人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:ちょっと自慢したいこと。( 6 )


d0212522_18301933.jpg
ピノノワール・トラディション 2016 (アンセルメ)

 少し前の試飲会で見つけたワイン。
 隣り合わせたラガーマンと、
「これメチャクチャ美味しいですね!」
 って半ば興奮気味に話し合ったのを憶えている。
 そこから週ヶ月経ってからの採用となった。
 そう。
 たとえ試飲会でビックリするくらいの美味しさであっても、
 ウチでは一旦仕入れて、改めてテイスティングする。
 試飲会で美味しくても実際に落ち着いて飲んでみたら違ってた、
 なんてことはよくある話やからね。

 少し前までアオスタのピノノワールは、良きも悪しきも線が細いものが多かったが、
 このワインは、華奢ではない。
 そして女性よりも男性に喩えた方がしっくりくるかな。
 アオスタのピノノワールが持つ「明るい」イメージよりもトーンは黒め。
 「暗め」とは表現したくない。
 均整がとれた、余裕のある味わい。
 ひとことで表すと、
<骨格があって、男性的な美しさを纏うピノノワール>
 かな。
 ひとことちゃうやんw
 そんなワイン、やねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ピノノワール、増えちゃったねぇ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-09-03 18:30 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)

 今日はちょっと、エノテカビアンキの話をさせて下さい。あ、いつもかw
 エノテカビアンキは年に2回、ワイン会を開催しています。
「何のために?」
 と聞かれれば、
「売るために。」
 という答えになるが、それは単なる商業的な意味あいとは、ちょっと違う。

 何が違うのかというと、方向が違う。
 2回のうち1回は、はっきりとしたテーマを決めて行っている。
 春ごろに開催する<テーマ別ワイン会>と銘うったワイン会だ。
 昨年行ったテーマは「バルベーラ」。そう、ピエモンテの土着品種バルベーラにスポットを当てたワイン会だ。
 会場では約50種類ものバルベーラが比較できるまたとない機会となった。
 さて、なぜそんなワイン会をするのか?
 他者と比較することで自分のレストランが扱うバルベーラの立ち位置を確認してもらって、扱っている意義を見出してもらうこと。
 さらに、数多ある選択肢からコレ!というワインを見つければ、若いスタッフでも自信がつく。
 自信がつけばサーヴィスの質が向上する。
 このサイクルを重要視したためだ。

 もうひとつのワイン会は、<エノテカビアンキ・ワイン会>(そのまんま!)と銘うって、
 これからの時代に「レストランで飲んでほしいイタリアワイン」をテーマに開催する。
 これは2部制になっていて、第2部は夕方開催し、仕事帰りの一般のお客さんをお招きする。
 第1部はレストランのアイドルタイムに開催し、対象はレストランのスタッフだ。
 第1部に来てくれた業務店さんには、その会場で美味しかったワインにショップカードを飾ってもらって、
<○○おすすめのワイン!>とアピールしてもらう。そうすることで、第2部に来られた一般愛好家のお客さんが、
 ご自分にフィットした美味しいレストランを見つけるヒントになる、という具合だ。

エノテカビアンキの考えは、レストランのそれと同じなんです。

 とはいえエノテカビアンキも組織ですから、利益を追求するのは当然です。そうしなければ継続できない。
 だが、ワイン会を開催することで短絡的に売上を伸ばそうとは考えない。
 そんなの、伸びたとしてもすぐに落ち込むのは解りきっているからね。
 僕たちが見るのはもっと先のことだ。

 おもてなしする側のサーヴィスと知識の向上。
 レストランで飲んでこそおいしいワインの提案と、ワインを更に「おいしい!」と感動させる
 レストランのお料理と心地良いサーヴィスの存在を知ってもらうこと。知ってもらったら、
「レストランって楽しい!!」って感じる人はもっと増えるはずだ。実際楽しいんだから。
 これが大事なのよ。
 たった一回のイベント開催では効果はない。
 それは百も承知。
 全てを理解してもらったインポーターさんと、今後もずっと続けて参ります。
 
 2019年の開催は、10月16日(水)と決まりました。
 また改めて、お知らせしますね。

d0212522_20150314.jpg
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!レストランの楽しさを、知ってもらおうよ。~


by enotecabianchi | 2019-08-19 20:16 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)

