ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

フランチャコルタに 行ってきました ♬


 オステリア・87 (オッタンタセッテ) さんで昨夜は、
 ロゼ・フランチャコルタ の飲み比べ。

d0212522_20130325.jpg
左から、
ブレダソーレ “ピネー”
カモッシ “エクストラブリュット・ロゼ”
サンクリストーフォロ

 「ロゼ」 といっても、一言では表現できない。
 この写真からも見てとれるように、色から全然違う。
 ブレダソーレは最も色が濃く、サーモンピンク。
 サンクリストーフォロは一番淡く、ほとんどブリュットのそれに近い。
 カモッシはその間で、明るいピンク色を呈する。

 言うまでもないが、色だけでもこれほどの差があるのだから、香りや味わいに至っては 全く異なると言っても言い過ぎではない。
 何故、こんなことをしているのか。
 これらのロゼ・フランチャコルタが、それぞれどのようなお料理と最も相性が良いか、「感覚」 で確かめるためだ。
 だから、この時は敢えてブドウ品種も醸造法も、テクニカルなことは一切、聞かなかった。

 フランチャコルタ生産地区のいろんな郷土料理を出して頂いた。

d0212522_20131463.jpg
海老と金柑のソテー
Code di gamberi e kimquat saltati in padella.

 個人的には、このお料理とは カモッシのロゼがよく合った。
 海老のヴォリュームと カモッシの適度なイースト香。
 互いが誘い合うもの。

 ほかにも発見がいっぱい!
 だが今はまだ、アップしない。
 もうちょっと待ってね。


 数あるインポーターの中で、「フランチャコルタ専門」 を謳ったのは、トクヤマさんだけだ。
 恐らく、これから先も、オンリーワンであり続けるだろう。
 それだけでも凄いことだが、もうひとつ、特筆すべきことがある。
 それは、自分たちが輸入するフランチャコルタに合うお料理を、自分で調理し提供するお店を持っているということだ。
 しかも、その地域への郷土愛をたっぷり感じるお話を交えながらね。
 こんなインポーター、他にはない。

 イタリアにトリップしたかのように楽しかった昨夜。
 イタリアに住み、その土地でお店を構えた経験のあるご夫妻だからこそ、醸しだせる空間と味わい。

 お料理に合うスパークリングワインなら、フランチャコルタが筆頭であろう。
 このカテゴリーにおいては、かのシャンパーニュですら、比肩しえない。
 
 それを実感しに、行ってみてね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! そういうお店が近くにあるのは、幸運この上ないよ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-02-07 20:39 | 比較すると見えてくる。 | Comments(0)