ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2016年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


 年内最終日の今日、社員全員(二人w)が、二日酔いのなか、業務を終えた。
 はい。 明日も内勤決定 ♡
d0212522_20473269.jpg
靭本町の銘店 ラ・カンティネッタ の 「黒毛和牛のタリアータ」。

 昨日の忘年会(二人ww) でのひと皿。
 ワインがすすむトスカーナ料理の数々。
 飲み過ぎるのも 無理はない(イイワケ)。
 ブルネッロ との相性は、もはや言うまでもありませんな。

 毎日更新すると宣言したこのブログも、気付けばもうすぐ 2年になる。

 エノテカビアンキの売上に貢献しているかどうかは不明だが、物事をあれこれと考えるための、良い時間には なっていると思う。

 最終日にいつも想うこと。

 エノテカビアンキはお客さんに、高い満足を与えられているか?

 レストラン業界と運命を共にする ウチにとってのお客さんは、シェフやソムリエの人たち。
 プロであるその人たちが満足のいく情報と商品を、提供できているのか。

 答は出ないけれど、常に自問し戒めることを、忘れてはいけない。
 そう自分に言いきかせるのです。

「初心忘るべからず。」

 エノテカビアンキの、座右の銘。
 会社の名前は この言葉に由来する。
 社名を汚さないためにも、日々精進する所存であります。

 今年もお世話になりました。

2016年 12月 29日
エノテカビアンキ 丸谷 崇


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-29 21:27 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_13075106.jpg
イメージ画像 w


 年末年始に不可欠なもの。 それはやっぱり しじみ習慣 スプマンテ やね。
 買い忘れてまへんか?
 エノテカビアンキ、明日まででっせ。
 年明けは、5日(木)からでっせ~~~ッ!!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 自分へのご褒美ワインも、買い忘れたらアカンで。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-28 13:14 | 業務連絡~。 | Comments(0)

d0212522_19561812.jpg
ジョセフ 2015 (ホフスタッター)

 新しいヴィンテージ、入荷しましてん。
 イタリア最高の ゲヴュルツの造り手が手掛けるだけに、とにかくリピート率の高いワイン。
 ジョセフ・ファン、広がっとるなぁ。

 品種特有の、「豊潤」。それでいながら、酸とミネラルをバランス良く持ち合わせる。

「お前は次に、『お、美味しいッ!!!』 と言う。」

 飲んだ瞬間、そんな声が聞こえた人は、オレとだいたい同世代、やでぇ ♡

 また読みたいなぁ。
 ジョセフ・ジョースターの巻 ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 刻むぜ!波紋のビート! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-27 20:14 | 再入荷! | Comments(0)

 今年のクリスマスは、良い日取りやったんやろか?
 曜日が良すぎて レストランにとってはメリットが少なかったように思うのは、僕だけやろか?

 かく言う僕は何をしてたかというと、

d0212522_18020166.jpg
独り バーニャカウダ ♡ at 天満橋 コッチャさん

 今年2回目の 「独りバーニャカウダ」。
 ロウソクの灯りが ひときわ明るく、滲んで見えた (泣いてへん、泣いてへんで)

 美味しいお野菜 食べたあとは、

d0212522_18021568.jpg
独りアクアパッツァ w

 美味しいわぁ ♡
 満席のカウンターとテーブルを たった一人で切り盛りする手際の良さにも感心。
 独りやったからワインはグラスで、アルト・アディジェ の ヴァイスブルグンダー。
 2皿で3杯て!

