ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


d0212522_20315673.jpg
 焼売です。
 念願叶って、肥後橋の 「中国菜 shinpei」 さん。
 行ってきましてん ♬

 めちゃめちゃ 美味しい。

 例によって イタリアのワインと料理しか覚えられへんオレは、
 「焼売」 としか紹介でけへんけれども、
 お野菜とか魚介がいっぱい入った、
 ゴリゴリ とか、
 シャクシャク とか、
 いろんな食感が楽しめる焼売やねん。
 ホクホクなのは、写真見たら解るね。
 こんな美味しい焼売、初めてやわ ♬

 シェフおすすめの日本ワインと、よぉ合いましてん。
 ところで、ウチにあるワインやったら、何がエエやろか?
(あ、コレ、昨日とおんなじ展開やな・・・ ま、いいか!)

d0212522_20311309.jpg
フリウラーノ 2015 (レヌッツァ)

 ほっこりした味わいで、じわじわと沁みこむ旨み。
 それでありながら、強すぎてはいけない。 あくまで優しく、優しく。
 ラベルにみられる 良質のオリーヴオイルのような色合いは、このワインの特徴を 如実に表現しているのだよ。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! アッビナメント、いつか必ず! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-08 20:47 | お料理とともに。 | Comments(0)

 昨日の夜は、南森町 「伊庵」 さん。

d0212522_18372773.jpg
「〆」 の一皿、
フランス産 栗とタレッジョチーズのリゾット

 秋の香りふんだんッ!
 〆 にリゾットは、エエね ♬
 このお皿には ネロダーヴォラを合わせて頂いた。 果実の甘みと よぉ合いましてん ♬

 帰る道すがら、ウチにあるのんやったら、何に合わせるやろか?
 なんて考えてたら、

d0212522_18410723.jpg
ヴァルテッリーナ・スペリオーレ “ヴィニェート・フラーチャ” 2013 (ニーノ・ネグリ)

 こんなん飲みたくなりましてん ♬
 寝かせてるヤツやけど w
 なんで寝かせてるかて?
 想い入れ強いからやねん。

d0212522_18424858.jpg
5年前の3月に訪れた “ヴィニェート・フラーチャ”。
 すンごい勾配よね?

 この畑には 「リストランテ・フラーチャ」 っていう まんまな名前のお店があってね。
 ピッツォッケリを筆頭に この土地の郷土料理を食べさせてくれるねん。

 嗚呼、イタリア行きたいなぁ・・・。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! そやねん。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-07 18:52 | お料理とともに。 | Comments(0)

 今、ピエモンテの造り手がこぞって注目している品種、「ティモラッソ」。
 なんか、すごい勢いで日本に入荷してるね。

d0212522_18445833.jpg
ロアーニャ “モンテマルツィーノ” 2014
ヴィニェーティ・マッサ “ステルピ” 2012

 幸運にも、このふたつを飲み比べることができた。
 結果?
 どちらも扱うことになった。
 レストランで飲めば 1万円を軽く超えるワインたち。
 だが、その満足度は極めて高い。

 ストライクゾーンの広さ では、マッサに軍配が上がる。
 強烈なミネラルを持つティモラッソの個性を、果実味が優しく包む。
 誰が飲んでも 「上質!」 と感じる味わい。

 ロアーニャは、熟成度合やシチュエーション、グラスや温度など、注文の多いワインだが、
 ひとたびそれが合致すると、ブルゴーニュのグランクリュをも凌駕するポテンシャルを有する。
 世界のグランヴァンを飲んでいる人にこそ、試してもらいたい。
 きっと、「この価格でいいの?」 と思うに違いない。
 そして、何故ティモラッソが注目されているのか、という理由もね。

 買って、飲んでみてね。
 テイスティングのために買うには高くつくが、
 経験値は 「はぐれメタル」 級やで ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! レベルアップが止まらない ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-06 19:11 | 注目の品種・呼称。 | Comments(0)

d0212522_20401142.jpg
イル・グエルチォ 2015 (ショーン・オキャラハン)

 9月5日。
 ご案内の通り、今日は 「イル・グエルチォ」 のリリース日。

 このワインを初めて飲んだのは 今年の春、5月のこと。
 夏を通り越して秋に入荷するワインを、その場でテイスティングして予約数量を決めるなど、今までほとんどやったことがない。
 でも飲んだ時のその驚きたるや!

 それなりの価格のワインだから、90本 予約したのには それなりの覚悟を要したが、
 それが、足りないとはね。。。

 甘くみてたぜッ! ショーンくん!

 9月DMが届いた時から問い合わせが始まり、現段階でほぼ完売。
 これから先は、数量を調整させて頂く可能性があります。
 すんません!

