ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:少量入荷!( 26 )


 「ヘールボップ彗星」 をご存知だろうか?
 1997年、地球に大接近して肉眼でも見ることができたそうな。

d0212522_17483503.jpg
 日本の記念切手にも使われているから、当時はその天体ショウで世間が大いに沸いたのだろうね。
 この ヘールボップ彗星を、ワインのラベルに描いた造り手がいる。

 セスティ だ。

 セスティ はブルネッロ・ディ・モンタルチーノ の造り手で、モンタルチーノ市街の南、わかりやすく言えば スーパートスカーナの 「ソレンゴ」 の造り手として有名な 「テヌータ・ディ・アルジャーノ」 の隣に位置する。 同じ場所だから またの名を 「カステッロ・ディ・アルジャーノ」 という。
 オーナーは ジュセッペ・マリア・セスティさん。
 インポーターとして一度だけ、このカンティーナに訪れたことがある。
 元は天文学の先生だったのだとか。 なんかそれっぽい風貌でしたわ。

 そんな彼のブルネッロ、「フェノメナ」 と名付けられたリゼルヴァには、その年 星空を賑わせた天体イベントが描かれる。
 例えば 「獅子座流星群」 の時なんか、めちゃめちゃカッコええラベルだった。
 無論、良年しか造られない。
 そして、天体に重きを置いている造り手ならば当然の帰結だが、セスティ はビオディナミ生産者だ。
 言うまでもないけれど、クサくない、極めて上質のワインを造る。
 今日、新しいヴィンテージが届いた。 ↓

d0212522_17484563.jpg
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ “フェノメナ” 2012 (セスティ)

 今回は 「月」 が主役みたいね。
 じっくり調べてまた報告するわ。
 世界にファンを持つワインだけに、持っていても損はしますまい。
 お問い合わせ、お待ちしておりまするー ♬

おまけ
 ところで、ヘールボップ彗星が次回、セスティのラベルを賑わせることになるのはいつだろうかと調べたところ、
 次は 2530年後、西暦4527年だって!(笑)
 楽しみやね ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! スゴいワイン。 やねん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-06-08 18:15 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_17432863.jpg
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ “サンターリ” 2011 (フィラドーロ)

 待望の入荷 ♬
 フィアーノの故郷といわれる 「ラピオ」 から、フィラドーロの最高傑作 “サンターリ”。
 良年のみ、造られる。
 写真で見ると分かりづらいが、フォントの色は 黄金だ。
 うしろに写っている フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ と比べると、その違いが分かるかな?
 ワインの色 そして味わいの差を、如実に表現する。
 通常より2週間も収穫を遅らせた フィアーノは、凝縮の極み。
 それでいて、粘土石灰土壌由来のミネラルと 高地ゆえのエレガントな酸を持ち合わせる、

<多面的なフィアーノ>。

 日本に輸入された数の半分を、エノテカビアンキが買った。
 おぉ ♬ なんかカッコええ表現やなぁ ♬ 18本やけどw
 6本は開かずの間で寝てもらうので、ハイ! 12本限定でーす ♬

 お問い合わせ、お待ちしておりまするー。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 欠品の際はごめんなさいね~。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-05-19 18:01 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_19024065.jpg
クアットロ・キアッキエーレ・ア・オルトレポッジョ 2015 (コローニョレ)

 昨年5月。
 造り手である伯爵、チェーザレさんと食事を共にした。
 んまぁ 立居振舞のきれいな人だこと!
 穏やかに語る口調は やたら説得力があったのを思いだす。
 ラベル下部の 「濃紺」 が、この造り手のイメージカラー。
 いかにも紳士的かつ貴族的で、落ち着きのある色だ。

 見たことない人がほとんどだろうが、実はこのワインのファーストヴィンテージは 1992年と、意外と歴史がある。
 そして2004年を最後に生産が途絶えていたから、今回のリリースは実に、11年ぶりとなる。

