人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


~ 夏の盛りのわすれもの ~_d0212522_18574197.jpg

おぉ!
今回は早めにリストが出来上がったねぇ♬

読んでる人は少ないと思うけれど、
ウチのワインリストの表紙は、唯一としてもいいほどに個人的おすすめを書いてある。
ワインリストの中身はご存知、
エリアごとに価格順に、ドライに羅列してある。
リストの中に「おすすめ!」とか書いてあると他のワインがおススメじゃないみたくなるからね。
リストのワインは全部おすすめです。
インポーター名を書かない理由も、
インポーターによってイメージや更には良し悪しまで決められてしまうこともあるのは、
ワインがあまりにかわいそう、とインポーターを2社勤めた末に出した丸谷なりの答えなのです。

とはいえあまりにドライだと面白みに欠けるのも事実。
せやからせめて表紙くらいはイイでしょ?
なんて思いながらその号のおすすめを書いたりしている。
リストのワインは全ておすすめだが、表紙のワインは特におすすめ!ってことね♬

一緒に写っているのは、
イスキア・ビアンコ 2021(カーサ・ダンブラ)

夏といえば、<島ワイン!>
エエなぁ、この響き♬
もうその響きだけで風鈴の如く涼しさを呼ぶ。
あ、響きだけやなくて買ってね(笑)おすすめやから💕

このワインももちろんリストに、、、ん?
載せ忘れてしもたぁぁぁぁぁぁッ!!!!
印刷終わってから気づくのよねぇ(苦笑)
成田さんごめんやで💦
欠品&再入荷したワインって時々こういうことがあるさかいに各担当のみなさま。
ワインリスト更新時には再入荷の旨、<ミミニタコガデキル>くらい、うるさく言うてね💕

イスキア・ビアンコ、美味しいヨ💕

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#イスキア
#カーサダンブラ
#島ワイン
#響き
#ええなぁ
#載せ忘れ
#おすすめやのに載せ忘れ
#ワインリスト
#できました
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#ischia
#isola
#casadambra
#biancolella
#campania
#winelist
#listadeivini


# by enotecabianchi | 2022-07-25 18:57 | 再入荷! | Comments(0)

~ 草木の艶に なぞらえて ~_d0212522_13571014.jpg
~ 草木の艶に なぞらえて ~_d0212522_13572566.jpg

那智の滝へ行ってきました。
ご存知、落差日本一の滝であり世界遺産!
最高のパワースポットにしてマイナスイオン天国~💕
大雨やけど!(笑)
その影響で水量は通常の3倍そして濁流だったが、
大滝周辺に自生する草木はこの環境にありながら晴天よりも艶やかだった。
生き生きしたその姿を見て、元気をもらった。

ふと考えた。

周りからは過酷な環境に身を置いているかに見えるが、
実はそこが過酷か快適かは、本人の気持ち次第ではなかろうか、と。

今月末でスタッフ木下くんはエノテカビアンキを退職する。
自身のお店を開業・経営するためだ。
この時代にあって、そして酒販店としていろんなお店を見て、その厳しさも見てきたはず。
開業するにはリスクも大きかろう。
それでも自らの身をそこに置くというのだから、
エノテカビアンキは木下くんを全力で応援すると決めたのです。

さてエノテカビアンキは、ようやく新しいスタッフが決まった。
が、入社は少し先になる。
ということは8月からしばらく、<ワンオペ>ということですね。
業務専門酒販店がワンオペ...レアやな!(笑)
とはいえ開業してから十数年、ほぼワンオペやったからね。
黎明期のその時代をエノテカビアンキ<第一章>とするならば、
木下くんが居た9年間は成長期の、<第二章>。
8月から始まる<第三章>のプロローグがワンオペというなんとも厳しい環境になるのは、
酒神バッカスがそう決められたんでしょうな。謹んで、でも楽しみながら受けましょうぞ!
そしてその経験を活かしながら、充実した第三章にする。
那智の大滝を前に、そう誓ったのです。

木下くんの在籍はあとわずか。新しい彼の城にもぜひ足を運んでみてね。
自身にとってそれが最善なら厳しい環境でも敢えてそこに身を置こうという姿勢。
応援するし自身もそうありたいと、思っているのですよ。

エノテカビアンキ<第三章>にも、是非ご期待くださいませね♬

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#業務用
#酒販店
#ワンオペ
#那智
#滝
#草木
#パワースポット
#世界遺産
#マイナスイオン
#厳しい環境
#捉え方
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#nachi
#wakayama
#和歌山


# by enotecabianchi | 2022-07-19 13:58 | つぶやき。 | Comments(0)

今日、7月11日は<真珠記念日>なのだそうだ。
世界のミキモトに想いを馳せて、鳥羽のあの風景へと目を細めるのです。
行ったことないけどw
そんな日ぃやからラヂオからはユーミンの<真珠のピアス>が。

