ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

島の中の 「島」。


 造り手さん、来社~ッ!
 シチリア島 エトナ。 「鬼才」 と呼ばれる アンドレア・フランケッティ のカンティーナ、パッソピッシャーロ から、
d0212522_18394489.jpg
セールスマネージャーの レティツィアさん

 パッソピッシャーロ から10分の距離に住む、生粋のシチリアーナ であり、エトナっ娘。
 彼女は 「エトナ」 という土地のことを、
「Isola dentro Isola (島の中の島)」 と表現した。

 エトナは、特異だ。
 いかに特異であるかを、この造り手は体現しているといっても良い。

 今回の目的は、パッソピッシャーロ が造る 「コントラーダ・シリーズ」 の2014年、5つ全てを、比較テイスティングすること。
 まず、2014年というヴィンテージについての説明。 トスカーナやピエモンテでは、良年とはいえないヴィンテージだそうだが、パッソピッシャーロにとっては、ここ20年で 最も良い年なのだそう。

「こういった良い年の比較は 逆に、それぞれの個性を捉えるのが難しいかもしれないわね。」
 と レティツィアさん。
 しかしながら その味わいは、全く異なるものだった。 色あいから違うのだから、驚くばかりだ。
 特筆すべきは、カンティーナのある 「グアルディオーラ」 と 「シャラヌオーヴァ」 は、歩いて5分と離れていないにもかかわらず、その個性はまるで違っていた。

 通訳兼、「大いなる補足説明」 をして頂いた ワイン商の林さんは、
「グアルディオーラ はこの5つの中の、いわば <生徒会長>。 最もバランスが整っている。」 という。
 それは、カンティーナの名を冠する ワイン、「パッソピッシャーロ (今は 『パッソロッソ』 なんていうダッサーい名前w)」 を飲んでも、氏の言わんとしていることがよく解る。
 パッソピッシャーロ には、グアルディオーラ からのブドウが半分近く使われているのだ。


 そんな、「超」 が付くほどのマニアックなお話。
 いつまでも聞いていたかった。
 1時間の予定が 30分延びての説明だったが、それでも全く時間が足りない。
 おそらく1日かけても、語り尽くせないのではないか。
 
 こぼれ話いろいろ。
 アンドレア・フランケッティ さんの意外な一面も知れて、よかった。

d0212522_18570754.jpg
キアッペマチネ 2009

 来社が決まった時、実は考えていたことがあってね。

 (ないと思っていたが万が一) 時間ピッタリに話が終わったなら、
 ウチで寝かせていたこのワインを、一緒に飲んで語り合えたら、
 なんて思ってたんやけどね。

 ハイ! 夢と終わりましたので、このコは もいっかい、寝床につきましたとさ w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 比較試飲、おもしろいッ! おもしろいッ♬ (ゴラ のまねw) ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-15 19:15 | ワインの造り手。 | Comments(0)