人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


「バンフィは扱わない」
そう公言したことはなかったが、創業当初からエノテカビアンキはその姿勢を貫いてきた。
令和4年11月21日までは。
その日、僕は東京にいた。

「バンフィのメーカーズランチとセミナーを行います」
インポーターさんから東京への思わぬお誘いを頂いたのはその1か月前だった。
「思わぬ」と書いたのは、ウチがバンフィを扱わないことを担当さんは知っているからで、
誘われた僕が一番驚いた。
すごいと思わへん?その担当さん(笑)

秀逸なブルネッロ・ディ・モンタルチーノの造り手と知っていながら、なぜ今までバンフィを扱わなかったか。
いくつか理由はあるけれど、その大半は僕自身の誤った偏見によるものだ。
そして、
「バンフィはモンタルチーノにおいて巨大すぎるから」
この一事が、エノテカビアンキがバンフィを今まで扱わなかった最大の理由だ。
でもこれは僕の偏見ではなく、事実だ。
ただ、この事実を今までの僕は<ネガティブ>に受けていた。
それまで慣れ親しんできた小規模で秀逸な造り手が、モンタルチーノにはたくさんいる。
そんな彼らの声を届けたい。だからモンタルチーノには巨大企業は要らんのじゃ~ッ!
っていう<超>ネガティブな偏見ねw

このセミナーを受けて、バンフィへの対し方が<ポジティブ>に変わった。

バンフィのブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産量は多い年で60万本。
ピンとこないかもしれないがウチで扱っているブルネッロの造り手を例に出すと、
リジーニで4万本。
チャッチ・ピッコローミニで6万本。
大企業とされるコル・ドルチャでも22万本というから、バンフィのその巨大さ、わかるでしょ?
(参考資料:イ・ヴィーニ・ディ・ヴェロネッリ2019)

巨大な会社だから、潤沢な資金を研究に充てることができる。
850ヘクタール(!)という広大な畑の土壌分析、
それらの土壌との相性抜群のサンジョヴェーゼに関する研究と選抜、
そして発酵と熟成に使う樽を自ら開発するという凄まじいこだわり。

<高品質をたくさん造る>

これは、「少量の高品質」を造るよりもずっと難事なのは誰もが知るところだが、
バンフィのブルネッロはそれを実現している。
そうして造られた60万本もの高品質は、モンタルチーノという小さな街を世界に知らせるに、大きく貢献したことだろう。これも、巨大な会社だからこそ出来ることだ。

ちょっと前の僕みたいにバンフィに対してネガティブな感情を持った人は少ないだろうけれど、
もし「ベタだから」という理由で敬遠している人にこそ、バンフィのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2017年を飲んでみてほしい。
その香味には確かにモンタルチーノを感じ、暑かった年とは思えないエレガンスを身に纏う。
バランスの良さとそれに伴う安定感は、飲み手はもちろん大喜びだが、サーヴする側にとっても大きなメリットではなかろうか。
リゼルヴァよりも、単一畑よりもブルネッロ・ディ・モンタルチーノを推す理由は、そこなのですよ。

<スタンダード>。
バンフィのブルネッロはそこに位置するように感じた。
ピエロパンもアヴィニョネージもタスカ・ダルメリータもそうであるように。
バンフィは、ブルネッロの<今>を知るうえで重要な造り手であり続けることだろう。

バンフィのこれからについて少し。
数年前に熟成庫を新設した。
そこにはオーストリア、スロヴェニア、ドイツ、それぞれの産地の40HLの大樽を4つずつ導入した。
バリックではなく大樽、フランスの有名な産地のものではなく北欧産。
疑問に感じたから聞いてみた。
「産地と樽の大きさからバンフィのブルネッロは更に綺麗な仕上がりになると想像するけれど、
今後はそうなるの?」
という質問にオンラインでつないだパオロさんからは、「全くその通り」と返ってきた。

新しい樽での熟成を経たブルネッロがリリースされるのは、今から4年後の2026年。
更なるエレガンスへと昇華したバンフィのブルネッロ、到着が楽しみで仕方ないですな。

東京で同席した友人(と勝手に書きましたスミマセンw)との最高に楽しい対話も大いに刺激になった。
そしてこの<アンチ・バンフィ>な男に声を掛けちゃった担当さんの攻めた営業スタイル、好きです(笑)
そんな担当さんにまんまと乗せられ、
というのは冗談で、
造り手の偉大な説得力でもって、遅ればせながらバンフィを扱うことになったのです。

イベントを終えた翌日、いそいそとブルネッロを発注したのは、もう言うまでもないね(笑)
そのわかりやすい発注書を見てクスッと笑う担当さんの声が、聞こえたように感じた。

