ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2016年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧


 19世紀。
 花の都 フィレンツェの名家の娘として、レオーニア は生まれた。
 当時の社会的事情で、名家の娘は政治に活用される。
 レオーニアも例にもれず、年頃になると政略結婚のため、爵位のある男へと嫁いだ。

 その嫁ぎ先は、フレスコバルディ侯爵家。フィレンツェを代表する名家だ。
 しかしながらその男はなんと、女癖が悪かった。
 結婚後間もなくして男は、丘の上の土地と屋敷を レオーニアに与えて そこに住まわせ、
 自分はフィレンツェで女遊びに耽った。

 彼女が与えられた土地は、ポミーノという。
 「小さいリンゴ」 という意味のポミーノは、標高700メートルを超える。 レオーニアがここに来た当時は、リンゴの樹しか植わっていなかった。
 つまりそれだけ、寒く痩せた土地なのだ。

 レオーニア はそこでワインを造る決心をし、フランスからブドウの樹を取り寄せ、植えた。
 ワイン産地、ポミーノ の始まりである。

 レオーニアが植えたブドウは、シャルドネやピノネロなどの、フランス系品種。
 「リンゴが良く育つほどの気候。 この気候なら、上質のスプマンテが出来るに違いない。」

 そうして出来たのが、彼女の名を冠したスプマンテ、「ポミーノ・ブリュット “レオーニア”」だ。
 1878年のパリ万博に出品され、見事「金賞」に輝いた。

 現在、レオーニア は偉大な女性の象徴として、フレスコバルディ家で崇められ、またこのエピソードを知る世界のワインラヴァーにも愛されている。

「女は 凛として、勇敢であってほしい。」

 そんな レオーニアの強いメッセージが込められた、まさに女のためのスプマンテ。
 そのためこのワインからは、力強さよりも優しさが、香りからも味わいからも、見つけることができる。

 女性にこそ飲んでほしいワイン。
 僕もそれに、同感だ。

d0212522_20362052.jpg
 そして、陽気女子、エリカも、ね(笑)

 明日、入荷するよ~ッ!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 女のワインは、美すぃーッ! ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-30 20:43 | 歴史もの。 | Comments(0)

 生産者、来日~ッ!
 に伴う、メーカーズランチ~ッ!!

 今回は、「マルケージ・デ・フレスコバルディ (フレスコバルディ侯爵家)」 から、
 エリカ・リバルディ。

 こんな人 ↓


d0212522_20561486.jpg
 ブッ飛んでるね~ッ。
 待ち合わせて会った時、周りの人に、

エリカ:
「彼とはトスカーナで初めて会ったの。 もう8年も前のことだわ。
 私が今より10キロも痩せてた頃ね。
 だから、過去の私を知りたいなら、彼に聞いてね ♡」

オレ:
「・・・・・。」

 実際、彼女に初めて会ったのは トスカーナだった。 その頃彼女は、「テヌータ・ディ・トリノーロ」 に勤めていて、僕は彼女に、同カンティーナを案内してもらったというわけ。

 体格もだがそれ以上に、彼女のデッカい笑い声は、周りをも笑顔にしてくれる。
 そんな陽気な彼女から、たくさん良い話を聞いた。

 しゃーけど 今日はまとまらなかったので、それは明日、話すとしよう。


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 明日は「勇敢で力強い女」の話やでぇ。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-29 21:11 | 造り手との食事。 | Comments(0)
d0212522_19130364.jpg
 写真は 月末恒例、リストランテ・ドゥエフィオーリ さんの試食会兼 アッビナメント会での一枚。
 遠くに見えるいくつものワイングラスを使って、フルコースのお皿 ひとつひとつに合うワインを 検証する。

 この日を迎えるにあたって シェフは、献立を考え、それらに使う食材を仕入れられる。
 僕は 数日前に送られてくる献立表を見て、このお皿にはこのワイン、と ひと皿に1本、ワインをセレクトする。