 もし仮に、ギャル (死語) と二人やったら、何飲んでたかなぁ。。。
 なんて考えてると、

d0212522_18022953.jpg
ロエーロ・アルネイス 2014 (ブルーノ・ジャコーザ)

 こんなん飲みたくなってん。
 もんのすごく丁寧に造られた アルネイス。
 慌しい一日の疲れが 吹っ飛ぶこと、請け合い ♡

 コッチャさん。
 行ってみてや。
 ワインを飲ませるお料理の数々。
 飲み過ぎること間違いなしw

業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! やねん。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-26 18:18 | お料理とともに。 | Comments(0)

 外食が続くと、年末モード突入の感。

 仕事終わるの遅いから やむなくレストランへ行くのか、
 レストランに行きたいから ミッチリ仕事するのか、は置いといて、とw

d0212522_17384195.jpg
もち豚ロースのソテー サルサヴェルデ添え

 ブンダブン!! 末広シェフ 渾身のひと皿。
 肉汁ジュワッ!
 豚やけど ウマウマ~ッ ♡

 ほいで、この良質のお肉には、

d0212522_17385244.jpg
キアンティ・クラッシコ 2013 (イゾーレ・エ・オレーナ)

 良質の サンジョヴェーゼを。
 お肉大きめに切って一口、へてから オレーナ 流し込む。
 このサイクルで、ほとんど無言でもって食した。
 罪なマリアージュだこと ♡
 飲み過ぎてしもたやないの。

 これでも充分魅力的な要素を持ったお店やけれども、もうひとつ。
 それは、
「おひとり美女出現率が高い(オレ調べ)」
 この時も、すっごい別嬪さんが二人も!
 まぁ オレは、別嬪さんには目もくれずに 肉食ってたけどな(大ウソ)。

 橋のたもとの小さなお店。
 行ってみてや。

 あ、別嬪さん目的で行ったら、アカンねんでぇw


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! やっぱり肉を食おう♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-24 17:57 | お料理とともに。 | Comments(0)
d0212522_19441435.jpg
三重県浦村産の牡蠣と春菊のリングイネ

 なんばにできた フェリチーボさん。
 昨夜のあの大雨の中、行ってきてん。
 木津市場に近いという立地は、レストランにとってはやはり魅力。
 牡蠣のプリプリ、堪能しましてん。

 そしてこのお料理にと、おすすめ頂いたのが、

d0212522_19485814.jpg
アウラート 2014 (イル・コンテ)
 「ファレリオ」 っていう DOCなんやけれども、知られてへんなぁ。
 かく言う僕も詳しくは知らへんけれどもw
 そやけどこのお料理には! 抜群に合いましてん。
 牡蠣にレモンをふるような、そんな感じ。
 強烈な個性を持っていないからこそ、お料理にはよく馴染む。

 ワインとアンティを 軽く飲りたい... なんて使い方もできるので、
 仕事帰りになんば通る人、楽しい寄り道 してみたら?


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 牡蠣に合うワイン、たくさんあり〼 ♡ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-23 20:06 | お料理とともに。 | Comments(0)
d0212522_18183464.jpg
 写真は、肥後橋の銘店 「ピアノピアーノ」 の 「和牛のタリアータ」。
 最高やないの!

 昨日は、エトリヴァン の佐々木さんとの晩餐。
 経済をはじめ景気やヨーロッパの動向、イタリアでの出来事から、氏が飼っているニャンコの話まで。
 多岐にわたった。
 そして、佐々木さんとこのお店に来る時は決まって、ワインがブラインドで出てくる。
 これもまた、会話が弾む粋な計らい。

 どれどれ、とテイスティングが始まったが、
 香りを嗅いで ネッビオーロ と答え、味わえば アルバのネッビオーロではない、と断言した。
 そして僕が 2005年くらいかなという予想に対して、氏は 「90年代後半」 と答えた。

d0212522_18240525.jpg
ゲンメ “コッリス・カレッレ” 1997 (カンタルーポ)

 鳥肌もんやね。
 完全に当たり。

 素晴らしく香る ゲンメ。
 このヴィンテージでも若々しさを保っていた。
 まだ伸びるのではないかと期待させてもくれる、奥深い味わい。
 収穫から20年。。。
 すごいワインやなぁ。

