ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

 
 はい。ガンダム世代です。
 ランバ・ラル万歳。

d0212522_9265940.jpg


サン・ヴィンチェンツォ2009(アンセルミ)

 ロベルト・アンセルミがソアヴェ協会を脱退し、生産する全てのワインを「ヴェネトIGT」としてリリースしていることは周知の事実ですが、そこには 悲しみの果てに辿り着いた理想がありました。

 2000年8月号のヴィノテークに掲載されていた記事を抜粋します。

 「私はソアーヴェのクオリティを高め、スタイルを確立し、ソアーヴェ地域のワインを世界舞台で重要な地位に押し上げ、その品質を認めてもらおうと世界中でプロモーション活動をしてきた。そのために畑に心血を注いで栽培方法を改め、収穫量を抑えた結果の実践を披露し、25年も頑張ってきた。しかし今、この地域の大多数の生産者の意識と姿勢は何も変わらない。 ~中略~ DOCソアーヴェは並のワインでしかないことが恥ずかしい。だからさようなら。ソアーヴェ・ワインとはきっぱりと別れを告げた。絶対に戻ることはない。」

 そして彼はインタヴューをこう結びます。

 「私は私の自由を取り戻したい。改善の自由を、縛られず上等のワインを造る自由を、障壁も規則も官僚も関係なく より良い剪定で畑に取り組む自由を、清廉な市場をつくり出す自由を、情熱とファンタジイを妨げるもののなくなった私の畑で 素晴らしい白ワインのための自由を取り戻したいのだ」

 ロベルト・アンセルミとは2度、食事をご一緒させて頂いたことがあります。だから僕は一方的に ロベルト、とこう呼ぶようにします。
 ソアヴェ協会の事となるとやはり表情が曇るロベルトですが、食事の時には終始センスの良いジョークで場を和ませます。お料理をたらふく食べ、その後のワインバーで一人、ワインをガブガブ飲みながら大皿の生ハムをペロリと食べてしまうその豪快さには、驚かずにいられません。
 そしてロベルトもまた、人とのつながりに重きを置く人で、日本人で初めてカンティーナのドアを叩いた人物のことを、20年近く経った今でも鮮明に覚えているようです。

 サン・ヴィンチェンツォは、そんな彼が造る最もスタンダードなワインですが、その味わいはロベルトの人柄そのものです。余計なことを考えず、とにかく品質を重視した「潔さ」のようなものが感じられます。大笑いするような豪快さはないにしても、大らかで優しい果実味、ヴィンテージを反映してか、少し高めの酸がお料理を引き立てます。

 こういった造り手の努力を目の当たりにすると、彼らの情熱こそが第一であり、その表現方法はそう大きな問題ではないように思えます。“素晴らしいワインを造りたい” という気持ちは、ロベルト・アンセルミも、ソアーヴェの旗手 レオニルド・ピエロパンも同じなのだから。



 ちなみにタイトルの「ソアベ」は、安っぽいワインを演出するための表現で、ウチのリストでは Soave は 「ソアヴェ」となりますので、悪しからず。

 また、タイトルのセリフを書きたかったがために、このワインを選んだわけではありません!こちらも悪しからず(笑)。

 そういやロベルト、ちょっとランバ・ラルに似てるな (あ、ヒゲだけか・・・)。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-02-18 20:04 | Comments(0)
 大阪は初の積雪です。いつもに増して、シンと静まりかえった朝でした。
 長引く不況とこの雪とをなぞらえながら、でもやがてこの雪も溶け、必ず訪れる春を心待ちに、黙々とワインを飲みます。 って結局ソレかい!← ひとりツッコミ。

d0212522_11403246.jpg

カイアロッサ・ビアンコ2008 と ペルゴライア2006 (カイアロッサ)