 画像はない。 文字だけの想像だ。
 だから お料理が出てきた時、
「あちゃ~ッ! あっちのワインの方がよかった・・・。」
 なんてこともしばしば。

 そうして 荒削りだったレシピと味わいを整え、ひと皿ひと皿を 「作品」 へと昇華させ、
 その作品の伴侶となるワインを、探し当てる。

 今回の検証は、3時間半に及んだ。
 間もなく、完成するだろうね。

 「アッビナメントの勉強デイ」、そう銘打った昨日。
 そんなに飲んで、あとの仕事は大丈夫なのか!?
 なんて心配は、ご無用なのよ。

 仕事、入れてへんから ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 日々勉強なのよ。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-28 19:35 | テイスティング! | Comments(0)

 レ・ヴィーニェ・ディ・ザモ。

 この造り手もまた、僕の古巣、エトリヴァンを通じて最初に日本に紹介された。
 巡り巡って昨夜、初めてその造り手の人と夕食をご一緒した。
 アジア・マーケット担当のジョヴァンニさん。

「ボナセーラ!」
 って言ったら、
「こんばんは!」
って返ってきた (笑)

「立秋を過ぎた今頃だったら・・・」
 って、日本人より日本的な喋りやな(苦笑)

 そんな日本語ペラペラのジョヴァンニさん。
 フリウリの現状を大いに語って頂いた。日本語で!

 それによると、

 フリウリにはいくつかのDOCがある。
 「グラーヴェ」 は最も栽培面積が広いが、そのほとんどは平地である。
 「イソンツォ」 も同じく 平地。
 そしてこのふたつの土壌は、岩が砕けて出来た、小石や砂が多い。

 対して、レ・ヴィーニェ・ディ・ザモ が畑を所有している 「コッリオ」 と 「コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ」(「COF」ね) は、泥灰質土壌、一部に火山性土壌を含んだ 丘陵地帯であること。
 これは、高品質のブドウを栽培するには有利な要素となる。

 なるほど確かに、グラーヴェ のワインと比べると、ギュッと凝縮、かつ 飲み心地が良い。
 (それなりの価格ではあるけれど。)

「レ・ヴィーニェ・ディ・ザモ といえば!?」
 の問いには、
「フリウラーノ!」
 と答えた ジョヴァンニ。
 おすすめのワインは、コレだ。 ↓
d0212522_21004927.jpg
ノー・ネーム 2015

 フリウラーノ がかつての正式名称 「トカイ・フリウラーノ」 を名乗れなくなったのは記憶に新しい。
 ハンガリーの地域名である 「トカイ(Tokaj)」 との混同を嫌ったハンガリー政府が訴訟を起こして、イタリアのブドウ品種名である 「トカイ」 が使えなくなった。
 ジョヴァンニ は未だに納得していない様子。
 いや、誰も納得していないのね。
 「ノー・ネーム」 は、「トカイ」 が使えなくなったことへの抗議の意。
 そして右下には、
DEDICATO A UN NOME NEGATO (否定された名前に捧ぐ)
 というメッセージが付された。

 そんなワインに合わせたのが ↓
d0212522_21125733.jpg
Tagliatelle con porcini e salsiccia (タリアテッレ イタリア産ポルチーニと茶美豚サルシッチャのソース)

 言うまでもないけど、最高のアッビナメントでございました~。

d0212522_21230411.jpg
 ありがとうジョヴァンニさん!
 そして若きシェフ、マッちゃんこと 植松さん!
 美味しかったよ~。 Grazie mille !


