ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:セールスポイント。( 26 )

d0212522_19152730.jpg
キアンティ・クラッシコ・フォンタルピーノ 2015 (カルピネータ・フォンタルピーノ)

 昨日のテイスティングで採用、
 にならなかったワイン。

 でも、美味しかった。
 このキアンティ・クラッシコもブルゴーニュグラスで更に映えるかなと思われるスタイルだが、
 どっこい ボルドーグラスでその良さが発揮された。
 ブルゴーニュでは、変な表現だが、香りに苦みが出る。
 そして味わいは、タンニンだけが強く感じてしまう。

 対してボルドーでは、
 果実味が 造り手が意図したであろう 柔らかさと甘みを備える。
 味わいのまとまりが、イイね! しっくりとくる。

 そこまで褒めておきながら 何故、不採用なのかって?
 いいワインだし いい造り手なんだろうけれど、
 もっといいワインを知っているから。
 美味しいワインを全て載せていたら、100ページあっても足りない。
 市場では不味いワインを探す方が難しいほど 美味しいワインが多い。
 
 これからも美味しいワインにたくさん巡り合うことだろう。
 でも、不採用になる理由もたくさんあるのです。

 厳しく、選んでますよ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!たくさんの想いが詰まったワインリスト、なのです。 ~


by enotecabianchi | 2019-02-13 19:16 | セールスポイント。 | Comments(0)

d0212522_22105494.jpg
左から、
レ・ドゥエ・ジェンメ 2014 (コッロソルボ)
ソアヴェ・クラッシコ 2017 (ピエロパン)
トゥッリーガ 2013 (アルジョラス)

 これらは全て、エノテカビアンキに在庫しているものだ。
 コッロソルボのような、モンタルチーノの小さい小さい造り手で、
 ほとんど知られていないが キラッと光るものがあるかと思えば、
 ピエロパンのような誰もが知る定番銘醸ワインもある。
 そして トゥッリーガのように、仕入れたいけれど手に入りにくそうなものも。

 エノテカビアンキは700アイテムを超えるイタリアワインを常備しています。
 それらのワインを全て掲載しているのが、ウチのワインリストなんです。
 ここに掲載されているワインは全て1本からオーダーでき、
 オーダーしたものは、配達エリアでは当日に、配送エリアでも翌日にはお手元に届く。
 ロジスティクスは重要この上ないと、深く考えた末にでき上がったスタイルです。
 エノテカビアンキは、
<仕入れやすさも、クオリティ。>
 こう考えます。
 求めるワインをすぐにお手元へ。
 高い満足を添えて。
 そういう想いで、仕事してます。

 最大の繁忙期、12月に入ったさかいに、
 改めて自分に喝を入れるため、
 書いてみましてん。

 在庫太めで、ご注文お待ちしてまんにゃわ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!すぐそこにある安心感を、全てのレストランに。 ~


by enotecabianchi | 2018-12-03 22:14 | セールスポイント。 | Comments(0)

 月初には、ファンレターがいっぱい届くねん。
 請求書という名の、ね w
 その数、40通を超える。
 人気もんやなオレ!

 それらのファンレターは数日間の放置プレイを経て、開封される。
 計算し終わった頃には、 ↓

d0212522_19491510.jpg
 こんなん開けて 飲んでしまおうかという衝動に駆られる。
 あ、オレ今、思考能力ないな。 そう自分で感じるほどの、脱力感。

 40社を超えるインポーターから、テイスティングを重ねて選んだものだけを掲載したのが、エノテカビアンキのワインリスト。
 手元に置いておくと、何かと便利な資料にもなり得ますねん。
 そやから、まだお持ちでない方。 登録だけでも是非どうぞ~ ♬
 あ、一般の人は登録できませんよ~。悪しからず。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええワイン、寝てはります~♬ ~


by enotecabianchi | 2018-07-05 19:58 | セールスポイント。 | Comments(0)

d0212522_19194089.jpg
チェンブラの
ミュラー・トゥルガウ 2015
と、
ミュラー・トゥルガウ “ヴィーニャ・デッレ・フォルケ” 2015

 右の方はレギュラーアイテムとなって久しい。
 リピート率の高いスグレモノ。
 そして ヴィーニャ・デッレ・フォルケ。 このワインはしばらくうちのワインリストから外れていたが、あるワインバーで オトコマエが一日店長をしていた時に飲んで、
<これを扱わずしてどうする!?>
 っていう美味しい衝撃を受けたものやから、返り咲いてん。

