ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:もっと知られるべきワイン。( 16 )


d0212522_19540617.jpg
テヌータ・ディ・カルレオーネ
左から、
キアンティ・クラッシコ 2015
イル・グエルチオ 2016
ロザート 2017

 このブログにラベル貼るの忘れたさかいにね。
 今日は画像アップの日ぃ。

 ロザートはスクリューキャップだ。
 そのことを ルアイさんでの夕食の際、聞いてみた。
「ロザートだけがスクリューキャップを採用しているのは、何か意図があるの?」
 そしたら、
「造った量の80%がオーストリアに行くからね。 オーナーの故郷だよ。
 あっちではスクリューキャップが主流なんだ。」
 って返ってきた。

「ドイツの醸造学校を卒業したから、最初はリースリングを造っていたんだ。
 だからボクのベースにはリースリングが、そして少しのピノノワールがある。」

ショーンのワインは、
 ① 長いマセレーション。
 ② 全房発酵。
 ③ フットクラッシュによる圧搾。
 を行うのが特徴だ。

 これらの作業は全てワインに、
風味豊かな<酸>、
果実の<フレッシュさ>、
そして清らかさを纏った<透明感>、
 を与えるためのもの。
 四角いサンジョヴェーゼをどう丸くするか、と深く考えた結果だ。
 たいていの人は、濃く甘く造り込むことで、それを実現しようとした。

 濃いサンジョヴェーゼとは、コンセプトもプロセスも、全く異なるのですね。

 今回初めてショーンと話して、調べものがずいぶん増えたが、まとまってないので羅列してみた。
 じっくりと調べ、考えを巡らせるとしよう。
 年が明けてからね w


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 素晴らしいワインをご紹介します ♫ ~



[PR]
by enotecabianchi | 2018-12-14 20:02 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

d0212522_18265458.jpg

 ハイ。 ミニワイン会終了~ッ♫
 たった7アイテム、そしてこのテーブルを任された、ということもあって、
 ラインナップのコンセプトを2つ、定めた。

 まずひとつめ。
 お料理との相性が良く、かつそのお料理を特定しやすいワイン。
 季節的にタイムリーなのはもちろんだ。

 そしてふたつめは、
 数多くのワインがズラッと並ぶグランド試飲会では 恐らく並ばないワイン、あるいは、
 並んでいても 「試飲会映えしないワイン」 をセレクトした。

 理由は簡単だ。
<地味だが、説明することで改めてその良さを知ってもらえる。>

 30人を超える方々に、この7アイテムだけに時間を割いてテイスティング頂いた。
 これらのワインは飲み疲れないし、飲み飽きない。

 それに加えて、ロザートの イル・ミーモ は、

「落書きし甲斐がありますよ!(笑)」

 なんてセールストークも使わせて頂いた。
 そしたら、 ↓


d0212522_18285221.jpg

 ホンマに落書きされてしもたw

 楽しいミニ試飲会 ♫
 新しい展開のヒントになりました。
 ありがとう。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 知ってもらうために頑張らないと! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-11-20 18:34 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

「一杯行こうか。」
 そういって日本人みたいなサルデーニャ人と行った先で、コレ食べましてん ♫ ↓

d0212522_18291013.jpg
中国菜 SHIN-PEI さんの、
黒酢の酢豚

 うンまいわぁ ♫
 もちろん、この料理に抜群に合うワインと共に頂いたけれども、
 この料理にはイタリアワインを合わせることもあるのだとか。↓

d0212522_18364476.jpg
オルトレメ 2016 (テヌーテ・ルビーノ)

 知る人ぞ知るブドウ、ススマニエッロ100%。
 生産者はたった数軒だが、今、世界的な注目を集めているプーリア州の土着品種。
 注目されすぎて、栽培面積と生産量の計算が合わないこともあるのだとか (苦笑)

 南らしい果実の甘さはあるが 甘すぎないところがイイ。
 苦みに加え適度な酸味が、このワインに複雑みを与える。
 熟成に樽を使っているのではと思うほどの複雑みだが、ステンレスのみの熟成。
 つまり、これがススマニエッロ本来の味わいだ。

 是非酢豚と!合わせてみてね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! イタリアワインは中国料理にも合うのですよ ♫ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-10-04 18:54 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

 またも、ロザート入荷 ♬ ↓

d0212522_20352325.jpg
ランゲ・ロザート 2017 (トレディベッリ)

 きれいなラベルなやぁ ♬
 昨年の華々しい日本デビューから扱っている造り手、トレディベッリ。
 今年初めて ロザートが入荷したのでテイスティング用に仕入れてみた。

 ホホォ。 同じ産地なのにまたも色が異なるねぇ。
 これもまた、造り手の考え方によるものか。
 トレディベッリのロザートは、バルベラ、ドルチェット、ネッビオーロ、フレイザのブレンド。
 ラ・モッラ、モンフォルテ、ロエーロ など複数の畑のものをブレンドする。

 対して、ヴァイラは?
 知らない。(ままままだ知らんのんかいな!!)

