人気ブログランキング |
ブログトップ

毎週月曜更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


今回のワイン会、主催者側としてやることが多すぎたからワインのテイスティングはほとんどできなかった。
せやから、例年ならあり得ない、<最後までシラフ>ってのが実現した(笑)
打ち上げでハッチャケまくったのは、言うまでもないね(笑)

例年、ワイン会を終えた翌日から続々とご注文を頂くが、
今年は、めっちゃ、多い!

誰だってそうだろうけれど、
<飲んで納得して買いたい。>
そう願っていたのですね。

ご注文の内容を見ていると、リストに載っているだけではなかなか売れないワインが、
ワイン会を機に動きはじめたという現象を見て、なんだか嬉しくなった。
このワインもそのひとつ。

想像以上の味わい。_d0212522_22573015.jpg

ピノビアンコ ‶バーテナウ・サンミケーレ” 2018 (ホフスタッター)

ピノビアンコは、過小評価されてしまっている品種に挙げられる。
造り手もそう話していたから、一般的な見解だろうね。
しかしながら造り手たちは、最も重要な品種としてピノビアンコを挙げることが多い。
とりわけアルト・アディジェではね。
テルランやホフスタッターはその代表格といえようか。

今まで売れなかったワインがワイン会によって多くの人が注目し、売れはじめた。
<正しく評価された>、ってことだね。
最高に嬉しいよね♬

ホフスタッターにとって大事な畑、<バーテナウ>を名乗るピノビアンコ。
伝統的大樽でゆっくり、ゆっくり熟成される。
ブルゴーニュの大きなグラスを用意しよう。
冷やしすぎぬよう気をつけて。
冷たくするとすぐに黙りこむからね。

秋が深まるこの時期に、美しい味わいを堪能しようじゃ、あーりませんか♬


# by enotecabianchi | 2020-11-09 22:59 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

いよいよ明日♬
イタリアワインが160アイテム集う、
<エノテカビアンキ・ワイン会>が開催されますッ!
エントリー頂いたみなさま、体調を万全にお越しくださいね。
ご来場の際はマスクを忘れずに。
受付で体温を計らせて頂きます。
その他、感染予防対策を行っていますのでご協力の程よろしくお願い致します。
もうひとつ。
会場である中央公会堂には、「駐輪場」がありません。
最寄りの駐輪場へ停めてお越しくださいね。
実は毎年、叱られてますねん。
こちらもみなさまのご協力をお願いします。

公会堂で、お逢いしましょう。_d0212522_22454556.jpg

写真は数年前の公会堂。
美しい。
明日もこのくらい晴れてくれると、イイねぇ♬

公会堂で、お待ちしております。


# by enotecabianchi | 2020-11-03 22:45 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!

<イル・トラミテ>さん。

決して忘れてたわけちゃうで加藤さん。
トリにふさわしいさかいにね♬
横浜のインポーター、イルトラミテさん。
レストランにしか販売しないから、一般の人にはあまり知られていないかも。
つまりイルトラミテさんのワインはレストランでしか飲めない。
エトリヴァンを卒業したふたりが会社をきりもりする。
レストランで飲まれることを前提としているから、味わいのコンセプトがはっきりしている。
つまり、強いワインではなくお料理と一緒に味わってこそ本領を発揮するワインたち。
あるレストランでワインがブラインドで出てきた時、品種や産地が分からなくても、
イルトラミテが輸入するのだけは当たったことがある。
キモいだろぉ?(笑)

出展インポーター紹介その19♬_d0212522_20231756.jpg
バローロ ‶カッシーナ・ロッカ” 2014 (フランコ・モリーノ)
このバローロもまた、バローロの風格を持っていながらも優しさを伴ったもの。
飲み進むたび、味わいが深まるバローロ。
会場で是非確かめてみてね♬

担当は、加藤さん。
エトリヴァンに入社してすぐ、僕はこの加藤さんと一緒にイタリアへ行くことになった。
ほとんど名前と顔しか知らんもん同士よ?
珍道中にならんわけがあらへんやん!(笑)

出展インポーター紹介その19♬_d0212522_20242982.jpg

さてそんな加藤さんは、こんな顔してはる。うまく的を得ているから会場でもすぐに見つけられるよ。
いや、というよりも<否応なく存在を知らされる>とした方が当たってるか。
<笑い声>で(笑)
業界で定評(?)のある丸谷の笑い声をも凌駕する声量の持ち主やねん。
しかも、「ハッハッハーッ!」とちゃうで。

「フアッフアッフアーーーーーーッ!!!!!!!」

って笑いよる(笑)
その笑い声も、チェックすべし!すべし!!

