ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2017年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

d0212522_19311861.jpg
カンポフィオリン 2012 と 2013 (マァジ)

 マァジ。
 この造り手のことを よく、「ベタ」 とか言う人がいるが、
 たとえソムリエさんたちがそう思っていても、お客さんの満足度は高い。
 特にこの カンポフィオリン は、半世紀も前から造り続けている、説得力ありありのワインなのよね。
 2012年はウチにあと10本あった。 それが終了したら、2013年。
 お試し期間中やさかいに、試す価値 ありあり! やねん。


 ちなみに コレは?? ↓
d0212522_19342984.jpg
 海遊館で機嫌よく泳いではる、マアジ。

 ・・・。

 見かけたら、カンポフィオリン 思い出してね ♡

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 普段と違うアプローチしてみたけど、アカンな。。。~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-31 19:45 | Comments(0)

 6月のDMは、内容盛りだくさん ♬
 どれも無視できない内容だが、何よりコレが、おススメなのだよッ ! ↓

d0212522_20465391.jpg
イゾーレ・エ・オレーナ 当主、パオロ・デ・マルキ さん来日レポート。

 5月某日。 氏と一日ご一緒して感じたことから、チェッパレッロ が何故、すごいと言われ続けるのか など、長年この造り手を扱い、見続けた 「結論」 ともいえることを、書いてみた。
 6月いっぱいまで、少しではあるがお買い求め易くもなっている。

 先日、20歳も年上の <友人>、失礼な物言いかもしれないが その方がしっくりくるし、その人もそう言ってほしいと願っているに違いないのでそう言おう。
 その友人と、ルッカ料理と共にこの造り手のキアンティ・クラッシコ を飲んだ。
 中でもお店自慢の 「ポルケッタ」 との相性は最高で、思い出深いこのワインを飲んだ友人は、「鳥肌が立った。。」 と言った。

 パオロ・デ・マルキ のワインには、そんな効力がある。
 飲みながら、読んでおくんなはれ~ ♬



[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-30 20:57 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_17585178.jpg
フランチャコルタ・ブリュット “モン・サテン” 2012 (ヴィッラ)
と、
臨時休業のお知らせ

 6月の新着。
 テイスティングしたのち、満場一致(2人やけどw) で、美味しいッ ♬
 今回のDMは、内容が盛りだくさん。 いつもよりも、分厚いで。
 到着をお楽しみに!

 月曜日、お休み頂きます。
 3連休したら社会復帰でけへんさかいに、すんません。
 先週はお休み頂いた翌日に、原因不明のダウン。。
 肥後橋の S系女子からは、
「休まず働け! って神様が言うてはるんですよ…。」
 なんて お見舞いメール頂いてん ♡

 こんど体調崩したら、本気で考えるわ。
 ではみなさん 良い週末を。
 フランチャコルタと共に ♬

務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 古代ローマには 「夫婦喧嘩の神様」 てのも、いたらしい。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-27 18:07 | 業務連絡~。 | Comments(0)

 月末の定例試食会 in 西天満の銘店 「ドゥエフィオーリ」 さん。
 6月のおしながきが送信されるや、頭の中でイメージし始める。
 備考欄には、「蒸し暑い時期 軽やかで初夏の爽やかな料理を」 とある。
 そしてもうひとつ。 「6と7の皿で赤ワインを。」

 んんん~。
 更に考える。

 おしながき の5皿目、つまり 赤ワインを飲む前のお料理だ。 そこには、
「泉州産水茄子とスズキ、アサリのスパゲッティ・ジターナ」
 とあった。 僕の予想では、赤ワインに入る前の ちょっとした 「小休止」 的なお料理かなと思い、
 提案したワインは コレ! ↓
d0212522_19501803.jpg
5皿目のお料理と、
エティケッタ・グリージャ 2015 (ルナエ)

 さてその アッビナメント はというと!
 全く合わへんかった (泣)
 これはもう、自分の勉強不足としか言いようがない。
 「ジターナ」 って、「ジプシー風」 という意味だそうで、馴染みのある呼び名では 「プッタネスカ (娼婦風)」 に近い。
 このお料理とは、プーリア州の白、ヴェルデカ がよく合った。

 しかしながらこのワイン、コースの1皿目に実によく馴染んでくれて、結果、そのアッビナメントで採用頂いた ♬

 解らへんもんやなぁ。 もっと勉強せんとアカンなぁ。
 なんて、
 ほろ酔いで、
 ニヤニヤしいもって、
 痛感いたしましたぁ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 食べてみんと解りませんぜッ! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-26 19:59 | テイスティング! | Comments(0)

 ハイ!
 今日も同行営業~ッ(半泣)

d0212522_19404463.jpg
松屋町でパシャッ ♬

 シチリア島西部、マルサーラから、アルチェスティのオーナー、コッラード (右) とファンキーな友人 サンドロ。

 会って話すまで、誤解していた。
 ワインウェイヴさんが扱い始めた時、たぶんこの価格だから、大量生産型の造り手なんだろうな、と。
 それは大きな間違いで、もう家族経営の極み!
 畑も48ヘクタールと、シチリアでは小さい。 そして説明のほとんどがテロワールの話だった。
 ワイナリーの画像を説明しながら 家族の写真が出てくると、
「あぁコレ! 僕の奥さん。 ベッラドンナだろぉ!?」
 なんて言うたりする典型的なシチリアーノ ♬

d0212522_19410830.jpg
 みなさま、突然の訪問にもかかわらず、熱心に話を聞いて頂きありがとうございます ♬

d0212522_19405832.jpg
 アルチェスティ。
 ウチも取り扱い決定!

