「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


 ワイン会 終了したら、
 打ち上げやね!

 一杯目のビールの美味しいこと ♬
 頑張った甲斐があったと、実感する瞬間やね。

 そんな中、ちょっと風邪気味だからという理由で ひとり、「カンパリのお湯割り」 なるものを注文した ツワモノ女子がいた。
 興味あったけど ビール飲みたいし、かといって間接キッス するのもどーか と思たから (あ、風邪うつるさかいにね)、
 構わずビールを楽しんだワケ。

 何の話?


d0212522_19382297.jpg
アニス・セッコ・スペチャーレ (ヴァルネッリ)

 個人的に、リキュールをはじめとするイタリア文化の象徴ともいえる 食前・食後酒が好き ♡
 ていう話。
 改めて接写すると、なんやテキーラみたいな配色やね。

 アニスといえば社会人一年生の頃、その会社の物置がアニスの匂いで充満してたもんやから、オレは金輪際この酒は飲まないと心に決めていた。
 そやけど、ヴァルネッリのアニスを飲んだ時は、衝撃が、そう 衝撃が、走ったんや。

 コレ 絶対、家に持って帰ったらアル中になるやつやw

 あ、もひとつ個人的に、エスプレッソに コレ入れる 「カッフェ・コレット」 は、好きやでぇ ♬
 プント・エ・リーネア さんのやつは 特に、大好物 ♡

 試してみてみ。

 ナニ この意味不明な文章は?
 たまにはよろしいかw
 まだ シラフやで。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! リキュールも充実ッ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-20 20:05 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 第1回 品種別ワイン会。
「イタリアにおけるピノネロ と シャルドネ の <今>」
 にご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 主催者が楽しんでどないすんねん! て言われるかもしれへんけど、

 かなり、面白かった ♬

 80アイテムに及ぶ比較テイスティング。

 スプマンテ、18。
 白ワイン、26。 これらは全て、シャルドネ 又は ピノネロ。
 赤ワイン、29。 これらは全て、ピノネロ。

 準備しながら 1時間、テイスティングのための時間を設けたが、無論、その時間で全てをテイスティングすることなどできなかったので、あとは お客さんと一緒になっての、テイスティング~ッ ♬

d0212522_19055959.jpg
ピノネロ 2015 (コルテレンツィオ)

「コルテレンツィオ、どやった??」
 僕のこの質問に対して、スタッフ木下くんは、
「美味しいですよねぇ♬」
 はい 採用決定!

 これだけ数が多ければ、高価なものから低価格のものもある。
 「コストパフォーマンスに秀でたワイン」 は人それぞれ違うだろうが、
 これを 「イイッ!」 と思った人は、多いのではなかろうか?

 2月に更新される新しいワインリスト。
 ピノネロ率、高くなりそうやなぁ・・・。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 次回の品種別は、なにしよかなぁ(嬉) ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-19 19:17 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 いよいよ明日 ♬

「品種別ワイン会 <ピノネロとシャルドネの今>」

 昔と比べると今、どうなっているのか?
 改めて知るに、この上ない機会。
 確認しに来てね♡

 営業に回るとお客さんから、
「こんどのピノネロ会、行くね」
 という声を、心なしか今までよりも多く頂く。
 それだけ、興味を引くブドウなんやなと、会前日に考えたりしている。

 そんな中、
d0212522_20514299.jpg
 意外と 「泡比較」 なんていうのも、面白いね。
 この2つのブドウやから、泡が多くなるのは当然だが、約80アイテムのうち、泡は「18 (ビックリ!)」
 
 リスト表紙にも書いたけれども、時間的余裕のある人は、カテゴリーごと、つまり、まずスプマンテだけを巡り、次は白、そして赤だけを巡ることをお勧めする。
 そしてもうひとつ。
 会場に 「世界のピノ・ノワール」 と題したブースを用意した。
 4アイテムだけやけどね。
 いずれも、今注目され、かつ出荷量の多いものを選んでもらった。

 改めて比較して、
 「イタリアのピノネロって、すごいよね!」
 って実感してもらえますように!(祈)

 明日会場で、お会いしましょう ♬

日時:1月18日(水)14時~17時30分
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」

※ 一般の方はご来場頂けません。 予めご了承下さいませ~。
※ 当日は臨時休業を頂いております。発送および配達は行っておりませんので、こちらもご了承下さい(ブログもお休みです。)