 ミュラー・トゥルガウ。
 元々ドイツのブドウ品種だが、オーストリアや北イタリアなどの冷涼な土地で多く栽培される。
 ドイツ品種というと有名なのが 「リースリング」 だが、リースリングに比べるとミュラー・トゥルガウは、気候とか土壌に対して柔軟な品種で、結果、「安っぽいリースリング」 は少ないけれど、「安っぽいミュラー・トゥルガウ」 はよく見かける。
 そういった背景からか、この品種で造られたワインを 「低価格のワイン」 とイメージづける人が少なくないような気がするのよね。

 丁寧に造られた ミュラー・トゥルガウ は目が覚めるような美味しさなのにね。
 このチェンブラのように。

 そんなわけで、ウチで扱っていた一番低価格のミュラー・トゥルガウを、リストから外した。
 どうして外れたか不思議に思われた方もいるかもしれないが、そういう理由。
 美味しくなかったからではないよ。
 充分美味しかったし、実際 よく売れていた。
 でも、この品種のイメージアップを図るには、やむを得なかったのね。

 なんか、
「好きだけど、お別れね。」
 なんてセリフを吐くフシギちゃん みたいやな。

 チェンブラ。
 山のカンティーナを、よろしく!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 少し先を考えて、リスト創ってます。 ~


by enotecabianchi | 2017-12-06 19:50 | セールスポイント。 | Comments(0)

 しらないうちに 11月も終わり。
 各インポーターからは年末年始の営業案内が届きはじめ、
 レストランは、1年で最も慌しくなる時期に備えて華やかに彩られる。

 もうすぐ師走。

 毎月末に一斉発送している DM も、年内最後の案内だけに、
 気合充分の内容でございますよ。
 来日ラッシュだった11月を反映して、それらの造り手を中心とした 「新着案内」 から、
 まだやるの!? と思うけれども試飲会が2件。
 そうそう、スタッフ木下くんによる 「カンポフィオリン」 のセミナーレポートも入っている。
 ふふふ。
 そして!
d0212522_20204453.jpg
 12月もやりますねん。
「スペセレ!」

 11月はトスカーナが多かったが、今回はピエモンテを中心とした。
 あの造り手のこのヴィンテージが!?
 なんて驚き、いっぱい。
 いつものことですが、お目当てのワインがあれば、まずはご一報くださいね。
 中には 在庫1本、なんていうのもあるので欠品の際は、スンマセン。

 グラッパチョコのご予約も!
 承っていますわよ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! テンション上がるワイン、いっぱい ♬ ~


by enotecabianchi | 2017-11-29 20:25 | セールスポイント。 | Comments(0)

d0212522_19581589.jpg
リボッラ・ディ・オスラヴィア 2012 (プリモシッチ)

 DOC名は、「コッリオ・リゼルヴァ」。
 いわゆる フリウリの 「オレンジワイン」 とインポーターがカテゴライズしているワイン。
 そう聞くと、
「あ、丸谷さんが嫌いなヤツね?」
 なんてよく言われるが、そんなことはないよ~。

 痩せた、表情の厳しいワインは苦手だが、色が濃くてふくよかなワインは、確かにある。
 ウチで今扱っているワインならば、ラ・ベッラノッテ が造る 「コンテ・ルーチョ」 がそれにあたる。
 ふくよかで、美味しい。
 このワインもね。

 フリウリの土着品種 「リボッラ・ジャッラ」。
 そのルーツである コッラヴィーニ は、「リボッラ・ジャッラは繊細」 と言って、その繊細さを表現した結果、淡い麦わら色を呈したエレガントなワインをリリースした。
 プリモシッチ は、リボッラ・ジャッラ を4週間マセレーションすることで、新たなリボッラを見出した。
 
