人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

潮メルロ。


緊急事態宣言が発令されたけれど、エノテカビアンキは通常営業しとります。
配達?あるわけないやん。
全国発送と<自分磨き>があるからオフィスには常に居りますねん。
時々サボりに出るかもやけどw
叫びたいことはあるが、日常と何ら変わらない。
せやから、今日のブログ、いってみよ!

先週のブログの続きになるけれど、<北イタリア>には、海沿いのワイン産地は少ない。
半島であるイタリアだから、北に行けば行くほど海よりも山の割合が高くなる。
当然っちゃあ当然だが、考えて初めて気がついた。

<北イタリアの海沿い>、西はリグーリア州が支配的だが、東のアドリア海なら、どうか?
エミリアロマーニャを中部とするなら、
海の都ヴェネツィアを州都とするヴェネトと、
港町トリエステを州都とするフリウリの2州、ってことになるね。
しかしながら、州都は海のイメージが強いが、ワインの産地となると山とか川のイメージが強い。
フリウリに至っては特にそうだ。
そんななか先週、海のフリウリを体感した。

潮メルロ。_d0212522_22374210.jpg

ボルトルッソ
メルロ2015
リボッラジャッラ2019
ソーヴィニョン2019

カンティーナのホームページを訪れると、見たことのないフリウリの表情を見るようで面白い。
海から1キロと離れていない。あ、今担当さんから回答あり、なんと海から300メートルの距離だ。
その風景は、そこで生まれたワインの味わいを想像するに充分なインパクトがある。
全てのワインに共通するのは、その<潮っぽさ>。
当然ながらこれは、<山のフリウリ>には見られない個性だ。
とりわけメルロの味わいは忘れがたい。
適度な上向きの熟成具合で、うまく角が取れ、飲み心地が最高にいいのです♬
そこへ!例の潮っぽさが加わると、もはや食欲を抑えることなどできますまい!

ワインリスト5月号、完成しました♬
もちろんボルトルッソも仲間入りッ♬
間もなくお手元にぃ♬


by enotecabianchi | 2021-04-26 22:38 | 新着! | Comments(0)

by enotecabianchi