イル・トラミテさんのブースは、<K>です♬

いよいよ明後日!
公会堂で、お逢いしましょう。

11月2日現在
エントリー数:199名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:64名様
13時~14時:71名様
14時~15時:44名様
15時~16時:70名様
16時~17時:41名様
17時~18時:18名様



# by enotecabianchi | 2020-11-02 20:24 | インポーターのお話。 | Comments(0)

残念なお知らせをひとつ、お伝えせねばなりません。
11月4日のワイン会に出展予定だった一社、ファインズさんが急遽、出展をとりやめることになりました。
ファインズさんのブース、<T>にはワインは用意されていませんので、
SNSをご覧頂いているみなさまにひと足先にお伝え致します。
楽しみにされていたみなさま、申し訳ございません。

19社のインポーターとエノテカビアンキは、元気にみなさまをお迎え致しますので、
一緒に楽しみましょう!


# by enotecabianchi | 2020-11-01 20:43 | インポーターのお話。 | Comments(0)

11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!
寝落ちして一日遅れ!日曜日の朝にお届けします♬

<ロータスジャパン>さん。

京都のインポーター。
社ッ長のリッカルドは、今最も注目されている産地<ルガーナ>の出身。
実際、ルガーナを多く輸入する。
ウチが扱う<カッシーナ・マッダレーナ>は彼が輸入するもの。
ルガーナ<クレイ>は僕が知る中でも最上のものに数えられる、<ジェームズボンド的ルガーナ>。
もちろん出展されてるよね?って思ったら出てへんがなッ!?
しかも彼自慢のルガーナはひとつも出ていない。
もっと勧めたいものがあるってことね♬
ウチのリストに載っていないものばかり出展されるが、なぜかウチにコレが...。

出展インポーター紹介その18♬_d0212522_08392515.jpg

レ・マチオレ 2016 (リブシエーリ)

エリアはモンテクッコだからモンタルチーノの南、川を南に渡ったエリアのサンジョヴェーゼね。
これを含む計8アイテムのリッカルドおすすめをテイスティングできる。

担当はふたり態勢。
窓口は、テレーザ。
モデルみたいにシュッと背が高くしかも自在に日本語を操る才女、かつベッラドンナ♬
社ッ長のリッカルドもまた日本語でジョークを連発するほどに日本語が堪能だ。
容姿?秘密♡

ワイン会に来てくれると言ってくれたある京都のシェフに、
「あ、その会場にリッカルドも居ますよ♬」
って話したら、名言が返ってきた。
「リッカルドはもぉエエわぁ。」

これ聞いたとき、
「あ、リッカルド愛されてるんやなぁ。」

なんて思ったのもです。

ロータスジャパンさんのブースは、<Q>です♬

公会堂で、お逢いしましょう。

10月31日現在
エントリー数:177名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:58名様
13時~14時:63名様
14時~15時:35名様
15時~16時:62名様
16時~17時:42名様
17時~18時:18名様



# by enotecabianchi | 2020-11-01 08:39 | インポーターのお話。 | Comments(0)

11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!

<稲葉>さん。

40社を超えるインポーターさんとお付き合いしていると、
そのインポーターさんの個性というか<癖>みたいなのが見え隠れしておもしろい。
稲葉さんが輸入するワインは、<しっかり>めのワインが多かった。
「かった」としたのは、最近のラインナップにややエレガントなスタイルが多くなったように思ったから。
気のせいかもしれないし、そうだとしても、当の稲葉さんが意識してかどうかは知らないけどね。
そう感じるようになったきっかけが、このワイン。

出展インポーター紹介その17♬_d0212522_22480824.jpg

バローロ ‶ウンディチコムーニ” 2014 (アルナルド・リヴェラ)

いわゆる協同組合である、<テッレ・デル・バローロ>が手掛けるスペシャルライン ‶アルナルド・リヴェラ”。
<ウンディチコムーニ>、<11の村>ね。
バローロが造られる11のコムーネ全ての畑から良質のブドウを選別して造られたいわゆる<バローロ・クラッシコ>。
前にも書いたが、バローロ・クラッシコは誰でも造れるものではない。
そういう意味では、優秀な協同組合ならではの優位性ではなかろうか。

