人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

富山が好きになりました。


富山2日間の日程が終わった。
初日、ランチのアポイントがなかったという理由で、前回と同じく駅前の〈美喜鮨〉さんへ。
d0212522_17490168.jpg

地の魚介、最高にうまい。
自転車サイズの街の営業はやっぱり自転車やね。
レンタルサイクル。24時間使って¥150て!なんて安さだ!

ディナーは、クオーレさん。
d0212522_17494236.jpg

自家菜園のお野菜は言うまでもなく滋味深く、夏日やったけれどもイチ早く秋刀魚をリゾットで。
こりゃワイン進むわ🎵

翌日、最初のアポイントまで時間があるからと、自転車で富山散策。
d0212522_17501889.jpg

美しき神通川!
街中を注ぐ川なのにキレイに川底が見えるのが、わかるだろうか?
向かった先は、富山県水墨美術館。
d0212522_17504049.jpg

美術の専門家の人がラジオで、
「そこに展示してある美術品をすべて理解しようとする必要はありません。
ご自身がお好みの作品がひとつでも見つけられれば、それでいいのです。」
って言ってたけれど、なるほど。
まったくわからへんw
それで良いのですね。
d0212522_17514385.jpg

少なくとも自分の日常にはない静寂を体感できたし、茶室〈墨光庵〉では、
美しく淑やかな、着物を纏った女性が美術品の、そして富山の魅力を話してくれた。
週に一度だけここに勤めているのだとか。
名は聞かなかったが、きれいなひとやったなぁ。
帰り際、半ば本気で、「また来ます。」なんて言うてしもた。
美術なんて全くわからんのに何の目的や?
d0212522_17520362.jpg

美術館を出たら、立派な入道雲。
駅前に戻ってさらに散策を続けると、地下道には〈富山自慢〉のポスターが多数飾られていた。
d0212522_17523576.jpg

とりわけ気に入ったのは、滝の写真。
そこには、
「泣いているのを気づかれないように、
 わざとびしょ濡れになった」
とある。
もうそれだけで、ドラマやね。いろんな推測が頭をよぎる。

タイトなスケジュールをこなしていては絶対に見えることのない景色。
今回は富山という街をじっくりと見ることができた。
そして思った。
富山、ええ街やわぁ。
好きになってしもた。
d0212522_17531133.jpg

ありがとう富山。
また来ます。

~ 出張ベースで色んな街へ行こうと計画中なのです🎵 ~


by enotecabianchi | 2019-09-10 17:47 | 出張楽し! | Comments(0)