 そんなことを考えながらの昨夜。 最高の食事だった。
 年末にわざわざ大阪に来て下さって、食事をご一緒して頂く。 もう何年続いているだろうか。
 来年もその先も、この楽しい食事が続けられるように、日々を頑張っていかんとね。
 そう、自分に言い聞かせた、年末のブログでございましたー。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! なんだよなぁ。 ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-22 18:42 | つぶやき。 | Comments(0)
d0212522_18080877.jpg
バローロ “ブッシア” 2009 (カッシーナ・バッラリン)

 「偉大なる畑」 と讃えられる、「ブッシア」。
 「厳格な」 とか、「男性的な力」 とか 形容される。
 造り手も、アルド・コンテルノ を筆頭に、パルッソ、オッデーロ など、すンげー造り手が多く所有する。
 カッシーナ・バッラリン もそのひとりだが、そんな造り手たちと比べると、ちょっと違う。
 何かというと、ブッシア の中ではすごーく、

やらかい。

 ねん。
 無論、偉大では ある。
 でもそれは、「男性的」 というよりもむしろ 「女性」 のそれだ。
 飲み手を虜にする。
 レストランで、飲んでみてや。


 ここまで力説したけれども、現在インポーター欠品中、やねん。
 (ウチにはほんの少し、在庫があるねん。)
 次のヴィンテージは、来年の春ごろ、そよ風に乗ってやってくるのだぁ ♬


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! バローロの季節やね ♬ ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-21 18:27 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_19461383.jpg
エトナ・ロッソ 2014 (ベナンティ)

 「ロッソ・ディ・ヴェルゼッラ」 の名で親しまれてきた、ベナンティ のベースとなる 「エトナ・ロッソ」 が、その名を使わなくなった。
 白の ベース、「ビアンコ・ディ・カセッレ」 も同じく 2014年から、「エトナ・ビアンコ」 としか名乗らなくなった。
 なぜか?
 2年前お会いした時の会話から なんとなく想像はつくが、こんど来日する時の質問が、またひとつ 増えたね。

 とはいえ、あの ベナンティ やで。
 中身はお墨付き ♬(まだ飲んでへんけどぉw)。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 「なんで?」 を大切にしよう! ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-20 20:00 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_16483927.jpg
 画像は肥後橋の名店 「サンタルチア」 さんの、「魚介のトマトソースをパッケリで」。
 ウマいのなんのって!
 メニューには、「パッケリ又はリングイネ」 とあったので迷わずパッケリをオーダーしたが、
 このお皿をオーダーするほとんどの人が、リングイネにするそうだ。
 メジャーだから、だろうか??
 パッケリは確かに、お肉のラグーに合わせることが多いが、マルケ州の造り手、ウマニ・ロンキ を訪れた際、海沿いのレストランで 「魚介のパッケリ」 を食べ、その相性の良さったらもう! 大いに納得した。

 さてさて そんな美味なるお皿に、何を合わせてくれたかというと、
 マストロベラルディーノ のフィアノ・ディ・アヴェッリーノ だった。
 フィアノらしい華やかで爽やかな香り。 スッキリとしていながら適度なヴォリューム、余韻も長い。
 うンまかったわ~ ♡

 ところで ウチのワインなら、何を合わせたいかなぁ、なんて考えてると、↓
d0212522_16485440.jpg
フィアノ・ディ・アヴェッリーノ “ヴィーニャ・デッラ・コングレガツィオーネ” 2008 (ヴィッラ・ディアマンテ)

 やっぱり、フィアノ やなぁ。
 ウチで扱う フィアノ の中では最も高価だが、満足度は価格の上をゆく。
 想えばこのワインに出合ったのは、もう10年以上も前ね。
 翌日から、
「すンげーフィアノ 見つけたで!」
 って うるさいくらいに営業した。

 そんなワイン、やねん。
 美味しいねん。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキッ!! 美味しい料理。 美味しいワイン。 最高 ♬ ~


[PR]
by enotecabianchi | 2016-12-19 17:12 | お料理とともに。 | Comments(0)