人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ポジティヴに考えれば、いいセットかも。


 棚卸、無事終了。
 臨時休業にご協力頂いたみなさま、ありがとうございました。

 一年で最も仕入れを抑えねばならない2月。
 あ、毎月やっていればイイのに・・・、なんていう意見もあるけどね。
 できるわけあらしまへん。
 仕入れを抑えている時、思わず苦笑してしまうシーンを思いだす。

 あるインポーターでのオフィスのこと。
 当時の仕入担当さんが、これからの方針を社長に尋ねていた。
「社長、仕入れの参考にしたいので教えてほしいのですが、
 在庫を安定させて売上を伸ばすか、欠品してでも在庫は最小限に抑え経費を削減するか、
 どちらとお考えですか?」
 その問いに社長は少し考えたのち、
「チョードがイイんですね。」
 と答えた。

あ、この社長 アホかも?

 って思った瞬間。
 そんな昔話を、思いだすのよねぇ。名言やなぁ。

 緊縮月間を終えて 3月1日。
 大量にワインが入荷した。
 中にはこんなのも ♬ ↓
ポジティヴに考えれば、いいセットかも。_d0212522_21284547.jpg
ジュゼッペ・リナルディ のワインたち

 新しいヴィンテージが入荷。
 ご存知の方もいるかもしれないが、この造り手のバローロは、セット販売だ。
 写真のロザーエをはじめ、ドルチェットやバルベラなどとのね。
 聞く人が聞くと、「売れないワインを抱き合わせ販売して!」 なんて言うかもしれないが、
 インポーターにとっては苦肉の策なのね。
 好んでそんなことはしない。

 ジュゼッペ・リナルディ は名があるだけに、最も注目を集めるのは バローロだ。
 セット販売をせずに販売したなら、入荷数の問題からもたった数時間でなくなるだろう。
 これは、昔 イゾーレ・エ・オレーナのレポートで書いた <ヴィンテージ> についての意見と考えが重なるが (そのブログは → コチラ)、
 評判の良いバローロだけを飲むのと、同じ造り手のドルチェット、バルベラ、ネッビオーロを飲み知った上で飲むバローロとは、味わいが違って当然だ。
 つまり、飲み手の問題なのね。
 だから、このバローロをより美味しく飲む近道は、同じ造り手のカジュアルラインを良く知ることだ。
 イゾーレ・エ・オレーナも、モンテヴェルティーネも同じこと。

 昔あった、ファミコンソフトの抱き合わせ販売とは、断じて違う。
 マズいワインを売りつけているのではない。
 より深く理解してもらうためのセット販売、と考えれば、その販売法にも寛大になるのではないか?

 そんなわけで、ウチもセットで購入したんだけど、それをセットで販売したりは しない。
 バラで販売しますよ。
 ただ、バローロを除いてね。
 バローロ 2種は時がくるまでウチのセラーで寝てもらうことにした。
 飲み頃を迎えるまでは 他のワインを飲んで、この造り手の理解を深めようじゃないか ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 悪意のあるセット販売は嫌いやけどね。 ~


by enotecabianchi | 2018-03-01 21:56 | ちょっと言いたいこと。 | Comments(0)

by enotecabianchi