ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:なんてことはないが面白い話。( 14 )


 地域別ワイン会「エミリアロマーニャ」へお越し頂きました皆々さま。
 雨の中、ありがとうございました。
 開催日にまさかの梅雨入り宣言…。
 いつから雨オトコになったんやろか。。

 さてさて、ワイン会でのチャリティブラインド試飲、今回は、「エミリアロマーニャのサンジョヴェーゼを探せ!」。
 3アイテムからひとつを当てるというもの。
 あとの2アイテムは、これだった。↓

d0212522_17342019.jpg
A. ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2015 (イル・ポッジョーネ)
C. キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ “レ・バロンコレ” 2013 (サンジュスト・ア・レンテンナーノ)

 で、当のエミリアロマーニャ代表は、
B. サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ・リゼルヴァ “プルーノ” 2013 (ドレイ・ドナ)

 一緒に撮ろうと思ったが、たくさんご注文頂いて在庫切れてしもた!

 残念なことに 「A」 はブショネだった。
 見事当てた人ももちろんいたが、少なくない数の人が、「C 」 を選んだ。
 全ての人に聞いたわけではないので理由は謎だが、同じく 「C」 を選んだある女子のコメントを紹介しよう。

「Bを飲んだとき、あぁ、なんて上質なんだと思いました。
 これはきっとトスカーナ。 しかもかなり上質のサンジョヴェーゼですね。
 ありがとうございます。こんなに良いワインを飲ませてもらって♥
 なので私の答は、『C』 です。」

フッフッフ。
もしもそう思った人が多数ならば、このブラインドテイスティングは大成功だったと言えるね♪
「C」 と答えた人は結果的に間違えたが、当てるのが目的ではない。
 過小評価されがちなエミリアロマーニャが、正しく評価されたということだ。
 ワイン会の翌日である今日、すぐにオーダーが入ったのも頷ける。
 ええワインやなぁ♪

 ところでこのコメントを残した女子の正体は、
 このワインを輸入するインポーターの担当さんだ(笑)

 こ、これも営業トークなのか!?
 だとしたら、恐れ入ったぜ! 戸田裕貴子!
 間違ってるけど w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 個性派の営業さん多いな ウチ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-06-07 20:42 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

 今宵は造り手さんとデナーやさかいに、早めのアップ。

d0212522_13511102.jpg
 そう。 古代ローマ時代に名声を博した <ファレルヌム> の造り手、「ヴィッラ・マティルデ」。
 古代ローマ時代に <良いワイン> なんか分かるの?
 とか言うかもしれないが、侮るなかれ。
 紀元前だからキリストが生まれるよりもずっと前の時代。
 そこには既に 「暦」 が存在したし、現代のような 「選挙」 もあった。
 ユリウス・カエサルは 「皆既日食」 のことを既に知っていて、それを戦略に採り入れ 怯える敵に対して大勝したとかいう話もあるとかないとか。
 更に更に、
 って、ああッ!!
 このまま書き続けてたらデナー間に合えへんがな!
 早めのアップの意味ないやん。

 ファレルノ・デル・マッシコ の造り手は他にも存在するらしいが、名実ともにこのヴィッラ・マティルデが孤高の造り手といえよう。
 どんな食事会になるのか楽しみやね。
 またレポートするなり。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 昔話もまた改めて♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-05-09 14:06 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

 G.W. やね。
 ドコ行っても 人いっぱいやね。
 行列に並ぶよりも イタリア料理店予約して、優雅に時を過ごそうじゃないか。
 G.W. 期間中、オープンしているお店が意外に多いからね。

 さてさて、
「ワインリストあるある~ッ♬」
 その弐。
 ヴィンテージが替わる、どころか、翌日、来ない、っちゅうやつね。
 初日にして、欠品!

ピノグリージョ “デッシミス” (ヴィエ・ディ・ロマンス)

 リストに掲載されていますが欠品です。 どうかご自分で、赤ペン先生お願いします!
 これはもう僕の完全な確認ミス。 担当さんを責めているのではないよ。
 ワインリストは時間との闘いやさかいに、なんて言い訳、通用せぇへんねん。

 次いってみよ!

 その参。
 誤字ッ ♬

 カンパーニア州の造り手、「ポルト・ディ・モーラ」。 新しくワインリストに掲載された。
 が! 誤って、「ポルト・・モーラ」 となっていますので、どうかこれも赤ペンで! 修正お願いしますッ!