 「今年は関西に力を注ぎます!」 と嬉しい言葉をかけてくれたP社の土生さん。もう既に2度、大阪に来られています。有言実行、見習います。
 今回はそのP社が扱うワイナリー 「カイアロッサ」 です。場所はトスカーナ州 ピサにある リパルベッラ。ルカ・ダットーマがいち早く注目し、自身のワイナリー「ドゥエマーニ」を設立したと同じ場所です。もう一つ興味深いのは、このワイナリーはボルドーの シャトー・ジスクール のオーナーが設立した、ということです。ビアンコは、シャルドネとヴィオニエを半分ずつ。ペルゴライアは、サンジョヴェーゼに少量のメルロとカベルネ・フラン。造り手の予備知識があったからか、飲んだ時の共通する感想は 「コレ、本当にイタリアか?」 というものでした。無論これはポジティヴな驚きで、イタリアに馴染みのある僕(てかそれしか知らない)にとっては新しい味わいでした。

 カイアロッサ・ビアンコは、品種構成に加え 熟成にバリックを使用していることから、えてしてヴァニラが効き過ぎた白になりがちですが、飲んだときの引っ掛かりがなくエレガント。トロピカルフルーツを連想させる「トスカーナ・ヴィオニエ」の特徴を確かに感じながら、それでいて酸味とのバランスが整っています。ワイナリーの名を冠しているだけに、白ワインの中ではお高いですが、「このワインは高くて良いです」、と感じさせます。

 ペルゴライアは、価格と品種構成を見れば、「力強いワインなんやろな」 と想像しますが、パワフルなワインではありません。ですが、上質なワインです。いつまでも嗅いでいたい華やかで色気のある香り。適度な力強さはあるが それを強調せず、あくまでもエレガントに 長い余韻が続きます。


 ロワールを代表する ラドゥセット男爵さんが少し前に来日された際、自らが初めて最初から手掛けたイタリアワインのお披露目がありました。実はその時も、「フランス人がイタリアワインを造るとこうなる」 というお手本を飲んだようで、嬉しい驚きがあったのですが、それはまた改めて。

 イタリアワインの新たな可能性、一度体感してみては?
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-02-11 19:30 | Comments(0)
 
 リスポッロに引き続き、E社さんのワインを。
d0212522_9214841.jpg


ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2005 (イル・ポッジョーネ)
 この造り手を、代表である佐々木さんは振り返ります(記事は2000年10月のもの)。
 『思い出せば、フィレンツェの エノテカ・ピンキオリ でタレンティのブルネッロ’82を飲み、次の日に電話をかけてみたら「すぐに来てみたら」ということで車を飛ばしたのが出会いであった。イル・ポッジョーネを率いていた タレンティ が昨年の9月に他界してから ビンドッチ にワイン醸造の責任がすっかり移った。・・・』

 イル・ポッジョーネとE社とのつながりは永く 深い。
 ワインを単なる商品として扱うインポーターとは、一線を画します。

 このワインのラベルには 「CHI VUOL ESSER LIETRO SIA DI DOMANI NON V E' CERTEZZA」 と小さく見える。「幸せでありたいと願うならば、明日に保証はない」 つまり 「今日のこの日を大切にしよう」 ということ。
 良い一日であるよう 努めましょうね!










 って
 ワインの説明忘れてましたね!
 「クラシカルなブルネッロの代表格」 というと、2005年は若すぎるのでは? と思われがちですが、飲み手を拒むような硬さはなく、むしろ包容力のある、そしてブルネッロの風格がはっきりと感じられます。
 メーカーの出荷価格、為替、インポーターの努力、この3つの要素により、前のヴィンテージよりも手が出しやすい価格になっていますので、個人的に、今までのヴィンテージで一番売れるのでは、と感じています。

 ブルネッロのコンソルツィオはヴィンテージごとに星を付けます。最高は5つ星。その評価をパネルにして、庁舎の壁に飾られます。2005年は? 4つ星です。主観で付ける星だから甘いんじゃない?と思われるかもしれませんが、1992年ヴィンテージから始まったこの評価、2007年までで5つ星は 5つ、と意外と厳しいことが伺えます。信頼度大 なヴィンテージチャート、ってことですね。
d0212522_9173072.jpg

ご参考まで。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-02-07 09:31 | Comments(2)
 あのすンげー美味しかった ラ・スピネッタのヴェルメンティーノ、次回の入荷は5月(遅!)、とお知らせしたのですが、M社の正戸さんから先日、6月(遅!!)になると連絡がありました!

