人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:今 売れてるワイン。( 6 )


 今売れてるワイン~♬ は、コレ!↓

d0212522_18344600.jpg
トレドンネの、
ロエーロ・アルネイス ‟ドンナキアラ” 2018
と、
ランゲ・ネッビオーロ ‟ドンナネーラ” 2015

 トレドンネのオーナー、ピエルニコラが来阪して一緒に食事したのは9月の末だった。
 イベントが目白押しの時期だったから彼らのことを書けなかったけれど、
 順調に売れてくれてよかったよかった♬

 ‟トレドンネ”というくらいだから、このカンティーナの主役はそう、三姉妹だ。
 だからそれぞれのワインに<ドンナなんとか>って必ず名前がついている。
 女性は他にも、ピエルニコラのおばあちゃんがいたりして、彼女の名前を冠したバローロなんかもある。
 家族の想いが、詰まっているのです。

 一度飲むと必ずリピートしたくなる、優しい味わい。
 試してみてみー♬

業務用イタリアワインなら!エノテカビアンキッ!!家族の想いも届けます。~



by enotecabianchi | 2019-12-10 18:36 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)

 カテゴリーによって違うけれど、
 あ、昨日のブログの続きね。
 赤の同価格帯で今売れているワインはというと、これだ。↓

d0212522_19543841.jpg
カブルニオ (テヌータ・モンテティ)

 南トスカーナ、マレンマ産。
 ブドウは、カベルネ、メルロ、アリカンテ。

 このまま解釈すると、あ、濃いワインなんだろうなと、大半の人が想像するはずだ。
 では、<ヴィンテージ2013年>とくれば、どうか?
 流通しているこのあたりの価格のワインなら、今だと2016年や2017年だろうか。
 それらと比べると3年の差がある。
 この差を、<遅れている>ととるか、その分<落ちついている>と解釈するかで仕入れるかどうかが分かれると思うけれど、
 <落ちついている>と解釈して買った人は、たいていリピートしている。

 かくいう僕もインポーターさんがテイスティングで持って来られた時、あんまり気乗りしなかった。
 が、飲んでみるとホレ! 美味しいやないの~♫
 昔は強かったのだろうなと思わせる果実味は落ちついて穏やかになり、
 <カベルネ>とカテゴライズするよりも<マレンマの上質なワイン>とした方が良い。
 品種に偏見を持った人(僕を含めてね)は特に、飲んでみたらビックリしまっせ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!偏見なくすと、ええワインに出合えるで♫ ~



by enotecabianchi | 2019-09-25 19:56 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)

 配達に伺った先のソムリエールさんに、オーダー頂いたワインに終売のものがあったので、
「○○のワインはインポーター終売につき在庫がありませんでした。」
 って伝えると、
「その価格帯のワインって売れてないの?
 実は他のインポーターの同価格帯のワインも終売でもう入ってこないって言われたから。」
 彼女の言うその価格帯とは、小売価格¥2,500から¥3,000くらい。
 考えたのち、
「多分その価格帯のワインがインポーターにとって最もよく売れる(あるいは売りやすい)もので、
 取り扱いアイテムが多く競合が多いから、売りあぐねたワインは他のものにとって代わるスパンが短いのかもしれませんね。」
 と答えた。
 お客さんからの質問で初めて考えて答えたけれども、たぶんそうなのだと思う。
 オフィスに帰ってウチのリストを調べると、ビックリ!
 その価格帯の白ワイン、つまりたった¥500の幅の中に、80アイテム以上あった!(苦笑)
 赤を含めるとその2.5倍になろうかw
 数えたことなかったけど、多すぎるな・・・。ウチもちょい削ろか・・・。
 とはいえ、<削除候補>に入らないワインがある。売れてるワインだ。

d0212522_19051502.jpg
ルガーナ・マンドラーラ 2017 (レ・モレッテ)

 よー売れちょる。
 リピート率も高い。
 造り手のレポートは → コチラ!

