ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:この季節に飲みたいッ!( 39 )


d0212522_18590098.jpg

ソーヴィニョン・アスパラガス 2017 (テルラン)

 実はこのワイン、毎年6月に入荷する。
 せやけどな、美味しそーーーーッ♫
 なアスパラガスを使ったお料理がレストランのテーブルを賑わせるのはちょうど今頃。
 せやからな、昨年6月に仕入れたのんを、今まで寝かせてん ♫
 ほいでな、今日写真撮ってたら どんなんかなー思て、開けてしもてん。
 以下、丸谷崇の実況でー ♫ ↓

 鮮烈で華やかな香り。
 ピンクグレープフルーツを感じさせる爽やかな酸と果実感。
 アフターには硬質なミネラルが長く残る。
 このミネラル感は流石テルラン という他ない。

 お料理を欲するワイン。
 となるとやっぱり、お野菜!
 きれいな緑、赤、黄色のお野菜をグリル、ボイル、あるいは軽く炊いたんとかもイイかもしれへんわぁ ♫
 
あ、温度上がったら 香りに本気度が増してきた!
 
めっちゃエエ香り♫
 口の中の「乗り具合」もエエ感じですー。


 以上実況終わり。
 このくだりは、「FB優先! エノテカビアンキからの特別オファー!」というページをコピペしたもの。
 FBを利用していてこの案内が届いていない方、お申し付け下さいね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!旬って大事やさかいにね。 ~



by enotecabianchi | 2019-02-15 19:02 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 2月も中盤。
 来週は <バレンタイン・ウィーク> って感じになりそうやね。
 恋人たちは、オシャレしてレストランへ出掛けよう ♫
 そこで、こんなん飲んだらエエやん ♫

d0212522_19100018.jpg
コーレ・ビアンコ 2016 (モンテヴェトラーノ)

カレ:「コーレって、このワインが造られてる地方の方言なんだってね。」
カノジョ:「まぁ! そうなの? どんな意味なのかしら?」
カレ:「標準語では<クオーレ>。つまりハートって意味。
 今宵、ボクたちが飲むに相応しいと思ってオーダーしたのさ。」
カノジョ:「ステキ! ○○さん ♡」
カレ:「バレンタインだからお会計よろしくね。」
カノジョ:「・・・。」

 そんな、テーブルでの会話が聞こえてくるようだ。
 ブドウは、グレコとフィアーノを半分ずつ。
 カチッとしたミネラルを持つグレコは、男性的。
 柔らかく華やかにかおるフィアーノは、女性的。
 そのどちらも兼ね備えているのがこのワイン。
 バレンタインに相応しいというのは、ただラベルがイイってだけでは、ないのよねぇ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!レストランデートしよう ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-02-09 19:11 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 寒い一日。
 昨日アップした ほっこりお料理、今宵も食べたいなぁ。
 ところで、冬が似合うワインて、なんやろか?

d0212522_21265985.jpg
ゲンメ・アンノプリモ 2010 (カンタルーポ)

 こんなんどう?
 2010年のネッビオーロは今、貴重やね。
 柔らかくなるのに相当な忍耐を要するワインだが、
 もうそろそろ エエのんちゃうやろか。
 ワケあって DOCGの名は端に追いやられたままだが、
 昔から変わらぬ ゲンメを造り続ける、今となっては数少ない造り手。

 一度飲んだら、
「美味すぃ~~ッ♫」
 って狼みたく唄いたくなるで ♫
 知らんけどw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!飲んで唄って笑っちゃお ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-01-26 21:27 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 月末というには早いけれど、
 この時期恒例の、テイスティング~ッ ♫ で、
 ムフフ~ ♡
 ええのん見つけましてん ♫

d0212522_19463792.jpg
リネ・ブラン 2016 (シモン・ディ・ブラッツァン) と、
ロエーロ・アルネイス ‟セッラ・ルピーニ” 2017 (ネグロ)

