ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:美味しい食後酒。( 18 )



 デザートワインが大好きやねん。
 常々言っていることだが、デザートワインは、「甘い」 だけではない。
 それは極めて上質で、甘味も酸味も備えた <奥深き甘美>。
 食事を終えたテーブルにデザートワインが運ばれてくると、身だけでなく心までも満たされてゆく。
 そう、デザートワインが大好き! というのは、その味わいだけでなく、
 飲むためのその環境が好き、ということなのですよ。
 これもまた、レストランでしか映えない類のものだ。


d0212522_20020052.jpg

ベンリエ 2015 (ドンナフガータ)

 ウチでよく出ているデザートワイン。
 <ラベルめっちゃイイで賞> を差し上げたい (ナニソレ?)
 シチリアのパンテッレーリア島で造られるモスカート、<ジビッボ> をパッシートした逸品。
 少し前にTVコマーシャルで、缶入りのカクテルに <マスカット・オブ・アレキサンドリア が使われている> とか言って宣伝していたから、知っている人もいるかもね。
そのマスカットが、この地では <ジビッボ> やねん。
 味わいは、アプリコット! それも極めて上質な、ね。
 口の中で溶けるような感覚。 ゆっくりと、広がってゆく。
 ニンマリしてしまうねん。

 今回コレをアップしたのは何故かというと、
 ただ単に体が欲しているからなんやと思うのです。
 買ってくれたらめっちゃ嬉しいのですよ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 土曜日は営業していますよ ♫ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-11-22 20:06 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 このブログも昨日までは、<エノテカビアンキ・ワイン会> に関連した記事がほとんどだったけれど、
 イベントも終わったので日常に戻るとしよう。

d0212522_16571198.jpg
ヴィンサント・デル・キアンティ・クラッシコ 2008 (ロッカ・ディ・モンテグロッシ)

 最愛のヴィンサントが再入荷 ♫
 当主のマルコが ヴィンサントだけのセミナーを催してくれたのは、今年3月。
 その時のレポート全文は → コチラ!

 「ヴィンサントだけのセミナー」 と簡単に書いたが、それに費やす時間もお金も、大変なものだ。
 そもそもマルコのヴィンサントは安くはないし、普通のワインのように食事とともに飲むワインでもない。
 しかし、マルコにとっては特別なワインだ。
 そして、あのセミナーに参加された人たちにとってもね。

「甘いのは苦手で。」 とか言ってヴィンサントを飲まない人。
 ヴィンサントは、「甘いワイン」 で片付けられるほど浅くはない。

 宗教と歴史とに深く絡んだワイン、ヴィンサント。
 飲む機会があれば是非飲むべきワインだ。
 試飲ではなく、食後に、ね。
 幸いにも、マルコから日本に分けてもらえる数量がかなり増えたらしいし、扱うレストランも増えたからね。
 ということは、実際に飲む機会は増えたということだ。
 あとは、好奇心と少しのお金。
 それだけで、食後の満足度が高くなるなら、安いものさ~ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!家飲みではこの満足、得られないゼッ! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-11-16 17:01 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 ある商品が欠品した時、代わりの商品を見つけるのに苦労するなら、
 その欠品した商品は、優れたものである証拠だ。

 創業当時から扱っているこの商品もね。 ↓

d0212522_20493643.jpg
リモンチェッロ (イル・コンヴェント)

 もう15年以上扱っているから、これまでに欠品は幾度か、あった。
 そのたびに、代替品探しに苦労する。
 そうして見つけた代替品を、扱ってもらっているお店に提案しても、
 その判断の大半が、<入荷するまで待つ> ということになる。
 すごいリモンチェッロだと思う。
 ウチでは3アイテム、リモンチェッロを扱っているけれど、間違いなく人気ナンバーワンで、最もリピート率が高い。

 しばらく欠品したけれど、入荷しましたよ~ッ ♬
 あなたのお店にも、1本どう?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 「もう欠品しません!」 て言うてはります~ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-04-14 21:01 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)
d0212522_12363617.jpg

アマレット (ディサロンノ)

インポーターが替わって、ウチも扱うことになった。
思えば 「カンパリ」くらい近い存在なのに、インポーターとして今までは、最も遠い存在だったものね。
2月からの新しいワインリストから、掲載されますねん♪


[PR]
by enotecabianchi | 2018-01-18 12:34 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 雨のおかげで 涼しい朝になったね。
 そんな爽やかな風に乗って、こんなん入りましてん ♬

d0212522_19561815.jpg
アッバツィーア・ディ・ノヴァチェッラ の、
グラッパ・ディ・ケルナー
グラッパ・ディ・ゲヴュルツトラミネール

 人気のグラッパやね。
 ストレートでシャープなアルコール感に、
 それぞれ品種特有の果実味と甘味が伴う。

 アルト・アディジェ では、ワインも グラッパも、道路標識までもが、イタリア語とドイツ語を併記しているんやけれども、

STIFTSKELLEREI NEUSTIFT

 なんて読むねん?
 こんどタモリさんに聞いてみよ。 きっと面白い発音してくれると思うわぁ。
 あ、そうそう。 タモリさんの「7か国語バスガイド」 オモロいでw → コチラ

 イタリア専門でよかった ♬
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! グラッパも充実 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-26 20:15 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

d0212522_21044169.jpg
エリージ (ベルタ)