 お買い上げ頂いた方々。
 是非、ゆっくりお楽しみ下さいませね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 美味しいワイン いっぱい ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-05 20:56 | 少量入荷! | Comments(0)

d0212522_18260574.jpg
<レグタ> の
フリウリ・ラティサーナ・フリウラーノ 2016
と、
レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ 2016

 ヴェネツィア共和国内においては、「アンセルミ」 というのは、ポピュラーな名前なのかもね。
 この レグタ を運営する ジュセッペ と ルイジ もまた、アンセルミ というそうだ。

 シンプルなラベルだろぉ?
 味わいも、価格も、シンプルやでぇ ♬
 とはいえ、ただシンプルなだけの味わいではない。
 フリウラーノ は、果実味に加え心地良い酸味が、
 レフォスコ は、「青臭いんじゃないか?」 という不安を見事に裏切ってくれ、
 代わりに果実のみずみずしさが、
 それぞれ感じられる。
 何より、「フリウリの地酒」 の領域を出ていないのが、いい。
 なんか、シンプルに調理された アッサジーニ的な小皿料理をつまみつつ、このワイン飲んだなら、
 ん~、それだけで幸せ ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 地酒いっぱいあります ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-04 18:37 | 新着! | Comments(0)

 創立記念日のブログに たくさんのお祝いメッセージを頂きました。
 ありがとうございます。
 こころの励みにして、頑張ります。

d0212522_19232164.jpg
ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・サッセッラ 2013 (マメーテ・プレヴォスティーニ)

 夏から一気に秋になった感。
 ほんの少し前なら、うしろに写っている 「ボトネロ」 をすすめたが、
 今はこのワインが主役を張りそうね。

 アルバのネッビオーロとは明らかに異なる個性。
 ヴァルテッリーナ のそれは、「涼しさ」 とか 良い意味での 「線の細さ」 であろうか。

 日中の暖かさがまだ残るこの時期、その細い味わいがいい。
 しかしながら香りは、本格的な秋が待ち遠しくなるような妖艶さを纏う。
 
 秋のはじまりは、ヴァルテッリーナで決まりやね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 季節感 大事! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-02 19:31 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

 9月1日。
 今日は エノテカビアンキ の創立記念日だ。
 大企業さんなら お休みとなる日だったりするが、貧乏暇なし。
 休んでなどいられない。
 エノテカビアンキ は 15歳になりました。
 まだまだ駆け出しですわ。

 B’z の歌だったか、
「何もないところから たよりなく始まって・・・」
 なんて歌詞があったけれど、始めた頃は 「たよりない」 どころか 注文も何もこないもんやから、時間経つのがやたら長く感じたのを思いだす。

 15年経った今日。
 インポーターから入荷したワインで身動きがとれない状況で、ご注文頂いた商品をピッキングした。
 感謝この上ない。
 普段と違って なんだか感慨深く、しかし日頃と変わらず 仕事をした。

 「節目」 というのは、今一度 気持ちを 「シャンッ!」 とさせる効果がある。

お客さんに高い満足を与えてられているか?
インポーターさんの求める 活きのいい酒販店であり続けているか?
皆さんとの信頼関係は、良好か?

 15年というこの日を迎えられるのも、取引して頂いている レストランの方々、並びにインポーターの皆様のご協力あってのこと。
 改めてお礼申し上げます。

ありがとうございます。

「キャンバスは白いままで。」
 エノテカビアンキ という社名の由来となった このコンセプトを汚すことなく、精進する所存であります。

 よろしくお願い申し上げます。

d0212522_18464608.jpg
 画像は今朝の空です。
 秋は、すぐそこなのですね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 今度マジメに書くのは、5年後かな? ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-09-01 19:11 | つぶやき。 | Comments(0)

 北イタリアの注目すべき DOC、過去のブログには、

ルガーナ → コチラ
や、
ガヴィ → コチラ

 を書いたけれど、
 南はどうか?
 カンパーニア州においては、フィアーノ や グレコ が筆頭となるだろうが、
 今 注目すべきは、僕ならば、

d0212522_15152283.jpg
 「ファランギーナ。」 と答えたい。

ファランギーナ 2016 (トッリチーノ)

 フィアーノやグレコと比べると、個性は乏しいが そのぶん、
 ファランギーナ には、「この上ない飲み心地」 がある。
 価格もなかなかに、イイで。 ついでに ラベルも、よろしいやん ♬

 新着案内を、お楽しみにッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 秋の夜長の 「一杯目」 に、ね ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-08-31 15:22 | 新着! | Comments(0)

d0212522_18562628.jpg
イル・ロッカフィオーレ 2014

メログラーノ 2015

 人気ワインが再入荷 ♬
 ウンブリアのサンジョヴェーゼ。

 あまりにキャッチーなラベルやから、敬遠する人もいるかも。
 でも安心して下さい。
 ちゃんとしてはりますよ、中身。

 数ヶ月前、生産者が来日。 東京だけのプロモーションだったようだが、その後、瞬く間にインポーターの在庫が底をついた。
 説得力ありありの中身を 造り手が説明するんやから、
 この現象は 必然だ。

 これから先は 欠品せぇへんらしいから、
 安心して、オンリストして下さいませね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 9月新着、完成! 近々お手元に! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-08-30 19:02 | 再入荷! | Comments(0)

d0212522_21193095.jpg
鴨もも肉のラグーソースと秋トリュフのリゾット
×
ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2014 (テヌータ・ブオンテンポ)

 宗右衛門町の「紹介制」 リストランテの定例試食会。
 コースの 「〆」 を飾るリゾット。

 馬肉のローストを アマローネ に合わせた後だから、ワインは 「強さ」 よりも 「 ホッコリ感」 かなと思い、このワインを選んだんやけれども、
 想像した以上に、相性抜群だった。

 このアッビナメントを体感できる人を、羨ましく思う。
 昼間はまだ暑いけれども、料理とワインで季節を先取りしよう ♬

 ご興味ある方はこちら! → オッティモ・コーヴォ

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 味覚の秋、到来ッ ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-08-29 21:32 | お料理とともに。 | Comments(0)