 共にふくよかな白ワイン。
 むろん、ただふくよかなだけではない。

 このアルネイス、果実のヴォリュームが エエ感じやねぇ ♫
 アフターにくるピシッとした酸が好ましい。
 ロエーロの中では著名な造り手、ネグロ。
 その理由を改めて実感できてよかった。
 長く扱っていなかったがここにきて返り咲きね。
 価格もちょうど良い感じ。
 ウンマいよぉ ♫

 そして、リネ・ブラン。
 ピノビアンコ、ソーヴィニョン、マルヴァジア、トラミネールのブレンド。
 トラミネールの樹齢はなんと70年のものもあるというから驚きだ。
 そしてそのトラミネールは5%しか入っていないが、
 その存在が香りから確かに感じ取ることができる。
 同じく果実のヴォリューム感、そして複雑み。
 余韻が長く存在感があるが、「ピュア」 と形容したくなる白ワイン。

 もうすぐ はーるですねぇ ♫

 そう感じさせる白ワインはこの季節、必ず重宝する。
 まずはこのふたつで、実感してみてね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!季節はうつろうものだから、勧めるワインもまた、うつろうのですよ。~



by enotecabianchi | 2019-01-21 19:48 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

まさかの「純正ブログ」にアップするの忘れましたw
一日遅れですが、↓

 クリスマスイブやね。
 普段オトナの男女が集うレストランも、今日ばかりは グッ!と平均年齢が下がり、
 背伸びした若いカップルが主役となる。
 ワインとかあんまり飲まないらしいね。
 飲まないから酔わない。
 そしてたいていのカップルが ソワソワ しているのだとか。
 特に男子。
 あぁそうか、「次」があるものね。

 そこのカノジョ! カレシにはカクテルやなしに、↓

d0212522_18124613.jpg
フランチャコルタ・ロザート

 これを飲ませてもらいなさい。
 クリスマスの夜を彩るに最適な美しきワイン。
 甘いだけのカクテルばっかり飲んでたら、恋愛もまた単調でつまらないものに、
 なっちまうゼ!?

 誰やねんオレ w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ロザートいっぱい取り揃えてます ♫ ~


by enotecabianchi | 2018-12-25 18:13 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 季節が一気に進んだような 10月12日。
 きんもくせい も香らなくなってしもたね。
 もうちょっとゆっくりしていきなよ、秋。
 そんな、ちょっとした郷愁。
 そやから今日は コレが飲みたくなった。 ↓

d0212522_17590841.jpg
バローロ ‟サルマッサ” 2011 (ブレッツァ)

 この造り手もまた、以前はエトリヴァンが扱っていて 僕もいそいそと売り歩いていた。
 個人的にこのワインは、同じヴィンテージのバローロよりも 熟成を帯びたニュアンスがある。
 言うまでもないけれどその 「熟成」 とは上向きであって、
 時の魔法によってその妖艶さを他よりも早く体験できるということね。

 これは、サルマッサという畑の個性なのか、
 はたまた ブレッツァ というクラシカルな造り手だからそう感じるのか。
 もし前者なら、他が造るサルマッサが、気になるがな。

 秋の夜長は、そんなおしゃべりが尽きないね。

 金曜日やで ♫
 どこ行くぅ?



by enotecabianchi | 2018-10-12 18:05 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

d0212522_17505244.jpg
 昨夕の 淡路島。
 きれいなロザートやったなぁ ♫
 この季節の夕焼けは、
 ベッラドンナは更にベッラドンナに、
 フツーのひとを ちょっと美人に映してくれる、イイ演出やね ♫

 そんなニッポンの夕焼けには! ↓

d0212522_17534069.jpg
パルミナ 2017 (リエチネ)

 サンジョヴェーゼのロザートを合わせてみよう。
 明るく淡いピンク色。
 ロザートというとたいていの人が連想する、
「フルーティでふくよかで甘みを伴う」
 というイメージを、パルミナは見事に覆す。
 リエチネを知る人ならば、その輪郭は容易に想像がつくだろうね。
 果実が強くなく 酸が豊か。
 パルミナは女性に喩えれば、断じてポッチャリさんではない。 たいていの人がイメージしているようなね。
 むしろ しなやかな、斜め後ろ45度から眺めるそのボディラインがたまらなく魅力的、みたいな。
 そんなワイン。

