人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

~ 香ればそこに、ノスタルジー ~


月末に近づくと、やらんとあかん仕事が増えるのはどの会社でも同じ。
それを考慮してスケジューリングするのが、オトナのデキるオトコっちゅうもんやねッ♬
理想とは程遠い状況下にいてる今日のオレ...、それに加えて2月はワインリスト更新月...。

せやから、山積したサンプルワインをコツコツと、1本ずつ吟味するのです。
そうして今日、採用となったワインは、コレだッ♬

~ 香ればそこに、ノスタルジー ~_d0212522_21200097.jpg

バローロ ‶ペル・アルマンド” 2017 (パルッソ)

カスティリオーネ・ファッレットのネッビオーロに加え、
モンフォルテのマリオンディーノ、モスコーニ、ブッシア、各クリュのネッビオーロをブレンド。

アルマンド・パルッソを知っている人は、いわゆる「バローロ・ボーイズ」を肌で感じていた人たちだから、
僕と同世代かそれより上となる。
ロベルト・ヴォエルツィオやパオロ・スカヴィーノ、そしてこのパルッソも、
買いたくても取り合いになって買えない状況が続いた。
凄まじい勢いでバローロが売れた時代だった。

その時代に対して、賛否はわかれる。
伝統的古典派のバローロを信奉する人の中には、「バローロに何をした!?」と嘆く言葉もあったが、
個人的には、あの時代がなければバローロは今よりも確実に遅れて評価されることになっただろうし、
バローロにおける「ルネサンス<古典復興>」も成らなかったと思う。
パルッソには直接話を聞いていないが、バローロ・ボーイズと呼ばれていた造り手の中には、
そう呼ばれることに違和感を覚える造り手もあった。もとより、その言葉を使うこともなくなったね。
「モダン・バローロ」という言葉もろとも。

ある造り手は言う。
「伝統派は近代派に近づき、
 近代派は伝統派に近づいた」と。

バローロ・ボーイズの一員として名を馳せたパルッソの創業から50年を経た2021年に、
このバローロがリリースされた。「アルマンドのために」というバローロを。
ゾクゾクせぇへん?

明るいが深く、落ち着いた色あい。
甘くリッチな、熟れた桃の香り。あの時代にはあったが今はなかなか見つけられない香りだ。
味わいもまたリッチで甘く落ち着いているが、それに加えてバローロに求める収斂性や強さも持ち併せる。
造り手がそう名付けたこと、深く理解できる味わい。

バローロ・ボーイズが闊歩していたあの時代のバローロの味わいが、ここにある。
とはいえ、あの頃から時代は進んだ。
より完成度が高くなったのは、言うまでもありますまい♬

2月のワインリスト、到着をお楽しみに♬

#エノテカビアンキ
#イタリアワイン
#バローロ
#パルッソ
#ワインリスト
#アルマンド
#オマージュ
#enotecabianchi
#vinoitaliano
#barolo
#parusso
#armandoparusso
#listadeivini
#febbraio
#marzo
#aprile
#perarmando


by enotecabianchi | 2022-01-24 21:20 | 歴史もの。 | Comments(0)

by enotecabianchi