ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

鹿児島の黒豚には、フリウリの雄鶏を。


d0212522_13251888.jpg
平野町、アッラゴッチャさんの、
鹿児島産黒豚のロースト

 昨日の独り晩ごはん。
 前菜とこのお皿をオーダーして、フランチャコルタ飲みながら待っていると 厨房から、

「丸谷さん、美味しいサルシッチャ ありますよ ♬」

 ってシェフから嬉しいお声が。

「もちろんいただきますぅ ♬」

 って答えたもんやから、サルシッチャが付け合わせ ♡

 このメイン料理には赤を合わせて頂いたが、
シェフ: 「このきれいな豚なら、<白> もありかな、なんて思うんですよ。」

 食べてみて納得した。 見た目とは裏腹に 味わいがものすごくエレガントなので、フリウリの、ちょっとだけ樽の効いた白なんかは、ピッタリくるんやろうね。
 そう考えていたら今日、エエのん届いたわ ♬

d0212522_13253712.jpg
マウルス・シャルドネ 2015 (マスート・ダ・リーヴェ)

 先日の社内テイスティングで採用となったワイン。
 熟成に樽を使っているが、強すぎないところが、イイッ!

 勘の鋭い人ならお気付きだろうか。
 フリウリ、しかもラベル下部には、「in Mariano del Friuli」 とある。 しかも、エンブレム 「ガッロ」 やん。
 そう、マスート・ダ・リーヴェ は、同じく マリアーノ・デル・フリウリ の優良な造り手、ヴィエ・ディ・ロマンス のいとこにあたる。
 そうそう、ヴィエ・ディ・ロマンス には、「マウルス・メルロ」 があるね。
 同じ場所で造られてるんだろうね。

 夏が翳ってきた頃、適度なヴォリュームを備えた フリウリのワインは、
 ほっこり、
 まったり、
 したい人には、たまらない ワインなのよねぇ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 奥深いね、アッビナメントって ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-08-19 13:52 | お料理とともに。 | Comments(0)