ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ナポリタンと アシリオと。


 サンジェルヴァジオ 一日同行の〆は、

d0212522_20353618.jpg
北新地の新店、ワイン食堂アンデルセン さんの、
ナポリタン ♬

 あまから手帖でも特集されたように、今、「洋食」 が改めて注目されているらしい。
 少し前、ワインジャーナリストの宮嶋さんとお話しした折、
「エビフライとかハンバーグなどの洋食系は、イタリア人なら誰でも喜ぶと思うよ。」
 と話していたのを思いだし、ルカさんとの同行営業が決まった時、是非食べてほしいと思い、お邪魔したというわけ。
 さぁ! 日本生まれの 「ナポリタン・スパゲッティ」 は 彼のお口に合ったのか!?

 美味しかってんやろなぁ。
 おいキミ! 自分のワインとアッビナメントしてるか?
 て思うくらい一瞬でなくなりましてん。

 しやけど、ピーマンだけ、全部残してましてん。

 小学生かッ!?


 彼が手掛けるワイン全てを、改めてお料理と合わせて飲み、思った。
 何を飲んでも、お料理との相性が抜群だった。
 その理由のひとつには、エントリーラインでさえ、今流通しているワインと比べると、2・3ヴィンテージ 古いものをリリースしていることが挙げられる。
 遅れているのではない。 意図的に遅らせているのだ。
 そうすることで、「サンジョヴェーゼ、カベルネ、メルロ」 というセパージュの、一見パワフルに思えるワインでさえ、角が取れてやわらかく、口あたりが優しくなる。
 サンジョヴェーゼ・ベースのフラッグシップワイン、「ア・シリオ」 はその極みだ。
 創業者であるルカのおじいちゃん 「シリオ」 へ捧げられたという、説得力がある。

 造ったものをすぐにリリースすることもできるだろうに。
 それをしないのは、飲み手の心情を深く考えているからなんだろうね。
 ルカの人柄が、ワインに表れているように思えた。

 誰が飲んでも美味しいと思わせる サンジェルヴァジオのワインは、
 誰が食べても美味しいと思わせる 「洋食」 というカテゴリーに、
 見事にシンクロした。

 ワインバーで出てきたら大喜びするくらいの存在感があり、
 かつ、
 お料理に合わせると更にその良さが際立つ。
 そんなワイン、あり得ないと思われるかもしれないが、
 サンジェルヴァジオのワインがそれにあたる。

 Grazie Luca san ♬
 Ci vediamo ♬

 週明けに、入荷するよ~ッ ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! パートナーを欲するイタリアワインは、やっぱり魅力的ね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-03-10 21:26 | 造り手との食事。 | Comments(0)