人気ブログランキング |
ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

雨に飲むなら、明るい赤 ♬


 2日連続の 雨。
 よー降ったなぁ。
 沖縄は早くも梅雨入りしたのだとか。

 雨の日は暗くなるのん早いな。
 早い時間から飲む口実ができたってことやね ♬
 そしてそんな時は、明るい赤を飲もう ♬

d0212522_19194483.jpg
キアンティ・コッリ・セネージ “チェルム” 2016 (イル・パラジョーネ)

 オーナーのジョルジョさんと同行営業してから、もう一年が過ぎた。
 彼は ヴェルナッチャの造り手だから、当初はそれだけを扱ったが、先日、改めてこのシエナのキアンティを飲む機会があった。

あら美味しい ♬

 彼の畑があるのは サンジミニャーノ生産地区の南エリア。
 このエリアは最も森が多く 土壌は石灰粘土質。
 ヴェルナッチャもそうだがこの チェルムも、フレッシュで伸びやかな酸を伴うワイン。

 「キアンティ」 を名乗っていると どうしても 「キアンティ・クラッシコ」 と比べてしまうが、大きな違いは、ワインとしての <明るさ> そして <重さ> だ。
 うしろに写っている 「フェルシナ」 は、キアンティ・クラッシコのフォントを 「黒」 として、セネージは 「グレー」 とした。
 明るさと重さ。 この 「差」 をうまく表現していると思う。

 明るいワインの存在はこの時期、貴重だ。
 そう感じさせてくれる、ワインなのよねぇ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ジョルジョは 「陽気なレクター博士」 みたいやねん ♬ ~


by enotecabianchi | 2018-05-08 19:37 | 新着! | Comments(0)