 良かったね。 ドン・ニーシ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 大変やけど面白い! 造り手の同行営業 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-25 19:49 | 造り手と、同行営業 ? | Comments(0)

d0212522_19584096.jpg
 病み上がりの、テイスティング~ッ ♬

 はい。ビールですねん。
 キアンティ・クラッシコ の銘醸家、フェルシナ が造る クラフトビール。
 カンティーナの隣に醸造所があるそうな。

 味わい?
 僕の持っているクラフトビールのイメージって、普通のビールと比べると、濃厚。
 この ポデーレ・ラ・ベルタ は、濃さはあるが 濃すぎない。
 これいいね。
 フェルシナ が造ったと言われれば、納得がいく。
 ラベルはともかくとして (苦笑)

 ウチは6月から、販売始めるよ~ッ ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 個性派ビールも増えてきたね ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-24 20:23 | テイスティング! | Comments(0)

 怒涛の メーカー同行 2件をこなした先週。
 疲れが ドッ と出たのか、朝から食中毒のような症状。
 昨日お休み頂いて、お酒抜いたにもかかわらず、全く使えんヤツでござんした。

d0212522_18030955.jpg
 画像は、メーカー同行のひとつ、タヴィニャーノの敏腕営業マン、ダヴィドさん。
 笑顔を絶やさない、営業マンの鑑のような人。

 体調整えて 明日から、頑張りまする。 スンマセーン。

 みなさんもお大事に!!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 誰だって、風邪をひくほど暇じゃない。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-23 18:15 | ワインの話じゃないけれど。 | Comments(0)

d0212522_19443592.jpg
ロッソピチェーノ “チェルヴィドーニ” 2013 (タヴィニャーノ)
と、
臨時休業のお知らせ

 今日のテイスティング風景。
 先の 「ラ・チチェルキア」 さんの晩餐で、びっくりしたワイン。
 何にびっくりしたかというとね。 すごく良かったものやから 翌日改めてリストを見てみると、
 都合よく聞き間違えてたみたいで、価格が全然違ってた w
 それでも採用になったんやから、その実力は ホンマモン やで。
 ロッソピチェーノ もまた、アドリア海沿いで もっと注目されるべきワイン。
 6月の新着を チェックしてみてね。

 へてから、業務連絡~ッ。

 G.W. 営業したさかいに、
22日(月) と、
29日(月) は、
 臨時休業 頂きます。

 山奥にでも籠って、しばし現実逃避しまーす ♬

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 緑に飢えてますねん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-20 19:53 | 業務連絡~。 | Comments(0)

 タヴィニャーノ のセールスマネージャー、ダヴィドさんと一日同行営業して回った昨日。
 晩餐はもちろん! マルケ料理専門店 「ラ・チチェルキア」 さん。

d0212522_19384277.jpg
ミネストローネ・コン・ラ・チチェルキア

マルケ・ロザート “ブオナセーラ・シニョリーア” 2015

 「チチェルキア」 というお豆さんの入ったミネストローネ。
 そう。 お店の名前は、「セッラ・デ・コンティ」 という小さな町 特産のお豆さん、チチェルキア から付けられたもの。

 メチャメチャ ほっこり~ ♡
 疲れた身体にしみこむお料理と、その浸透を後押しするかのような ロゼ。

 食事を通して、思った。
 タヴィニャーノ のワインは、強烈なインパクトを持ったものではないが、どれも美味しい。
 それは、お料理を欲する味わいだからで、欲したのち 一緒に口にした時、脳も口の中も、納得するのだ。
「そうそう ♬ これやん!」
 てね。

 そんな体験、してみてや。
 6月、来日キャンペーン!
 開催決定 ♬
 詳細後日!

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! マルケ行きたい~ッ! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-19 19:50 | 造り手との食事。 | Comments(0)

 今週2回目の、造り手との同行営業。
 そやから今日も、アップ早いねん。
 どこの造り手かて?

d0212522_12171269.jpg
テヌータ・ディ・タヴィニャーノ

 マルケ州の造り手。
 ミスコは、マルケ州では2例目となる 「白ワイン・オブ・ジ・イヤー」 という栄冠に輝いた。
 良質の白ワインは、北イタリアの独壇場ではない ということを、世界に知らしめた。

 造り手の努力は、並ではない。

 そこんところ、詳しく聞いてみよか。
 またレポートするなり (できるのか!? こんなにいっぱい来日してるのに・・・。)

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! ワイン飲むには、最適の気候ね ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2017-05-18 12:35 | 造り手と、同行営業 ? | Comments(0)