人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ほぼ毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ファロ。その独自性を知ろう ♬


 昨夜はインポーターさんと、新商品のテイスティング~ ♬

ファロ。その独自性を知ろう ♬_d0212522_20033739.jpg
エンツァ・ラ・ファウチ のワインたち
左から、
ファロ “オブリ” 2013
ファロ “テッラ・ディ・ヴェント” 2015
カーゼ・ビアンケ 2016

 エトナがメディアで取り沙汰される中、
 近くの銘醸地である 「ファロ」 は、<シチリア特集> なんかがあった時にチョロっと登場するだけだ。
 世界的に知られる造り手は、「パラーリ」 だけだろうか。
 聞くと、ファロはたった5軒しか造っていないのだそうだ。
 今回テイスティングした 「エンツァ・ラ・ファウチ」 の畑は、海まで300メートルと、正に隣接する。
 インポーターの説明には、
「海に近いので湿気が多く、斜面も東向きなので一見すると優れた産地には思えないかもしれないが、湿気を含んだ冷たい海風が過剰な気温上昇を抑え、東向き斜面が夕日で葡萄が焼けることを防ぐ。
 更に山から吹き降ろす熱い南風<シロッコ>も吹くので一年を通して風が吹き抜ける。この風が、湿気を乾かし続けることでファロは成り立っている。」
 とある。

 ネレッロを主体に造られるだけに、スタイルはエトナに似るが、この地の土着品種 「ノチェーラ」 をブレンドすることでその独自性を形成する。
 強烈な塩味。
 白は特に顕著だ。
 だが、強いワインではない。
 いかにもこのインポーターがセレクトしそうなスタイル。
 つまり、
 じっくりと味わわなければその良さが理解されにくく、
 飲み手をある程度、選ぶワイン。
 しかし ひとたびファンになると、忘れられなくなる。
 そんなワイン。
 そして、
 ただ ワインリストに載せているだけでは、絶対に売れない。

 そんなワインを、エノテカビアンキは載せることにした w
 理解してもらうために努力することを決めた、ということね。

 3月から! 販売開始~ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 月曜日に投函できるか!? ~


by enotecabianchi | 2018-02-24 20:27 | もっと知られるべきワイン。 | Comments(0)