ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン


d0212522_19111861.jpg
 画像は、「キビナゴのマリネのパスタ オリーブ トマト 紫芽 バジル」

 毎月恒例、西天満の銘店での試食会。
 5皿目のこのお料理に何を合わせたかというと、

フィアノ・ディ・アヴェッリーノ “ベシャール” 2014(アントニオ・カッジャーノ)

 個人的には、抜群に合った。
 が、結果は後日w
 
 この試食会が終わった時にいつも思うんやけれども、
 何で必要以上に、飲むんや?
 そんなに飲まんでも、ええやろに。

 つまりは、ワインが、すきなのね ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 食事に合わせてこそ!イタリアワインは真価が発揮されるのだよッ!酔ってるけどなw ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-27 19:19 | お料理とともに。 | Comments(0)

d0212522_21433751.jpg
 ワインリスト最新号、でけたッ ♬
 3か月先を見越してるから、帯の色は 「スカイブルー」。
 25枚からなるワインリスト、1冊につき2か所、ホッチキス止めするねん。
 腱鞘炎になるわ。

 そんな 努力の末に完成したワインリスト。
 今回は、誤字脱字、あらへん! そう願おう!

 間もなく! お手元に!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 届いてない人は、今すぐッ登録ッ!! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-26 21:53 | 業務連絡~。 | Comments(0)

d0212522_19514775.jpg
ルカ・フェッラリス の、
ルケ “ブリック・ド・ビアンク” 2014 と、
ルケ “オペラ・プリマ” 2010

 今日のテイスティングと共に、ゴールデンウィークの営業案内~。
 休日も営業しますねん。 代休頂きまっけどw

 ルケ。
 極めて芳香性の高い、ピエモンテの土着品種。
 グラスに注ぐと バラが香る。
 ウチでは今まで、この造り手の 真ん中のヤツ 「イ・フィルマーティ」 を扱っていた。
 香りも味わいも、しっかりしたものだが それだけに、
 これからの暖かい季節には、ちょっと、重たい。

 一つ下のスタンダードレンジ、「ブリック・ド・ビアンク」 は、良質のルケを ステンレスで醸したもの。
 コレがまた! 軽やかで美味しいッ ♬

 服装が軽くなって、夜風が心地良く感じはじめる頃に、
 こんな、よく香って軽快な味わいの赤ワインを飲むと、心も華やかになる。

 ハイ!即、採用ッ!!

 代わりに、イ・フィルマーティ は、ウチのリストから少しの間 お休みしてもらおう。
 秋口に再会できると、イイね ♬
 あ、取り寄せるのはいつでもオッケーなので、お気軽に申し付けておくんなはれ~ッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワインリストも、装い軽やかに ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-25 20:08 | 業務連絡~。 | Comments(0)

d0212522_19224937.jpg
カモッシ の フランチャコルタ
サテン そして、
エクストラ・ブリュット 2008

 テイスティング週間も終盤。
 今宵は、フランチャコルタ。

 専門店が輸入するフランチャコルタだけに、
 際立つ個性 そして、長く口中にとどまるミネラル感。
 上質な泡を飲むと、細かい価格はさしたる重要事ではないように思えてくる。
 こういうワインは、高くて良いのだ。

「エエ泡 用意して。」
 お客さんのこういう声に、見事に応える実力がある。

 ウチのフランチャコルタ出荷量は、ゆっくりと伸びている。
 その高い品質と多様性が より多くの人に認められた時、堰を切ったような出荷量になるのだと思う。
 情報が溢れかえる世の中。
 その時代は、すぐそこやで。

 今のうちに、備えとこうね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 備えるのは、モノだけでなく情報もね ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-24 19:37 | テイスティング! | Comments(0)

d0212522_21044169.jpg
エリージ (ベルタ)

 ラベルに日本語が入ったね。
 「福祉のエリージ」
 ボトルの裏ラベルには、

<ベルタ蒸留所は ミラノにある 精神的、知的障害者の社会参加をサポートするための非営利団体「友愛と友好協同組合」のプロジェクトを支援しています>

 とある。
 突然届いたから何のことか分かれへんけれども、そのうちきっと担当さんが、深~いエピソードを教えてくれるに違いないw

 楽しみに、待っているとしよう。
 
業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやないの ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-22 21:10 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)
d0212522_21071490.jpg
フランチャコルタ・ブリュット (コンタディ・カスタルディ)