 7月のDM、できましてん。
 新しく仲間入りした美味しいワインの入荷案内はもちろん、
 インポーター計10社(!)からのインフォメーションが入っていたり、
 あ! ほいでから今年も <うちわ>! こしらえたさかいに使ってや ♫
 そして、

d0212522_20342593.jpg
セミナーレポートが3部、入ってるねん。

 ふたつは木下くんの手によるもの、もうひとつは丸谷作ね。
 これ作るのに、時間もかかるしお金もかかる。

 エノテカビアンキは、酒屋です。
 では酒屋とはなにか?
 頼まれたお酒を届けるのが酒屋、だろうか?
 エノテカビアンキは そうは考えない。
 お客さんが求めるワインを提案し、詳細まで説明し、時には実際に飲んでもらって、納得して買ってもらう。
 お客さんが求める情報を、的確にお答えできるようセミナーに参加し、可能な限り試飲会にも足を運ぶ。
 インポーターに最も近い場所にいるから、現地のあらゆる情報が入ってくる立場にある。
 酒屋とは、その先に造り手がいるインポーターと、その先に飲み手がいるレストランとを結ぶ、
 <心強い架け橋> でありたいと、エノテカビアンキは考えます。
 時間もお金もかけてレポートを作るのはそのためです。
 インポーターのネタをコピペしたような情報とは、断じて違う。
 これらはエノテカビアンキのオリジナルです。
 だからどうか、眠くなるかもしれないがどうか、ゆっくりと読んで下さいませね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!の DMはオイシイ情報満載ですわよ ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-06-29 20:35 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)

 ことのほかウチは、ワインリストの作成に時間と手間を割きます。
 新しいワインを掲載するためにテイスティングするのはもちろんだが、
「今まで載せてたけど、これってどうなんだろうか?」
 という疑問でもって改めてテイスティングして リストから外れた、というワインも珍しくない。
 そんな中、↓

d0212522_19021851.jpg
マリオズ・ビアンコ 2013 (ペラッサ)

 ワインリスト2月号に、変わらず掲載されている。
 作成中、ヴィンテージに疑問を持った。
 この価格帯のほとんどのワインが2017年なのに対し、このワインだけ2013年。
 どうなのよこれ? ってね。
 考えていても仕方がないから、インポーターさんに直接聞いてみた。
 すると、

「このワインは少し遅れ目の方が味わいが乗るので メーカーに取ってもらってたの。
 で、これが2013年最後の入荷だわ。」

 あ、オバサンみたいな喋り方やけどオジサンですw
 そう言われても、実際に飲まんとわからんな・・・。
 よし、今ウチにあるものを開けて飲んでみよう。
 もしネガティブな味わいが少しでも出たら、掲載せーへんで!
 と半ば喧嘩腰でテイスティングに挑んだ。
 すると、
 全く衰えていなかった。
 それどころかオバサンの言う通り、すごく味わいが乗っていて美味しかった。

 そんなわけで、
 マリオズ・ビアンコ2013。
 ブドウは アルネイス、シャルドネ、ファヴォリータ。
 自信を持っておすすめする。
 ラベルも、よろしいやん ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!定期テイスティングも欠かさないわよ ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-02-18 19:03 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)

 今日は何アップしよかなぁ?
 って考えるよりもまず、
 お正月、何飲もかなぁ ♫
 って考える僕は、不純でしょうか?

d0212522_20252910.jpg
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2006 (アゴスティーナ・ピエリ)

 現行ヴィンテージ2012年が今月、大活躍したブルネッロ。
 南モンタルチーノらしい ふくよかな果実味と優しい味わいは、
 飲み手を惹きつけてやまない。

 エノテカビアンキのワインセラーには数多くのワインが保管されているが、
 すぐに売れるワインだけを置いているわけではない。
 少量ではあるが、バックヴィンテージのワインを寝かせてある。
 それらの大半は将来の 「スペシャルセレクション」 のためだが、
 ほんの少し、自分で購入して飲んだりするねん。
 そうせんと、どれだけ寝かせればベストか、わからへんからねw

 え?
 寝かせるワインを選ぶ基準て?
「寝かせたいなぁ♫」
 って思ったワインやん!
 当然ですやんか。
 不本意に寝てしもたワインは、あらしまへんで。
 また突然に、何も書いてない封筒が届いたら、早めに開封して下さいませね。

業務用イタリアワインなら! えのてエノテカビアンキッ!!自分が飲みたいワインを扱っています ♫ ~


by enotecabianchi | 2018-12-26 20:27 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)

d0212522_19200184.jpg
 地域別ワイン会で良かったワインを今、取り寄せている。
 それとは関係ないワインも、テイスティングすべきものが続々と。
 7月の新着案内に向けて、これからがテイスティング本番だ。

 基本的にウチは、試飲会で良かったワインを即、採用はしない。

 600アイテム、30ページに及ぶワインリストは、カテゴリーごとに並べるだけで精一杯。
 より深い情報を欲するお客さんには、そのワインのエピソードから味わいに至るまで、個別に説明する。
 そのためには、試飲会で試した一面的な味わいを知るだけでは、不充分なのね。
 だからインポーターさんには可能な限り、多くの情報を求める。
 そうして新着案内はでき上がり、次号の新しいワインリストに反映されてゆくのですよ。
 美味しいワインだけを、掲載しているんです。

 じっくりと厳しく、テイスティングに挑みますわ ♬
 楽しみッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 飲んで考えて答え出してます ♬ ~


by enotecabianchi | 2018-06-13 19:32 | ちょっと自慢したいこと。 | Comments(0)