 は?



by enotecabianchi | 2018-10-09 18:14 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 涼しい風が、いい香りを運んでくるね。
 <キンモクセイ>。
 あ、文字にしてみて気付いたけれども、
 <きんもくせい> とは明らかにイメージが変わるね。

 ある本に、
「漢字は、かたい。
 ひらがなは、やわらかい。
 カタカナは、それらに比べて湿度が低い。」
 と書いてあったが、なるほど確かに その通りだ。

d0212522_19564901.jpg
フィアーノ
フィラドーロ2015
ヴィッラ・ディアマンテ “ラ・コングレガツィオーネ” 2012

 毎年この季節になると、この花の香りになぞらえて フィアーノのことを書く。
 独特の芳香だけに、直感で連想するのだろうね。
 咲きはじめの頃の香りは、フィラドーロにイメージづけられる。
 香りも若々しく さわやかだ。
 <キンモクセイ> とカタカナで表現したくなる。

 対して、ヴィッラ・ディアマンテは?
 木の下に黄色い花が落ち始め、秋の深まりと共にしっとりと艶やかな香りを帯びる。
 味わいもまた、深みを伴う。
 まさしく <きんもくせい> ですね。

 風薫る季節。
 レストランのテラスなんかで そんなことを話しながら、食事を楽しみたいものやね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 艶~女(アデ~ジョ) と一緒にね ♫


by enotecabianchi | 2018-10-03 20:14 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 仲秋の名月の翌日である今宵は、満月ですな。

d0212522_20285563.jpg
ランゲ・ネッビオーロ 2015 (ナーダ・フィオレンツォ)

 満月をラベルにあしらった造り手、ウチならここだ。
 数えてみたらウチには、ランゲ・ネッビオーロ というDOCが8つもあった。
 多いだろぉ?
 ネッビオーロ というカテゴリーなら優に 50アイテムを超える。
 クレイジーだろぉ?

 しかし、ひとつとして同じネッビオーロは ない。
 独自の個性を惜しみなくアピールするものもあれば、
 ナーダ・フィオレンツォ のように、試飲会では映えないが 料理に合わせると 「こんなに美味しかった!?」
 的な嬉しい驚きを伴うものもあったり。

 いろいろやねん。
 それはまさしく、人に同じ。

 たくさんのお客さんに満足してほしいから、これでも足りないくらいさ。

 あ、オレ今 エエこと言うたなぁ。
 在庫過多を棚に上げて w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 秋の夜長を楽しもう ♬ ワイン飲みながらね ♬ ~


by enotecabianchi | 2018-09-25 20:34 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 一度 秋の涼しさを体験すると、ぶり返した暑さは辛いね。
 そやからと言って、

「あッついな! こんなに暑かったら とりあえずビールやなッ!!!」

 ってコラコラ、あなたオトナやからね。
 もちっと 落ち着いて、こんなん飲んでみよか。↓

d0212522_12492268.jpg
フランチャコルタ・サテン
ヴィッラ “モンサテン” 2012

カモッシ NV

「今夜は暑いからサ、やっぱフランチャコルタだよね~。
 でもサ、こないだ秋の風を感じたじゃない?
 強い泡よりも、シルキーな優しい泡が飲みたいよね~。」

 オトナやさかいに、こんな会話を是非楽しみたいものやね、なんて思う妄想癖なオレ w
 <サテン> は他のどのスパークリングワインにも存在しない、フランチャコルタだけの呼称。
 ファッションの国 イタリアのモードを体感しつつ、滑らかな舌触りを確かめながら、涼風を探してみよう ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 秋はフランチャコルタの一番美味しい季節 ♬ ~


by enotecabianchi | 2018-08-22 13:26 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)