ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

 ワインリスト更新のためのアイテム選考はたいへんな作業ですが、どうやら周りからは楽しそうに見えるようですね。実際楽しいんだけどね!
 美味しいワインに出合いました。

d0212522_19424196.jpg


ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・サッセッラ 2008(マメーテ・プレヴォスティーニ)

バローロ“ロッケ・ディ・カステッレット”2007(カッシーナ・キッコ)

 どっちも長い名前やな・・・。
 勝手にネッビオーロ対決~!なんてやってみました。取り寄せたサンプルをテイスティングする際は、なるべく共通点のあるもの(それが価格であったりヴィンテージやブドウだったりします)を比較するようにしています。
 
 前者は言わずと知れたロンバルディア州のネッビオーロですが、この人は 現在のコンソルツィオのトップだそうです。なのでこのワインは、「その土地を知り尽くした人がそこでワインを造ったらこうなります」というお手本のようです。ピノノワールのような官能的で華やか、そして「涼しさ」 さえ感じる魅力的な香り。ピエモンテのネッビオーロとは明らかに違い、舌を柔らかく包み込むような、滑らかな口当たりとスムースな喉越し。特筆すべきは、(味わいに「クール」という表現が正しいか分かりませんが)、スタイリッシュともいえる「クール」で落ち着き払った存在感。これは アルバのネッビオーロにはない個性と言えるでしょう。所変われば解釈も違うんですね。素晴らしい完成度に脱帽。


 そして今回のバローロはこれがファースト・ヴィンテージ。ロエーロの造り手として知られる 「カッシーナ・キッコ」 が、念願のバローロ地区に畑を購入して造られたもの。
「ネッビオーロを造る者として誰もが挑戦してみたいワイン、それがバローロ。」 昨年来日した同社のオーナーでエノロゴの エンリコ・ファッチェンダ氏は嬉しそうに語っていました。そう言う彼に、「ロエーロとバローロ、醸造面で最も大きな違いは?」と聞いてみると、すかさず、「マセレーションの長さと熟成手段」 と返ってきました。ちなみに、ロエーロはマセレーション15~18日、バリック(新樽45%)で18ヶ月の熟成。バローロは、マセレーション40~42日、600L~2000Lの樽で36ヶ月の熟成、です。味わいの参考になるか分かりませんが書いてみました。

 バローロらしい色よりも少し紫がかっている。インクのような強いアルコール香に加え、熟れた桃のような甘い香り。強いタンニンとしっかりしたグリップ。分かりやすい味わいながら長い余韻が楽しめます。そしてこのネッビオーロは、どのバローロの造り手のものよりも、ロエーロのネッビオーロに似ているように思います。これは、「ロエーロの造り手から見たバローロの理想」 という彼らの解釈だと思いますが、このことが年を重ねるごとに良い方向に向かってくれることを願います。
 もうひとつ、このワインの大きな魅力は、価格が非常にイイ!ということです。エンリコさん、元々男前だけど、それ以上にオトコマエに感じてしまいます。

価格はここでは表示できませんので、新しいワインリストを見てチョ!(古)。表紙に載ってるよ!
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-08-04 20:31 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
 8月、エノテカビアンキのワインリスト更新月です。嬉しいことに 各インポーターさん、そのことを憶えていらっしゃっていて、この時期になると色んなワインを勧めて下さいます。
 基本的に、担当の方たちが勧めるものは全てテイスティングすることにしています(もちろん購入して、ですよ!)。何故なら、その人たちはちゃんと理由があって勧めているからで、それを こちらの興味がないから、と断ってしまっては失礼というもの。 こうして、この時期の試飲サンプルは増える一方になっていくのでした(笑&涙)。

d0212522_2038183.jpg


レ・ディ・フィオーリ 2009(セッラ・デイ・フィオーリ by ブライダ&フラテッリ・ジャコーザ)

 FL社の夏井さん、ウチのワインリストを熟読して頂き、リースリングが載っていないことからこのワインを勧めて下さいましたね。さすが!でございます。

 輝くような麦わら色。リースリングらしい オイリーな香りとハチミツを想わせる味わい。
 時として喉の通りがよろしくないイタリアのリースリングとは対照的なほどに、スムースな喉ごし。ハチミツを想わせるのにドライな味わい。これこそがブライダの個性、あるいはフラテッリ・ジャコーザの個性といったところでしょうか。美味しいです。

