ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2016年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

d0212522_21173528.jpg

 昨夜のメイン。 和牛イチボ とフォアグラ。
 このお料理に合わせたワインは、 「グラッタマッコ」。

 そう、誰もが知る ボルゲリの、グラッタマッコだ。
 巡り巡って現在は、モンテ物産さんが扱うこととなった。

 トスカーナでありながら ボルドー品種が多勢を占める ボルゲリ。
 造り手の中には、
「ボルゲリにおいて、サンジョヴェーゼは終わった。」
 なんて言う人もある中、グラッタマッコは そのブレンドに、「サンジョヴェーゼは不可欠」 という。
 15% と比率こそ少ないが サンジョヴェーゼは、ボルドー品種だけでは濃厚になりがちな色合いに 「品」 を与え、味わいにも 「エレガンス」 を形成する。

「これが、他のボルゲリのワインと グラッタマッコの違いなんだ。」

 食事をご一緒した同社の営業部長、マルテン・リールヴェルドさんはこう話した。
 グラッタマッコ は現在、「コッレマッサーリ」 というグループのひとつになっている。
 コッレマッサーリの本拠は、モンタルチーノの南で 「モンテクッコ」 を生産する。

 日本ではまだマイナーなこのDOC が、この造り手によってメジャーとなる日は、近いのではないか。

 そして グラッタマッコも今までみたいに、
「知ってるけどほとんど見かけない。」
 なんてことには、ならないよ。

 って、チョロっと プレッシャーかけてみた ♡


 品質を見れば、今までが何故そうだったのか、不思議なくらいだ。

 あ、またプレッシャーかけてしもた ♡♡



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ボルゲリの役者が、揃った感 ♡ ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-30 21:44 | 造り手との食事。 | Comments(0)

d0212522_1741286.jpg


 あるお店の一皿。
 7月からのコース料理で呈される。

 どんなお料理であろうか?


「いかなる分野でも共通して必要とされる重要な能力が、ひとつある。
 それは想像力だ。」

 こう言ったのは 「君主論」 で知られる中世の思想家、マキアヴェッリ。
 日常的に想像力を働かせている人にこそ、この楽しみを享受できるのではなかろうか。
 必然的にこのレストランは、思慮深い オトナ の空間となる。

 リストランテ ドゥエ・フィオーリ。

 西天満の銘店だ。
 そしてこのお料理に合わせるのは、どんなワインであろうか?
 想像は更なる想像を呼び、明日への活力となる。


 そんなオトナに、僕はなりたい。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ 予約して、行ってみてや。~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-29 18:06 | お料理とともに。 | Comments(0)

 自分の経験のため、昨夜は店長不在のレストランの 「お留守番」 をさせてもらった。
 大いに勉強になった。

 仕事柄、一般の人と話す機会が少ないので、専門用語を使わずにワインの説明をするのに慣れていない。
 だからこういう時には 恐る恐るでも、お客さんに話しかけちゃおう!と意気込んだんやけれども・・・


 知り合いばっかりやんか ♡ (嬉)

 シチリア専門店だが、その日だけは好きなワインをサーヴしていいってことなので、自分の飲みたいワインを持って行ったんやけど、

d0212522_17552127.jpg

リースリング・フリッツァンテ (ラ・トラヴァリーナ)

 やたら人気の高かったのが このワイン。
 フリッツァンテの 「優しい泡」 と リースリンの 「キリッと感」 は、雨模様にピッタンコ!
 おかわり続出!
 なんで 2本しか持ってけーへんかったの!? このバカ! バカッ!!

 深夜2時までの営業は、やっぱり疲れるな。
 そんなわけで今日はしっかり二日酔い。

 ん? 働いてたのになんで??

 ご来店頂いたみなさま、ありがとうございました~ッ!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! カメリエーレは、大変やけどオモロいな。~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-28 18:04 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 夏ワイン、 楽しんではりますか?
 今年のウチの夏ワインは、これから始まりましたな。 ↓

d0212522_1658263.jpg

キアヴェンナスカ・ビアンコ 21015 (ニーノ・ネグリ)

 ヴァルテッリーナ地区では キアヴェンナスカ と呼ばれる ネッビオーロを使った白ワイン。

 梅雨時の沈みがちなこころを、カラッと明るくしてくれる効能あり。
 夏の始まりを多くのお客さんに伝えてくれましたな。
 おかげさまで、あと20本です ♡

 こういうワインがあると、この季節も楽しみになるね。

 あ、言い過ぎですか。

 次の 「夏ワイン」 が間もなく入荷!
 次もまた、「ヴィニフィカート・イン・ビアンコ (赤で造った白ワイン)」。

 次はどんなブドウやろか!?