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 美味しいブログは、まだまだ続くで!~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-27 21:31 | メーカーズディナー。 | Comments(0)

d0212522_16594863.jpg
 写真は、「豚肉のグリリア」。
 久々の、オピュームさんでのランチ。
 お料理もサーヴィスも、安定感の極み。

 レストランでの上質な空間は、
 人を幸せにする。

 彩り豊かな食材が 競うようにお皿に並ぶ秋は、
 毎日でも出掛けたくなる。

 そういえば今日から、「オータムジャンボ」 発売やね。
 「宝くじ当たったら 何に使う?」
 の質問に最も多かった回答が、
 「貯蓄」 だったとか。

 コレが時代の反映だとしたなら、寒い世の中やね。

 オレ?
 アストン・マーティン 乗り回して、
 毎日のようにリストランテ行って、エエもん食べまくるのじゃーッ!

 秋やで!
 何してんの!?
 レストランに出掛けなッ!!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! そうしてオレの腹は、育ってゆくのじゃーッ! ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-26 17:16 | つぶやき。 | Comments(0)

 同行営業を終えて、ロリスさんとディナー。
 幾度となくメーカーズディナーをしている、新生 「ローザネーラ」 さんへ。
d0212522_21352967.jpg
 彼のフランチャコルタに合わせた、シェフご自慢の魚介料理の数々。
 しかも!
 夜風が心地良いテラスやなんて、料理も雰囲気も、
 ウマすぎるやないのーッ ♡

d0212522_21374975.jpg
レ・マルケジーネ のフランチャコルタ

 カ・デル・ボスコ や ベッラヴィスタ、コンタディ・カスタルディ などは、いわゆる 「大企業」 だが、
 レ・マルケジーネ は、「家族経営」。そしてその中では最も 規模が大きい。

 つまり、企業に求められる 「安定供給」 と、家族経営に期待される 「温かみのある高品質」、
 そのどちらをも持ち合わせている。

 彼の信条は、
・エレガントであること。
・飲み心地の良いワインであること。
・フィネスを感じるワインであること。
 この3つ。

 その考えから、醸造面においては、
・マロラクティック発酵は行わない。
・熟成に樽は使わない。
 この2点を、全てのワインに適応する。

 他にも専門的なことを話したが、もっぱらの話題は、家族のことや周りのクレイジーな友人たちの話。

「ウチのフランチャコルタの So2 添加量は、シャンパンの10分の1 さ。
 だから先日、男8人で 45本空いたよ! ひと晩でだよ!
 翌日はみんな、何もなかったように仕事に出掛けて行ったよ(笑)」
(オフレコかもしれんけれど、書いちゃった♡ )

 お孫さんの動画を僕たちにみせている時は 「おじいちゃん」 の顔になっていたけれど、
 ロリスさんはとても60歳には見えない。
 自然をこよなく愛する人で、暇があれば山登りに出掛ける。
 そしてあのゴツい身体なのに、クライミングでガシガシ岩を登るのだそうだ。
 若く見えるのは、そういったアクティヴな性格によるのかもね。

 お孫さんたちは、遊びながら仕事を手伝っていた。
 荷台の付いた自転車に乗って収穫を手伝ったり、
 ベルトコンベアにボトルを並べていったり。

「ワインの仕事は こんな子供の時から身近にあるものさ。
 僕もそうだったけどね。
 遊びを通じて、仕事を覚えていくんだよ。」
 おじいちゃんの顔をして、彼はそう言った。

 そして彼はこうも言った。今度は、経営者の顔で。
「僕には夢があるんだ。
 それは、ウチのワインを飲んでくれている全てのお客さんに会うことさ。」

 売れれば売れるほど、それは叶わぬ夢になるだろうけれど、そんな彼に、

「今日は4軒しか回れなかったけれど、今度大阪に来る時には、一日20軒回っても追いつかない状態にしておくから、
 よろしくね ♡」

 って伝えたら、

「あぁ! 望むところさ!!」

 と 男の約束をした。
 次の来阪が楽しみやね。
 でもその前に、頑張って広めんとアカンね!

 Grazie ! Loris .
 Ci vediamo a OSAKA !