 一般的にこのワインは、ブライダが造って販売しているように見られていますが、実は ブライダとフラテッリ・ジャコーザの共同経営で、「セッラ・デイ・フィオーリ」 というカンティーナからリリースされているものです。
 なんでも、この畑が売りに出た際、この二つのカンティーナが同時に手を上げ、普通なら殴り合いのケンカでもして購入権を勝ち取る(?)ところを、偶然にもオーナー二人の子供が同級生で仲も良かったことから、共同経営という形になったようです。殴り合い、しなくて良かったね(笑)。

 カンティーナの名前もさることながら、花をモチーフにしたラベルが印象的ですね。またこのラベルには、ブライダとフラテッリ・ジャコーザの 「ふたつの目」 という意味も込められてます。これからも、この二つの温かい目で、畑を、そして子供達を、見続けていくんですね。



 
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-07-11 21:04 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
 常時600アイテムのワインを扱っていると、ヴィンテージや価格変更はもちろん、ラベルやボトルのイメチェンも日常茶飯事。そのあたりはいかにもイタリア的なので、戸惑いよりも変化を楽しんでいます。
 最新のイメチェンはプロセッコでした。

d0212522_18573762.jpg

プロセッコ・ブリュット NV(ソレッレ・ブロンカ)

 透明に近いストローイエローと弾けるような元気な泡。爽やかですね。甘味も酸味もフレッシュになり、全体的に果実感が増しました。味わいもリニューアル、といったところでしょうか。
 これを輸入するWW社の担当、西川さんのコメントをご紹介します。

 「前のラベルを例えるなら、美しいけれど少し田舎っぽい女の子。
 そして今回のラベルは、洗練された都会の女性、滝川クリステルみたいな、ね」


 個人的には、ワインを女性に例えるのは好きですが、








 言い過ぎやろ!!
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-06-24 19:01 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
 イタリアワインの普及を目的とする団体があるのをご存知ですか?
 その名も「Amici Vini Italiani」。略してAVI(アヴィ)。
 ホームページは → こちら 
 このアヴィの運営者が週替わりでブログを書いておりまして、実は僕もその運営者でして、そんでもって今週は、この僕が担当でございます。

 そちらも是非見てね!右側にリンク貼ってます。

 念のため、アヴィ・ブログは → こちら
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-06-22 18:23 | Comments(0)
「E社さんのワイン会を終日お手伝いしました」 の巻

 この会社のワイン会だけは、スタッフとしての参加が常で、僕も楽しみながらやっているだけに、これからも変わらないでしょう。
 今回は、シチリアの タスカ・ダルメリータの全ラインナップをはじめ、ヴェルナッチャの造り手 パニッツィの白4種の比較テイスティング、そして様々な造り手のロッソ・ディ・モンタルチーノ比較など、盛り沢山のワイン会となりました。
 そして恒例の!「佐々木ブース」は今回も登場しました。そこでは、代表である佐々木さん秘蔵のワイン達が素晴らしい存在感を放っていて、これを楽しみに来られている方も多くいらっしゃいました。ロッソ・デル・コンテ1988、カサノヴァ・ディ・ネーリのブルネッロ・リゼルヴァ1986など、今では絶対に味わえないワインを堪能しました。中でもこのふたつの白ワインには驚かされました。

d0212522_19281811.jpg


ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ2006(パニッツィ)と
ソーヴィニョン“ヴィエリス”1995(ヴィエ・ディ・ロマンス)

 高額白ワインならともかく、普通ならば5年前のヴェルナッチャなど飲むことはありませんね。そんなヴェルナッチャが 上質の赤ワインと同じように、年を重ねるにつれ品質が向上しているのには驚かされましたし、この経験は僕にとって大きな収穫になりました。

 そしてヴィエリス’95!今から15年以上前の白、ってことになり、普通に想像すれば、「美味しかった」 よりも 「辛うじて飲めた」 くらいかな、と思いきや!なんのなんの。まだ伸びるんちゃう?と思わせるほど若々しくて、それでいてびっくりするくらい滑らかな舌触り。消えることのないアフターテイストに、試飲どころではなくなってしまい、ニコニコしていたと思います(ちとキモいね)。