~ 攻めのスタイル、その先に ~_d0212522_21171123.jpg
~ 攻めのスタイル、その先に ~_d0212522_21172308.jpg
~ 攻めのスタイル、その先に ~_d0212522_21173218.jpg
~ 攻めのスタイル、その先に ~_d0212522_21174177.jpg

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#バンフィ
#モンタルチーノ
#ブルネッロ
#ブルネッロディモンタルチーノ
#セミナー
#メーカーズランチ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#banfi
#brunellodimontalcino
#montalcino
#sangiovese
#risotto
#funghi
#formaggio
#manzo
#tartufo


# by enotecabianchi | 2022-12-03 21:18 | 造り手との食事。 | Comments(0)

~ 年内最後のスペセレね ~_d0212522_22065123.jpg

毎週月曜日更新のブログもままならぬほどの内勤(笑)
何時やねん今?
そうしてやっとできました♬
12月のDM💕
中には<スペセレ>、入ってますねん♬
オモロいのん、いっぱい寝てましてん♬
そして秘蔵っ子、<マグナムボトル>のリストもね♬
数量限定につきどちらも<抽選>になると思いますが、
各インポーターさんのお得情報も満載のお知らせを、どうかお楽しみに♬

もひとつ業務連絡!
配達エリアのお客さま。
金曜日と土曜日にご注文が集中しております💦
もしも、少しでも早めにご注文頂けるなら、「水曜日または木曜日でもオッケー」とか、
もしも、「週明けでもオッケーやから、月曜日でも火曜日でも」とかお声掛け頂けると、
メチャ助かります!

いよいよ師走。
体調万全に、みんなで乗り切りましょね♬

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#セレクション
#12月
#師走
#配達
#業務連絡
#お願い
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#selezione
#selezionedeiviniitaliani
#dicembre
.


# by enotecabianchi | 2022-11-29 22:07 | 業務連絡~。 | Comments(0)


今日、49歳になりました。
立派なオジサンですね。
いろんな方からおめでとうメッセージを頂いて幸せなオジサンですねん。

せやけどホクホクしてばかりもいられず、今日は2日後に控えた<エノテカビアンキ・ワイン会>の最終打ち合わせ。
今年で20回目となる。

思えば20年前、創業したてのウチがワイン会なんて考えたこともなかったが、
前職エトリヴァンの佐々木さんが創業祝いとして会場費を工面してくれて開催した第1回。
丸谷崇、29歳の秋だった。

若かったなぁオレ。
髪の毛もフサフサやったし。

ホテルから中央公会堂、そして今は結婚式場と場所は変われど、
最初から変わらない想いがひとつある。
それは、

「お客さんにとっても、インポーターさんにとっても最良のワイン会を実現すること」

そう願って、ワイン会を創っている。

僕がこのイベントを<ワイン会>と呼んでいるのは、試飲だけではない、ワインそのものを楽しんでもらい美味しいと感じてもらうためのイベントと考えているからなんです。
ワインを美味しく感じてもらうために音楽も用意するし、
嬉しい驚きのためにバックヴィンテージのマグナムボトルなんかも用意する。

楽しい記憶として残れば、おのずとそのワインをお店で扱いたいと感じるだろうし、
そうして選んだワインたちの美味しさは、きっとお客さんにも伝わるだろうから。

そしてインポーターさんの負担も可能な限り、抑えている。
準主役のこの人たちに喜んで参加してもらい、楽しくワインをサーヴしてほしいから。

そうしてみんなで創り上げたワイン会を、
「あそこのワイン会、どれ飲んでも美味しいし、楽しいね」
そうお客さんに思って頂けるように、僕たちは努力を惜しまない。

~ 五十路手前に、思うこと ~_d0212522_21162881.jpg

写真はこの日のために寝かせていた、
オルネッライア 2005 ジェロボアム
1985年のファーストヴィンテージから20年という節目にあたる記念ボトル。
世界のワインラヴァーを魅了するオルネッライアの20周年を、エノテカビアンキのそれになぞらえるのはおこがましいが、会場で見かけたら、写真撮ってアップして、一緒に飲んでくれたら嬉しいなぁ。

ワインは、売りもの?飲みもの?
それ以上に僕は、<歓び>であってほしいと、思うのです。

だから当日は、主催者も飲んでることを予めお知らせしておきます(笑)
会場で、ワインを一緒に愉しみましょう♬

11月14日現在

エントリー数:186名様
① 11:30~13:00 → 55名
② 13:00~14:30 → 37名
③ 14:30~16:00 → 67名
④ 16:00~17:30 → 27名

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#ワイン会
#第20回
#オルネッライア
#ジェロボアム
#20周年
#誕生日投稿
#49歳になりました
#五十路手前
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#degustazione
#ornellaia
#jeroboam
#buoncompleanno


