人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:テイスティング!( 80 )


 テヌーテ・ルビーノのレポートはまた改めるとして、
 木曜日は配達をお休み頂いている分、時間に余裕があると思われていたり、
 そもそも会社自体お休みと思われていたりもするが、
 むしろ木曜日の方が、時間がないのよね。。

 今日はインポーターさんが3社、商談に来られた。
 その中に、嬉々として、そう嬉々として ワインを持ってオフィスに入ってくる人がいた。
 佐野さんだ。

「やっとこの日が来ましたぁ!」

 つって満面の笑みを浮かべた。
 当然だ。
 今年3月に入ってくる予定の、創業して初のワインが遅れに遅れて6月入荷。
 ようやく今日、テイスティングの日を迎えたのだから、普段とは違う想いであったに違いない。

d0212522_19415029.jpg
今回はシチリア、アグリジェントの「カニカッティ」という協同組合のワインたち。

 きれいに、丁寧に造っているのがよくわかる。
 とりわけ ネロダーヴォラは、はっきりとその品種の特徴を香りから取ることができるが、
 きれいな酸のおかげでどんどん飲み進む。
 そんなワインたち。
 まずはこの4アイテムから、始めることにした。
 7月の新着案内に載るが、この土曜日にはもう入荷していると思う。
 
 まっすぐな人が選んだ、まじめなワインたち。
 各インポーターからすれば、競合の多いシチリアに強敵現る! といったところか。
 
 褒めすぎやろか?(笑)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!まっすぐ同士やさかいに、この人とは時々衝突するけどねー(苦笑) ~


by enotecabianchi | 2019-06-20 19:42 | テイスティング! | Comments(0)

 今日も、テイスティング~ッ♫

d0212522_20035285.jpg
レオヌス 2017 (コルトネージ)と、
キアンティ・モンテスペルト―リ・リゼルヴァ 2013 (パッリ)

 ほぼ同価格のサンジョヴェーゼ比較!
 大樽での熟成ってとこまで同じときている。
 でも、非常にわかりやすくラベルが示してくれているね。

 つまり、レオヌスはモダンな造りのサンジョヴェーゼ。
 果実のふくよかさと心地良い甘さが前面に出たタイプ。

 対して キアンティ・モンテスペルト―リ・リゼルヴァ (長いな!)は、
 香りからノスタルジー。
 昔から造り変わらんのやろなぁ、と思えるような、<洗練されてない感>。
 あ、褒めてるねんで。
 香りからも味わいからも、上質であることは撮ることができる。

 今回、レオヌスはもう少し様子を見ることにした。
 3ヶ月経ったら、また味わいが良くなるかもね。
 まずはパッリの キアンティ・モンテスペルト―リ・リゼルヴァ(長いて!)を、
 よろしくぅ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!洗練されてないワイン、好きです ♫ ~



by enotecabianchi | 2019-06-18 20:05 | テイスティング! | Comments(0)

d0212522_18395617.jpg
ショーンのワインたち。
イル・グエルチオ 2017
ウノ 2016
ドゥエ 2015
キアンティ・クラッシコ 2016
ロザート 2018

 数日前、アポイントと共に極めて詳しい資料そして価格が送られてきて、
 テイスティングし、
 数量検討&調整 そして、決定。
 11月に入荷する、といういつものスケジュール。
 今日はそのテイスティングの日だ。
 たくさんのテイスティング用グラスに加え、ブルゴーニュグラスも忘れず用意した。
 やっぱりすごいね。 どれもすごいけれど とりわけ、イル・グエルチオ 2017!
 ひゃぁ! ニンマリしてしもたわぁ ♫
 
 これから社内ミーティング (ふたりやけどw)の末に数量を確定して、
 11月に備える。
 今年もショーン、大阪に来てくれるかなぁ? ワクワクッ!
 材料が整い次第、ご予約受付 開始しますねー ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!今年一番のおっきい買い物になるかもね ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-06-14 18:41 | テイスティング! | Comments(0)