Broken heart 最後のジェラシー
彼のベッドの下に片方捨てた
Ah...真珠のピアス

どこかで半分失くしたら
役にたたないものがある

刺さる歌詞、いいよねぇ♬

~ 真珠のピアスにイタリア照らし ~_d0212522_12501127.jpg

ところで画像の美味しそうなお料理は、
先週訪問した北新地タンポポさんの、
<鱧と万願寺とうがらしの焼そば>

この季節だけの限定もの💕
旬の食材を味わえるって、幸せよね♬
しかもこのお店、置いているワインは全てイタリアなのですよ♬
このお料理に合わせて頂いたのは、

~ 真珠のピアスにイタリア照らし ~_d0212522_12502881.jpg

グリニョリーノ 2019 (フランコーネ)

品種特有の明るい色あいは、見た目にも涼しげだ。
スワリングするとグラスが軽く曇るくらいに、少しだけ冷やしてみよう。
味わいも軽やかでフルーティ。
そこに、ほんの少しのタンニンが心地よい。
鱧の旨み、
万願寺の青っぽい涼しさ、
更にはリングイネで仕上げた焼そば!
それらとの相性はもうペルフェットを越えた体感でしてん💕
終始ニッコニコしてた晩餐でございましたー♬

真珠のピアスじゃないけれど、
料理とワインは、ふたつでひとつ。

イタリアワインは他のどの国のものよりも、パートナー(お料理)を欲する。
ワインは人、とはよく言ったもで、だからこそ国民性が如実に表れる。

陽気なディエゴも、
お話好きのジョルジョも、
かわいい笑顔のアレッシオも、
人もワインもイタリアは、アツくて楽しくて、エッチなのよね(笑)
人なつっこいのは国民性。
そう思って、過剰なタッチも許してあげてね!(笑)

タンポポさんのイタリア愛は、
そのあたりさえも受け入れた末の、
深く熱いものなのですよ。
ごちそうさまでした~♬

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#やきそば
#鱧
#万願寺
#真珠のピアス
#ユーミン
#タンポポ
#ダンデライオン
#グリニョリーノ
#フランコーネ
#パートナー
#国民性
#ふたつでひとつ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#grignolino
#francone
#yumin
#pearl

# by enotecabianchi | 2022-07-11 12:50 | レストランを楽しもう! | Comments(0)

今年で創業20年のエノテカビアンキだが、
こんなにワインの在庫が不安定なことは今までなかった。
コンテナ不足はすでに報道されているが、
現地でのワイン造りに必要なモノ(瓶とかキャップシールなんかも)全てが不足していることからの、リリースの遅れ。
戦争をはじめとする不安要素により輸送コストが激増したことによって、
ようやく再入荷したワインたちは軒並み値上げの嵐。
現状をまとめるとこんな感じだろうか。

僕を含むほとんどの人が、ネガティブにこの現状を受け入れざるを得ない。<短期的>にはね。
でもこれを<長期的>に見てみると、ネガティブなことばかりではないと、思うのです。
イタリアに関してはね。
端的にその理由を記すと、

過小評価されている銘柄が多いイタリアワインが、
ようやくその風格に見合う価格を付けることになるからだ。

バローロやキアンティ・クラッシコ、ソアヴェ・クラッシコなんかはその典型で、この価格でいいの?なんて思うワインがいっぱいある。
安い価格をつけているから、そこに風格が伴わない。
イタリアワインは長い間、その悪循環に陥っていたと、思うのです。
かの国のワインは高ければ高いほど世界中で取り合いになっているそうだが、
イタリアのいくつかのワインにもそういった現象が増え始めているのは、その証左ではなかろうか。

とはいえ、ただ「高くしよう!」と言ってるのではない。
実際、著名だが意味不明に年々アホみたいに値上げしてくるワインを、ウチは追いかけるのをやめた造り手もある。
要は独断であっても適正価格を知っておくことはことのほか大事、ってことね。

イタリアワインに<風格>が備われば向かうところ敵なしだ。
既に品質では、かの国を凌駕しているからね。あ、エラいこと言うてもうた(笑)
将来、イタリアワインが正しく評価されるようになって良かったねぇ♬
なんて思えたらイイねぇ♬
そんなことを考えながらそして冷や汗かきながら、値上げ連絡を日々こなしているのです(笑)

~ 災い転じて福となせ。 ~_d0212522_19215950.jpg

写真は酔っ払ったオレが、「帰る前に甘いもん食べたいなぁ」とか思って立ち寄った本町、
ヴィネリア・ヴィアヴィーノさんの、<大石早生(スモモ)のソルベ>。
記事との関連性はない。
せやけどウマいドルチェは、人を幸せにするのです。

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#値上げ
#思うこと
#災い転じて福となそう
#風格
#適正価格
#ドルチェ好き
#ソルベ好き
#大石早生
#スモモ
#すもももももももももやねん
#いっこ多いか
#イタリアワインに風格を
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#dolce
#sorbe
#sumomo

# by enotecabianchi | 2022-07-04 19:22 | つぶやき。 | Comments(0)

多忙を極めたこの一週間。
先週までのブログを見ていると、「過日の」という文字を入れた文章がやたら多かった。
そうした方が良い状況だったからね。
でももうその必要はなくなった。社会全体がのマインドが、明るくなったからね。
以前と比べるとこの一週間は、レストランに大きな3つの変化が起きていた。