 案内書にもあった通り、限定60本で本日入荷 ♬
 既に約半分なくなったので、検討頂いている方は早めの決断を。
 そしてその決断は、間違いではありませぬぞ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 品質を考えれば、驚くほど安いよ ♬ 今すぐ案内書を、チェケラッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-03-14 19:19 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_22254584.jpg

ランゲ・ロッソ 2011 (ロアーニャ)

 再入荷して今、ありますねん。
 ロアーニャの当主に言わせれば、この樹齢(20年以下)のネッビオーロは バルバレスコ、バローロになり得ない、いわば赤ん坊。
 そのネッビオーロは、バルバレスコの<パイェ> とバローロの<ピラ> からのもの。
 クリュを名乗る資格はあるのに それを名乗らない。

 そう考えれば、人気があって当然よね。
 そして、
 造り手がそう豪語するバルバレスコ、バローロを、是非とも飲んでみたくなるじゃないか!
 でもまずはこのワインを、飲んでみよう。
 突然なくなる前に、経験値 高めておこうゼッ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ビアンコは、はぐれメタル級やでw ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-01-10 22:23 | 少量入荷! | Comments(0)

 むふッ♡
 買っちゃった~ッ ♬
d0212522_19311527.jpg
キアンティ・クラッシコ・グランセレツィオーネ 2010 (イゾーレ・エ・オレーナ)

 僕の知る限り、キアンティ・クラッシコ 最高価格。
 3本 木箱入りて、エエわぁ ♬

 最高品質、とはいわない。
 感じ方はそれぞれだからね。

 イゾーレ・エ・オレーナ のグランセレツィオーネ のファーストヴィンテージは、2006年。
 ん?
 その時代に グランセレツィオーネ なんてないんじゃないの??
 その通り。
 確かに 2006年に グランセレツィオーネは存在しなかった。
 だが、その最高で特別なヴィンテージのワインは、オレーナのカンティーナで静かに眠っていた。
 グランセレツィオーネが制定された時、当主パオロ・デ・マルキ はこのワインを グランセレツィオーネとして申請した。
 バックヴィンテージはグランセレツィオーネに認められない、という規定はなかったので、事実上、「最も古い」 グランセレツィオーネが誕生したというわけ。
 それだけ思い入れの強いワインだから、味わいは、お墨付きだ。
 価値を見出せるかは別として。
 僕は見出したから、買った。
 飲んだ時、チェッパレッロ とは明らかに違うキャラクターを感じたが、しかし確かに 共通するものがあった。
 そして、熟成したらどんなすごいワインになるのだろうか?
 という大いなる期待が沸き起こった。
 ちなみに、オレーナがグランセレツィオーネを造ったのは、2006年、2010年、2013年だ。
 その先はまだ知らない。
 次にリリースされるのは少なくとも3年先。

 ご興味ある方は、お問い合わせ下さいませね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 年末ワイン、揃い始めてますわよ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-10-02 19:48 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_20401142.jpg
イル・グエルチォ 2015 (ショーン・オキャラハン)

 9月5日。
 ご案内の通り、今日は 「イル・グエルチォ」 のリリース日。

 このワインを初めて飲んだのは 今年の春、5月のこと。
 夏を通り越して秋に入荷するワインを、その場でテイスティングして予約数量を決めるなど、今までほとんどやったことがない。
 でも飲んだ時のその驚きたるや!

 それなりの価格のワインだから、90本 予約したのには それなりの覚悟を要したが、
 それが、足りないとはね。。。

 甘くみてたぜッ! ショーンくん!

 9月DMが届いた時から問い合わせが始まり、現段階でほぼ完売。
 これから先は、数量を調整させて頂く可能性があります。
 すんません!