 お昼、インポーターさんと状態を確かめるべく1アイテム。
 その後、エンプソン・セレクションのワインを50アイテム超。
 帰社後、6アイテムをテイスティングで計60アイテムやね。
 試飲会で良かったワインは取り寄せて改めて試飲するとして、

d0212522_19422042.jpg
 オフィスでは、サンジョヴェーゼの比較テイスティング~ッ♫
 モンタルチーノの南に位置する「モンテクッコ」。
 マッツェイ家の「クラシック」リゼルヴァ。
 まるでピノノワールなイル・ボルゲット。
 モダーンなキアンティ・クラッシコ、フォンテルートリ。
 バルバレスコの雄「ラ・スピネッタ」がキアンティを造るとこうなる。

 個人的な好みの順に並べてみた。
 さてこの中で、採用となったのは何アイテムでしょうか?
 「不採用ライン」はいったいどこに引かれるのか!?
 今月末、DMの到着をお楽しみに ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!毎日真剣に、選んでますねん。~


by enotecabianchi | 2019-05-22 19:43 | テイスティング! | Comments(0)

 前のワインリストから姿を消すワインがある。
 理由は様々だが 大半は、<インポーター欠品> によるものだ。
 ワインの欠品によりそのカテゴリーのバランスが崩れること。
 これ正直、困るのよね・・・。

 でもその結果、嬉しい出合いとなることも、ある。
 今日のワインも正にそれだ。

d0212522_17443032.jpg
バルバレスコ 2013 (ルイジ・ヴォゲーラ)

 引き合いの強い価格帯のバルバレスコが欠品すると、
 やっぱり同価格の同じ、いや、それよりも上のレベルのものを提案したくなるものやん?
 実際、欠品したバルバレスコを使っていらっしゃった方から、
「他のバルバレスコを提案して下さい。」
 と依頼があって、探しまくった結果、見つけたのがこのワイン。

 開くのに少しの時間を要するが、そのあとはもぉ!
 よぉ薫りますわ ♫
 味わいは強くなく、ジンワリと乗ってくる感じ。
 
 GWも、ええワイン、飲みましょか ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!おかげさまで、ええリストに仕上がりそうです ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-04-23 17:46 | テイスティング! | Comments(0)

d0212522_20125524.jpg
スヴェラート 2016 (テッレ・ストレガーテ)

 この造り手のフィアーノをブログで紹介した時、複数のお客さんから、
「ここのアリアニコも美味しいんですよー。」
 とか、
「実はファランギーナもお客さんの評判イイですよ♫」
 と紹介してくれた。

 そうして取り寄せて飲んでみたら、
 美味しいやん ♫

 リストの関係上、アリアニコは今回載らないが、
 このファランギーナ、トロッとしたニュアンスを持ちながら、
 爽やかな酸が吹きぬける。
 おすすめですねん ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!リスト掲載テイスティング、間もなく終了 ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-04-22 20:15 | テイスティング! | Comments(0)

d0212522_19451637.jpg
サルタレッリ・ブリュット NV (サルタレッリ)

 今晩のテイスティングで採用となったスプマンテ。
 各インポーターさん、照準を5月のワインリストに向けてくれているので、
 話が早い。
 ウチのDMは、お客さんだけに送っているのでは ない。
 取引させて頂いている主要なインポーターさんにも、同じものを送っている。
 ウチのリストを客観的に精査して頂いて、スキマを見つけて美味しいワインをご提案頂きたい。
 そんな願いから始めたことだが、うまく機能していると思う。
 デキる営業さん揃いやさかいにね。 ウチの担当さんたちは ♫

 このスプマンテ、ヴェルディッキオに求める酸とミネラル、そして塩味を持っていながら、
 味わいがまろやかでどんどん飲み進む。
 サルタレッリをよく知る人ならば おおよその価格予想はされるだろうが、
 それもまた、期待を裏切らない。
 5月のリスト、カジュアル・スプマンテの主役を担うことに、なるかもね ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!美味しいワイン、いっぱい勧めて下さいね。 各担当さま ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-04-15 19:46 | テイスティング! | Comments(0)