d0212522_18391252.jpg


ん~現時点では、

どっちゃでもエエわ!
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-02-01 18:42 | Comments(0)
 40社近いインポーターさんとお取引させて頂くと、各社・各担当さんごとに色んなポリシーやスタイルが感じられ面白いです。ワインリスト更新時期には各担当の方と話すことが多いので、最近は特にそう感じます。

d0212522_936274.jpg

リスポッロ 2009 (タレンティ)
 新しいヴィンテージがようやく入荷しました。
 これを輸入するE社の加藤さんから入荷の案内を頂いた際、「じゃ、とりあえず1ケース」 とオーダーすると、「前のヴィンテージからスタイルが変わったので、1本サンプル送るから それ飲んでから決めて」 とオーダーを断られてしまいました!ガビーン(古!!)。「そんなインポーターいませんで!」 と僕たちは笑い合いましたが、酒販店としてすすめる側の立場、そしてそれをお客様にすすめる側の立場を考えての言動に 「感謝」 です。

 彼が 「スタイルが変わった」 と言った一番の理由は樽のニュアンスで、前までのものは果実味をしっかりと感じ、かつ 樽熟成による影響が強かったのに対し、このヴィンテージは果実味はよりふくよかに、しかし樽のニュアンスは弱く あるいは優しく感じ、フレッシュさが増しました。あるソムリエの方からは、「飲んだときのストレスがなく優しいワイン」 と高い評価を頂き、飲んで頂いた方からは概ねポジティヴなご意見を聞くことができました。

 このことをレポートして納得頂けたのか、ようやく出荷して頂けました(笑)。
 新しいワインリストにはもちろん掲載されていますので、是非お試し下さい。
 ちなみにこのワインの造り手は モンタルチーノを代表するタレンティですが、ブドウはモンタルチーノの南にある 「モンテクッコ地区」 のカベルネ・ソーヴィニョンとメルロが使われています。まとまりの良さはタレンティの真骨頂ですね。

 一緒に写っているのはタレンティの隣のワイナリー、イル・ポッジョーネのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2005。このワインに関しては次にレポートしますね。美味しいですよ~。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-01-31 09:30 | Comments(2)
 エノテカビアンキのワインリストは、3ヶ月に1回 更新されます。次の更新月は2月。今 新しいワインリストに掲載するワインを検討中です。たくさんのワインをテイスティングしますが、きっかけは ①インポーターの方からの紹介、②個人的に興味のあるワインをインポーターに依頼、③お客様からのご紹介、など様々です。

d0212522_7542511.jpg


バローロ 2006 (フラテッリ・レヴェッロ)

 このワインはインポーターの方から紹介されたもので、価格を聞いて試すかどうか、若干の抵抗がありましたが、今では「出合えて良かった!」と感じているワインです。H社の西さん、ありがとうございます。

 「価格を聞いて迷った」 のは、バローロの中では非常に安いからです。ですが、美味しいです。バローロが本来持つ 「厳しさ」 はあまり感じられず、果実味が豊かでふくよかな甘みが感じられます。「親しみやすいバローロ」 とでも言いましょうか。
 場所は ラ・モッラ の 「アンヌンツィアータ」。 そうです。パオロ・スカヴィーノ や レナート・ラッティ などの銘醸家たちが畑を持つ、あの アンヌンツィアータ です。聞くと、エリオ・アルターレさんのお弟子さんだそうですが、これは補助的な情報ですね。
 とにかく飲んでみて下さい。価格や名前など、「あらゆる固定概念を廃し、1本のワインに挑む」 ことの重要さを、改めて実感させてくれたワインです。

d0212522_8103136.jpg

いっぱい買いました。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-01-24 08:14 | Comments(2)
 「プライベート用に」 とイタリア以外のワインを買うことはよくあります。主にブルゴーニュですが。貧乏性なのか、低価格のものはすぐに開けて飲むのですが、高額のものとなると何故か開けるのをビビッてしまいます。こないだウチのエラいさんから 「美味しいピノが飲みたい」 とお達しがありましたので、「正月やし、開けましょか!」と、昔買ったワインを飲みました。

d0212522_1345343.jpg


シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 2000(ドメーヌ・ピエール・ダモワ)

