ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


 怒涛の1週間も、明日で終わり。
 オレの仕事はあと2日ほど掛かるけれども。 あれ? 足れへんやん。
 イベントが続くと、書類の山は高くなるねん。
 記録更新中、やねん。

 昨夜はあるお店で、一日ワイン担当。
 梅雨のこの時期にワインを選ぶ際、最も気を遣うのが、「最初の泡」 だ。
 昨年の同じ頃も、同じ店で留守番をしたが、その時は リースリング のフリッツァンテ だった。
 そして今回、数日前にテイスティングしたワインを想い出し、これ以外にない、と即決した。

d0212522_21190996.jpg
ランブルスコ・ディ・ソルバーラ “フォンダトーレ” 2015 (クレート・キアルリ)

 ウチで扱っているもうひとつのランブルスコ、「コンチェルト」 とは、あらゆる面で違っている。
 色あいは、コンチェルトのいわゆる 「赤ワイン色」 のイメージよりも、かなり淡い。
 「いきいきとしたロゼ色」 といえようか。
 コンチェルトは、果実のふくよかさが前面に出た、辛口だが甘みがあり、まろやかな口当たり。
 対して 「フォンダトーレ」 は、はっきりとした酸を有し、甘みはほとんど ない。
 そして、瓶内での発酵を経る。 だからこのランブルスコには酵母の香味があるし、ほんの少し、「にごり」 がある。

 「甘み」 よりも 「辛さ」 を強調したランブルスコは、飲み手に清涼感を与える。
 この時期にこそ、飲んで頂きたかった。

 色あいを 「いきいきとしたロゼ色」 としたのは、
 「明るい色」 なのに、「艶やかさ」 を持ち併せているから。
 
 このワインを注文したお客さん、とりわけ女性には 大いに喜んで頂いた。

 ウチは今まで ランブルスコは、コンチェルト のみの取り扱いだったが、多様性を目の当たりにすれば、品数が増えるのも、必然やね。
 間もなく届く 「新着案内」 を、チェケラッ!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ウマいもんはウマい。 思いませんか? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-30 21:39 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 地域別試飲会「イタリアの真ん中!」
 ご来場頂きました皆々さま。
 ありがとうございました ♬
 色んな発見があった。
 特に!

d0212522_16521430.jpg
フィオルフィオーレ 2014 (ロッカフィオーレ)

 このワインをはじめとして、「ウンブリアのグレケット」 がひときわ目を惹いた。
 あ、個人的にね。
 とりわけ ペルティカイア のものは、果実味、複雑み、そして適度な酸味を備えた、飲んだ瞬間、ニンマリ してしまうもの。
 新着案内は作ってしまったから、次のワインリストには、掲載決定やな ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! そろそろリスト更新の準備やな・・・。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-29 16:58 | つぶやき。 | Comments(0)

 さぁいよいよ明日! 地域別試飲会!!
 開催まで、4州のワインを紹介してきて今日が最終回!
 トリを飾るのは!
 中部マイナー4州の中で最もマイナー (泣)、モリーゼ州。

d0212522_21263547.jpg
あったあった ♬
ティンティリア・デル・モリーゼ “マッキアロッサ” 2012 (クラウディオ・チプレッシ)
と、
アリアニコ・デル・モリーゼ・リゼルヴァ “コンタド” 2012 (ディ・マヨ・ノランテ)

 「アリアニコ」 は、南イタリアでは広く栽培されているけれど、
 「ティンティリア」 は、モリーゼ だけの土着品種。

 今回の試飲会、モリーゼは 4州の中では最も少ない出展数で、8アイテム。
 これを、少ないととるか、
 モリーゼだけで8アイテムも!?
 ととるか。

 来て飲んで確かめれば、モリーゼ州のイメージすら、変わるかもよ?

