人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

毎週月曜日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

長い歴史は 多様性をもたらすねん。


 今、僕たちが普通に使っている 「アラビア数字」。
 実はこの数字の普及に貢献したのは、イタリアの海港都市で活躍する商人だったそうな。
 中世におけるその都市は、ジェノヴァ、ヴェネツィア、アマルフィ、そして ピサ だ。

 ピサに、アラビア数字の研究と普及に努める人がいた。 その人、レオナルド・フィボナッチ がアラビア数字に関する本を出版し、ヴェネツィアに伝わって、ヨーロッパ社会に広がったのだとか。

 なんやすごいがな。


長い歴史は 多様性をもたらすねん。_d0212522_18124169.jpg

ペルゴライア 2009 (カイアロッサ)

 エラいこじつけやけれども、その 「ピサ」 で造られるワイン。
 海のイメージが強い ピサだが、こちらはむしろ山に囲まれた土地。 それでも、かつては海だったことから ミネラルに富んだ上質のワインが生まれる土地として、ここ 「リパルベッラ」 は近年、注目を集める銘醸地。

 ペルゴライア は、サンジョヴェーゼ を主体に メルロ と カベルネをブレンド。
 「フランス人が イタリアワインを造るとこうなる。」
 という典型ともいうべきもの。

 黒い香り。
 上質であることがすぐに解る。

 落ち着いたタンニンは 心地良く舌を滑り、その完成度の高さに 驚かされる。

 おっきいグラスで、サーヴするべし! するべしッ!!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ なのよね。~
by enotecabianchi | 2016-02-16 19:15 | 歴史もの。 | Comments(0)