「カベルネが知能に訴えるワインを造るとしたら、ピノの魅力は明らかに官能的」
と表現したのは、マスター・オブ・ワインのジャンシス・ロビンソンさん。
素人の僕も、その意見には「賛成!」です。

やー、美味しかった!!
そのスケールの大きかったこと!揺るぎない造り手の自信が溢れています。ピノノワールなのにこんなに濃くて、しかもエレガントなワイン、今まで飲んだことあるやろか!? と、びっくりマーク満載の正月ワインでございました。


あ、ちなみに 「エラいさん」 はウチの嫁さんです。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-01-08 14:19 | Comments(2)
 仕事柄(?)、得意先のレストランへ食事に行ったりすると、ブラインドでワインが出てくることがしばしばあります。あまりそういった経験はしたくても出来ないものなので、「望むところだ!」とつい真剣になってしまいます。って、当たることなどほとんどありませんけどね。
 先日出てきたのは白ワイン。このワインに関しては、産地、葡萄品種が香りの時点ですぐ頭に浮かびました。口に含んでそれが正しいかを確認して答えると、当たっちゃいました。造り手は間違ってしまいましたが、産地はフリウリのコッリオ。葡萄はフリウラーノでした。

 醸造技術が進んだことや 人の過剰な介入によって、品種が持つ個性が失われることが多い中、この個性は造り手の努力の賜物だと、間違った僕が力説しています!その造り手は「マリオ・スキオペット」。イェルマンやラディコンなど、現在では銘醸家とされている多くの生産者が、この人の元で学びました。
 果実が本来持つ甘味と酸味を的確に表現し、土地からくるミネラルを強く感じます。濃いワインであるのに、また飲みたいと思わせるスキオペットのワイン。ウチのリストに載っていないアイテムも、改めて飲んでみなければ!

d0212522_19122910.jpg

コッリオ・フリウラーノ 2008(マリオ・スキオペット)

しかも現在キャンペーン中でーす!
お問い合わせお待ちしておりまーす!
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-01-07 19:16 | Comments(0)
新しいワインをテイスティングして商品開発をするのは大事なことですが、それと同じくらい大事なのが、現在扱っているワインの定期的なテイスティングです。とはいえ、それを同時に行うことなど不可能なので、アトランダムに家に持って帰ってテイスティングすることはよくあります。飲みたいが為の言い訳ではありません(汗)
d0212522_12151575.jpg


シャルドネ2009(アロイス・ラゲーデル)
「私のワインは、ブラインドで一位に選ばれる威厳に満ちた、そして爆発力に満ちたものである必要はありません。他のワインの中からすぐにそれと判別できる個性を身にまとい、深い部分で人の心に触れ、次の一口を誘うワインでありたい」
こう語るのはアロイス・ラゲーデルその人です。
実際、このワインには強い個性は感じられなかったものの、シャルドネらしいちょっとしたナッツの香り、やや甘味を感じながらも適度な酸味が印象的でした。また何よりもこのワインはバランスが良い。何か一つが突出することなく、口の中に安定感が広がります。
改めてこのワイナリーの凄さを感じました。
[PR]
# by enotecabianchi | 2010-12-30 12:36 | Comments(0)
年末は何かと慌しいですね。
バタバタしている時に便利なのが「宅配」です。
久々にピッツァ・アメリカーナをオーダーしました。
これに合う飲み物はやっぱり「コカ・コーラ」?ってうちには無かったのでコレ!
d0212522_11465881.jpg

ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ“スカリエッティ・ボトル”NV(ドネッリ)

なんでも、このボトルのデザインは、フェッラーリの車体デザイナー セルジオ・スカリエッティ氏が手掛けたそうです!!!
「ふ~ん、、、ほいで?」なんて言ってはいけません!こういうのはワインにとって、とりわけスパークリングワインにとって大事ですし、実際、価格のことを考えても美味しかったですよ。是非お試しあれ。
それでは、記念撮影!

d0212522_11555991.jpg

[PR]
# by enotecabianchi | 2010-12-30 11:59 | Comments(0)