人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:この季節に飲みたいッ!( 46 )


 よくわからない気候が続きますな。

「ワインを <色> でカテゴライズする時代は終わった。」
 といわれ始めてしばらく経つが、
 ロザートひとつとっても、白に近いロザートとか、赤に近いそれもある。
 確かに一言では言い表せない色のものが、増えてるね。
 さて、これはいったい何色やろか? ↓

d0212522_17554610.jpg
ピエモンテ・グリニョリーノ 2017(フランコーネ)

 ウチのリストでは、<赤> として5月から載ることになるが、ロザートに近いこの色。
 味わいもまた、軽やかだ。
 この季節に、ええねん ♫

 このワインには意図的に、クリアボトルが採用されている。
 造り手の、
「このキレイな色を見て ♫」
 という言葉が聞こえてくるようだ。

 インポーターの担当さん。
「ラベルにはどこにも <赤> とは書いていませんから、
 ロザートとして販売してもイイと思いますよ!」

 お、いつになく攻めたコメントやねぇ。
 これは在庫あると思うので(笑)、是非試してみてね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!イナーにも、光を当てよう ♫


by enotecabianchi | 2019-04-11 17:57 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 さ、選挙も終わり、桜の季節も間もなく終了。
 今日あたりから、レストランへお客さんがドッと押し寄せてくるよぉ!
 準備はよろし?
 仕入れ控えてる場合ちゃうで? まだ月初めやんか。
 あ、ウチもですがw

d0212522_17231573.jpg
ジェニウス・ローチ 2016 (テッレ・ストレガーテ)

 カンパーニア州 サンニオのフィアーノ。
 テッレ・ストレガーテ <魔女の地> という名の意味深な造り手。
 アヴェッリーノのそれと比べると 線は細め。 香りもふくよかすぎない。
 それがかえって、この季節に吹く涼風のように心地良く感じる。
 
 まずはこのワインで、お客さんを魅惑の世界へいざなってね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!レストランへ、出掛けましょ ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-04-09 17:24 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 お花見日和の週末ですね。
 せやけど レストランで、ロザート飲みましょか ♫

d0212522_18491247.jpg
フランチャコルタ・ロゼ (サンクリストーフォロ)

 ロザートの最大の特徴といえばやはりその色あいだが、
 それだけに ラベルに使われる色は、その造り手のセンスが光る。
 サンクリストーフォロのロザートは、日本の春に最もよく似合う色ではなかろうか。
 「ピンク」 ではなく、「ももいろ」 とか 「さくらいろ」 と ひらがなで表現したくなる。
 もうこれがあるだけで テーブルが華やぐ。
 そんなワイン、やねん。
 味わい?
 言うまでもありませんな ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!この季節にこそ、ロザートをはじめよう ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-04-06 18:50 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)


 ふい~~ッ!
 DM発送完了ッ♫
 4月もお得なご案内、満載やでぇ ♫
 そして! 例のアレも入ってるさかいに、早めに開封して下さいね。

 新着ワインも今回は多め。
 春やさかいにね ♫

d0212522_21450900.jpg
コッリ・ディ・ルニ・ヴェルメンティーノ ‟ピアナッチェ” 2017 (ジャコメッリ)

 この季節に心地良いミネラル感 ♫
 飲むと リグーリアの潮風が吹き抜けるねん。
 そんな体験をあなたも ♫

 このワインも新着リストに、

 載ってないねん。

 なんで?

 載せ忘れたーーーーーーーーーーーあいぇあッ! (アクセルローズのマネw)

 5月のワインリストからのデビューにしよか。
 あ、すでに在庫しているので、いつでもご注文、お待ちしてまするよ ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!いぇあッ! ~


by enotecabianchi | 2019-03-30 21:46 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 三寒四温。
 今日も 「温」 でしたね ♫
 新学期、新生活など、春はなにかと 「はじまり」 の多い季節。
 そして四季の中で最も <ロザート> がよく出るのが、春。
 当然といえば当然やね。
 春とロザートは、<季節とワインのアッビナメント> の代表格といえようか。

d0212522_19230036.jpg
スカッパレプレ 2017 (ビッビアーノ)

 先月のキアンティ・クラッシコ部門 出荷数ダントツ No.1! のビッビアーノが手掛けるロザート。
 サンジョヴェーゼ100%。

 淡いピンク色は テーブルを華やかに彩り、
 それを囲む人たちに笑顔を誘う。
 チャーミングな果実味と心地良い酸味は、お料理の引き立て役にもってこいだ。
 リピート率が高いのも 頷ける。

 ロザートを敬遠している人ですら、せめて春は使ってみたいと思うもの。
 四季を愛でる日本人ですものね。
 偏見なくポジティヴに 一度使ったなら、
 何故 今、<世界的なロゼブーム> が来ているのか、理解できる。

 この春、ロザートことはじめ。
 してみましょ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!美味しいロザート、たくさん取り揃えておりまする ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-03-05 19:25 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)


 三寒四温。
 もう 「寒」 は堪忍してほしいけれども、今日みたいな 「温」 は大歓迎やね。

 ミネラリーな白ワインに喩えると、
 リリースしたてのものは そのミネラルが硬く閉じていて、冷たい感じ。
 「寒」 ですね。
 時を経ると、硬く閉じたミネラルはやがて果実味という太陽に刺激され、
 柔らかくなって、開く。
 「温」 ですな。