# by enotecabianchi | 2022-11-14 21:16 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

いつもありがとうございます。
<Gブース>、パシフィック洋行株式会社の小林です。

今年厳選した6アイテムは当然ながら、「イチオシアイテム」になります。

アルトアディジェの「コルテレンツィオ」より、【ピノ・グリージョ(新商品)】と【ピノネーロ】、

今まで訪問した中で最も感銘を受けたワイナリーのひとつ、「レ・モレッテ」の【ルガーナ・リゼルヴァ】、

温暖化への対策として醸造方法を変えた「イナマ」の【フォスカリーノ】、

そして、先月の来日時に多くを吸収した「マルヴィラ」の【ロエーロ】と【ロエーロ・リゼルヴァ・トリニタ2010】。
中でもロエーロ・リゼルヴァは是非とも、会場に多々あるであろうネッビオーロのワインと比較していただきたいです。
熟成の神髄をお楽しみください。

<インポーター自己紹介、その5.>_d0212522_09353185.jpg

写真は来日時の1コマ。
今年で40数回目の収穫になりますが、まだまだ現役バリバリのロベルト。
大好きな造り手たちの声を届けられるよう、しっかり準備して臨みたいと思います。

よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エノテカビアンキに商談に来られるときには必ず、今おすすめのワインを持参される小林さん。
それらを一緒に飲みながら熱く語るのを聞くのはやはり楽しく、思い入れも強まるものです。
みなさんも会場で、そんな体験をしてみてくださいね♬

会場で、お逢いしましょう!

11月13日現在
エントリー数:175名様
① 11:30~13:00 → 54名
② 13:00~14:30 → 33名
③ 14:30~16:00 → 57名
④ 16:00~17:30 → 31名

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#ワイン会
#第20回
#パシフィック洋行
#コルテレンツィオ
#レモレッテ
#イナマ
#マルヴィラ
#感銘
#神髄
#現役バリバリ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#pacificyoko
#colterenzio
#lemorette
#inama
#malvira
#degustazione

# by enotecabianchi | 2022-11-13 09:35 | インポーターのお話。 | Comments(0)


いつもありがとうございます。
モンテ物産の成田と申します。
実は私もエノテカビアンキ様担当になって、初めての試飲会となります。
※前回はお手伝いでした。

今回のテーマは「再発掘」です。
弊社には隠れた名品がたくさん眠っています。
私たちが眠らせてしまってるだけなのですが笑
皆さまに発掘していただき、大阪から盛り上げたいという思いもあり、今回の試飲会への意気込みは満々です。

その中でも私は、
<フローリオ タルガ マルサラ スペリオーレRV2007>をおすすめいたします。

タルガ マルサラ解説↓

1800リットルのオーク樽で5年以上熟成させたリゼルヴァタイプのマルサラワインです。トパーズのような輝きのある琥珀色。
温度管理されたステンレスタンクでゆっくりと発酵させたベースとなるワインに、ブランデー、ミステッラ、モストコットを添加し、1,800リットルのオーク樽で5年以上熟成、300リットルのオーク樽で仕上げを行います。瓶詰め後、6ヶ月間瓶内熟成。


まだまだ、「マルサラは料理酒でしょ?」

という認識が強いです。
もちろん料理酒としても万能なのですが、飲んでも最高です。
食後ではイタリアの養○酒みたいなイメージで楽しんでいただきたいですし、食前でウェルカムマルサラなんかも良いかと考えます。

大阪でマルサラを流行らせたいんです!
是非、これを機に見直してあげて下さい。

<インポーター自己紹介、その4.>_d0212522_19264600.jpeg

写真はフローリオ社訪問時に撮影したカンティーナ内です。
圧巻の樽!樽!樽!です。

当日は大ベテランの廣澤と共に皆様をお迎えさせていただきます。

今回のご提案にはスプマンテをご用意しておらず、まず弊社ブースは後に回されそうですが是非とも「ウェルカムマルサラ」しに来てください!

ブースは「O」です!オー!

皆様と良いご縁となるように、笑顔とマニアックなワインをご用意してお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたしまーす!

11月12日現在
エントリー数:174名様
① 11:30~13:00 → 54名
② 13:00~14:30 → 32名
③ 14:30~16:00 → 57名
④ 16:00~17:30 → 31名

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#ワイン会
#第20回
#モンテ物産
#フローリオ
#マルサーラ
#マルサラ
#リゼルヴァ
#再発掘
#料理酒とちゃうで
#食後酒やで
#ウェルカムマルサラ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#montebussan
#florio
#marsala
#riserva
#sicilia
.


# by enotecabianchi | 2022-11-12 19:27 | インポーターのお話。 | Comments(0)