 そしてッ!

d0212522_20192230.jpg
ゲンメ “アンノプリモ” 2007 (カンタルーポ)

 はい今日のワイン。
 ゲンメの中では (つってもやたら少ないが)、この造り手が一番好きだ。
 冷涼なヴィンテージはなおさら、いったい何年経たら溶解するのかと不安になるほど、カタい。
 何者にも媚びない 狼のようだ。
 でも、比較的暖かな年は、早くからお近づきになれる。
 この2007年のようにね。
 あ、でも今調べたら、このワインも現在欠品中のようね・・・。
 ウチにある在庫で一旦終了です。

 そうそう今日は、「ワインリストあるある」 やったね。
 その四。

 載せ忘れ! ( テヘッ! )
 昔 このワインもその憂き目に遭ったことがある。 今は載ってるけどね。
「ええワインやのに なんで売れへんのやろ?」
 ってずっと思ってたんやけど、そりゃ売れんわな。
 あるのん知らへんねんから。

 最新のワインリストに、「あるある」 が少ないことを祈ろう ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! しゃーけど 既に、あるある 四つ目 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-05-01 20:37 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

 ウチのオフィスには、創業当時に頂いた あるインポーターさんのポスターカレンダーが貼ってある。
 何度となく模様替えをしたが、このポスターだけは何故か、僕の机の上から動かない。
 そこには当時、このインポーターさんが扱っていたワインのラベルが飾られていて それが一枚のポスターになっているのね。
 一日に何度となく見るが その都度、感心する。 よくこれだけの銘醸ワインを集めたものだなと。

 ブルーノ・ジャコーザ、ジャコモ・コンテルノ、カーゼ・バッセ、アヴィニョネージ、オルネッライア などなど。

 今挙げた造り手は全て このインポーターを去ってしまったけれど、今も変わらず扱っているものもある。
 カ・デル・ボスコ、ピエロパン、そうそう クエルチャベッラ もね。
 その中に、ルイジ・ダレッサンドロ もいた。

d0212522_19451820.jpg
ボルゴ・シラー 2015 (ルイジ・ダレッサンドロ)

 いわずと知れた、トスカーナ、いや、イタリアを代表するシラーの造り手。
 この造り手の台頭が、当時無名だった <コルトーナ> という産地を世界に知らせるきっかけとなった。

 そんなスゴい造り手だから、ウチのリストの常連になって久しい。
 つい先日、ヴィンテージが変更した。
 来月のワインリスト更新に向けて、移行したらすぐにデータを書き換える。 忘れたらアカンからね。
 新しいヴィンテージが届いたその日もすぐに、パソコンに向かって、と。

「え~~っと、ボルゴシラー、ボルゴシラー、っと。。。ん?」

 載せ忘れとるやないの!!!

 しかも気付いたの、今!?


 5月のリストには忘れず掲載するとしよう。。(苦笑)

 しゃーけど、載せてないのに ボチボチ出るのは、やっぱりこのワイン、スゴいわ ♬ ( クルシイフォローヤナ! )

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 在庫ございますわよ ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-04-13 20:02 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

d0212522_19495333.jpg
 美味しそうだろぉ?
 渋谷区 「オトナノイザカヤ中戸川」 さんの、鶏の唐揚げ。
 ハチ公ソースが またよろしいやん ♬

 行くお店は 井口出張部長に100パー任せてたから、何も知らずについて行った次第。
 聞くと、
「<ハイボール> とか <唐揚げ> がめっちゃ美味しいらしいでぇ。」
 とのこと。
 ところで そのどこが <オトナノイザカヤ> やねん?
 って思って、ワインリストを見てみると!

d0212522_19534230.jpg
フランチャコルタ・サテン(コンタディ・カスタルディ)
と、
ブロ 2016 (ノエリア・リッチ)

 を、グラスで出してた!
 オトナ や~ん ♡
 惚れてしもたわ。

 こんなお店、大阪にも欲しい~ッ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! モデルチェンジ前のサテンね。物持ちエエやろオレ。(ザイコオオスギルナ!) ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-03-31 20:00 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

 造り手との同行営業も 回数を重ねてゆくと、面白い共通点に気付いたりすることがある。
 先日のルカとの同行では、

<落ち着いた風情のジェントルマンほど、同行終盤にはテンションが高くなって、唄いだす。>

 というものだ (笑)
 数年前にご一緒した ビッビアーノのオーナー、トンマーゾは夕方、車内でいきなり唄いだし、
 ルカに至っては お客さんの前で機嫌よく唄ってはった (笑)

 ゴキゲンになってくれるのは 嬉しいものやけどね ♬

 さて今日のワインは、コレ。↓

d0212522_20183941.jpg
クストーザ・スペリオーレ “アメデオ” 2015 (カヴァルキーナ)

