人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

~ カルヴァリーノがスゴい理由(ワケ) ~

~ カルヴァリーノがスゴい理由(ワケ) ~_d0212522_18573345.jpg
アンドレア・ピエロパンが来日した。
今回の目的は、2021年が最初の収穫から50年という節目を迎える<カルヴァリーノ>が、いかに熟成能力に優れ、かつ和食に合うワインであるかのプロモーションだ。
だから今回の食事は和食、天ぷら。
レポートはまた改めるとして、このカルヴァリーノが50周年を迎えるということ、
文字にするとピンとこないが、50年同じものを造り続けることのすごさを、まず解ってほしいと思った。

ピエロパンは、ウチが創業した時からオンリストされている。
これは、いつ飲んでも美味しいという安定性とソアヴェ・クラッシコにおける歴史によるものだ。
一度として外れたことはない。
カルヴァリーノはピエロパンが持つ単一畑で、その中では最も長い歴史を持つ。

イタリアワイン・ルネサンス。
すごいワインがイタリア全土で続々とデビューしていた頃。
カルヴァリーノは既に、10ヴィンテージの垂直試飲が可能だったのだ。
強いワインが求められた時代でさえ、頑なに同じ造りを貫く。
だからこその、50年。
世界に誇れるワインだと思う。

和食が世界遺産に登録されて10年。
日本人、とりわけ食に携わる人々にとってこれは大きな出来事だ。
登録され、世界が注目し、その真価が認識されると、
まず歴史あるシャンパンのメゾンが名乗りを上げた。
和食にウチのワインを、と。
現在、ワインの造り手は競って和食とのアッビナメントを提唱する。
そうして新しい融合が生まれ更なる可能性が見出される、という良好な循環。
今、日本はその只中にある。

そして歴史あるピエロパンと、同じく、いやそれ以上に歴史ある和食との相性は、他を圧倒する。
バックヴィンテージのカルヴァリーノにはそんな説得力があった。

~ カルヴァリーノがスゴい理由(ワケ) ~_d0212522_18563682.jpg

書きたいことはまだまだたくさんあるから、改めてレポートするよ。
天ぷらとの相性はもう、言うまでもないね。
ありがとうアンドレア♬

by enotecabianchi | 2023-09-12 10:35 | 造り手との食事。 | Comments(0)

by enotecabianchi