 ご来場、お待ちしております!
 一緒に!
 飲みましょ!! ♬

日時:6月28日(水) 14時 ~ 18時
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」
   大阪市北区中之島 1-1-27

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 明日は試飲会だから、ブログお休み頂きます~。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-27 21:37 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 いよいよ明後日! 地域別ワイン会開催!
「月曜日は アブルッツォ!」 とかいいながら、
 在庫してるワインで出展するのは、1アイテムだけやとは・・・。

d0212522_19084526.jpg
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ “アイレス” 2015 (フォッソコルノ)

 うしろに写っているのは、ウチで扱っている アブルッツォの一部。
 出展は、されてへんで。 悪しからず。
 フォッソコルノ、マッシャレッリ、イッルミナーティ。
 アブルッツォならこの3者が、ウチの主力やねん。

 お客さんに混じって、オレも 飲みまくる 勉強するわ。
 アブルッツォは全部で、13アイテム 出展される。
 ちなみに、
 マルケ が最も多く、58。
 ウンブリア、17。
 やっぱり モリーゼ が最も少なく、8。。。

 事前に (といっても前日だがw) 出展リストをメールでお送りすることもできるので、
 ご入用の方はお申し付け下さいまし~ッ ♬

日時:6月28日(水) 14時 ~ 18時
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」
   大阪市北区中之島 1-1-27

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! トリを飾るのは 「モリーゼ!」 在庫してるのか!? ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-26 19:22 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 地域別試飲会 「イタリアの真ん中!」 まで、あと 5日!
 今回のエリアである 4州の中で、 「真ん中」 と呼ぶに最も相応しい州といえば、
 やっぱり、「ウンブリア州」 よね ♬

d0212522_19472812.jpg
 左から、
オルヴィエート・クラッシコ・スペリオーレ “テッレ・ヴィネアーテ” 2013 (パラッツォーネ)
フィオルフィオーレ 2014 (ロッカフィオーレ)
モンテファルコ・サグランティーノ 2010 (コルペトローネ)

 パラッツォーネは、「オルヴィエート は軽くて素人向け」 とかいうイメージを見事に覆してくれる造り手。
 「オルヴィエート は熟成する。」 という造り手の言葉通り、2013年が今、美味しいのよね。

 ウンブリアの山の中、「トーディ村」 にカンティーナがある ロッカフィオーレ。
 ここの グレケットは、その村名がついていて、グレケット・ディ・トーディ と呼ばれる。
 キャッチーなラベルとは裏腹に、中身はメッチャ、本気モード。

 近年、様々なスタイルが登場する モンテファルコ。
 ロッソも含めると6アイテム、比較テイスティングできる。

 無論これらは、ごく一部。
 会場で、飲んで、確かめよう ♬

日時:6月28日(水) 14時 ~ 18時
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」
   大阪市北区中之島 1-1-27

 みんなで、
 是非に ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 月曜日は、アブルッツォ! だぁ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-24 19:58 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 地域別試飲会が 刻々と近づいているので、
 当日までは、会場で出展されるワインたちを紹介していこう。
 ヴェルディッキオ はもちろん ええブドウやけど、忘れてはならないのが、コレ! ↓

d0212522_19121601.jpg
 今 注目の、「ビアンケッロ」
 左から、
ビアンケッロ・デル・メタウロ “サン・チェザレオ” 2015 (クラウディオ・モレッリ)
ビアンケッロ・デル・メタウロ “ボッカリーノ” 2015 (テッラクルーダ)
ビアンケッロ・デル・メタウロ “ラ・リーペ” 2015 (ロベルト・ルカレッリ)

 ヴェルディッキオ の産地よりもちょっとばかり北に位置する メタウロ。
 そういえば少し前、このブログにも書いたな。(詳しくは → コチラ

 これらもまた 当日、比較試飲できる。
 こんな試飲会、なかなかないでぇ! (ジガジサン!)

日時:6月28日(水) 14時 ~ 18時
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」
   大阪市北区中之島 1-1-27

 是非に ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 明日は、ウンブリアに、行くよ~ッ ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-23 19:29 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 あら?
 FBにリンクされてないな?
 も一回。

 エノテカビアンキは 年に2回、「地域別試飲会」 というのを開催します。
 これは、通常の試飲会ではできない、「比較試飲」 に重点を置いた会で、< テイスティング能力の向上 > そして、< その地域のワインへの深い理解 > を目的としたものです。

 今回のテーマは、「イタリアの真ん中!」。
 普段 スポットの当たりにくい 「マルケ」、「ウンブリア」、「アブルッツォ」、「モリーゼ」 の4州に絞り込んだ試飲会です。

日時:6月28日(水) 14時 ~ 18時
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」
   大阪市北区中之島 1-1-27

 テーマがそれなら!

