人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

カテゴリ:未分類( 62 )


d0212522_19092227.jpg
 今日のテイスティング風景~ッ♬
 トスカーナ特集。
 久々のアンブラやね。
 カルミニャーノにあってこの価格そして、このクラシックスタイル。
 どちらかが年内イイ価格になって、どちらかが1月の新着案内に載ることになった。
 お楽しみにッ!!

 ところで右にいてるキミ、なんやその分かりやすすぎるチャラいイタリアーノの格好は?(笑)まるでジローラモやないか。
 しかもオイッ!
 下半身マッパやないか~い!(笑)
 フィレンツェで造られるメルロ&カベルネフラン。
 2018年と若いが青くなく、口に馴染む感じ。
 
 田舎風アンティパストをチャラめのイタリアーノと楽しんで、
 ほいでからパスタ&お肉をクラッシコ・イタリアーノと一緒にゆっくりと♬
 なんてコースは、いかがやろか?
 楽しい夜になること、請け合い♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!テイスティングが山積みです。大変や!~


by enotecabianchi | 2019-12-09 19:11 | Comments(0)


d0212522_00085798.jpg
アマラ

ついでに持って行ったのが主役になりうることだってある。
アマラはやっぱり、みんな好き。
チェックインしたホテルから見える夕焼けを背景にしても、イイよねぇ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!おいしいアマーロ、たくさん取り揃えてございます♫ ~


by enotecabianchi | 2019-09-10 00:10 | Comments(0)

d0212522_19344001.jpg
スカラの
チロ・ロッソ・クラッシコ 2016
チロ・ロザート 2018
チロ・ビアンコ 2018

 少し前のDMに案内書が入っていたと思うけど、
 実はそのDMが届いた頃にはもうインポーターに在庫がなかったのね。
 めちゃめちゃ美味しいにもかかわらず積極的に案内しなかったのは、そういう理由でござんした。

 で、ようやくの再入荷 ♫

 ビアンコとロザートは、みずみずしさの極み。
 今の季節に嬉しい清涼感。
 リピーターが多いのも頷ける。

 ロッソは、既に3アイテムがオンリストされている上に、他の造り手のサンプルも届いているから、
 厳しいテイスティングの末に、採用するか決めるとしよう。
 
 レトロなテイストのラベルは、創業当時のラベルをそのまま使用した、いわば復刻版。
 オシャレだろぉ?
 ジャケ買いしても、イイんだぜぇ?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!厳選して、リスト作ってマス! ~


by enotecabianchi | 2019-05-15 19:35 | Comments(0)

 22時20分。
 ハイ、棚卸 終了~ッ!
 昨年より早く終わった。 5分くらいw

d0212522_22303614.jpg

エクストラブリュット 2007 (ブルーノ・ジャコーザ)

 こんなん出てきたから、独り乾杯で開けチャオッ ♫
 あ、ちょっと壊れたかなオレ?
 これから集計に入ることは今は考えない。
 
 明日は通常営業でございますぅ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!ええワインいっぱい寝てはりました ♡ ~



by enotecabianchi | 2019-02-28 22:31 | Comments(0)

 あけましておめでとうございます。

「アスリートの筋肉に似て 人間の脳も、使わなければ必ず 衰える。」

 とは、『ローマ人の物語』 の著者、塩野七生さんの言葉。
 年末年始と、「食う飲む遊ぶ」 の生活を送っただけに、思考能力が極端に落ちていることに気付く初日。

d0212522_20121864.jpg
肥後橋 ピアノピアーノ さんの、
スカンピ (手長エビ) のタリオリーニ

 昨年末、忘年会を終えた翌日に、美味しく頂きましてん ♬
 思考能力低下ゆえ、何飲んだか忘れてしもたーーーッ!

 あ、うしろの人のポーズは、「ダブルピース」 とちゃうで。 そんなダサいこと せーへんと思うわ。
 きっと、スカンピのマネをしてるねんで。 知らんけど w

 本年もよろしくお願い致します!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワインのブログは明日から ♬ ~


by enotecabianchi | 2018-01-05 20:18 | Comments(0)

 なんや最近、ギャートルズ並みに、肉食づいてるな。
 脳ミソもそれに伴って退化してるかもしれへんな w

d0212522_13485980.jpg
久宝寺町 ラ・ピニャータさんの、熊本産自然豚 30カ月熟成 肩ロースの炭焼き

 昨夜食した逸品。
 その日、お店に入って カウンターに座ろうとしたオレが目にしたのは、他のお客さんに供する 炭焼きの豚肉を、シェフが切り分けているところだった。
 こ、これはッ!?