 美味しいワインだけを扱うというコンセプトでセレクトするウチにとって、「このカテゴリーは NO!」 というのは存在しない。
 
 ウチが勧めると変な感じがするかな?
 でも、
 自信を持ってお勧めするねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! No!偏見! ~


by enotecabianchi | 2017-10-03 20:16 | セールスポイント。 | Comments(0)
d0212522_19545939.jpg
近々テイスティングするワインたち

 ワインリスト8月号に向けて、厳選中!
 前も書いたけれども、夏 真っ盛りに発行されるとはいえ 10月末まで見て頂くリストやさかいに、
 秋の風をも感じさせるようなラインナップが好ましい。
 この時期のテイスティングは だから、多岐にわたる。

 「着物の帯」 にヒントを得たウチのリスト、季節をひとつ先取りして 今回は、「山吹色」。

「このワインが入ってるたぁ、粋だね ♬」

 なんて言われるリスト、目指しますねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! いいものだけを、載せてるねん。 ~


by enotecabianchi | 2017-07-20 20:03 | セールスポイント。 | Comments(0)
d0212522_18451567.jpg
本日のテイスティング風景。

 ワインリスト更新すこし前。
 8月からのリストやさかいに、「涼風薫る白ワイン」、厳選してますねん。
 かといってこのリストは 10月末まで有効やさかいに、
 秋色の風情をも感じさせるものやないと、あかんねん。

 一年に4回 更新するけれども、そういう意味では 一番難しいリストかもしれへんね、造る側としては。

 この中からは、2アイテムが採用となった。
 誤字脱字ありませぬよう、今からノイローゼ寸前まで、チェックするねんッ!!

務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 時間も手間も、かけてますねん ♬ ~


by enotecabianchi | 2017-07-18 18:54 | セールスポイント。 | Comments(0)

d0212522_19572077.jpg
左から、
ゲンメ “アンノ・プリモ” 2007 (カンタルーポ)
バローロ 2011 (ブレッツァ)
バローロ “サルマッサ” 2011 (ブレッツァ)

 昨日とはうって変わって、大きなグラスで是非楽しみたいワイン。
 テイスティングやけどw

 ゲンメ は、2007年らしい好ましい熟成感。 言うまでもなく、上り調子の熟成ね。
 開けたてからこの香りを楽しめるとは!
 口に含むと 甘い果実が広がる。
 キシッとした タンニンは、真っ直ぐなゲンメを飲んでいる充実感。
 ん~ ♬ エエやん ♬

 て思ったんやけれども、極々微量だが、ブショネのニュアンスが・・・。 ちょっと気になる。

 クラシカル・バローロ、ブレッツァの2種もこの短時間で答えを出すのはどうかと思たさかいに、
 明日、もいっかい、テイスティング~ッ!!


 そやねん。
 この作業は、試飲会では、できないのよね。
 だからウチは、試飲会で良かったからと、すぐには採用しない。
 ウチが勧める対象は、レストラン。
 そこではお客さんが、お料理と共にゆっくり、時間をかけて、ワインを飲む。
 だからこそウチも、時間をかけて試飲し、考え悩んで、答えを導き出すのね。

 そのワインが、大事に寝かせて ゆっくり飲むべきものなら、なおさらね。
 さぁ、明日が楽しみになってきたぁ!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 時にはアピールしないとねw ~


by enotecabianchi | 2017-04-14 20:19 | セールスポイント。 | Comments(0)
d0212522_17584044.jpg
プラッ ズマッ クラスター はシャープだけッ ♬

 エアコン 買い替えましてん。
 クリーニングしながら 実に14年! 使い続けたけれど、
 替えた方が電気代安くなるよと、複数の人にアドバイスをもらったのでね。
 確かに14年前と今とでは、家電ならなおさら、目まぐるしい進歩を遂げているやろね。

 さぁ これで!!
 寝かせるワインも よりクリーンな味わいに、昇華してゆくのじゃーーーーッ! (ウソ)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!


by enotecabianchi | 2017-03-23 18:09 | セールスポイント。 | Comments(0)