d0212522_18265095.jpg
 ヴェルディッキオ は外せないよね。
 左から、
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ・クラッシコ・スペリオーレ “ミスコ” 2015 (タヴィニャーノ)
ヴェルディッキオ・スプマンテ・エクストラブリュット 2013 (コッレステーファノ)
ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ・リゼルヴァ “ミルム” 2014 (ラ・モナチェスカ)
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ・クラッシコ 2015 (ブッチ)

 これらのワインを 比較テイスティングできる。
 無論、ごく一部やで。
 ご自身のお店に合った ヴェルディッキオが、必ず見つかる。
 飲んで、比べて、買って下さいな ♡

 みなさまのご来場を、お待ちしておりまんにゃわ w

※ 業務店様対象の試飲会ですので、一般の方はご来場頂けません。 予めご了承下さい。


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-23 08:35 | 業務連絡~。 | Comments(0)

 エノテカビアンキは 年に2回、「地域別試飲会」 というのを開催します。
 これは、通常の試飲会ではできない、「比較試飲」 に重点を置いた会で、< テイスティング能力の向上 > そして、< その地域のワインへの深い理解 > を目的としたものです。

 今回のテーマは、「イタリアの真ん中!」。
 普段 スポットの当たりにくい 「マルケ」、「ウンブリア」、「アブルッツォ」、「モリーゼ」 の4州に絞り込んだ試飲会です。

日時:6月28日(水) 14時 ~ 18時
場所:大阪市中央公会堂 3F 「小集会室」
   大阪市北区中之島 1-1-27

 テーマがそれなら!
d0212522_18265095.jpg
 ヴェルディッキオ は外せないよね。
 左から、
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ・クラッシコ・スペリオーレ “ミスコ” 2015 (タヴィニャーノ)
ヴェルディッキオ・スプマンテ・エクストラブリュット 2013 (コッレステーファノ)
ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ・リゼルヴァ “ミルム” 2014 (ラ・モナチェスカ)
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イェージ・クラッシコ 2015 (ブッチ)

 これらのワインを 比較テイスティングできる。
 無論、ごく一部やで。
 ご自身のお店に合った ヴェルディッキオが、必ず見つかる。
 飲んで、比べて、買って下さいな ♡

 みなさまのご来場を、お待ちしておりまんにゃわ w

※ 業務店様対象の試飲会ですので、一般の方はご来場頂けません。 予めご了承下さい。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 来てね ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-22 18:43 | 業務連絡~。 | Comments(0)

d0212522_19383997.jpg
“ピアナッチェ” コッリ・ディ・ルニ・ヴェルメンティーノ 2015 (ジャコメッリ)

 今日の持ち回りワイン。
 同行営業で 「雨」 っちゅうのも珍しいなと思い、恐る恐る聞いてみたら、やっぱりその人、
 雨オトコ。 らしいで w

 しかも、
「鬱陶しい季節ですから、爽やかな白ワイン、お持ちしました~ ♬」
 とか言って、逆境をチャンスに変えるツワモノだったりする。

 柑橘、特にレモンを感じさせるような、心地良い酸、そして、シュッと1本 筋の通ったミネラル。
 産地である リグーリア州 カッラーラは、大理石の採掘場としても知られ (ミネラルはそこからくるのね)、
 かの名作、ミケランジェロの 「ダヴィデ像」 は、ここ カッラーラの大理石から創られたものだとか。
 そやからこのワインは、ダヴィデ味 (ウソ)

 年に一度、この時期にしか入らない、というのもまた、粋やな。
 まとめて買おうと もくろみ中 w

 梅雨時には 特におススメです!

 って、雨オトコが 言うてはります~。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 梅雨時 対応ワイン、あり〼 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-21 19:53 | テイスティング! | Comments(0)

 明日は 「夏至」 だそうな。
 一年で最も昼が長い日。
 そんな日は、なにしよう?

d0212522_19462006.jpg
OP.95 (コルマーノ) と 名盤と

 陽のあるうちから、音楽聴いて、それにちなんだワイン飲む、っちゅうのも、
 贅沢でよろしいやん ♬

 誰もが知っているメロディは、このワインをより深い味わいへと導く。

 OP.95、再入荷。
 待っていた人、お待たせしました。
 初めて見る人、その美味しさに驚いてね。

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワインと音楽のアッビナメント ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-06-20 19:58 | 再入荷! | Comments(0)