人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

 仕事柄(?)、得意先のレストランへ食事に行ったりすると、ブラインドでワインが出てくることがしばしばあります。あまりそういった経験はしたくても出来ないものなので、「望むところだ!」とつい真剣になってしまいます。って、当たることなどほとんどありませんけどね。
 先日出てきたのは白ワイン。このワインに関しては、産地、葡萄品種が香りの時点ですぐ頭に浮かびました。口に含んでそれが正しいかを確認して答えると、当たっちゃいました。造り手は間違ってしまいましたが、産地はフリウリのコッリオ。葡萄はフリウラーノでした。

 醸造技術が進んだことや 人の過剰な介入によって、品種が持つ個性が失われることが多い中、この個性は造り手の努力の賜物だと、間違った僕が力説しています!その造り手は「マリオ・スキオペット」。イェルマンやラディコンなど、現在では銘醸家とされている多くの生産者が、この人の元で学びました。
 果実が本来持つ甘味と酸味を的確に表現し、土地からくるミネラルを強く感じます。濃いワインであるのに、また飲みたいと思わせるスキオペットのワイン。ウチのリストに載っていないアイテムも、改めて飲んでみなければ!

すぐそれとわかるもの_d0212522_19122910.jpg

コッリオ・フリウラーノ 2008(マリオ・スキオペット)

しかも現在キャンペーン中でーす!
お問い合わせお待ちしておりまーす!
# by enotecabianchi | 2011-01-07 19:16 | Comments(0)
新しいワインをテイスティングして商品開発をするのは大事なことですが、それと同じくらい大事なのが、現在扱っているワインの定期的なテイスティングです。とはいえ、それを同時に行うことなど不可能なので、アトランダムに家に持って帰ってテイスティングすることはよくあります。飲みたいが為の言い訳ではありません(汗)
驚くべき安定感_d0212522_12151575.jpg


シャルドネ2009(アロイス・ラゲーデル)
「私のワインは、ブラインドで一位に選ばれる威厳に満ちた、そして爆発力に満ちたものである必要はありません。他のワインの中からすぐにそれと判別できる個性を身にまとい、深い部分で人の心に触れ、次の一口を誘うワインでありたい」
こう語るのはアロイス・ラゲーデルその人です。
実際、このワインには強い個性は感じられなかったものの、シャルドネらしいちょっとしたナッツの香り、やや甘味を感じながらも適度な酸味が印象的でした。また何よりもこのワインはバランスが良い。何か一つが突出することなく、口の中に安定感が広がります。
改めてこのワイナリーの凄さを感じました。
# by enotecabianchi | 2010-12-30 12:36 | Comments(0)
年末は何かと慌しいですね。
バタバタしている時に便利なのが「宅配」です。
久々にピッツァ・アメリカーナをオーダーしました。
これに合う飲み物はやっぱり「コカ・コーラ」?ってうちには無かったのでコレ!
年の瀬_d0212522_11465881.jpg

ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ“スカリエッティ・ボトル”NV(ドネッリ)

なんでも、このボトルのデザインは、フェッラーリの車体デザイナー セルジオ・スカリエッティ氏が手掛けたそうです!!!
「ふ~ん、、、ほいで?」なんて言ってはいけません!こういうのはワインにとって、とりわけスパークリングワインにとって大事ですし、実際、価格のことを考えても美味しかったですよ。是非お試しあれ。
それでは、記念撮影!

年の瀬_d0212522_11555991.jpg

# by enotecabianchi | 2010-12-30 11:59 | Comments(0)
今年の12月はゆっくりですね。こうやってブログ書く時間があるんですもの。なんて、セラーの片付けをそっちのけで楽しい方を優先しただけなんですけどね!
昨日美味しいワインを飲みました。

オペラ・プリマ XVII (ロアーニャ)

以前ウチのワインリストにも載っていたワイン。インポーターが代わってから扱ってなくて、あるレストランの方から、「いれへんの?」と言われるまで気付きませんでした。こんな感じで、お客様に紹介頂いたワインをテイスティングすることは意外と多く、そして感激するワインも多いものです。これはまさにその典型で、最初テイスティング・グラスで試したときは「あ、こんなもんか」と思ったのですが、いやいやなんのなんの。赤ワイン用のグラス(ボルドーよりも少し小さめ)で飲むとスタイルは一変、更にブルゴーニュグラスで試したら、妖艶な香りが溢れんばかりに広がり、うまく熟したネッビオーロの、凛としていながら柔らかな味わいが口いっぱいに広がりました。なんで今まで忘れてたんやろ?と後悔しつつ、飲むごとにニヤニヤして、ついつい飲み進んでしまいました。そんなわけで二日目はレポートできません!

~ ROAGNA non cambia ~_d0212522_1445364.jpg

# by enotecabianchi | 2010-12-18 19:02 | Comments(0)
ヴェルメンティーノの画像アップしたっスー!
「画像入れなアカンやろ!あほ!!」ってブログの大先輩から怒られたっスー!

サイの画像_d0212522_1401097.jpg


入荷は来年の5月っスー(遅!)
# by enotecabianchi | 2010-12-16 14:01 | Comments(3)