 お楽しみに!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 夏に美味しいワインあり〼! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-27 17:09 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 通常、「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」 は 「ブルネッロ」 よりも価格が安く、味わいもそれに従う。
 何事もそうだが、「例外」 は、ある。


d0212522_1951758.jpg

ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2014 (サルヴィオーニ)

 新ヴィンテージ入荷。
 「ブルネッロ のセカンド」 という地位からの脱却に成功したのは、 こういった秀逸な ロッソの造り手がけん引したからこそ。

「ロッソも寝かせてみたい。」

 僕がそう強く思ったのは、このワインを飲んだ時だった。
 そやから、ブルネッロ ほどではないけれど、ロッソ もちょっと 寝てはるねん。
 2009年なんか今飲んだら、飛び上がるくらい美味しいんやろなぁ。。。

 月曜日、開けてみよっかなぁ?




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! ややこしいけどオモロイな。イタリアは。 ~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-25 19:10 | 新着! | Comments(0)
d0212522_1339388.jpg

パオロ・ベルタ・リゼルヴァ・デル・フォンダトーレ 1990 (ベルタ)

 ヴィンテージ・グラッパ の最高峰。
 食後にこれ飲んだら、

 分かるだろ?





~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ バックヴィンテージも、あるでぇ。~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-24 13:48 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

d0212522_2092219.jpg

さぁ今年も動き始めたよ~ッ!

 アヴィノフェスタ。

 第7回目となる今年のテーマは、「ヴェネツィア共和国」。

 そう。 先日開催された 「地域別試飲会 <ヴェネツィア共和国>」 は、このイベントの前哨戦だったのね。

 「最も近いヴェネツィア」
 そのフライトチケットは、7月1日(金) 発売!

 昨年の売れ行きを見ると、今年も早くなくなると思うので、
 「またこんど」 は、危険やで。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! でもこのイベントは、外せない。~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-23 20:14 | 楽しいイベント。 | Comments(0)
d0212522_18235684.jpg

マッツォン・ブラウブルグンダー・リゼルヴァ 2011 (ブルンネンホフ)

 新着。
 「マッツォン」 を名乗る ブラウブルグンダー (ピノネロ) が好きでね。
 香り高く豊満なピノだが、そこには必ず 「エレガンス」 がある。

 オトナを酔わせる 妖艶。

 マッツォンのラベルには 「ピノネロ」 の表記が、ない。
 造り手のこだわりが垣間見れる。

 パッと見、イタリアとは思えないところもまた、エエねぇ ♡

 24本限定やねん。
 今からフェイスブックを使って案内するので、状況によっては、「新着案内」 にも載らない可能性がありまする。
 その際は、許してチョ ♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! エエねぇ! ~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-22 18:36 | 少量入荷! | Comments(0)

 今月の目まぐるしい試飲会&食事会で 採用となったワインが、続々と入荷。

d0212522_17341219.jpg

オルヴィエート・クラッシコ・スペリオーレ “テッレ・ヴィネアーテ” 2013 (パラッツォーネ)

 最も印象に残ったこのワインもね。
 思い返せば パラッツォーネは、オルヴィエートの優良な造り手と知ってはいたが、前のインポーターでは情報量が乏しかった。
 一度は扱ったものの、すぐにやめてしまったのを覚えている。

 今、もし売れなければ 何の言い訳も通じない。

 どれだけ美味しいかも知っているし、何と合わせれば良いかも知った。
 ピンピン の2015年ヴィンテージもあったけれど、数年寝た方が良いことも知ったから 2013年を仕入れた。
 自信を持ってお勧めするで。


 しばらく経って、

「あぁぁ! 売れへんのは、オレのせいや!」

 なんて、自虐思想に陥ると大変やさかいに、
 みなさん、買うてください。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 美味しいよ ♡ ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-21 17:47 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 芳香性に富む赤ワイン、「ルケ」 のスペシャリストとして、
 ウチのリストにも長く掲載している 「ルカ・フェッラリス」。
 彼が造る白もまた、豊かな香りを放つ。

d0212522_19132857.jpg

センサツィオーニ 2014 (ルカ・フェッラリス)

 ピエモンテでは珍しい、ヴィオニエ 100%。
 独特の、甘い南国フルーツの香りは、この季節なら若干冷やし気味に。
 その温度の影響で、モタッとしがちな甘い香りが、キュッと締まる。

 そうなるとホレ、
 ふくよかながらも シュッとしてはる、セクスィ~ なワインに大変身~ッ!

 試してみなはれ。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 人もワインも、「色気」 大事ね! ~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-06-20 19:21 | 美味しいワイン。 | Comments(0)