 担当さんがねー、きっとイジワルしてるねん。
 教えてくれないんだー。

 飲み比べてみると面白いだろうね。
 来週はじめ頃を予定してるから、その頃には担当さんもきっと機嫌直して教えてくれるよ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 来週はテイスティングラッシュなのだ~ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-09-22 20:41 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

 少しの間、欠品していた ヴァイラの 「ランゲ・ロッソ」 が再入荷しました。
 出荷準備、整いましたよ~ ♬
 新しいリストを改めて眺めていると、ヴァイラって 「ロザート」 も造り始めたのね! ↓

d0212522_20260780.jpg
ローザ・ベッラ 2017 (G.D.ヴァイラ)

 ロゼを愛飲する人が世界的に増えたこの頃になってようやく、日本でも消費が増え始めた。
 いろんな種類のロザートが輸入されるようになったということは、造り手が新たにロザートを創るケースが増えているということね。
 きっかけは様々だけど。

 例えば、シチリア・エトナの雄 テッレ・ネーレ のそれは、愛娘ちゃんの好きな色がピンクで、彼女の、
「パパはどうしてアタシの好きな色のワインを造らないの?」
 という 「鶴の一声」 があったからだとか。
 世界的にもファンの多い マルコ・デ・グラツィア のロザート誕生に、こんなエピソードがあろうとは何とも微笑ましい。
 
 では ヴァイラのこのロザートは?
 知らない。(ししし知らんのんかいな!)
 実はブドウ品種も知らない。
 今のところ、ナゾのロザートだ。
 せやけど買ってしもた。
 あ、エンブレムがキャワいい ロザートやね ♬

 週明けには担当さんが教えてくれるかな?
 そんなわけで味わいも知らへんから、またレポートするなり!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ロザート、美味しいよ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-09-08 20:36 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

 昨日一日、同行営業したのは、プーリア州の造り手 「テヌーテ・ルビーノ」 のフランチェスコ。
 これを持って回った。 ↓

d0212522_18302671.jpg
サトゥルニーノ 2017 (テヌーテ・ルビーノ)

 プーリア州は ロザートにゆかりがある。
 イタリアで最初にボトリングされたロザートは、プーリア州の老舗 「レオーネ・デ・カストリス」 のものだし、
 イタリアのロザートの60%までもが、プーリア州で生産されている。

 今年5月。 プーリアのロザートだけを集めたイベントが開催された。 知っている、あるいは参加した、という人もいることだろう。
 何を隠そうこのイベントは、このワインの造り手、テヌーテ・ルビーノの呼びかけによって実現されたものなのね。
 自分の造るこのロザート、更にプーリア州のロザートのレベルの高さに対する自信の表れだ。

 明るい赤に近い色。 艶やかだゼぇ。
 果実のふくよかさを存分に感じられる 幸せなワイン。
 多くの人が持つ、<ロゼは甘い> というイメージを覆す。
<ロゼは、美味しい>
 のですよ。

 フランチェスコはしきりに、「ロゼじゃないよ、ロザート! なんでイタリアワインなのにフランス語使う? このワインはロザート!」
 と言う。 確かに <ロゼ>と<ロザート>、聞こえが違う。
 ロゼというといかにも女性的で線が細い感じ。
 ロザートは逆に、男性的で太いニュアンス。

 実際フランチェスコは、
「サトゥルニーノはオトコのためのロザート。」
 と言う。
 この表現、よく解る。

 試してみてね ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ウチのワインリストも今号から「ロザート」になってるよ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-08-08 18:48 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

d0212522_18104755.jpg
岸和田 クチーナ・テントさんの、
ヒイカと葉大根のペペロンチーノ。

 この日曜日は、ちょっとドライブランチ ♬
 美味しそうだろぉ?
 このワインにおすすめのグラスワインは、ヴェルディッキオだった。
 めっちゃ良く合ったんやと思う。
 思う?
 ドライバーやさかいに オレは飲まれへんかったからね。
 飲んだ人?
 ウチのエラいさんに決まってるやんか w

 さてさて、
 その時は銘柄を尋ね忘れてしまったが、
 ウチが扱っているヴェルディッキオなら、何を合わせたいかと考えていると、 ↓

d0212522_18141949.jpg
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ・クラッシコ・スペリオーレ 2016 (ブッチ)