 お買い上げ頂いた方々。
 是非、ゆっくりお楽しみ下さいませね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 美味しいワイン いっぱい ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-09-05 20:56 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_18501685.jpg
ヴィーニャ・ヴェッキア 2012 (イ・ジュスティ・エ・ザンツァ)

 これも、新着。
 もっとも、リストには載っていない。
 マグナムボトルで しかも数本しか買えなかったさかいにね。

 2月、イ・ジュスティ・エ・ザンツァ のオーナー、パオロ・ジュスティ さんが来日、ディナーをご一緒した。
(その時の模様は → コチラ!
 同社は、リリースする全てのワインに オペラ <愛の妙薬> の登場人物の名をつけている。
 そうそう。 うしろに写っている ドゥルカマーラ は、その愛の妙薬を売る 薬売り、てな具合。
 しかしながら 今回のこのワインにだけ、登場人物の名を つけなかった。
 パオロさんは、「つけられなかった。」 とも言っていた。
 確かに、ドゥルカマーラ、ネモリーノ、ベルコーレ とくれば 残るは ヒロインの 「アディーナ」 しかないけれど、このワインは彼女のような 「可愛い女性」 のイメージでは全くない。
 ヴィーニャ・ヴェッキア は、サンジョヴェーゼ100%。 良い年にしか造られない。 そして、
「このワインは マグナムに詰めてこそ完成する。」

 味わってみれば、彼のこの言葉は即座に理解できる。
 フルボトルではこの味わいは 絶対に出ない。
 味わいが、大きいのだ。

 古木のサンジョヴェーゼ100% で造るなら、マグナムしか造らない。
 粋なオトコ、パオロさんの 粋な はからい。
 でも 理由はちゃんと、あるのよね。

 そんなわけで 市場にはほとんど出回らない。
 この知る人ぞ知るワインは、これからしばらく 眠りに入りますねん。

 あ、でもご興味ある方は、連絡待ってまーす ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! マグナムも充実 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-07-06 19:11 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_20395998.jpg
キアヴェンナスカ・ビアンコ 2016 (ニーノ・ネグリ)

 今年も入荷 ♬
 ネッビオーロで造る、涼しい白ワイン。

 限定入荷やねん。
 詳細は、お手元に届いたDM 見てね ♡

 チャオ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! Buon fine settimana ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-28 20:43 | 少量入荷! | Comments(0)
d0212522_21001880.jpg
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ 2010 (ポデーレ・サンジュセッペ)

 大袈裟な酒販店なら、
 キターーーーーーーーーーーッッッッ!!!
 とか 書くんやろか? (あ、書いてしもてるね w)

 入手困難だから、という理由で販売したくない、秀逸なブルネッロ。
 自分用に、何本か取っておくとしよう。

 前年から、リゼルヴァ が表記されるようになった。
 造りが変わったのでは ない。
 彼女の納得のいくやり方で造ると必然的に、リゼルヴァの規定を満たす。 それだけなのよね。

 このワインこそ、
 深く~ 解って~ ♬ 飲んで~ ほし~ ♬

 なんや 上田正樹の 「わがまま」 みたいになってしもた~ w

涙をみせずに笑ってあげる
あなたの最後のわがままだから

 エエなぁ~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! はい。 ワインのブログですよ w ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-01 21:08 | 少量入荷! | Comments(0)

 イタリアにおける 「世界的造り手」。
 ガヤ や オルネッライア がその筆頭だが、やっぱり ピエモンテとトスカーナ に集中する。
 アルト・アディジェ州なら、どこか?

d0212522_17553010.jpg
 テルラン。
 僕ならそう答えるだろう。

ピノビアンコ 2004

 最良の ピノビアンコ を収穫・醸造して、出荷するまでの実に12年間、
 ステンレスタンクで熟成される。

 市場にはほぼ、出回らない。 そのため、輸送途中で窃盗団の標的になることもあるのだとか。

 圧倒的多数で 「赤」 が多い 「世界ワイン」 にあって、
 この 超高額白ワインは、貴重だ。

 何本入荷したかて?

 フフッ w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 高いで w ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-03-24 18:03 | 少量入荷! | Comments(0)