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワイン会には「再発見」がいっぱい ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-17 21:21 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 リストランテ・ナカモト さんへ、行ってきた。
 エントランスから、いや、駅からお店までの道のりですら、気持ちが昂る心地良い距離となる。
 洗練された空間 そして、ゆっくりと流れる時間。
 最高の食材を、手間と時間をかけて 丁寧に彩られた作品の数々。
 堪能しましてん。

 お店では、手紙を2通、もらった。
d0212522_20375088.jpg
 ひとつは おしながき。
 多くを書き連ねないがためにかえって 想像力が掻き立てられる、おしながき。

 そしてもう一通は、食事の合間に頂いた。
 おしながき とは対照的に、シェフからの深いメッセージが書かれていた。
 「食」 にまつわる 「現状」 を伝え、僕たちが意識すれば改善できることを、その文章は教えてくれる。
 リストランテ という最高の食材が呈される中で、そのメッセージには重みがあり、また、リアルだった。

 サーヴィスにも、お料理にも、流れるゆったりとした時間にも驚いたが、何よりも、
 シェフのその 「こころ」 に感心した。

 大いなる収穫。

 そして駅までの道も、めっちゃ冷たい風が心地良く感じられるほど、心ほくほくで帰りましてん。

 写真、撮らせてもらったけれど、アップしないことにした。
 切り取られた画像ではなく、あの空間で、見て、体験してほしい。

 一日かけてでも行きたいお店。

 ホームページは、→ こちら



[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-16 21:15 | ワインの話じゃないけれど。 | Comments(0)

 Eテレが好きでね。
 「0655」。
 6時55分から始まる5分番組。
 そのまんまやな。
 その中にある 「今日のおはようソング」 に、「toi toi toi ! (トイ トイ トイ!)」 ていうのが、あるねん。
 ドイツに昔から伝わる 「うまくいく おまじない」。
 これ聴いたら、一日幸せになること、請け合い。
 唄ってるのは あの、デーモン閣下やでぇ。
 気になる人は → コチラ (YOUTUBE でどーぞー)

d0212522_20381482.jpg
ノイ 2011 (サン・パトリニャーノ)

 そんなことを考えてたから、今日のワインはコレ。
 サン・パトリニャーノ は、ワインの造り手、だけではない。
 酪農や乳製品、生ハムの製造、テキスタイルやプロダクトデザインまで、活動は多岐にわたる。
 そこで活躍する若者たちは昔、麻薬常用者だった人たちだ。
 そう、ここは ヨーロッパ最大の 「麻薬常用者更生施設」。
 彼らの更生プログラムのひとつに、ブドウ栽培とワイン醸造がある。
 そしてその活動をフォローするのが、かの リッカルド・コタレッラ だ。

 ノイ は、サンジョヴェーゼにカベルネ、メルロのブレンド。
 そのセパージュから想像する味わいを、このワインは裏切らない。
 つまりは、しっかりしたワイン てことね。お料理に合う程度のしっかり、ね。

 サン・パトリニャーノ のエンブレム、オシャレやろぉ?
 「この活動は、やがて大きな樹となり、人々を幸福にする。」
 そんな願いが込められた、エンブレムやねん。
 「私たち」 を意味する 「ノイ」。
 この優秀な造り手を知るに、最適なワイン、やねん。

 1月末までが、お買い得やねん!(テヘペロッ!)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! いいものいっぱい。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-14 20:58 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 「マルヴァジア」 ほどではないけれど、
 「ピノネロ」 というブドウもまた、「カメレオン」 的なキャラクターを持つ品種やね。

 リッチなタイプや 線の細いもの、なんていう 味わいの多様性だけでなく、
 見た目、つまり、赤はもちろん、白もロゼも スプマンテ も造られる。

 品種別のワイン会を催すにあたり、第一回をこのブドウにしたのは、実はこのあたりにも理由がある。

d0212522_20350028.jpg
会場でテイスティングできるワインたち。 その2。
ロンバルディア編。

 こういった比較ができるのも、この会ならでは。
 経験を深めるに、最適な空間ですぞ!
 市場の <今> を知るためにもね。
 やっぱり、飲まんと解らんのよね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 実りある試飲会、やります。~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-13 20:42 | セールスポイント。 | Comments(0)

d0212522_19110633.jpg
 毎年この時期恒例の、「地域別ワイン会」 を、今回は 「品種別」 に改め、開催しまーす ♡

 テーマは、「ピノネロ! (とシャルドネ)」

 気候的に、アルト・アディジェ が最も多いが、それだけではない。
 それが、イタリアやね ♬

 「思ってたよりずっとイイッ!」
 
 そう感じさせるワイン、いっぱい!
 みなさま是非ご参加下さいませ ♡

日時:1月18日(水)14:00~17:30
場所:大阪市中央公会堂3F 「小集会室」

※ 業務店対象の試飲会です。一般の方はご来場頂けません。ご了承下さい。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワイン会は年3回やりますねん。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-12 19:18 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 今年初の、テイスティング~ッ!

