくさんちりばめられたアルバム。
 眺めていると、こんなのも入っていた。
<Gone too soon>

 マイケルが友人、ライアン・ホワイトを想って歌った曲だが、マイケル、君もだね。

d0212522_19250720.jpg
 そして僕の心に残っている、ワインの造り手の Gone too soon は、マッテオ・コッレッジャだ。
 不慮の事故で亡くなった際の記事は当時大きく取り上げられ、偉大な造り手の死を悼んでいた。
 そういえばマッテオの亡くなった年も、同時多発テロと同じ2001年だ。
 現在は彼の奥さま、オルネッラと息子のジョヴァンニがワイン造りを継承。
 ジョヴァンニとは2,3回、食事を共にしているから、恐らく彼も、<砂を食べるヘンな日本人>として
 覚えてくれていると思う!(笑)(その時のブログは → コチラ!

 時には良質の音楽を聴きながら、最高のワイン片手に、語らいたいものやねぇ。
 キャワい子ちゃんとw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!寝かせてあるワインを、そろそろ開放しましょか!秋やもんね♫ ~



# by enotecabianchi | 2019-09-11 19:28 | 音楽とのアッビナメント。 | Comments(0)

富山2日間の日程が終わった。
初日、ランチのアポイントがなかったという理由で、前回と同じく駅前の〈美喜鮨〉さんへ。
d0212522_17490168.jpg

地の魚介、最高にうまい。
自転車サイズの街の営業はやっぱり自転車やね。
レンタルサイクル。24時間使って¥150て!なんて安さだ!

ディナーは、クオーレさん。
d0212522_17494236.jpg

自家菜園のお野菜は言うまでもなく滋味深く、夏日やったけれどもイチ早く秋刀魚をリゾットで。
こりゃワイン進むわ🎵

翌日、最初のアポイントまで時間があるからと、自転車で富山散策。
d0212522_17501889.jpg

美しき神通川!
街中を注ぐ川なのにキレイに川底が見えるのが、わかるだろうか?
向かった先は、富山県水墨美術館。
d0212522_17504049.jpg

美術の専門家の人がラジオで、
「そこに展示してある美術品をすべて理解しようとする必要はありません。
ご自身がお好みの作品がひとつでも見つけられれば、それでいいのです。」
って言ってたけれど、なるほど。
まったくわからへんw
それで良いのですね。
d0212522_17514385.jpg

少なくとも自分の日常にはない静寂を体感できたし、茶室〈墨光庵〉では、
美しく淑やかな、着物を纏った女性が美術品の、そして富山の魅力を話してくれた。
週に一度だけここに勤めているのだとか。
名は聞かなかったが、きれいなひとやったなぁ。
帰り際、半ば本気で、「また来ます。」なんて言うてしもた。
美術なんて全くわからんのに何の目的や?
d0212522_17520362.jpg

美術館を出たら、立派な入道雲。
駅前に戻ってさらに散策を続けると、地下道には〈富山自慢〉のポスターが多数飾られていた。
d0212522_17523576.jpg

とりわけ気に入ったのは、滝の写真。
そこには、
「泣いているのを気づかれないように、
 わざとびしょ濡れになった」
とある。
もうそれだけで、ドラマやね。いろんな推測が頭をよぎる。

タイトなスケジュールをこなしていては絶対に見えることのない景色。
今回は富山という街をじっくりと見ることができた。
そして思った。
富山、ええ街やわぁ。
好きになってしもた。
d0212522_17531133.jpg

ありがとう富山。
また来ます。

~ 出張ベースで色んな街へ行こうと計画中なのです🎵 ~


# by enotecabianchi | 2019-09-10 17:47 | 出張楽し! | Comments(0)


d0212522_00085798.jpg
アマラ

ついでに持って行ったのが主役になりうることだってある。
アマラはやっぱり、みんな好き。
チェックインしたホテルから見える夕焼けを背景にしても、イイよねぇ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!おいしいアマーロ、たくさん取り揃えてございます♫ ~


# by enotecabianchi | 2019-09-10 00:10 | Comments(0)

 連日の猛暑日。
 レストランからのオーダーも、赤にシフトしかけていたのが白に戻った感。
 とはいえ、真夏に飲んでいた白とは、この季節なら少しでも趣を変えたいと願うのは、
 四季のうつろいを楽しむ日本人なら誰もが持っている感情やろね。
 そんな季節に、サンプル到着~♫


d0212522_22101305.jpg
シルヴァーナー 2017 (サンミケーレ・アッピアーノ)
ケルナー 2018 (カンティーナ・ヴァッレ・イサルコ)

 アルト・アディジェ、とりわけ<ヴァッレ・イサルコ>のブドウ品種は、
 夏の終わりから秋頃とのアッビナメントがよろしかろう(個人的に、ではあるけれどw)
 ただ爽やかなだけではない。
 そこには独特の<旨み>が混在する。

 まだ飲んでへんから知らんけどw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!この季節に美味しいワイン、探してますー♫ ~



# by enotecabianchi | 2019-09-07 22:11 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

d0212522_18155970.jpg
 恒例になりました、エノテカビアンキ <秋のワイン会>。
 今年で17回を迎えます。
 昨年と同じく、第一部はレストランの方、第二部は一般愛好家の方にご来場頂いて、
 イタリアワインを楽しんで頂きます。
 レストランの方は仕入検討の一助として、
 一般愛好家の方は、美味しいワインを見つけて更に、お好みのレストランを発見してもらう場となるよう、
 現在準備中です♫
 ホームページも現在作成中で、イープラスでのチケット販売は9月11日からの予定です。
 詳細は随時、ホームページでアップしていきますねー。

