人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ホフスタッター。


 5月31日。
 ホフスタッターの4代目当主、マーティン・フォラドーリ・ホフスタッターと一日ご一緒した。
 とりわけ、ブドウ品種についての説明が面白かったので、そのあたりを中心にレポートしてみる。

 アルト・アディジェは山のワインだが、地中海性気候だけに海の影響も受ける。
 これは、後日一緒に食事した別の造り手も、同じことを話していた。
 その特殊な場所で、少ない品種を栽培して多くの種類のワインを造る。
 ホフスタッターにとって最も重要なブドウは、白は<ゲヴュルツトラミネール>、赤が<ピノネロ>だ。
 
 ゲヴュルツトラミネールはドイツ品種と思われがちだが、<トラミネール>の名が示す通り、
ホフスタッターの村、トラミンが原産。重要であるのは当然で、最高品質を誇るのも、当然なのだ。
 甘いと思われることが多いが、あくまで辛口。
 酸が少ない品種だから甘く感じるが、標高が高いために酸が出やすい。
 ホフスタッターではタイプの異なる2種類を造る。

 ピノネロに関しては言うまでもないほど、アルト・アディジェの中でもホフスタッターは最高のものを造る。
 とりわけ<バーテナウ>を名乗るピノネロは、世界の同品種に比肩しうる、イタリアを代表するピノネロ。
 <バーテナウ>とは、アルト・アディジェにピノネロを持ち込んだ最初の人物の名で、160年も昔にこの地に植えられた。
 アルト・アディジェのピノネロのルーツ、ともいうべき場所。
 ホフスタッターではピノネロから3種のワインを造る。
 複数のエリアの若い樹から収穫され、ステンレス熟成を経たエントリーライン、<メクザン>。
 バーテナウの畑があるエリアの名前、<マゾン>はリゼルヴァ・タイプ。
 ホフスタッターはマゾン・エリアの畑の3分の1を所有する。標高は350~500メートル。
 大樽とバリックでゆっくりと熟成される。
 <バーテナウ>はマゾンの中で最良のクリュ。そしてイタリア最良のピノネロのひとつ。

 これらの次に重要な品種は? と聞くと、白は<ピノビアンコ>、赤は<ラグライン>と返ってきた。

 ピノビアンコは伝統的な品種ではないが、昔から造っている品種。
 だが一時期、インパクトのあるキャラクターのシャルドネ、ミネラルが際立つピノグリージョ、
 この2品種に押されてしまい、それらの品種よりも下に見られていたことがあった。
 このふたつと比べるとピノビアンコのキャラクターは、「おしとやか」。
 そう、まるでオードリー・ヘプバーンみたいな、ね(マーティン談)。
 <バーテナウ・サンミケーレ>という名だけあって、これもマゾン・エリアの中にある畑。
 3000リットルの大樽で15か月。
 スケールの大きいワインで、ブルゴーニュグラスとの相性は秀逸。
 ディナーでは、


ホフスタッター。_d0212522_23174400.jpg
帆立貝柱のグリル キノコのソテー添え 2色のパプリカソース
 に合わせて頂いたが、その相性はもう悶絶級♫
 ちなみに、あの美しすぎる奥方、ベアトリクスさま一番のお気に入りが、このピノビアンコ。

 ラグライン。
 好きだが、よく戦うブドウ(マーティン談)。
 性格は<山>そのもの。つまり、「激しく、変化しやすい。」
 栽培・醸造によほど気を配らないと、アグレッシヴなタンニンが出てしまい、
 発酵が長くなりすぎると、そこから青っぽさが出てしまう。
 あまりあれこれと触らない方が無難な品種。だから樽熟成も経ず、セメントタンクのみ。
 実験的に、屋根裏部屋で短期間乾燥させたラグラインを全体の5%だけ、ブレンドしている。
 これは、甘みを出すためではなく、尖ったタンニンを柔らげるための方策だが、良い結果が出ているとのこと。

 ディナーの最中、マーティンと色んなことを話した。

 まずは、ヴィンテージのこと。メディアがネガティヴに報道しすぎる。
「2002年が不良年だって!? とんでもない! アルト・アディジェとシチリアは最高の年だったよ!」

 グラス会社のリーデルとはプライベートで仲が良く、ホフスタッターと共同開発したグラスがある。
 <オレゴン・ピノノワール> というもの。
 いつかバーテナウを、このグラスで飲んでみたいものやね。

 そのほか、20年前に大阪で食べた世界一高いハンバーガーのことや、
 以前取引していたインポーターの価格設定に大いなる疑問を抱いたこと。
 ここでは書けないことも、チラホラ。

「アルト・アディジェは優良な協同組合がたくさんある。
 協同組合はオーケストラのようなもの。
 小さな造り手を指揮者が取りまとめて、素晴らしい作品を奏でる。
 ホフスタッターは違う。
 テロワールが第一。最上のワインは、ブレンドして補うのではなく、
 その土地 そのヴィンテージの個性をさらけ出すこと。
 それが大事なんだよ。」

ホフスタッター。_d0212522_23185857.jpg
 Grazie mille! マーティンさん。
 一緒に巡って、最高に楽しい一日でした!
 また大阪に帰ってきなさいよ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!マーティンにも、「ナポレターノみたいな運転だな(笑)」って言われたけどね ♫ ~



by enotecabianchi | 2019-06-07 23:19 | セミナーレポート! | Comments(0)