 世に出ているほとんどの白ワインは、収穫から2年以内に消費される。
 造り手も そしてインポーターも、キャッシュフローは短いに越したことはないからね。
 誰だってそうだ。 よくわかる。
 しかし、自分の扱うワインの 「温」 を知っている造り手やインポーターの中には、
 それを迎える前に飲まれてしまうのはもったいないと感じていながらも 販売に勤しんでいる、って人もいるかもね。

d0212522_19523570.jpg
コッリオ・リボッラ・ジャッラ 2014 (ムジッチ)

 まもなく2018年ヴィンテージが市場に出回ることを考えれば、4年の差がある。
 この差を、ネガ(遅れている) ととるか、ポジ(やらかくなった) ととるかで、
 出合うワインの質が違ってくるように思う。
 熟成によって品質が向上するのは、高級ワインだけではないのです。
 
 ところで、この熟成は 造り手が意図したものなのか、インポーターの意図か、
 はたまたその両方か、聞いていないから知らないし それは大きな問題ではない。
 大事なのは、
 その状況にあって しかもこの時期に、
 柔らかく開いた白ワインがリストに載っている!
 ということなのです!(テヘペロ!)
 気兼ねなく、買って下さいね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!さぁ春が来たよ ♫ レストランへ、出掛けよう ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-03-01 19:53 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 春野菜がレストランのテーブルを彩りはじめた。
 菜の花、アスパラガス、筍、ふきのとう などなど。
 喜ばしい甘み。
 そこに、苦みが伴う。
 春の味わいやね。
 ワインのオーダーももちろん、それに呼応してきた。
 今よく出ているのは、
 ソーヴィニョン、ガルガーネガ、あ、ティモラッソも出だしたね。
 そしてこの品種も ♫ ↓

d0212522_20352619.jpg
ゲヴュルツトラミネール ‟ジョセフ” 2016 (ホフスタッター)

 香りも味わいも、「甘い」 というイメージが先行するが、それだけではない。
 とりわけ、この品種における最上の造り手 <ホフスタッター> が手掛ければ、
 その甘みも シュッとする。

 へ?
 わかりにくいて?
 なんとなくわかるやん?
 春やから感覚でいこ、感覚で。

 こんどの試食会でも、提案してみよか ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!レストランを、楽しもう ♫ 春やさかいにね ♫ ~



by enotecabianchi | 2019-02-23 20:38 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)


d0212522_18590098.jpg

ソーヴィニョン・アスパラガス 2017 (テルラン)

 実はこのワイン、毎年6月に入荷する。
 せやけどな、美味しそーーーーッ♫
 なアスパラガスを使ったお料理がレストランのテーブルを賑わせるのはちょうど今頃。
 せやからな、昨年6月に仕入れたのんを、今まで寝かせてん ♫
 ほいでな、今日写真撮ってたら どんなんかなー思て、開けてしもてん。
 以下、丸谷崇の実況でー ♫ ↓

 鮮烈で華やかな香り。
 ピンクグレープフルーツを感じさせる爽やかな酸と果実感。
 アフターには硬質なミネラルが長く残る。
 このミネラル感は流石テルラン という他ない。

 お料理を欲するワイン。
 となるとやっぱり、お野菜!
 きれいな緑、赤、黄色のお野菜をグリル、ボイル、あるいは軽く炊いたんとかもイイかもしれへんわぁ ♫
 
あ、温度上がったら 香りに本気度が増してきた!
 
めっちゃエエ香り♫
 口の中の「乗り具合」もエエ感じですー。


 以上実況終わり。
 このくだりは、「FB優先! エノテカビアンキからの特別オファー!」というページをコピペしたもの。
 FBを利用していてこの案内が届いていない方、お申し付け下さいね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!旬って大事やさかいにね。 ~



by enotecabianchi | 2019-02-15 19:02 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 2月も中盤。
 来週は <バレンタイン・ウィーク> って感じになりそうやね。
 恋人たちは、オシャレしてレストランへ出掛けよう ♫
 そこで、こんなん飲んだらエエやん ♫

d0212522_19100018.jpg
コーレ・ビアンコ 2016 (モンテヴェトラーノ)

カレ:「コーレって、このワインが造られてる地方の方言なんだってね。」
カノジョ:「まぁ! そうなの? どんな意味なのかしら?」
カレ:「標準語では<クオーレ>。つまりハートって意味。
 今宵、ボクたちが飲むに相応しいと思ってオーダーしたのさ。」
カノジョ:「ステキ! ○○さん ♡」
カレ:「バレンタインだからお会計よろしくね。」
カノジョ:「・・・。」

 そんな、テーブルでの会話が聞こえてくるようだ。
 ブドウは、グレコとフィアーノを半分ずつ。
 カチッとしたミネラルを持つグレコは、男性的。
 柔らかく華やかにかおるフィアーノは、女性的。
 そのどちらも兼ね備えているのがこのワイン。
 バレンタインに相応しいというのは、ただラベルがイイってだけでは、ないのよねぇ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!レストランデートしよう ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-02-09 19:11 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 寒い一日。
 昨日アップした ほっこりお料理、今宵も食べたいなぁ。
 ところで、冬が似合うワインて、なんやろか?

d0212522_21265985.jpg
ゲンメ・アンノプリモ 2010 (カンタルーポ)

 こんなんどう?
 2010年のネッビオーロは今、貴重やね。
 柔らかくなるのに相当な忍耐を要するワインだが、
 もうそろそろ エエのんちゃうやろか。
 ワケあって DOCGの名は端に追いやられたままだが、
 昔から変わらぬ ゲンメを造り続ける、今となっては数少ない造り手。

 一度飲んだら、
「美味すぃ~~ッ♫」
 って狼みたく唄いたくなるで ♫
 知らんけどw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!飲んで唄って笑っちゃお ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-01-26 21:27 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)