ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

d0212522_19140757.jpg
 ワインリスト、完成。

 予定通り、「山吹色。」

 美味しいワイン、とりわけ白ワインが多くなった。
 おすすめいっぱい ♬

 表紙にもあるように、

フォンガロ。
ルガーナ。
グレケット。
ブランカイア。
アルジョラス。
などなど。

 表紙だけやなくて、中身もじっくり、見てやぁ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! なんか、解放された感 ♡ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-27 19:30 | いいお知らせ。 | Comments(0)

「フィアーノ の フリッツァンテ なんて、夏らしくていいわね。 何かないかしら?」

 なんて 甘いお声を頂いたから、サンプルを依頼して久々にテイスティングした。 ↓
d0212522_20393972.jpg
フリッツィ 2015 (フィラドーロ)

 試飲会で飲んだ時よりも 断然! 美味しいやないかいッ!

 スプマンテではない、フリッツァンテ特有の爽やかさ。 そこに ミネラル、フィラドーロ 独自のあのミネラルが!
 なんて想像してみ?
 もうそれだけで 涼しくなるやんか ♬

 そしてこのワインは実際、「涼しい」 と感じるが、それは 「軽い」 のではない。
 適度な太さの果実味があってこそ、フリッツァンテでも 「映える」 のだ。

 ワインを飲み慣れていない女子でも 美味しく感じ、かつ、玄人ですら つい顔がほころぶ。
 そんなワインなのよねぇ~ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 涼しいワイン、いっぱいあり 〼 ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-26 20:50 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)

d0212522_18445847.jpg
ルガーナ たち

 新しいワインリストに反映されるテイスティングも、いよいよ大詰め。
 今日は、今 各インポーターが注目している (であろう)、“ルガーナ”。
 昨日の クストーザ と同じく、色んなスタイルの ルガーナ が市場を賑わせている。

 ウチが現在扱っているのは、左の 「テヌータ・ロヴェーリア2015」。
 改めて飲んでみて、ビックリしてしもた。
 メチャ 美味しいッ!
 オレの <うねうねメモ> には、
「果実味、ミネラル、落ち着き、おいしい!」
 とある。

 そして今回、採用となったのが、右の 「カッシーナ・マッダレーナ “カポテスタ” 2016」。
 ハッとするような個性。

 ロヴェーリア が、「果実味」 が先にくる美味しさなら、
 こちらは 「ミネラル」 が先にくる。
 カタいが、クセになる味わい。
 ルガーナ の テロワール を強烈にアピールするワインなので、好き嫌いが分かれると思うが その分、
 熱烈なファンを獲得するに違いない。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! クストーザもルガーナも、エエのんいっぱい ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-25 18:57 | 比較すると見えてくる。 | Comments(0)

 リスト更新の時期にしか できない (てかしない) テイスティングって、あるよね。
d0212522_18400998.jpg
クストーザ たち

 共にすでに名前の通っている クストーザの造り手の、ベースラインと 「ひとつ上」 のものを比較テイスティング。
 オモロいわぁ ♬

 比べれば、造り手の方向性がバッチリ見える。
 どれもはっきりとしたコンセプトながら、新しいリストには この中から1アイテムのみの採用となった。
 気持ちは全部載せたいけれどもね (偽善やなこれ)。

 中には、次(11月)に載せたいと思うワインもあったりするので、
 複数回 有償サンプルをお願いすることがあるけれども、そういう理由やさかいに、
 許しておくれやすぅ~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 明日もッ ♬ テイスティングッ ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-24 18:53 | 比較すると見えてくる。 | Comments(0)

d0212522_19340766.jpg
カンノナウ・ディ・サルデーニャ・リゼルヴァ “セネス” 2013 (アルジョラス)

 新ヴィンテージ入荷!
 前回は入荷するや 数日で売り切れ! という カンノナウ としては驚異的な人気を誇った。
 さすがは アルジョラス といったところか。

 セネス は、サルデーニャの方言で 「老い」 を意味するそうだ。
 創業者、フランチェスコ・アルジョラス への敬意を込めて。
 また、上から読んでも下からでも 「SENES」。 S ではじまり S でおわる。
 つまり、「サルデーニャではじまって、サルデーニャでおわる」 という意味。
 ラベルは DNAを表していて、ここでも 「サルデーニャ・スピリット」 というメッセージが込められている。

 ただ濃いだけではないことは、アルジョラスを知る人なら、解るよね。
 ネーミングから見て、造り手渾身のワインであることは想像も容易だ。

 月曜日から、販売開始しまんにゃわ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 欠品したら、ゴメンやでぇ。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-22 19:45 | 新ヴィンテージ! | Comments(0)
d0212522_16490899.jpg
グランキュヴェ・ブリュット (フォンガロ)

 7月に再入荷し、次のリストに掲載が決定しているワイン。

 オンリーワンの 個性を持つ。

 フォンガロ の最大の特徴は その土地、「ロンカ」 のテロワールにある。
 ヴェネト州 ヴェローナ。 ソアヴェに隣接する。 ということは?
 そう。 ソアヴェ・クラッシコ と同じく、火山性土壌 だ。 また 鉄分を多く含む赤土も豊富ときたら、
 豊かなミネラルを有することは、決定的となる。
 それに加えて、アルプス山系のレッシーニ山から吹き込む冷涼な風により、良質のスプマンテに求められる 「心地良い酸」 を纏うワインとなる。

 インポーターの努力により、良心的な価格が実現した。
 この価格で! この味わい!!

