ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

サングレゴリオ。 素晴らしい白の造り手。


 造り手さんと、ランチ~ッ♫
 カンパーニア州から、フェウディ・ディ・サングレゴリオのピエルパオロ・シルクさん。
 同社の代表であると同時に、世界的に著名な剪定士でもある。
 剪定士。 あまり馴染みのない職業だが、近年急速に重要度が増している。
 「エスカ病」 と呼ばれる葡萄樹特有の病気のためだ。
 それに関してはまた改めるとして、ランチ兼セミナーの内容、その7割は葡萄樹の話、
 2割がサン・グレゴリオのコンセプト、そして残りの1割が、ワインの話だった。
 葡萄樹の話に熱中しすぎて、飲んでいるワインの説明 忘れてるがな!(笑)

 今回の会場は中津、「ラ・バルカッチャ」 さん。
 テイスティングする5種のワイン全てに お料理を合わせて頂いた。
 とりわけ、2本目のワイン、「フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・ピエトラカルダ2017」 と、↓

d0212522_20101729.jpg
タチウオとなすのフリット
サルサ・ディ・ポモドーロ・マトゥーロ

 このお料理との相性が抜群だった ♫
 ミネラルを多く含むのはこの土地のワインだから当然だが、
 彼らの造るワインはそのミネラルがとてもエレガント。
 <落ち着いたミネラル> といった感じ。
 彼の、
「いいワインは高い樹齢のブドウからできる。」
 という言葉が、その落ち着いた味わいに見事にリンクした。

 同社の顔的存在の タウラージも飲んだが、
 個人的に今回は、特に白ワインのレベルの高さを改めて感じた。
 それは、ピエルパオロさんが白ワインの聖地 フリウリの出身で、
 ご実家でも コッリ・オリエンターリのDOCでフリウラーノやリボッラ・ジャッラを造っていることに関係しているのかもね。

 価格交渉の末に、ワインリストに掲載予定。
 大いに勉強になった午後でございました~ ♫

d0212522_20103841.jpg
 ピエルパオロさん、ありがとうございました~ ♫

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!!造り手の声を忠実に伝える。 それ大事ね。~


by enotecabianchi | 2019-02-07 20:12 | 造り手との食事。 | Comments(0)