 5月はワインリスト更新月。
 そやから、飲む! という名の商品開発はこの時期、特に多くなるのよね ♫

d0212522_19410212.jpg
ソフィ・ビアンコ 2017 (フランツ・ハース)

 昨夜のテイスティングで採用となったワイン。
 ラベルが透明やから、写真写りが良くないねこのコ。
 実際はもっとチャーミングやねん。

 アルト・アディジェ、ピノネロの造り手として名高い フランツ・ハースが手掛ける、ミュラー・トゥルガウ。
 山のミネラルを備えながら、ミュラー特有のフルーツ感が心地良い。
 ミネラルが強すぎると飲み手を選んでしまうが、
 写真写りの悪いこのコは、誰に対しても距離が近く親近感が湧く。
 そんな新入りさん。
 5月からのリストに、掲載決定~ッ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!まだまだ続くよ テイスティング ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-04-12 19:42 | テイスティング! | Comments(0)

 月末。
 ボクたちのルーティン いうたら?
 そうそう 支払いの準備やね。
 穴が開くまで通帳を見つめながら、
「足りひんやないの!」
 とか 深刻なツッコミをするのです。

 でもそれだけでは気が滅入ってしまうので、
 いよっしゃーーーーーッ!!
 今日もテイスティング、いっとこーかーーーーッ ♫

d0212522_20233395.jpg
ゴルギ・トンディ
左から、
グリッロ ‶コステ・ア・プレオラ” 2017
カタッラット ‶ミドール” 2017
ジビッボ ‶ラジャ” 2017

 もう誰が見ても 「シチリアかな?」 と思わせるルックスは さすがという他ない。
 そしてこの3つ全てに共通するのは、<心地良い酸> だ。
 フルーツの香り、とりわけ ラジャは、ジビッボ (モスカート・ディ・アレッサンドリア) 特有の甘い香りを放つが、
 他のふたつと同じ 爽やかな酸をも有する。
 透明感もまたイイね。

 ウチでは扱ったことのないタイプのシチリアワイン。
 カンティーナは、シチリアの州立自然公園に指定されているだけでなく、
 WWF(世界自然保護基金)に登録されている、動植物の楽園なのだとか。
 インポーターさんの 「必然的ビオロジック」 という言葉には、納得!の一言だ。

 シチリアワインに多くの人が持っているであろう、
<甘くて濃い> イメージとは無縁なワインたち。
 これから暖かくなると、なおおススメですわよ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ジャケ買いしても、イイですわよ ♫ ~


by enotecabianchi | 2019-03-25 20:26 | テイスティング! | Comments(0)

 ある秘密のワイン会で、「ソーヴィニョン・モック」を飲んだ。
 ご存知、アルト・アディジェの協同組合「カンティーナ・ボルツァーノ」の人気アイテムだ。
 このワイン会では、参加者全員がブラインドでワインを持ち寄る。
 だから最初に飲んだ時は モックと知らずに飲んだわけだけど、
 これが!
 フレッシュでありながら旨みたっぷり、それいでいてソーヴィニョンの個性がよく出た、
 誠に美味しいワインだった。
 僕たちは一様に、「フリウリのソーヴィニョン! ヴィンテージは2014年くらい!」
 と予想した。
 開けた時のみんなの驚きは大変なもので、しかもそのヴィンテージは、2010年だった。
 9年近く、そのフレッシュさを保ちつつ、熟成によって明らかに品質が向上していた。
 改めて、このワインのすごさを確認した。
 そやから、

d0212522_21044516.jpg
ソーヴィニョン・モック 2017 (カンティーナ・ボルツァーノ)

 取り寄せてみた w
 アルト・アディジェでありながらフリウリ特有のふくよかさと旨みを併せ持つ。
 そしてこのヴィンテージならばと、期待に胸が弾んでいるのですぅ ♫
 明日のテイスティングが楽しみやわぁ ♫
 あ、うしろのリゼルヴァは、ウチで寝てる子です~ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!次の新着案内も、お楽しみに! ~


by enotecabianchi | 2019-02-26 21:06 | テイスティング! | Comments(0)