人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ほぼ毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

またも、マリアージュ。


来日つながり~。
またも、マリアージュ。_d0212522_19144478.jpg

北東イタリアから、ラ・ベッラノッテ のオーナー、パオロ・ベナッシさんと、一日同行~。

 大阪市内連れ回し。
 昼過ぎから10軒以上回りましてん。

「おまえの運転、イタリア人みたいだな (笑)」

 褒めてるのか?

 ディナーは、ノガラッツァさん~。

またも、マリアージュ。_d0212522_19191370.jpg

スタイリッシュなお出迎え。

 食事をとりながらのセミナーのような感じ。
 カンティーナは、DOCイソンツォと DOCコッリオにまたがった土地。
 ヴィエ・ディ・ロマンスのあるソットゾーナ、リーヴェ・アルテに畑を所有する。
 リーヴェ・アルテの特筆すべきは、その水はけの良さ。

 コッリオの上流から流れるイソンツォ川はその昔、今よりもっと大きな川だった。
 だからリーヴェ・アルテの畑には、川岸によくあるゴロゴロした丸い石がたくさんある。
 一般に 「ギアイア(砂利)」 と呼ばれる土壌だが、ここにしか存在しない特異な土質なのだとか。

 オーナーと一緒に来日した ダヴィデはこのカンティーナのエノロゴ。
 実に知識が豊富で、学生時代はこの土壌の論文を書いたそうだ。また土壌だけでなく、この地の品種、「マルヴァジア」、「トカイ(当時)」、そして 「ピコリット」 の研究もしていたというから、その知識は本物だ。

 ここからは、お料理の名前と写真で。

またも、マリアージュ。_d0212522_19443275.jpg

またも、マリアージュ。_d0212522_1944471.jpg

お楽しみ前菜の盛り合わせ (名前聞いたけど忘れた・・・)


またも、マリアージュ。_d0212522_1947353.jpg

桜鱒のミキュイ 2種のアスパラガスのサラダ仕立て マスカルジェラート添え


またも、マリアージュ。_d0212522_19491532.jpg

朝掘り筍の含め煮とタイラギ貝の炭火焼き 吹立菜(ふきたちな)のソース


またも、マリアージュ。_d0212522_19503763.jpg

ヴェネト産うさぎのアニョロッティ セージバターソース 春キャベツのソース


またも、マリアージュ。_d0212522_19511653.jpg

熊本赤牛すねの柔らか煮込み 季節野菜添え


 それぞれのお皿に合うワインをご用意頂いたが、山田シェフと中牧ソムリエが考えたマリアージュと、ダヴィデが提案したそれとが、必ずしも一致しなかったのには、それぞれのお料理のあり方、ワインのあり方の、考えの違いが垣間見れて、楽しかった。

 もうひとつ特筆すべきは、このワイン。
またも、マリアージュ。_d0212522_19561248.jpg

コンテ・ルーチョ 2009、2010

 ピノグリージョを数日間スキンコンタクト。
 「ラマート(銅色)」 と呼ばれるだけに、きれいな茶色。

 あらゆるお料理に合わせられる凄いワイン。
 2009年を目隠しで試したら、おそらく 「赤ワイン」 と答えるだろう。 しかも、上質のね。

またも、マリアージュ。_d0212522_2013043.jpg

 左がパオロ。 プロレスラーのようだね。

 楽しい食事会でした。
 山田シェフ! 中牧ソムリエ! スタッフのみなさま!
 ありがとうございました!

 
by enotecabianchi | 2015-04-20 20:06 | ワインの造り手。 | Comments(0)