ワイン会で飲めるからぜひ試してみてね。

担当は、辰見さん。
最近、大阪に引っ越してこられた。
彼もまた、マジメでございますよぉ。せやけどワインのトークはものすごい熱い。
でも知ってるねん。
飲んだ時の笑い声の大きさ。
あ、この人、酔って壊れたらかなりハッチャケるかもー♬
いっぺん見てみたいわぁ♬
想像がふくらむ秋。
今宵も、きれいなお月さん。

稲葉さんのブースは、<D>です♬

公会堂で、お逢いしましょう。

10月30日現在
エントリー数:170名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:56名様
13時~14時:61名様
14時~15時:31名様
15時~16時:57名様
16時~17時:41名様
17時~18時:18名様

# by enotecabianchi | 2020-10-30 22:48 | インポーターのお話。 | Comments(0)

11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!

<サーノ>さん。

代表の名前は?って?
佐野さんに決まってるやん。
まんまやけど、これ以上はないネーミングやね♬

出展インポーター紹介その16♬_d0212522_19210100.jpg

サーノさんは大インポーターを長年勤めたあと、昨年独立された。
今は写真にあるシチリア西部の「カニカッティ」と、フリウリの「フェウディ・ディ・ロマンス」、
この2社だけをじっくりと紹介している。
じっくり紹介するだけに、大阪におけるこの2社の浸透度は相当なものだ。
佐野さんお得意の<ウェッティな>営業の賜物やね♬
あ、褒めてるねんで佐野さん。

お客さんとの距離が近い営業スタイルは僕も見習いたいところ。
とはいえ一緒に飲んでると唇が触れてしまいそうなほど近づくのは、ちょっと...。

サーノさんのブースは、<E>です♬

公会堂で、お逢いしましょう。
大丈夫。
触れそうで触れないから(笑)


10月29日現在
エントリー数:159名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:54名様
13時~14時:59名様
14時~15時:29名様
15時~16時:51名様
16時~17時:38名様
17時~18時:15名様


# by enotecabianchi | 2020-10-29 19:21 | インポーターのお話。 | Comments(0)

11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!

<メイワ>さん。

昨年来、いやもっと前からこのおしゃれなラベルがSNSを賑わせてたね♬

出展インポーター紹介その15♬_d0212522_23314508.jpg

ソアヴェ・クラッシコの造り手、<レ・バッティステッレ>。
メイワさんが輸入してるのよねぇ♬
ここが造るブリュット・ミッレジマート<セッテンブリーノ>、美味しいねん。
もう知ってる人も多いだろうけれど、今回のワイン会にも出展されてるから、是非に♬
メイワさんもまた、このワイン以外はウチのリストに載っていないワインをセレクトされた。
みなさん攻めるねぇ♬

担当は、近藤さん。
彼を確認するのはほとんどSNSでしかない。
ホンマに存在してるんやろか?(笑)
あ、今日電話がつながったから大丈夫やね。
一年のほとんどを出張で飛び回ってはるイメージ。
担当というより旅人だね。

ワイン会当日も、どこかのイベントを大急ぎで切り上げて会場に駆けつけてくれるそうだ。
せやから、ハァハァ言うてても興奮してるわけちゃうから気にしないであげてね♬
近藤さんが来られるまでは、スーパー助っ人さんにメイワブースを守って頂くのですよ!
Bella donnaにイタリア語で話しかけてね♬

メイワさんのブースは、<C>です♬

公会堂で、お逢いしましょう。

10月28日現在
エントリー数:159名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:54名様
13時~14時:59名様
14時~15時:29名様
15時~16時:51名様
16時~17時:38名様
17時~18時:15名様


# by enotecabianchi | 2020-10-28 23:32 | インポーターのお話。 | Comments(0)

11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!