d0212522_19543485.jpg
 で、採用となったワイン。
 トスカーナのシャルドネ と キアンティ・ルフィナ (コロニョーレ)

 いずれも、2月からの新しいワインリストに掲載される。
 シャルドネ は、同価格の中部イタリアのシャルドネを押しのけてのデビューとなる。
 ただ、ルフィナ は、全く同じ価格のものを在庫しているにもかかわらず、扱うことに決めた。
 理由は、同じDOCを名乗っているのに、こんなにもスタイルが違うのかと、感心したから。
 同価格のルフィナは、「イ・ヴェローニ」 のもの。
 そう、このブログにも何度か出てきたね (そのブログは → コチラ

 イ・ヴェローニ を僕は、女性に喩えた。
 対してこの 「コロニョーレ」 は、男性だ。 しかも、硬派の、ね。

 造り手が違うということは、
 テロワールが違う。
 醸造法が違う。
 コンセプトが違う。

 何もかも、違うのだ。

 それを解ってもらうために、敢えて次のリストには、ルフィナ がふたつ、並ぶねん。
 偏ったワインリストやなぁ、って笑ってやって下さいな。
 でも、「なんでそうなのか?」って疑問も感じてやぁ♡

 あー今から、質問されるのが楽しみやわぁ ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワインリスト、作成中! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-11 20:10 | テイスティング! | Comments(0)

 商売人やさかいに、「えべっさん」 には欠かさず参る。
 大阪では 「今宮戎」 に参る人が多いやろね。
 レストラン業界の人なら、「堀川さん」 に参る人も多いかな。

 でも、ウチは毎年 「野田戎」。 宵戎に昨日、参ってきた。

d0212522_19381973.jpg
ほいで このコたちは、野田の戎の福娘。

 野田は昔から、<フジ> の名所だった場所で、日本全国に自生する 2種しかない系統のひとつが、地名から取った <ノダフジ> なのだそうだ。

 なんやすごいがな。

 そんな野田戎 やさかいに、福娘はん の髪飾りも、ノダフジ やねん。
 おやまぁ! きれいな ノダフジだこと ♡ (あ、福娘はんもねw)

 そしてその日のお昼は、
d0212522_19383164.jpg
 チョイと遠出して、泉佐野の チポリーナさん。
 アンティ から セコンド まで、ワインに合いまくる <はず> のお料理の数々。
 泣く泣く 「サンペレ」 とのアッビナメント。 車やさかいにね。
 こんどは絶対ワイン飲むッ!
 って意気込んでるけど、なかなか実現せぇへんなぁ。
 でも 今年は必ずッ! て誓いながら、
d0212522_19385286.jpg
 今日、ランチ後のデザートは コレ!
<ティラミッシモ>

 男ふたりが ニッコニコ しながら、食べましてん ♡
 名前の通り、「めっちゃ」 ハイになりましてん ♡

 あれ?
 ワインの話はついぞ出ませんでしたな。。。
 また明日ッ!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 今年も変わらず、神頼み ♡ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-10 20:01 | ワインの話じゃないけれど。 | Comments(0)
d0212522_18461074.jpg
チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコ 2012 (ヴァッレ・デッラカーテ)

 以前、あるシチリア料理専門店のナイスガイに、
「イタリアワイン専門て謳っていながら、シチリアで唯一のDOCGワインを置いてないて、
 どーいうことや? オラ!」

 て言われてたから、個人的にその個性を最も表しているであろう造り手のものを、
 テイスティング、仕入れるに至った。

 なぜそう思っていながら 今まで扱わなかったのかて?
 それには、「物流」 という問題が立ちふさがっていたからなのだよ。
 インポーターによって 「発注ロット」 は様々。
 ウチにとってこの造り手のインポーターは、「難しい方」 に属していた。
 少し前までは、ね。
 話し合いの結果 しばらくは、スムースな物流システムを提供して下さったので、
 改めて扱うことになったというわけ。

 ネロ・ダーヴォラ からは力強さと滑らかさを。
 フラッパート からは、明るい色あいと心地良い香りを。
 若干漂うスパイシーさは、うんうん 想った通りやね。

 かの ナイスガイにも、報告しよっと ♬

 美味しいで ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ロジスティクス大事! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-01-07 19:04 | 再入荷! | Comments(0)