人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ホフスタッター・メーカーズディナー!


 6月末は世界の要人がやってくるけれど、今月末は?
 世界のワインラヴァ―から尊敬の念を集める アルト・アディジェの造り手、
 ホフスタッターのオーナーがここ大阪にやってきて、メーカーズディナーが開催される。

d0212522_19545393.jpg
 詳細は以下の通り。

日時:2019年 5月 31日(金)18時受付開始 18時30分スタート
場所:ソーニ・ディ・ソーニ(大阪市中央区心斎橋 TEL:06-4708-1635)
料金:¥20,000(お料理、ワインペアリング、税・サービス料込)

~ ホフスタッターについて (インポーターの説明より)
ホフスタッターは、ジョセフ・ホフスタッターにより1907年に創業。
アルト・アディジェ州の南チロル地方の家族経営ワイナリーとしては最大であり最古の歴史を誇ります。
「畑の特性はそのままワインに反映する」という考えから、
本来備わっている土地の特性を最大限に引き出し、自然のバイオリズムを尊重しながら
細部にまで行き届いた丁寧な仕事でワインの品質を追求してきました。
彼らの名を世界的に広めたピノネロだけでなく、
ゲヴュルツトラミネールやラグラインといったこの地の伝統的なブドウ品種を用いたワインは、
どれも素晴らしい個性を発揮しています。~


 個人的に、イタリア最高峰と称されるピノネロを造っているが、最高峰はそれだけに留まらない。
 重心の低いピノビアンコ・バーテナウの味わいは飲む人全てを魅了するだろうし、
 ゲヴュルツトラミネールに至っては、イタリアにおける「グランクリュ」にその名が登録されている。 しかも、モノポール(単独所有)として。

 歴史があるというだけならイタリアには五万とあるが、
 その名声を永く轟かせることは容易なことではない。
 そしてこのディナーの総指揮を執る米田シェフは、昔からホフスタッターの大ファン。
 このオファーを二つ返事で快諾して頂いたそうな。
 ソーニ・ディ・ソーニの上質なエンターテイメント空間と世界が求めるホフスタッターとの饗宴。
 楽しみで仕方がない。
 <またとない機会> とは使い古された言葉だが、実際彼が大阪に来るのは実に、
 22年ぶり! そうなってしまう可能性もあるということね。
 今のところまだ空きがあるようです。
 一緒にその空間を、楽しみましょ ♫

 ご予約、お問い合わせは直接ソーニ・ディ・ソーニまで。
 あるいは、丸谷にご連絡頂いてもオッケーですよ ♫ (お料理の説明はできませんがw)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!最高の造り手の生の声を聴きながらの晩餐。 最高やと思わへん? ~


by enotecabianchi | 2019-05-14 19:56 | 楽しいイベント。 | Comments(0)