ブログトップ

毎日更新♬ エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

ワインとのつながり。人とのつながり。

 
 リスポッロに引き続き、E社さんのワインを。
d0212522_9214841.jpg


ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2005 (イル・ポッジョーネ)
 この造り手を、代表である佐々木さんは振り返ります(記事は2000年10月のもの)。
 『思い出せば、フィレンツェの エノテカ・ピンキオリ でタレンティのブルネッロ’82を飲み、次の日に電話をかけてみたら「すぐに来てみたら」ということで車を飛ばしたのが出会いであった。イル・ポッジョーネを率いていた タレンティ が昨年の9月に他界してから ビンドッチ にワイン醸造の責任がすっかり移った。・・・』

 イル・ポッジョーネとE社とのつながりは永く 深い。
 ワインを単なる商品として扱うインポーターとは、一線を画します。

 このワインのラベルには 「CHI VUOL ESSER LIETRO SIA DI DOMANI NON V E' CERTEZZA」 と小さく見える。「幸せでありたいと願うならば、明日に保証はない」 つまり 「今日のこの日を大切にしよう」 ということ。
 良い一日であるよう 努めましょうね!










 って
 ワインの説明忘れてましたね!
 「クラシカルなブルネッロの代表格」 というと、2005年は若すぎるのでは? と思われがちですが、飲み手を拒むような硬さはなく、むしろ包容力のある、そしてブルネッロの風格がはっきりと感じられます。
 メーカーの出荷価格、為替、インポーターの努力、この3つの要素により、前のヴィンテージよりも手が出しやすい価格になっていますので、個人的に、今までのヴィンテージで一番売れるのでは、と感じています。

 ブルネッロのコンソルツィオはヴィンテージごとに星を付けます。最高は5つ星。その評価をパネルにして、庁舎の壁に飾られます。2005年は? 4つ星です。主観で付ける星だから甘いんじゃない?と思われるかもしれませんが、1992年ヴィンテージから始まったこの評価、2007年までで5つ星は 5つ、と意外と厳しいことが伺えます。信頼度大 なヴィンテージチャート、ってことですね。
d0212522_9173072.jpg

ご参考まで。
[PR]
by enotecabianchi | 2011-02-07 09:31 | Comments(2)
Commented by ヴィノ介 at 2011-02-09 10:31 x
なかなか素敵なワインのコメント!使わせて頂きます!笑
Commented by enotecabianchi at 2011-02-10 08:09 x
ヴィノ介様、ありがとうございます。プレッシャー、ですか?(笑) ネタがなくなってきたら、相談しますね!よろしくお願いします。