 これから厳しい暑さを迎える僕たちの、心強い味方 なのよね ♬
 

 そやけど この輪郭と顔色、そして 内に秘めたる 男前 なキャラクター、

ロビンマスク そのものやんけ w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! アニメ話で、ワイン飲もう ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-21 17:06 | この季節に飲みたいッ! | Comments(0)
d0212522_19545939.jpg
近々テイスティングするワインたち

 ワインリスト8月号に向けて、厳選中!
 前も書いたけれども、夏 真っ盛りに発行されるとはいえ 10月末まで見て頂くリストやさかいに、
 秋の風をも感じさせるようなラインナップが好ましい。
 この時期のテイスティングは だから、多岐にわたる。

 「着物の帯」 にヒントを得たウチのリスト、季節をひとつ先取りして 今回は、「山吹色」。

「このワインが入ってるたぁ、粋だね ♬」

 なんて言われるリスト、目指しますねん。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! いいものだけを、載せてるねん。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-20 20:03 | セールスポイント。 | Comments(0)

 なんや最近、ギャートルズ並みに、肉食づいてるな。
 脳ミソもそれに伴って退化してるかもしれへんな w

d0212522_13485980.jpg
久宝寺町 ラ・ピニャータさんの、熊本産自然豚 30カ月熟成 肩ロースの炭焼き

 昨夜食した逸品。
 その日、お店に入って カウンターに座ろうとしたオレが目にしたのは、他のお客さんに供する 炭焼きの豚肉を、シェフが切り分けているところだった。
 こ、これはッ!?

 はい。 「肉食べたい スイッチ」 オンになりましてん。

 パリッとした焼目と 淡いピンク色のお肉。
 言うまでもなく、無言でむさぼった。

 合わせて頂いたワインは、
d0212522_13491292.jpg
ブリンディシ・リゼルヴァ 2010 (サンピエトラーナ)

 ここはプーリアやさかいにね。
 少し寝たこのワインは、若い時にヤンチャだった角が取れ、強いけれども口あたりが優しいワインへと、変貌を遂げていた。
 相性抜群でございましたよ ♬

 時の魔法とは、すごいものやね。

 すき焼きのお肉も、
 カレーも、
 ケンカしてささくれ立った こころも、
 翌日の朝には穏やかになる。

 良いワインは、
 これらとは時の流れが違うさかいに、
 ゆっくりと、寝かせてあげてね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 夏は頭に血がのぼりやすいから、キュウリ食べや。 ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-19 14:07 | Comments(0)
d0212522_18451567.jpg
本日のテイスティング風景。

 ワインリスト更新すこし前。
 8月からのリストやさかいに、「涼風薫る白ワイン」、厳選してますねん。
 かといってこのリストは 10月末まで有効やさかいに、
 秋色の風情をも感じさせるものやないと、あかんねん。

 一年に4回 更新するけれども、そういう意味では 一番難しいリストかもしれへんね、造る側としては。

 この中からは、2アイテムが採用となった。
 誤字脱字ありませぬよう、今からノイローゼ寸前まで、チェックするねんッ!!

務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 時間も手間も、かけてますねん ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-18 18:54 | セールスポイント。 | Comments(0)

 木曜日。
 南大阪のレストランに改めてご挨拶、そして営業に回った。
 距離感が全く掴まれへんし お店もあんまり知らへんもんやから、ほんの数軒しか回れんかったけれども、
 面白いね 営業て ♬
 営業マンは、毎日が実力テスト。
 何を聞かれても的確に、かつ深く印象に残るトークを展開せねばならないのだよッ!
 できてるかどうか知らんけど w

 そしてその日の独り打ち上げは、“肉” と決めていた。

d0212522_19123733.jpg
泉大津 ボスコリサイアさんの、「佐賀牛 上質モモ肉 ヒウチの炭火焼き」

 炭火でじっくりと、時間と手間暇をかけて造るシェフの姿は、ご馳走へのイントロダクション。
 カウンターの醍醐味やね。

 したたる肉汁と、それに合わせてもらった キアンティ・クラッシコ のアッビナメントは、言うまでもない。
 切る → 喰らう → 飲む
 終始 無言にて、これを繰り返した至福の時間。

 肉食男子やさかいにね w

 このお肉、見た目も艶っぽいけれども、味わいはもっと、エロいで。

 店内は本気でお肉を食べに来た人でいっぱいだ。
 予約して、行ってみなされよ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! あれ、これ グルメブログ やったっけ? ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-07-15 19:24 | ワインの話じゃないけれど。 | Comments(0)