 僕がE社さんの試飲会を必ず 「ワイン会」 とするのは理由があって、それはそこがワインの試飲商談会ではなく、ワインを 「飲んで、知って、楽しむ」 ことが目的であるような感じがするからです(直接に聞いたわけではなく、あくまで僕の推測ですが)。
 プロならば、難しい顔でテイスティングしてそのワインを分析することは大切なことですが、イタリアに精通する人(しかもこの業界の重鎮)が話すエピソードを交えてそのワインと接すれば、頭で考える以上にそのワインとの距離が縮まるのではないか、そう感じさせる数少ないインポーターであり、ワイン会であると思います。



 「5月のイベントその弐」は、「米子と境港に行ってきました」 の巻 です。

 境港は妖怪がたくさん!でした。

d0212522_20143870.jpg


 次回の更新をお楽しみに!
 奇怪かいかい妖怪だらけ~♪ (あ、これドロロンえん魔くんや)
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-06-17 20:19 | Comments(2)

5月はいろんなことがありました。
E社さんワイン会の終日お手伝い、それに伴う弊社担当の加藤さんとの同行営業(もちろんその後はバカ騒ぎ)。
地域別ワインセミナーと試飲会(この後ももちろんバカ騒ぎ!)。
最終日曜日には、チャリティワイン会のスタッフとして参加し、生まれて初めてサーヴィスマンを経験しました(この時はバカ騒ぎし過ぎて壊れてたみたいです)。
お休みを頂いて、鳥取の「ラ・リーベラ」さんへ食事へ行きましたし、その他プライベートでも3つほど行事が重なってしまいました(ブログを書けなかった言い訳です)。

一度に書ききれないので、ひとつずつにスポットを当てて、これから報告しますね。
ネタ満載です。

毎月末にお送りしている新着案内は、この「超」が付く多忙の為(言い訳その2)、発行が遅れてしまいましたが、ようやく出来上がりました!その中には これから来る季節に欠かせないアイテムも入ってます。今年も作りましたよ~ッ!!

d0212522_20402036.jpg


実はコレが出来上がるのを待っていた事もあり、発行が遅れました(言い訳その3)。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-06-06 20:42 | Comments(2)
d0212522_19525581.jpg

ガチャピン!

と、

d0212522_19541132.jpg

ムック!

が、

d0212522_19544283.jpg

まぜ~る!!(なにを?)

そしてそして!

d0212522_19552288.jpg

たべ~る!!!(なにを??)
(あ、これ現在欠品中!)


・・・・・。

どれも美味しいよ!


・・・・・。

こんなことばっかり考えてますねん。


<ブログ見てくれてありがとうキャンペーン!その壱>
このダジャレワインたちをご注文頂いた方にはもれなく!
ムックとガチャピン グッズをプレゼント!!
恥ずかしいと思いますが、ご注文時に ダジャレを言ってね!(あるいは書いてね!)
お一人様2回までとさせて頂きます!(5月末まで。ご好評なら延長するかも・・・)
数に限りがありますので、終了しても怒んないでね!





d0212522_19525581.jpg

ガチャピン!!
武田さん すんません。パクりました。。。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-05-09 20:01 | Comments(4)
 既にご案内が届いている方もいらっしゃると思います。この度新たに、「地域別ワイン会」を開催させて頂くことになりました。これは、<テイスティング能力の向上>、<地域ワインへの深い理解> この二点を目的としたワイン会です。その為、通常の試飲会ではなかなか体験できない、同地域・同銘柄での比較テイスティングが可能となります。

記念すべき第一回は、

「カンパーニア州」

です!

