人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

マルケージ・ディ・グレジィ。


 この一週間で造り手3人と食事・・・。
 なかなか面白いことになってるけれども、アウトプットが追いつかへん・・・。
 せやから順番に、いってみよ!

 9月13日(金)、マルケージ・ディ・グレジィからアレッサンドロが来日。
 瓦屋町のイル・チェントリーノさんで食事を共にした。
 バルバレスコの有力な造り手として名を馳せるが、実際にじっくりと飲んだことはなかった。
 もとより、造り手と直接会って話せる機会があろうとは、思ってもみなかった。

 バローロやバルバレスコは、ブルゴーニュのような<クリュ>の概念がある。
 バローロなら<ブッシア>や<ヴィッレーロ>。
 バルバレスコなら<アジリ>や<ラバヤ>などがその代表格だ。
 このクリュ、単独所有(モノポール)というのは普通ありえない。
 ほとんどが、小さな畑をさらに複数の造り手が分け合って所有している。
 ほんの一部を除いて。
 マルケージ・ディ・グレジィは、<マルティネンガ>というクリュを単独所有する、バルバレスコでは唯一の造り手。
 文字にすれば大したことないように思われがちだが、これは凄いことなのですよ。
 バローロのモノポールの代表は、カヴァッロットの<ブリッコ・ボスキス>だろうか。
 この2者には共通するものがある。
 歴史の長さだ。
 とりわけマルケージ・ディ・グレジィは、12世紀にまで遡ることができるマルケージ(侯爵)である。
 ワイン生産者としては1973年、土地のポテンシャルに気づいた当主アルベルト・ディ・グレジィが興したのがその始まり。
 アルベルトは、アンジェロ・ガヤやジャコモ・ボローニャと仲が良く、
 アンジェロとはシャルドネが大流行していた当時、

アルベルト「シャルドネの次にくる白ブドウは何だろう?ボクはソーヴィニョンだと思うんだ。」
アンジェロ「いや、ボクはリースリングだと思う。」

 そんな会話のあと別れて、翌日アンジェロは、
「ひと晩考えた末、ボクもソーヴィニョンを創るよ。」
 そんな話し合いの結果、市場でバッティングしないようアンジェロは樽熟成のソーヴィニョン、
 アルベルトはステンレスでの熟成を経たソーヴィニョンを創りだした。
 なんとも微笑ましいエピソードやね。

 ジャコモ・ボローニャからは、
「キミのワインはダメだ。
 美味しくて、飲み過ぎてしまうじゃないか!」
 なんて言われてこともあるそうで、今もなお家族ぐるみの付き合いがあるそうだ。

 アンジェロとの対話の末に生まれたステンレス熟成のソーヴィニョンは、鮮烈な果実味としっかりとした酸を備えたワイン。
 自身の名<グレジィ>を冠したシャルドネは、新樽率50%ながら酸とミネラルを感じるスケールの大きなシャルドネ。

 そしてやはり忘れてならないのが、ネッビオーロ。
 単独所有のクリュからは、<マルティネンガ>の名のランゲ・ネッビオーロと、バルバレスコが造られる。
 このランゲ・ネッビオーロ、かなり美味い。
 畑を名乗っているから、バルバレスコと同じ場所からのネッビオーロが使われる。
 つまり、バルバレスコをも名乗ることができるネッビオーロなのだ。
 しかしながらバルバレスコの品質保持のため、畑の下部のネッビオーロを使い、ステンレスでの熟成を経る。
 非常に明るい色あい。ピンク色を帯びる。
 スミレやバラの香り。ブドウそのままのフルーツ感。
 軽めのタンニンがまた飲みたいと思わせる。

 そして、<バルバレスコ・マルティネンガ>。
 ランゲ・ネッビオーロにみられるピンク色は呈していないが、共通する明るさがある。
 落ち着きはらった香味。緻密なタンニン。
 スケールは大きいが優しい味わいなので、やはり飲みすすむ。
 ジャコモ・ボローニャの言葉を思い出して、苦笑。
 マルティネンガと最高のアッビナメント!↓

d0212522_22053180.jpg
黒毛和牛カメノコのロースト ジャガイモと根セロリのグラタン

 相性は、言うまでもないよね。
 
d0212522_22060645.jpg
 バルバレスコの造り手はたいてい、70%は国外へ、30%がイタリア国内で消費されるが、
 マルケージ・ディ・グレジィは50%が国内と、その比率は高い。
 そしてそのうちの何と20%までもが、カンティーナでの「直接販売」というから、地元で愛される造り手なのですね。

 大いに勉強になった昼食。
 10月からの取り扱い、決定でございまーす♫
 今週末には入荷するけどね♫

d0212522_22065068.jpg
Grazie Alessandro ! そしてシェフ北口さん!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!次は、トスカーナの造り手! ~


by enotecabianchi | 2019-09-18 22:08 | 造り手との食事。 | Comments(0)