エノテカビアンキ・ワイン会
日程:2019年 10月 16日(水)
場所:大阪市中央公会堂3F「小集会室」
第一部<レストランの部>:13:30~17:00
第二部<一般愛好家の部>:18:00~20:30(最終入場20:00)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ワイン会に参加して、イタリアワインの楽しさ、レストランの楽しさを、もっと!~


# by enotecabianchi | 2019-09-06 18:16 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 今宵のお月さんはおみかんみたいなかたち。
 星がぎょうさん出てるさかいに、明日は晴れるんやおまへんか~。
 はいほな今日のワインやで~。

d0212522_21142849.jpg
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2014 (チャッチ・ピッコローミニ・ダラゴーナ)

 南モンタルチーノの代表格。
 2014年は面白いヴィンテージだ。
 一般的にレストランでよく出回っているサンジョヴェーゼはというと、
 キアンティ・クラッシコね。
 上質なキアンティ・クラッシコをサーヴする際のグラスのイメージは?
 たいていの人が「ボルドー」と答えるだろうね。
 しかしながら、クエルチャベッラの2014年は違った。
 前のヴィンテージと比べてエレガントな年だったから、ブルゴーニュグラスに注いだら、
 その真の美しさが際立った。
 次のヴィンテージ2015年はボルドーに注いでこそ良さが出た。
 この見解には、クエルチャベッラのオーナー、セバスティアーノさんも同意してくれた。
 なんと僕のインスタグラムにコメントしてくれましてん!
 スゴいねー、SNSって。

 さて本題。
 チャッチのブルネッロ2014年もまた、クエルチャベッラと同じことがいえる。
 このワインをブルゴーニュグラスに注いだらもう!
 香りの広がり方が秀逸!
 柔らかい果実味が口中を妖艶にまとわる。
 ゆ~っくりと、熟成してゆくのでしょうね。
 
 良いヴィンテージしか買わない人には経験できない美しさ。
 パオロ・デ・マルキが言うように、これもまた個性なのですよ。

 オフヴィンテージなんて言葉は、ないねんで。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!おいしさがどこにあるか、探してみよう。~


# by enotecabianchi | 2019-09-05 21:15 | おもしろ体験。 | Comments(0)

 すごい雨やったなぁ!
 「バケツをひっくり返したような」とは今や天気予報でも使う表現やけれども、
 その形容、今日の雨にピッタリやわ。
 ひと雨ごと、秋に近づくことを信じて、明朝の心地よい風を期待するとしよう。

 さてさてそんな今日のワインは、

d0212522_22440569.jpg
ヴィニェーティ・マッサの
ピッコロ・デルトーナ 2018 と、
デルトーナ 2017

 ピッコロ・デルトーナってそのまんまやな!(笑)
 最も注目度が高いピエモンテの品種、ティモラッソ。
 昨夜、担当さんが来られて一緒に飲んだんやけれども、さすがはティモラッソの第一人者。
 品種の持つ厳しさや苦み、旨みを余すことなく表現されたデルトーナ。
 グラスによって表情が如実に変わるのでそのあたりもまた面白い。
 個人的にはブルゴーニュグラスをおすすめする。
 そしてピッコロ・デルトーナ。
 若木にもかかわらず確かにティモラッソの個性が光る。
 こちらはよく冷やして飲もう。 若さがいい!
 お手元に届いたDMに載っているのでチェックしてみてね。

 美味しいティモラッソ飲んだら、レストランに出掛けたくなりましてん。
 肥後橋の「ラポルタ」さん。
d0212522_22454134.jpg
 揚げピッツァ・マルゲリータが最高によろしいやん♫

d0212522_22495694.jpg
 中身はこんなん。
 開けてはじめてチャオ!マルゲリータ!
 初めて食べたけれども、ワインがすすむなぁ♫
 
 偶然会った先生にええワイン飲ませてもらったりと、大変有意義な一日でございましたー♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!レストランでこそ美味しいワイン、いっぱい取り揃えておりまする。~



# by enotecabianchi | 2019-09-04 22:52 | 新着! | Comments(0)

d0212522_18301933.jpg
ピノノワール・トラディション 2016 (アンセルメ)

 少し前の試飲会で見つけたワイン。
 隣り合わせたラガーマンと、
「これメチャクチャ美味しいですね!」
 って半ば興奮気味に話し合ったのを憶えている。
 そこから週ヶ月経ってからの採用となった。
 そう。
 たとえ試飲会でビックリするくらいの美味しさであっても、
 ウチでは一旦仕入れて、改めてテイスティングする。
 試飲会で美味しくても実際に落ち着いて飲んでみたら違ってた、
 なんてことはよくある話やからね。

 少し前までアオスタのピノノワールは、良きも悪しきも線が細いものが多かったが、
 このワインは、華奢ではない。
 そして女性よりも男性に喩えた方がしっくりくるかな。
 アオスタのピノノワールが持つ「明るい」イメージよりもトーンは黒め。
 「暗め」とは表現したくない。
 均整がとれた、余裕のある味わい。
 ひとことで表すと、
<骨格があって、男性的な美しさを纏うピノノワール>
 かな。
 ひとことちゃうやんw
 そんなワイン、やねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ピノノワール、増えちゃったねぇ♫ ~


# by enotecabianchi | 2019-09-03 18:30 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)