 また、同じコンセプトで、カンパーニア州にスポットを当てたセミナーも開催致します。セミナーでは、現在大阪市内のレストランで活躍中のソムリエの方を講師としてお招きし、カンパーニア州のワイン事情やお料理との相性、更にはレストランでのサーヴィスについてもお話し頂く予定です。先着20名様限定ですが、案内状を発送してから3日ほどで、席の半分が埋まりました。皆様の関心の高さが伺えます。
 残りあと僅か!カンパーニア州に興味を持ち始めた方、日頃サーヴィスについて疑問に思っている方など、是非一度お問い合わせ下さい。

※ レストラン関係者のみの会となりますので、一般の方はご入場できません。予めご了承下さい。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-05-08 12:14 | Comments(0)

 自宅の近所なので、ユニバーサル・スタジオにはよく行きます。先日の休みに行った際、イタリアレストランができていたので、そこでお昼をとりました。あまり期待していなかっただけに、なかなか美味しいお料理を出していたのは嬉しい驚きでした。そして、その時飲んだワインにも 嬉しい驚きがありました。

d0212522_7555049.jpg

ソアヴェ・クラッシコ 2009(ボッラ)

 ボッラといえば ロベルト・アンセルミの言葉を出すまでもなく、「量産型ソアベ」 の代名詞。とはいえ、ラベルデザインが変わり、ボトルデザインは ピエロパンを意識したようなスタイルに進化していました。くしくも先日、このブログにも関連することを書いただけに、

「見せてもらおうか。新しくなった ボッラ・ソアベの、性能とやらを!」

 と 赤い彗星的意気込みでテイスティングに挑みました。

 「お、意外と美味しい!」 これが率直な感想。果実味も適度に感じ、よくありがちな無意味な甘さもなく、心地良い酸味は ソアヴェに求めるくらいにありました。何よりも、食事を楽しむワインとしての役目を充分に果たしていました。

 こういう状況でないと飲まないワインってありますよね。ウチのワインリストには載っていませんし、載ることもありませんが、がっかりすることの多い このテ のワインの中で、

「量産型よ、腕を上げたな!」

 と、ガンダム世代からエールを贈ります。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-05-02 09:08 | Comments(2)
 
 しばらくサボってしもた! このところ、会計士さんに渡す資料の作成やワインリスト更新や なんやかんやで忙しくて。 って、読んで頂いている方には、「そんなのカンケーねぇ!」 ですよね。 オッパッピー♪

d0212522_1802691.jpg

バルベラ・ダルバ 2008 (ピオ・チェーザレ)

 よくレストランの方やインポーターの方から、「一番好きなワインは何ですか?」 と聞かれます。僕はその都度素直に応えていますが、ご質問頂いた方々すみません。毎回答えが違います。でも共通しているのは、希少価値の高いものやバカ高いものではなく、食事に良く合い 日常的に飲まれるべきワインを選んでいると思います。このワインも、その答えにエントリーしたことがあります。

 バルベラの中では少し淡い色合い。華やかだが黒っぽい花の香り。キリッとした酸とドライな果実感。そして均整のとれた味わい。

 ピオ・チェーザレは誰もが知っている有名な造り手です。こういったワイナリーを時に、「ありきたり」 とか 「ベタ」 などと言われたりしますが、そうではありません。「スタンダード」 なんです。このワインを飲んだ時、改めてそう感じました。ピエロパンも ウマニ・ロンキも タスカ・ダルメリータも、永く愛されているのにはちゃんと理由があるんです。
 しかしながら、昔 名を馳せたワインを改めて飲んでみると、「アレ?こんなワインだったっけ?」と落胆することがしばしばあることも事実です。それは、ワインそのものの味わいやスタイルが変化したのか、あるいは同じカテゴリーのワインのレベルが上がったのか、はたまたその両方か、などと考えてしまうのは、職業柄でしょうか?

 このワイナリーとは違いますが、同じピエモンテの造り手の方とお話しした際、一般の方から 「あなたは何故 熟成にバリックを使うのですか?」 と少々意地悪な質問が飛びました。その質問を受けた彼は、「君は出された肉料理を前に 『これはガスで焼いたの?それとも炭火?』 なんて聞くかい?」 と ピシャリ。「テクニカルなことは造り手に任せて、素直にワインを楽しめばいいんじゃない?」 という訴えは、何だか自分に言われたような感じがして、気持ちが改まりました。

 今回のワインが昔と比べて造り方が変わったのか、それは知りません。でも昔飲んだ時と同じに、美味しかった。その喜びに変わりはありませんでした。

 難しいこと考えんと、美味しいと喜べば、「それでええねん。」 時々そう思います。
[PR]
# by enotecabianchi | 2011-04-18 18:09 | Comments(0)