 ちょっぴりポップなラベルにチェンジ~ッ ♬
 かわいらしいフォントやな。

d0212522_21072800.jpg
 個人的には、前の硬派なラベルが好きやけれどもね。
 味わいは間違いないやろけれども、
 確認のため、今日買って飲んでみよッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! あったかくなったね。 レストラン行こ ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-21 21:11 | 新着! | Comments(0)

 新商品をテイスティングしたら、
 今扱っている 同じカテゴリーのワインと、
 どう違うのか?
 という疑問が、自然と湧いてくる。
 そしたら ホレ、試したくなるやないの ♬

d0212522_20183542.jpg
チロ・ロッソ・クラッシコ・スペリオーレ
左:セルジオ・アルクリ “アリス” 2013
右:リブランディ “リゼルヴァ・ドゥカ・サンフェリーチェ” 2012

 セルジオ・アルクリが今回、新商品として採用したもので、そのインポーターの説明には、冒頭に、
「カラブリアを代表する産地で、圧倒的な個性を持ちながら 、『チロ』 はイタリア国内でも世界的にも、成功していない。」
 とあった。
 苦笑するしかない。
 まったく、その通り。

 セルジオ・アルクリは、チロ最古の造り手で、伝統を重んじる。
 その考えは、ワインを 色あいから特徴づける。
 今から20数年前の大昔に出合った、サン・フランチェスコ という造り手のチロと、同じ色を呈している。
 つまり、熟成したネッビオーロのような 「ガーネット色」 だ。

 一方、チロの中で唯一、耳目を集めている リブランディは、トーンこそ同じだが その色あいは、「ルビー色」 に寄る。 そして、より深い。
 こっちの方がひとつ古いヴィンテージにもかかわらず、だ。

 以前、リブランディの現当主、パオロ・リブランディ と一緒に食事した時、
「ガリオッポ は繊細なタンニンが特徴。
 この品種本来の香味を知ってほしいから、樽の香りは要らない。
 樹齢60年から90年のガリオッポを使ったこのワインにも、熟成に樽を使わないのはそのためさ。」
 こう話していた。

 セルジオ・アルクリのチロも、熟成に樽は使わない。
 タンニンが繊細なのは、確かに共通している。
 樽熟を経ているのでは? なんて思えるほどの複雑みを併せ持っていることもね。

 どちらがおススメかって?

 あなた次第ですよ w

 同じ DOCでありながら 全く異なる個性を、楽しんでね ♡
 5月のリストには、仲良く並んで掲載されることになるだろうから ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 多様性はここにも! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-20 21:01 | テイスティング! | Comments(0)
d0212522_18321906.jpg
 本日も、テイスティング~ッ ♬
 しようと思たんやけれども、時間あらへん。。
 明日のテイスティングで最終かな?
 またレポートするなり!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! エエやん ♬ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-19 18:35 | つぶやき。 | Comments(0)

d0212522_19103831.jpg
 本日のテイスティング~ッ ♬
 キアンティ・クラッシコ地区内、
 グレーヴェ、ラッダ、カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ の比較。
 オモロいやん ♬
 2アイテムが、採用となった。

 テイスティング週間、まもなく終了。
 そしてそして、新しいワインリスト製作に、取りかかるのだ。
 気合い、入っているのだ~ッ!
 他の仕事、溜まりまくってるのだ~ッw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 体で覚えるのん、大事! ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-18 19:16 | テイスティング! | Comments(0)

 経営者同士の意見交換会、というのに 昨日、参加した。
 てか、知った人ばっかりやけど。
 とはいえ、テーマが決まっているので、同じ人でも普段話すことのない内容で、面白い時間だった。
 気兼ねなく話せるようにと 予約してくれたのは、ワインが充実した焼鳥屋さん。

d0212522_18184558.jpg
フロールス・ディ・ウイス 2013 (ヴィエ・ディ・ロマンス)

 こんなん置いてる焼鳥屋さんて、エエやないの ♬

 イタリア料理しか合わせたことがなかったけれど、
 改めてこのワインのスゴさに感心した次第。

 このワイン、ヴィエ・ディ・ロマンス の中では最も人気が、ない。
 お料理に合わせれば、これほどよく馴染むワインもないのにね。
 メジャー級の 「ヴィエリス」 や 「ヴィエ・ディ・ロマンス」 もよろしいけど、時々思い出してあげてね。

 このブログを読んだ担当さんが、近々きっと、このワインを広めるアクションを起こしてくれるよ w

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 走り回って、広めてね ♡ ~


[PR]
# by enotecabianchi | 2017-04-17 18:52 | お料理とともに。 | Comments(0)