<フードライナー>さん。

モンテ物産さんと同じくイタリアの老舗インポーター。
知らない人はいないよね。
昔からのラインナップを見れば、イタリアワインの歴史そのものだ。
ガヤ、ジャコモ・コンテルノ、カーゼ・バッセ、オルネッライアなどなど。
それらは同社からは去ってしまったけれどそれもまた時代の流れ。
しかしながら、カデルボスコ、リカーゾリ、ピエロパンなど長い付き合いながら今も同社が扱っている優秀な造り手もたくさんある。
老舗はやはりパートナーシップを重んじるのですねと納得するのです。
そしてこの造り手も、長い付き合いですな。

出展インポーター紹介その14♬_d0212522_19023044.jpg

ランゲ・リースリング ‶リガディン” 2018 (ペリッセロ)

ペリッセロはバルバレスコの造り手だが、僕はこのリースリングが大好きだ。
‶インデント輸入”ではあまり購入しないエノテカビアンキなのに、このワインの美味しさに感動してまとめ買い。
それでも全然足りなかった。
今度のワイン会に出展されるから、お楽しみに♬
つい先日、幸運にも当主のジョルジョ・ペリッセロとリモートで話す機会を頂いた。
大変失礼ながらバルバレスコの話そっちのけでリースリングの話ばっかりしてしもた!
ジョルジョによると、ペリッセロにとってのリースリングのファーストヴィンテージは2015年でこれが4ヴィンテージ目。
経験によって改善しているから当然、年々品質は良くなっている。
最初、完熟させることを意識していたが、完熟すると、リースリングが持つ鮮烈なミネラルと酸が損なわれるから、
今は完熟の手前の、収穫するタイミングを最大限注視している、とのこと。
エエ話聞けたわぁ♬

担当は、宮田さん。
彼とは主に、<笑談>だ。笑いながら仕事の話を進める。
もっとも、彼が大いに笑うのはお酒の席やけどね(笑)
それが原因でいつか職を失うのとちゃうやろかと、見てるこっちがハラハラするのですよ。
とか言いながら楽しんでるけどねぇ♬
怒られろ!怒られろ!!(笑)

フードライナーさんのブースは、<S>です。

公会堂で、お逢いしましょう。

10月26日現在
エントリー数:155名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:53名様
13時~14時:59名様
14時~15時:28名様
15時~16時:50名様
16時~17時:37名様
17時~18時:14名様


# by enotecabianchi | 2020-10-26 19:41 | インポーターのお話。 | Comments(0)


11月4日(水)エノテカビアンキ・ワイン会♬
に出展されるインポーターさんをご紹介!

<モナカ>さん。

本町のソムリエールさんは間違えて「モニカさんモニカさん」って言うねん。
「それ吉川晃司やんッ!」ってオレがツッコむ。
そういうやり取りは、もうほとんど日常なのですよ。

なんの話?
あぁ、モナカさんね♬

レトロなラベルにまっすぐな味わいで人気のチロ、<スカラ>のインポーターさん。
おぉ!あれが会場で飲めるのね!と思ったら、飲まれへんw
ラインナップを見たらウチで扱ったことのない造り手ばかりをセレクトされていた。
攻めるねぇ♬
そんなわけやから、ワインに関してはノーデータ。
一緒にボクも飲んでるかもー。

担当は上田さん。
先日初めて同行営業したんやけれども、
根がマジメな上に緊張しまくってて、結局一日中、車のシートに背をもたせかけることはなかった。
面接かッ!(笑)

出展インポーター紹介その13♬_d0212522_18294605.jpg

写真が彼ね。マジメだろぉ?
手に持っているのはウンブリア州のシャルドネ、「マドンナ」。ちょいイイヤツ~♬
どんなんやろね?一緒に会場で確かめまひょか♬

上田さんはこの6月からウチを担当して頂いてるんだけれど、
前の担当である通称モッチーは、ウチのワイン会に出展することを夢見ていたそうだ。
光栄なことですわね。
その願い叶って今年3月の<テーマ別ワイン会>に参加して頂くことになったけど例の騒動で延期。
そうして担当が代わり、モッチーの夢は永遠に叶わないのでした(爆)

なんかもってるよねモッチーw
それさえも引き継いでるんやろか上田さん。。。
そんな一抹の不安を覚える今日このごろ。

モナカさんのブースは、<G>です♬

公会堂で、お逢いしましょう。

10月24日現在
エントリー数:148名様
<時間帯別予想人数>
12時~13時:46名様
13時~14時:62名様
14時~15時:24名様
15時~16時:44名様
16時~17時:33名様
17時~18時:15名様


# by enotecabianchi | 2020-10-24 18:30 | インポーターのお話。 | Comments(0)