 はい。 「肉食べたい スイッチ」 オンになりましてん。

 パリッとした焼目と 淡いピンク色のお肉。
 言うまでもなく、無言でむさぼった。

 合わせて頂いたワインは、
d0212522_13491292.jpg
ブリンディシ・リゼルヴァ 2010 (サンピエトラーナ)

 ここはプーリアやさかいにね。
 少し寝たこのワインは、若い時にヤンチャだった角が取れ、強いけれども口あたりが優しいワインへと、変貌を遂げていた。
 相性抜群でございましたよ ♬

 時の魔法とは、すごいものやね。

 すき焼きのお肉も、
 カレーも、
 ケンカしてささくれ立った こころも、
 翌日の朝には穏やかになる。

 良いワインは、
 これらとは時の流れが違うさかいに、
 ゆっくりと、寝かせてあげてね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 夏は頭に血がのぼりやすいから、キュウリ食べや。 ~


by enotecabianchi | 2017-07-19 14:07 | Comments(0)
d0212522_19171856.jpg
キタッラ パプリカと仔羊のラグーソース

 昨日の残業後の、独りごはん。
 肥後橋の ピアノピアーノさん。
 画像から、美味しさが滲み出てるね ♬

 話は変わるけれども (変わるんかいッ!)、

 謎の集団、「Mazime 会 (マジメ会)」 ていうのが、あってね。
 オレ その一員やねん。

 ほぉ。 ほいで?

 このお料理に合うワインを提案してくれたん、同じく一員のお店スタッフやねん。
 このお店の恒例ではあるんやけれども、コヤツも、ワインをブラインドで出してきよった~ッ!
 悩みまくってたから 出てくるのん遅ッ!
「食べ終わるやないの!」 ってオレからも他のスタッフからもイジられ、そうして出てきたのが コレッ! ↓
d0212522_19173386.jpg
キアンティ・クラッシコ “ベラルデンガ”2013 (フェルシナ)

 悩みに悩んだ だけのことはある。
 抜群に、よく合った。
 合わへんかったら思いっきり文句言うたろ と思ってたのに w

 え?
 ブラインドの結果?

「チロ・ロッソ」 て答えてん。 そうそう 南イタリアのね。
 例によって、自信満々に。

 しゃーけど、オレが間違った時のアヤツの嬉しそうな顔ね!
 ニッコニコしながら、「オモロいわ~ッ♬」 て連呼してはった。

 レストランて、オモロいなぁ。

 あ、話変わるけれども (また!)、
 明日、6月2日は、イタリアワインの日ぃ。
 そやから明日は、イタリアワイン飲もう ♬

 おウチで楽しむもエエけども、
 イタリアレストランで飲んだら、楽しさもまた ひとしお。

 奇しくもその日は金曜日 ♬
 仕事終わったら いそいそと、お出かけしましょ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! みんなで、イタリア、楽しもうぜぃ ♬ ~


by enotecabianchi | 2017-06-01 19:37 | Comments(0)
d0212522_19311861.jpg
カンポフィオリン 2012 と 2013 (マァジ)

 マァジ。
 この造り手のことを よく、「ベタ」 とか言う人がいるが、
 たとえソムリエさんたちがそう思っていても、お客さんの満足度は高い。
 特にこの カンポフィオリン は、半世紀も前から造り続けている、説得力ありありのワインなのよね。
 2012年はウチにあと10本あった。 それが終了したら、2013年。
 お試し期間中やさかいに、試す価値 ありあり! やねん。


 ちなみに コレは?? ↓
d0212522_19342984.jpg
 海遊館で機嫌よく泳いではる、マアジ。

 ・・・。

 見かけたら、カンポフィオリン 思い出してね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 普段と違うアプローチしてみたけど、アカンな。。。~


by enotecabianchi | 2017-05-31 19:45 | Comments(0)

テスト投稿ですねん。


by enotecabianchi | 2016-12-14 08:57 | Comments(0)

d0212522_19552753.jpg


 画像は、この21日に惜しまれつつも いったん閉店する、「和・クチーナ・ハットリ」 さんのメイン料理。
 見ただけで、絶対に美味しいやつや。

 めっちゃ やらかい。
 舌を滑るような肉質。 甘美で上品な脂 は、重厚感がありながらも あとに残らない。
 なんぼでも 食べれるわぁ。

 服部さんの次なる展開でも、この和牛が呈される。
 楽しみやね~♬

 この価値ある一皿には、「クローズ・エルミタージュ」 を合わせてもらった。
 イイねぇ ♬

 イタリアワインでは、何に合わせたいか? 職業柄、考えてしまうわな。


d0212522_19553764.jpg

バローロ “ヴィニェート・カンペ” 2004 (ラ・スピネッタ)

 オレが王様なら、こんなのもイイねッ!

 そろそろ 「スペシャル・セレクション」 に出すワイン、物色してるねん。
 近々投函予定。
 乞うご期待ッ!!!!!



d0212522_20033140.jpg

 オマケ画像。

 あいさつは、成立するんでしょうか?


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! オマケ画像、続く、か? ~



by enotecabianchi | 2016-10-19 20:14 | Comments(0)