 リストから外れるのは大抵が売れないワインだが、
 売れてるワインでもその候補になることがある。
 あるんかい!
 でもそれはよほどの理由でない限り、大丈夫。
 少なくともこのワインはね♫ 外れる理由が全くない。

 もうすぐ長月も終わり。
 夜を長く楽しむなら、上質のミネラルを備えた白ワインは外せないでしょ?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!さぁ、夜が楽しくなってきた♫ ~


by enotecabianchi | 2019-09-24 19:07 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)

d0212522_17272351.jpg
コンメッサリオ 2014 (イル チヴェッタイオ)

 今回のワインリストからのデビューで、とりわけよく出ているワイン。
 モンタルチーノの南に位置する 「モンテクッコ」 の造り手。
 ブドウは、サンジョヴェーゼ、カベルネ、メルロ、アリカンテ。
 そう聞くと、濃いワインかな? と思いがちだがそうではない。
 熟成に樽を使わないことで、南トスカーナのワインをバランスの整った奇麗なワインに仕上げる。
 むろん、それだけが理由ではないけどね。
 いつまでも飲み続けられるワインだから、リピーターが多いのも頷ける。

 このワインをテイスティングした時、
「あ~わかるわかる! あの人こういう味わい好きやもんなぁ。」
 って思わず声出して笑ってしもた。
 地味だが、飲み進むほどに味わいが深くなる。そんなワインを多く取り揃える。
 
 おっと そういえば、今日は彼の誕生日。
 おめでとう ♫
 いつまでのあの大笑い、期待してますよ。
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 目ぇチカチカするのんオレだけやろか?(笑) ~


by enotecabianchi | 2018-09-29 17:39 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)

d0212522_19273084.jpg
ジュンカーロ 2014 (サンタ・カテリーナ)

 はい。 「今 売れてるワイン」 その2ぃ。
 相模屋さんが輸入するワインと、「ビオワイン・インポーターだッ!」 と自認するところが輸入するのとは、少し違う。
 何が違うのか説明できないが、飲めば、言わんとしていることは解ってもらえると思う。
 ジュンカーロは、ビオワイン大好き! って人が飲んだら大喜びするような白ワイン。
 ところが、そうでもない人にも 美味しいと感じさせる面白いワインだ。
 相模屋さんのワインはそういうのが多い。 むろん、個人的見解ではあるけれど。

 エエ具合に、肩に力が入ってないワイン。
 なんか変な表現やなw
 でもそんなん。
 蒸し暑いと 強いお料理は しんどい。
 ほんのりダシの効いた、口に含むごとに 「じわじわ~っ」 ってくるお皿に合わせたい。

 「お野菜くたくたに たいたん」 とか、ほんの少しミントを加えたカポナータ なんかも、
 涼しげでエエね。

 なんかお腹すいてきたわ。
 帰ろ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ウマいワイン、取り揃えてますわよ ♡ ~


by enotecabianchi | 2018-06-23 19:45 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)

「今 売れてるワインはなんですか??」

 よく聞かれるように思われるが、レストランの人からは意外とこの質問は来ない。
 そう聞くのはたいてい、インポーターさんだ (笑)
 そういう皆さんのために、ジャンルを設けて時々アップするね ♬
 あ、お店の人も参考にして下さいよ~ ♬

d0212522_19502824.jpg
ベッローネ 2016 (カザーレ・デル・ジリオ)

 はい。
 5月のリストから新しく仲間入りした中では 最も売れているワインではなかろうか。

<ヴァラエタル(単一品種)ワインを適正な価格でリリースする>

 この明確なコンセプトを、ラツィオ土着品種のこのワインでも踏襲する カザーレ・デル・ジリオ。
 この価格にあって このヴォリュームと上質な酸とのバランスは、流石というほかない。

 ワインリスト5月号、<中部イタリアの白 No.1> に掲載中 ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ブログの読者はほぼインポーター という噂w ~


by enotecabianchi | 2018-06-12 20:01 | 今 売れてるワイン。 | Comments(0)