 ゴキゲンついでに ルカは、ウチのスタッフ 木下くんにイタリアの名前を付けてくれた。
 ? このワインと何の関係があるのん?
 勘の鋭いあなたはもうお分かりね?
 木下くんのイタリア名は、

マルコ。

 やねん。
 このワイン飲んで、アンデス山脈の風を感じてね ♬ (ウソ!)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ちなみにオレの名前は、ステーファノ。 やねん ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-03-12 20:27 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)
d0212522_19084047.jpg
 南イタリア、カンパーニア州から封書が届いた。
 もうそれだけで、オフィスにイタリアの風が吹いた。
 サングレゴリオ らしい、シックな風情やね。

 畑やカンティーナの写真とかかな?
 新しく創造したワインのお披露目とか??
 はたまた、「あなたをカンティーナに喚びたい。」 なんていう招待状かも!?
 と期待を膨らませつつ、いそいそと開けたなら、










d0212522_19143831.jpg
 それだけかいッ!!
 しかも、今?

 思わずツッコんでしもた、今日の午後でござんした~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! それでも、イタリアからの手紙は心躍るよね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-02-01 19:20 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

 ヴィエ・ディ・ロマンス は、僕が毎年買い続けているワインのひとつだ。
 新しいヴィンテージが届くと、なぜかボトルをまじまじと見る。 もう何年、同じことをしているやろか?
 毎年そうしていると、ラベルのちょっとした変化に気付いたりする。

 「ヴィエリス」 と 「ピエーレ」 はソーヴィニョンで造られたワインだが、
 いつの頃からか 表記が、
「ソーヴィニョン」 から 「ソーヴィニョン・ブラン」 に変わっていた。
 当主 ジャンフランコさんが光栄にもウチのセラーに来てくれた時、理由を聞いてみた。
 すると、

「<ソーヴィニョン> というブドウは存在しない。 人はよくそう略すが、あるのは <カベルネ・ソーヴィニョン> と <ソーヴィニョン・ブラン>。 正確に伝えるべきと感じたからなんだ。」

 って返ってきた。 なるほど!
 そして通訳をして頂いていた ジョヴァンナさんからは、
「それに気付いたの マルタニさんだけですよ! スゴイ!」
 ってお褒め頂いてん。 いやぁ それほどでもぉ ♬

 ところで、
d0212522_19370880.jpg
チャンパニス 2015

 このシャルドネ、以前は 「チャンパニス・ヴィエリス」 という名だった。 そうそう、うしろに写ってるね。
 この変化もきっと 彼らしい真っ当な理由があるに違いない。
 そう思って聞いたら、

「ややこしやん。長いし。」

 って返ってきた w
 だから、
 美味しいよ ♬ (ナンヤソレ!)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 毎年買うと、知識も味わいも 「点」 が 「線」 になるよ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-12-07 19:50 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

ピピピピピーーーーーーーーッ!!!

d0212522_21415399.jpg
 ハイ、そんな訳でございましてね!
 その笛の音が オレに向けられていることに即座に解るほどのタイミングやっただけに、
 早々と車を停め 免許を取り出し、これから配達するお客さんへ 遅れる旨の電話をした。

オレ:「確かにココ(梅新東)、よくやってますよね~。」
巡査:「そうなんです~。特にこの時間(18時前)は急いでいる方が多いのでね~。」

 くっ!!
 まんまとヤラレタやんけ!

 しゃーけど、この冷たい青色の切符。 いつ見ても憎そいわ。
 そんなブルーなオレは、ブルーにブルーを重ねて撮ってみた。
 病んでるなオレ。
 並べて撮ってみたら、同じ青色とはいえ、かくも差があるものね。
 いつもよりさらに眩しく見えるよ・・・ トラモンティ・ビアンコ。
 そんな 「青」 を見比べながら、今宵は美味しいファランギーナに舌鼓を打とうじゃないか!

 今日の働き、パァでんねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 安全運転、心掛けますぅ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-10-14 21:53 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)

d0212522_16461079.jpg
左から、
バルバレスコ 2013 (ナーダ・フィオレンツォ)
バローロ 2012 (エリオ・アルターレ)
カンノナウ・ディ・サルデーニャ・リゼルヴァ 2012 (セッラ・エ・モスカ)

 ワインリストを作っている者の常やけれども、
 じっくり確認して完成した翌日に、
 ヴィンテージ替わるやつ w

 そんなわけで、今日のワインたちは、ヴィンテージ切り替わってます~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 明日はお休み ♬ 4日(木)、5日(金)、6日(土)は営業してまんにゃわw ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-02 16:51 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)