人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ほぼ毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ボルゴーニョは、変わらない。


 ボルゴーニョの現当主、アンドレア・ファリネッティと昼食をご一緒した。
 ボルゴーニョのことは既にご存知の人も多いだろうから、教科書的な説明はここでは省いて、
 とりわけ今回のランチで刺激を受けたことを中心にレポートしよう。

 テキストの表紙には、「250年の歴史を持つバローロ」 とある。
 それが、ボルゴーニョだ。
 長い歴史の中で、バローロの、「リステ」、「カンヌビ」、「カンヌビ・サンロレンツォ」、「フォッサーティ」、「サンピエトロ・デッレ・ヴィオーレ」 という5つのグランクリュを所有する。
 バローロ・リゼルヴァ と バローロは、これらのグランクリュから生まれるネッビオーロをブレンドして造られる。
 つまり、この上なく贅沢なバローロということね。

 そして実は、彼らの造る「バルベラ」 にも同じことがいえる。
 どういうことかというと、所有する「リステ」と「フォッサーティ」の畑には、ネッビオーロの他になんと、バルベラが植えられている。
 そこで育ったバルベラは、どこかネッビオーロを思わせる風格がある。
 ボルゴーニョのバルベラが他と違う点、それは、ネッビオーロにも通じる風格を持ち合わせたバルベラ・ダルバだということ。
 そんな彼らのバルベラ・ダルバに合わせたお料理は、コレ! ↓

ボルゴーニョは、変わらない。_d0212522_19485568.jpg
久宝寺の銘店 「タヴェルネッタ・ダ・キタヤマ」 さんの、
タリオリーニ 地鶏のズリ・ハツ・キモ のマルサラ酒煮込み オーストラリア産黒トリュフがけ

 もうね、言葉は要らないね。
 バルベラ・ダルバはブルゴーニュグラスで呈された。それもまた、粋な計らい。
 ブルゴーニュグラスが全てのバルベラに順応するとは思えない。
 実際、個人的にバルベラは、ボルドーグラスをイメージづけていたからね。
 これもまた、「バローロの畑で造られたバルベラ」 という背景が関わっているからに違いない。
 自信を持ってお勧めする。
ボルゴーニョは、変わらない。_d0212522_20175401.jpg


 バローロの造り手なのにエラいバルベラ推してしもた。
 それだけ素晴らしい味わいだったからね。

 アンドレアは現在、28歳。
 食事しながらゆっくりと話した。
 
 アンドレアには、ボルゴーニョのオーナーとして進むべき道を指し示してくれたワインがある。

<ボルゴーニョ・バローロ1982年。>

 これを飲んだ時は、全身に稲妻が走ったそうな。
 彼がオーナーとなった2008年当時、ボルゴーニョは近代的な設備をいくつか採り入れていた。
 ステンレス発酵槽が1998年から使われはじめ、培養酵母での発酵も1983年から始められていた。
 つまり、彼が飲んで感動した 1982年のバローロは、その近代設備が導入される前の、最後のヴィンテージということ。
 運命的な出合いとするしかないが、それを経験した彼は、ボルゴーニョだけが持つ、「独特のクラシック」 を変えるべきではないと直感。
 そしてすぐさま、ステンレス発酵槽を売却してセメントタンクを購入、土着の酵母を使っての発酵を行うに至った。

「ボルゴーニョは、変わらない。」

 彼はそう言い、バローロやバルベラに対しては伝統的な造りを踏襲し続ける。
 その傍ら、リースリングやティモラッソなど、今までボルゴーニョが手掛けなかった<白>をリリースしたりと、
 彼の<挑戦>ともいえるアクションは、これからも目が離せそうにない。

ボルゴーニョは、変わらない。_d0212522_20294314.jpg
 Grazie Andrea san !
 Ci vediamo in Barolo ♬

 タヴェルネッタ・ダ・キタヤマのシェフ&スタッフのみなさま、ありがとうございました ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! アンドレアは天才肌♬ ~


by enotecabianchi | 2018-08-29 20:34 | 造り手との食事。 | Comments(0)