人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ほぼ毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ。

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

5月のイベント その壱

「E社さんのワイン会を終日お手伝いしました」 の巻

 この会社のワイン会だけは、スタッフとしての参加が常で、僕も楽しみながらやっているだけに、これからも変わらないでしょう。
 今回は、シチリアの タスカ・ダルメリータの全ラインナップをはじめ、ヴェルナッチャの造り手 パニッツィの白4種の比較テイスティング、そして様々な造り手のロッソ・ディ・モンタルチーノ比較など、盛り沢山のワイン会となりました。
 そして恒例の!「佐々木ブース」は今回も登場しました。そこでは、代表である佐々木さん秘蔵のワイン達が素晴らしい存在感を放っていて、これを楽しみに来られている方も多くいらっしゃいました。ロッソ・デル・コンテ1988、カサノヴァ・ディ・ネーリのブルネッロ・リゼルヴァ1986など、今では絶対に味わえないワインを堪能しました。中でもこのふたつの白ワインには驚かされました。

5月のイベント その壱_d0212522_19281811.jpg


ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ2006(パニッツィ)と
ソーヴィニョン“ヴィエリス”1995(ヴィエ・ディ・ロマンス)

 高額白ワインならともかく、普通ならば5年前のヴェルナッチャなど飲むことはありませんね。そんなヴェルナッチャが 上質の赤ワインと同じように、年を重ねるにつれ品質が向上しているのには驚かされましたし、この経験は僕にとって大きな収穫になりました。

 そしてヴィエリス’95!今から15年以上前の白、ってことになり、普通に想像すれば、「美味しかった」 よりも 「辛うじて飲めた」 くらいかな、と思いきや!なんのなんの。まだ伸びるんちゃう?と思わせるほど若々しくて、それでいてびっくりするくらい滑らかな舌触り。消えることのないアフターテイストに、試飲どころではなくなってしまい、ニコニコしていたと思います(ちとキモいね)。

 僕がE社さんの試飲会を必ず 「ワイン会」 とするのは理由があって、それはそこがワインの試飲商談会ではなく、ワインを 「飲んで、知って、楽しむ」 ことが目的であるような感じがするからです(直接に聞いたわけではなく、あくまで僕の推測ですが)。
 プロならば、難しい顔でテイスティングしてそのワインを分析することは大切なことですが、イタリアに精通する人(しかもこの業界の重鎮)が話すエピソードを交えてそのワインと接すれば、頭で考える以上にそのワインとの距離が縮まるのではないか、そう感じさせる数少ないインポーターであり、ワイン会であると思います。



 「5月のイベントその弐」は、「米子と境港に行ってきました」 の巻 です。

 境港は妖怪がたくさん!でした。

5月のイベント その壱_d0212522_20143870.jpg


 次回の更新をお楽しみに!
 奇怪かいかい妖怪だらけ~♪ (あ、これドロロンえん魔くんや)
by enotecabianchi | 2011-06-17 20:19 | Comments(2)
Commented by ヴィノ介 at 2011-06-21 10:26 x
何かこそばゆいブログですね。笑
たまに少しは商売っ気出したらって言われますがね…
案外葛藤の毎日なんですよ^^;
Commented by enotecabianchi at 2011-06-22 18:20

どうかこのままのスタンスでお願いします。関西の人たち全員が願ってますよ!