ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

d0212522_19065246.jpg
 カミングアウトするけれども (またかッ!)、

「南の白も、好きだ~~ッ!」

 左から、
エトナ・ビアンコ “サリズィーレ” 2011 (ヴィヴェラ)
フィアノ・ディ・アヴェッリーノ 2013 (フィラドーロ)
ディディメ 2014 (テヌータ・カポファーロ / タスカ)

 ここでもまた、共通するのは、「ミネラル」。

 フィラドーロ のある 「ラピオ」 という村は、フィアノのルーツとされている場所。
 500メートルという標高と 石灰と粘土を多く含んだ テロワールが、独特のミネラルを形成する。

 それに対して、ディディメ の マルヴァジア は、海抜0メートル。 そう。 海に面している。
 海からの塩味。 そして土壌は、火山性。
 オンリーワンのミネラルを持つ マルヴァジア。
 「ディディメ」 とは、サリーナ島の昔の呼び名。
 「マルヴァジア・リゾート」 と呼ぶに相応しい。

 エトナ はもう、説明の必要もない。
 そして ヴィヴェラ は、ボトルエイジングを意図的に長くすることで、強烈なミネラルを和らげ、温かみのある エトナ へと変貌を遂げる。

 一言に 「ミネラル」 といっても、生まれによって性格がまるで違う。

 難しい?
 いやいや。 知っていれば、合うであろうお料理もシチュエーションも、想像できる。
 むしろ 知らない方が、難しいと思う。
 暗闇の中を手探りするようなものやからね。
 「知識」 という 灯を燈せば、周りも見えるし 向かうべき方向も、見えるはずだ。
 灯は、多ければ多いほど、周りを明るく照らす。

 そして その 「灯」 はやがて 「自信」 へと繋がり、「質の高いサーヴィス」 へ導く。

 そこで! はい結論。
 造り手の声に、耳を傾けよう。
 2月は造り手がたくさん来日する。
 彼らの生の声を、聞きに行こう。

 そんなお話で、ございました~。
 案内書は、今月のDMを、チェケラッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 中部の白も! あ、もうよろしいかw ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-02-06 20:00 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_19495162.jpg
 今日のテイスティング風景 & 採用となったワインたち。
 カミングアウトするけれども、

「北の白ワインが好きだ!」

 あ、知ってはりましたかw
 左から、
クルテフランカ・ビアンコ 2015 (カ・デル・ボスコ)
グリューナー・フェルトリーナー 2015 (ストラッセルホフ)
ヴァイスブルグンダー・バーテナウ・ヴィーニャ・サンミケーレ 2013 (ホフスタッター)

 ぬぅ。 イタリアらしからぬヤツらめ。

「良い白ワインに ミネラルは不可欠。」

 世界的に知られる造り手は、口を揃えてそう言う。
 実際、そうだと思う。
 そして これらのワインに共通しているのも、「ミネラル」 の存在だ。
 ただ、ミネラルの種類となると、それぞれ異なる。
 ミネラルは、冷え過ぎると味わいが単調になり、かたちを捉えるのが難しくなる。
 だ・か・ら、冷たくなり過ぎないように、かつそのワインに最適な 冷たさを、探し当てよう ♬
 グラスも大事やね。
 それぞれが持つ個性を最大限に発揮すべく、その味わいに最適なグラスを、じっくり選んでね ♬
 
 それをみつけた暁には、お客さんの喜ぶ顔がホレ、目に浮かぶやろぉ?


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! よっしゃぁ~~~ッ!(?) ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-02-04 20:26 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_17255752.jpg
アガミウム 2010 (カンタルーポ)

 唄ってるね~ 狼さん ♬
 ご存知、ゲンメ の造り手、カンタルーポ の コッリーネ・ノヴァレージ DOC。
 バローロ でいうところの、ランゲ・ネッビオーロ の位置付けね。

 ゲンメ もそうだが、カンタルーポ が造るワインは おしなべて、カタい。
 厳しいと言い換えても良いくらい。
 クリュ・ゲンメ に至っては、飲み頃を迎えるまでに相当な忍耐を要する。
 しかし 言い方を変えれば、
 「飲み頃期間が長い」
 っちゅうことやね。

 ゆっくりと進む熟成スピードは、この アガミウム にも備わっている。
 氷堆石土壌、通称 「モレーン」 のネッビオーロが、時の魔法で やらかくなると、こんなんになるねんで。
 ゲンメと比べると、価格もまた、厳しくない。
 それもまた、ええねんで。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! そやねんで。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-02-03 18:01 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_20182092.jpg
 昨日の クラッティーニさんは、ブルネッロ・ナイト。
 これらが全て、グラスで飲めてしまう。
 すごすぎへん?
 あなたなら、何を選ぶか?

 悩んだ末にオレは、両端のふたつ。
 「アルジャーノ」 比較ってやつをやってみた。
 お隣同士のふたつのカンティーナ。 大阪の北新地で、まさかの再会やね。
 右の 「テヌータ・ディ・アルジャーノ」 の方が一般的によく知られているね。 だが、左の 通称 「セスティ」 と呼ばれる カステッロ・ディ・アルジャーノ は、世界のブルネッロ・ファンの中で 取り合いの様相を呈している リゼルヴァ “フェノメナ”。
 覚えといて、損はせぇへんで。
 あ、ラベル覚えたら、アカンでぇ。 良年しか造らへん上に、毎回ラベルが変わるさかいにね~。

 なにかに特化したお店の マニアックなイベントは、銘酒との出合いが待っている。
 最高のワインを、最高の状態で楽しませてくれる。
 なんたる贅沢であろうか。

 今回このイベントを逃したひと。
 次は、何が何でも、
 行くべし! 行くべしッ!!