 久々に飲みたいなぁ。
 ヴェルディッキオもまた、低価格から高級ワインとされる価格帯まで幅広く出回っている。
 さすがに魚の形をしたボトルは、もう見かけなくなったけれど。

 ブッチのヴェルディッキオは、高い方に属する。
「ヴェルディッキオ = 安くて美味しいワイン」
 とカテゴライズしている人には、見向きもされない価格だ。
 だが、
「偏見なく美味しいワインに出合いたい」
 と願う人にこのワインをすすめると、リピート率が高い。
 味わいに説得力があるということね。
 こういったワインを、大事に売っていきたいものですな。

 良質ヴェルディッキオの造り手 「ブッチ」。
 覚えておいてね ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! これも、覚えておいてね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-07-11 18:33 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

d0212522_14322540.jpg

 今 読んでる本。
 普段知ることのないイタリアを、ユーモアを交えて綴ったエッセイ集。
 くすっと笑ってしまうお話、いっぱい。
 その中に、「葡萄酒の国」と題したエッセイがある。
 お酒好きの塩野さんが飲みながら書いたというこのお話。
 その中になんと、ウチのリストに載っているワインが登場していた。

d0212522_14373769.jpg
ファイヴ ローゼス 2016 (レオーネ デ カストリス)

 イタリアで最初にボトリングされたロゼというから、その歴史も実力も ホンモノだ。
 試してみる価値は、ありありやねん ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやん♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-06-25 14:31 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

 休日は神戸の美術館に行ったり映画観たり お昼からお酒呑んだり。
 普段できなかったことをした。 心の療養だ。

 そういった行為に、良酒は欠かせない。

d0212522_20404903.jpg
ペルレ 2011 (フェッラーリ)

 この銘酒を、グラスで提供しているお店が増えているようだ。
 飲み手にとっては嬉しい限りだ。
 「コスパ」 から 「良質」 を求める時代へ。
 シフトし始めているね。

「普段フランチャコルタ推しやのに、今日はエラいライバルの フェッラーリを勧めるねぇ。」

 って声が聞こえてきそうだが、
 いやいや、そうではないよ。
 フェッラーリは 仲間だし、同志だ。

 映画 「ザ・グレイテスト・ショウマン」 に出ていたワインは、シャンパンだった。

 ライバルはそれだ。
 品質は既にその上だから、マーケティングにおいて肩を並べたなら、と考えると、心躍るね。

 今宵も<スプマンテ>で、乾杯しようじゃないか ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! コスパだけを追うと、次の波に乗り遅れるよ。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-05-15 20:53 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)

 昨夜はインポーターさんと、新商品のテイスティング~ ♬

d0212522_20033739.jpg
エンツァ・ラ・ファウチ のワインたち
左から、
ファロ “オブリ” 2013
ファロ “テッラ・ディ・ヴェント” 2015
カーゼ・ビアンケ 2016

 エトナがメディアで取り沙汰される中、
 近くの銘醸地である 「ファロ」 は、<シチリア特集> なんかがあった時にチョロっと登場するだけだ。
 世界的に知られる造り手は、「パラーリ」 だけだろうか。
 聞くと、ファロはたった5軒しか造っていないのだそうだ。
 今回テイスティングした 「エンツァ・ラ・ファウチ」 の畑は、海まで300メートルと、正に隣接する。
 インポーターの説明には、
「海に近いので湿気が多く、斜面も東向きなので一見すると優れた産地には思えないかもしれないが、湿気を含んだ冷たい海風が過剰な気温上昇を抑え、東向き斜面が夕日で葡萄が焼けることを防ぐ。
 更に山から吹き降ろす熱い南風<シロッコ>も吹くので一年を通して風が吹き抜ける。この風が、湿気を乾かし続けることでファロは成り立っている。」
 とある。

 ネレッロを主体に造られるだけに、スタイルはエトナに似るが、この地の土着品種 「ノチェーラ」 をブレンドすることでその独自性を形成する。
 強烈な塩味。
 白は特に顕著だ。
 だが、強いワインではない。
 いかにもこのインポーターがセレクトしそうなスタイル。
 つまり、
 じっくりと味わわなければその良さが理解されにくく、
 飲み手をある程度、選ぶワイン。
 しかし ひとたびファンになると、忘れられなくなる。
 そんなワイン。
 そして、
 ただ ワインリストに載せているだけでは、絶対に売れない。

 そんなワインを、エノテカビアンキは載せることにした w
 理解してもらうために努力することを決めた、ということね。

 3月から! 販売開始~ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 月曜日に投函できるか!? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-02-24 20:27 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)