 ラベルに日本語が入ったね。
 「福祉のエリージ」
 ボトルの裏ラベルには、

<ベルタ蒸留所は ミラノにある 精神的、知的障害者の社会参加をサポートするための非営利団体「友愛と友好協同組合」のプロジェクトを支援しています>

 とある。
 突然届いたから何のことか分かれへんけれども、そのうちきっと担当さんが、深~いエピソードを教えてくれるに違いないw

 楽しみに、待っているとしよう。
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやないの ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-22 21:10 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)
d0212522_18390984.jpg
オルトレ・イル・ヴァッロ (ベルタ)

 新着~ッ! っちゅうても、もうすぐなくなるな。
 このグラッパの説明は、
「蒸留後、・・・」
 から始まる。 つまり、ブドウ品種は企業秘密(かな?)。
 24か月 バリックで熟成されたあと、スコッチウィスキーの樽で更に24か月 熟成されたもの。
 スコッチ好きなら誰でも知っている 「ラガヴーリン」、「カリラ」、そして 「モートラック」 の樽を使っているのだとか。

 なんやすごいがな。

 ラガヴーリン。
 昔、ウチにもあったねぇ。
 なんにも知らずに アイラ島へ行って、すっかりカブれて帰国したオレ。
 当時すごい品揃えを誇っていた タカムラさんに急行し、いそいそと購入した。
 しこたま飲んだ 超二日酔いの朝、わずかにグラスに残ったラガヴーリンの放つ香りは、まるで悪夢のようだったね ♬

 グラッパの多様性を知るに、最適なアイテムと言えようか。
 お店で見かけたら、飲むべし!
 飲むべしッ!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! グラッパも充実 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-04-05 18:59 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 今日はお昼から出掛けるさかいに、早めのアップ~。

d0212522_09352335.jpg
アマラ

 ありそ でなかった、ブラッドオレンジのリキュールッ!
 甘くて深い、魅惑的な香り。
 もうそれだけで 酔えるね。
 ブラッドオレンジ好き、そして アマーロ好きにはたまらない、オトナの飲みもの。
 カクテルにも使えるが 個人的には、ストレートをおすすめする。

 これもまた、持って帰ったら 「アル中 寸前」 になる危険なヤツ。


d0212522_09380093.jpg
 氷点下を記録した今朝の、通勤途中の一枚。
 季節は、移ろっているのですね。

 アマラ 飲んで、体感温度2度ほど上げましょ ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! シチリアーノ は是非是非~ッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-01-26 09:45 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 ワイン会 終了したら、
 打ち上げやね!

 一杯目のビールの美味しいこと ♬
 頑張った甲斐があったと、実感する瞬間やね。

 そんな中、ちょっと風邪気味だからという理由で ひとり、「カンパリのお湯割り」 なるものを注文した ツワモノ女子がいた。
 興味あったけど ビール飲みたいし、かといって間接キッス するのもどーか と思たから (あ、風邪うつるさかいにね)、
 構わずビールを楽しんだワケ。

 何の話?


d0212522_19382297.jpg
アニス・セッコ・スペチャーレ (ヴァルネッリ)

 個人的に、リキュールをはじめとするイタリア文化の象徴ともいえる 食前・食後酒が好き ♡
 ていう話。
 改めて接写すると、なんやテキーラみたいな配色やね。

 アニスといえば社会人一年生の頃、その会社の物置がアニスの匂いで充満してたもんやから、オレは金輪際この酒は飲まないと心に決めていた。
 そやけど、ヴァルネッリのアニスを飲んだ時は、衝撃が、そう 衝撃が、走ったんや。

 コレ 絶対、家に持って帰ったらアル中になるやつやw

 あ、もひとつ個人的に、エスプレッソに コレ入れる 「カッフェ・コレット」 は、好きやでぇ ♬
 プント・エ・リーネア さんのやつは 特に、大好物 ♡

 試してみてみ。

 ナニ この意味不明な文章は?
 たまにはよろしいかw
 まだ シラフやで。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! リキュールも充実ッ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-01-20 20:05 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 イタリア料理の面白さのひとつに、
 「食後酒」 の多様性が挙げられる。
 イタリア全土で見られる ご当地グラッパや アマーロをはじめ、リモンチェッロに代表されるリキュールなどなど、
 数え上げたらキリがない。

 それだけイタリア人は 食事を、そして食後の楽しみを、昔から大切にしているんやろね。
 豊かやね。

d0212522_20234442.jpg
ミルト・ディ・サルデーニャ と ミルセ (トレモンティス)

 サルデーニャ島。
 地中海に浮かぶ、シチリア島に次いで大きな島。
 その好立地から 幾多の民族に征服された歴史を持つ。
 それもあってか、この島の食文化は 「特異」 としてもよいくらいに、本土とは違う。

 ミルト はそんなサルデーニャ島を代表するリキュール。
 地中海全域で自生する ギンバイカ、英名 マートル(Myrtle) という植物の実から造られる。

 ミルセ は、マートルの実に 古代から医薬用として使われていた 40種類のハーブを配合した薬草系リキュール。

 先日の試飲会で、ひとめぼれ。

 アマーロ を家に持って帰って 「アル中」 寸前になった過去があるオレ。
 気をつけて、取り扱いますわ ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 食後酒も充実!!! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-16 20:33 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)