 あれ?
 今日は何の話?
 ブルネッロ は美味しいよ ♡ ってことを、言いたかったわけやね ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 良酒飲んで、語らおう ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-02-02 20:40 | 楽しいイベント。 | Comments(0)
d0212522_20260971.jpg
ピノノワール・ヴィニフィカート・イン・ビアンコ 2015 (ラ・クロッタ・ディ・ヴェニェロン)

 これもまた、例の 「品種別試飲会」 で 採用を決めたワイン。
 個人的見解として 2015年は、果実味が前面に表れている。
 ただ、アオスタはやっぱり寒冷地。 甘くなりすぎないところが、
 ええやん。

 そんなわけで、新しいリストにも掲載されてるさかいに、
 試してみておくれやすぅ ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええやん。~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-02-01 20:31 | 再入荷! | Comments(0)
d0212522_19443813.jpg
サン・ヴィンチェンツォ 2015 (アンセルミ)

 2月は、アンセルミ 強化月間 ♬

 なんでかて?

 美味しいからやん。

 案内書は、近々届く DM に同封してるさかいに、みてみてや。

 ところで アンセルミ のこのラベル、他のワインも全て同じデザインだが、
 毎年買っていると、ちょいちょい マイナーチェンジしているのに気付いたりして、ちょっと面白い。

 最近の大きな変化といえば、左上に 「ESTATE BOTTLED」 という文字が入ったこと。
 アメリカの市場では この文字がことのほか重要で、コレがあるのとないのとでは、売れ行きに大きな差が出るのだそうだ。
 へぇ。

 文字の色は、カンティーナの壁と同じ色。
 ファンキーやな。

 ホームページ、オサレやで。しばし、ヴェローナに旅してみては? → コチラ

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ええワイン、充実ッ! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-31 19:57 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_20331253.jpg
 こんどの帯は、深い緑。
 伝統的な日本の呼び名では、「織部(おりべ)」 という。
 粋やね。
 焼き物の 「織部焼」 のような色を指す。
 武将であり茶人でもある 古田織部。 桃山時代随一の文化人としてその名が知られる。
 彼の故郷である美濃国 (現在の岐阜県土岐市) の窯元で造らせたのが、織部焼だ。
 ってまるで昔から知っていたかのような、パソコンで調べた話やでぇw。

 ワインリスト 2月号、できましてん ♬
 予定より、4時間遅れ。
 そやから、4時間多めに、働きますねん。

 各インポーターからは怒涛の如く、案内書同封の依頼が!
 その数、15通(!)
 2月はイベント盛りだくさん。
 全部参加して、皆勤賞を狙おう!(ないけど)

 お得情報も、盛りだくさん!
 到着を、お楽しみにッ!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! イイねッ ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-30 21:07 | 業務連絡~。 | Comments(0)

 同じワインか? と思うほど イメチェンするワインが、イタリアには時々ある。
d0212522_19475957.jpg
ドゥエ・キッキ 2015 (ベニート・フェッラーラ)

 ね?
 左が新しい方。
 実は ボトル形状も変わっている。
 個人的には、前の方が好みやったね。 「洗練されてない感」 がね。
 肥後橋の女子 曰く、
「良い悪い別にして、中身も変わったよ。」
 とのこと。

 まだ飲んでへんけど 近々、違いを楽しんでみようじゃないか!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 前触れなく変更するのん、イタリア的で けっこう好きかもw ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-28 19:53 | なんてことはないが面白い話。 | Comments(0)
d0212522_20022300.jpg
ピノネロ (カステルフェデル)
グレナー 2015 と リゼルヴァ “ブルグム・ノヴム” 2013

 先日の 品種別試飲会では、発見がたくさんあった。
 とりわけ、ピノネロ にね。

 そんなわけで、
 めっちゃ、
 ピノネロ、
 増えましてん ♡

 新しいワインリストは、間もなくお手元にッ!
 今大急ぎで、作成中!
 週明けに、発送するよ~ッ!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ← 登録まだの方は!是非ッ! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-27 20:09 | 新着! | Comments(0)

 今日はお昼から出掛けるさかいに、早めのアップ~。

d0212522_09352335.jpg
アマラ

 ありそ でなかった、ブラッドオレンジのリキュールッ!
 甘くて深い、魅惑的な香り。
 もうそれだけで 酔えるね。
 ブラッドオレンジ好き、そして アマーロ好きにはたまらない、オトナの飲みもの。
 カクテルにも使えるが 個人的には、ストレートをおすすめする。

 これもまた、持って帰ったら 「アル中 寸前」 になる危険なヤツ。


d0212522_09380093.jpg
 氷点下を記録した今朝の、通勤途中の一枚。
 季節は、移ろっているのですね。

 アマラ 飲んで、体感温度2度ほど上げましょ ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! シチリアーノ は是非是非~ッ ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-26 09:45 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)