ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

オトナの 聖なる夜に。


 一年のはじまり という意味で、お正月は大きな行事だ。
 日本なら次の行事は、節分かな?

 行事や祝い事をよく知っているのは、小学校や幼稚園の先生だ。
 その行事のいわれやエピソードを子供たちに話して聞かせる。
 大事なことね。

 もうひとつ、よく知っている人種がいる。 それは、
「商人」 だ。
 ひとつイベントが終われば次はコレ! という具合にね。
 今の時期ならば、コンビニの 「恵方巻き予約受付中!」 というヤツね。
 商売に直結するから、タイミングは早め、そしてしかも、派手にアピールする。
 コレも、大事なことね。

 かく言うオレは?
 あ、商人やね。
 ほな遠慮なく w

d0212522_19555398.jpg
サンクト・ヴァレンティン・ソーヴィニョン 2015 (サンミケーレ・アッピアーノ)

 もうおわかりですな。 そう。
 2月14日は、ヴァレンタイン・デイ ♬
 ドイツ語で ヴァレンティン ね。
 イタリアでは ヴァレンティーノ やけれども、ここドイツ語圏やさかいにね。

 このシリーズの他の白、シャルドネ と ピノグリージョ は樽での熟成を経るが、ことソーヴィニョンには使わない。
 理由は明白で、「ソーヴィニョンに樽香は不要。」 とのこと。
 あ、むろんこの造り手の考えね。
 飲めば解るけれども、品種が持つ爽やかさを感じつつ、「太い酸」 と表現したくなるような存在感と アフターの長さ。
 ラベルの色が うまく味わいにマッチしている。
 ここに樽の香りは、要らないね。


 ささ。
 そろそろ ワインリストにコレ載せて、聖なる日に向けて準備に取り掛かっては?

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! なんぼなんでも、早過ぎるか・・・。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2018-01-06 20:10 | 美味しいワイン。 | Comments(0)