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 造り手の心を伝えよう。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-24 22:10 | メーカーズディナー。 | Comments(0)
d0212522_15572779.jpeg
造り手さんと、同行営業〜ッ!!
フランチャコルタの造り手、レ・マルケジーネから、オーナーのロリスさん。
陽気すぎるくらい陽気なイタリアーノ(笑)

「スプマンテは、フェスタや楽しいことに不可欠。スプマンテがあったら楽しいだろ?
コレ大事よね!」

終始笑顔のロリスさん。
またレポートするなり。


[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-23 16:03 | ワインの造り手。 | Comments(0)

 アヴィノフェスタ 開催まで、一か月きったのね。
 
 気軽にやるなら プロセッコッ! (イェー! )
 歴史を知るなら アマローネッ! (イェー! )
 まだまだあるけど そのへんはッ、
 来て見て飲んで、
 酔いなはれッ! (フォー ! )

 そんなこんなで 今日はコレッ!

d0212522_19350825.jpg
アマローネ “グリエルミ・ディ・ヤーゴ” 2001 (ヴィッラ・スピノーザ)

 多くのアマローネ が出展される中で、古酒が飲めるのは貴重やね。
 「ベルターニ」 や 「マージ」 がアマローネの顔的存在なら、この 「ヴィッラ・スピノーザ」 は いぶし銀。
 しかもこのワイン、この会場でしか、飲めないのだ。
 ホンマの数量限定。 はい。 2本やねん。

 アマローネ を極めるなら、「ヤーゴ」 という畑名、そしてその味わいは、憶えておいた方が、エエで ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! エエもんいろいろ ありまっせッ♪ ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-21 19:48 | 楽しいイベント。 | Comments(0)
d0212522_18393990.jpg
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2009年

 全体的に評価が高かった、2010年のブルネッロ。
 「ワイナート」 にも、華々しく掲載されているね。

 その 「おかげ」 ととるか、その 「せい」 ととるか微妙だが、2010年は早々に売り切れた造り手は多くある。
 ただ、2009年は残して、ね。

 こういう現象は過去にもあった。
 1990年のブルネッロは、飛ぶように売れた。

 でも実際のところ、どうか?
 ワイナート の表紙には 「絶対買い!」 のお墨付きであったが、それを見て買った人は、本来の飲み頃まで寝かせて 開けるのだろうか?
 優良年は それ以外と比べると時間がかかる。
 今飲むならどちらが美味しいか?
 飲み比べれば、よく解る。

 僕ならば、2009年のブルネッロ で、本格的な秋の到来を喜ぶなぁ。
 今、美味しいでぇ ♡


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 飲み頃ワイン、あり〼。 ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-20 18:55 | ちょっと言いたいこと。 | Comments(0)
d0212522_13111637.jpg
イル・ピノ 2013 と インソリオ・デル・チンギャーレ 2015 (テヌータ・ディ・ビセルノ)

 センセーショナルな登場から、もう10年も経ったのね。
 ボルゲリ からほんの少し北の 「ビッボーナ」 という土地を 世界が知るきっかけとなったのは、この造り手の影響が大きいのではないか。

 インソリオ は、良くできたワイン。
 フラッグシップ 「ロドヴィコ」 の10分の1 の価格でありながら、力強さ、なめらかさ、落ち着き を併せ持ったワイン。

 イル・ピノ は、自社の名を冠した 「ビセルノ」 の正真正銘 <セカンドワイン>。
 だから ビセルノ は、この イル・ピノ なしには成り立たない。
 オルネッライア における レ・セッレ・ヌオーヴェ みたいな感じやね。

 待ってました!
 って人も多いのではないだろうか?
 紆余曲折あったけれど、
 銘醸ワイン! 今日から!
 販売 スタートォ !!


業務用イタリアワインなら! エノテカビアンキ!! 返り咲いて、良かった良かった ♫ ~



[PR]
by enotecabianchi | 2016-09-17 13:33 | 新着! | Comments(0)