1.レストランに来るお客さんの表情が以前と比べると格段に明るくなったこと。
2.この一週間、どのレストランへ行っても満席で、新規のお客さんを断っていたお店もあるほどの忙しさだった。
3.団体のお客さんがやたら多かった。

この状況は恐らくこの先も変わらないだろう。
この10日ほどで僕が訪問したお店をスナップ&レポートすると、

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19214081.jpg

6月18日(土)のランチ!
堺東のピッコロ・カプリーチョさんで美味しいお肉と2種のワインの飲み比べさせてもらいましてん♬

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19215751.jpg

その日のディナーは実家の法事の前夜祭!
本町のコラッロさんでコース料理!
イワシのベッカフィーコとフランチャコルタ、最高やないの!

そして日曜日は二日酔いで法事(笑)
&夜はてっちり!(写真なし)

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19221451.jpg
~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19223378.jpg

そして月曜日のランチ!
シチリアからアレッシオ・プラネタが来日、3年ぶりの再会だ。
僕のことを憶えていてくれてよかった💕
南森町トラットリア・ニコさんでとびっきりのメーカーズランチを堪能しましてん♬

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19225033.jpg

そしてその夜は!
<ピッツァとワインの検証>という名の飲み会!(笑)
中津のラ・バルカッチャさんでこのアッビナメント!
雲丹のピッツァ(プロトタイプ)とオルトレメ2018。
意外ながらも最高のアッビナメントにみんなびっくり!

火曜日は中休み!
そして水曜日のディナーは!

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19231485.jpg
~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19233157.jpg

ヴェローナからこちらも3年ぶりの、コルテ・ルゴリンからエレナ!
が来るはずだったがまさかのトラブル(コロナではない)で再会ならず...。
しかしメーカーズディナーを予約して頂いたお客さんは一人もキャンセルがなく、
会を楽しまれていたのが印象的だった。

さぁさぁ、そろそろ事務仕事が溜まってきたよぉ💦
でもここらでちょいカラダ休めたいなぁ、と思ったオレは木曜日の夜、

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19235008.jpg

本町ヴィアヴィーノさんで独りディナー♬
伝助穴子のグリルとトスカーナのシラー、その完成度合いに舌鼓を打ったのであった!

翌金曜日は京都。
京都で食事はできなかったけれど、ワンコインの贅沢、おけいはんのプレミアムシートで体を休ませビールを飲みながら、
この数日間に見聞きし、体験したことを思い返していた。
プレミアムシートもほぼ満席だ。
なんだかいろいろ考えた。

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19240987.jpg

そうして終点、淀屋橋へ到着してその日のディナーは、ロルマ・アッティーヴァさん。
ここには僕より少し年上のシェフが居て、カウンターに座って昔話に笑いながら食事をする。
僕はその空間と時間が好きだったがここ2年ほど、やはりそれができないでいた。
僕はカウンターの一番手前に座ったから奥にあるテーブル席の状況はわからなかったが、
ときおり聞こえてくる話し声と笑い声から、それが団体さんであることに気づいた。
そして笑い声はいかにも朗らかで、楽しそうで、声色から喜びが溢れてた。
その声を聴いた僕は、シェフとの昔話も相まってか、無意識ながら泣いていた(笑)
レストランからこんなに楽しそうな笑い声、2年以上も、聞こえてこなかった。
そのあとはもう、シェフが引くぐらい泣いてもた(笑)
嬉しかったんやろねぇ。
この2年半いろんな事があったから。
そして日本に居るみんなで、取り戻した日常やからね。
それがホントに嬉しかったのです。

シェフからはその夜、
「おっさんがカウンターでガン泣き、笑わせすぎやろ(笑)」
ってメールが届いたけどね(笑)
それもまた嬉しかった。
しゃーけどお店のカウンターで泣くのん、これで何回目やろか?
ちょっと気ぃつけんとアカンなぁ、と思いつつ、
さらに翌日のディナーは!

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19243065.jpg
~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19244590.jpg

肥後橋のピアノピアーノさんの、
和歌山産スズキのソテー プッタネスカソース。
このお料理にも赤ワインがふたつ、ブラインドで♬
サンジョヴェーゼをネッビオーロ!
ネッビオーロをサンジョヴェーゼ!
って答えたのは、もう今さら言うまでもないなッ(笑)

~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19250682.jpg
~ 歓び満ちて泣き笑い ~_d0212522_19252229.jpg

笑いあり、嬉し涙ありの歓びに満ちた10日間レポートでござんした。
あ、写真の数と日数が合ってないのは、気にしたらアカンねんでw

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#メーカーズランチ
#メーカーズディナー
#泣き笑い
#笑い泣き
#男泣き
#キモいな
#過日のレポート
#スタッフ募集中
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#pranzo
#cena
#planeta
#alessio
#corterugolin
#elena
#report
#passeggiata

# by enotecabianchi | 2022-06-27 19:25 | イエスタデー、コレ食べたでー。 | Comments(0)