ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2016年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

d0212522_1914212.jpg

 造り手さん、来日~ッ!
 ラツィオ州のワイン、「エスト! エスト!! エスト!!! ディ・モンテフィアスコーネ」 の造り手、リッカルドさんと インポーターのスタッフ、キアラちゃん。 キャワいいなぁ ♡
 昨日の午後、レストランへ同行営業。

 一日一緒にいて エスト (長いから今後こう書くで) に対するお客さんの反応を聞いてみると、

「若い頃 勉強した時に名前を知った」
 くらいの人が大半で、中には、

「初めて飲んだ。」

 という人もいた。
 僕も実際 レストランで、そのワインをリストに見つけても、まず頼まないだろう。
 この造り手を知るまでは、ね。

 100年にわたる歴史を持つ造り手だから ラベルには、「“アンティカ・カンティーナ” レオナルディ」 とある。
 モンテフィアスコーネ では最も古い造り手で、紆余曲折あったこのDOCの歴史を、誰よりも肌で感じている造り手だろう。

 エスト は、3種のブドウがブレンドされている。
 トレッビアーノ・トスカーノ、マルヴァジア・プンティナータ、そしてトレッビアーノ・ジャッロ (地元では“ロッセット” と呼ぶらしい) だ。
 重要なのは トレッビアーノ のふたつ。

 トスカーノは、収穫量が多く、麦わら色を呈するブドウ。 香りは優しく みずみずしい。
 火山性の土壌に由来する適度なミネラルも感じられる。

 一方 ジャッロ は、収穫量が少ない。 粒が小さく 果皮が厚い。 熟すとピンク色を呈する。
 結果 ブドウジュースは、黄金色。 そして芳香性に富み、トスカーノ と比べると より果実味が強く、はっきりとしたストラクチャーを持つ。

 マルヴァジア・プンティナータ の特徴を聞けなかったが、このブドウは年々、ブレンド比率が下がっているのだとか。


 レオナルディ ではふたつのエストを造っている。
d0212522_2064324.jpg

 ひとつはスタンダード・レンジ。 同社の名刺代わりのワインだ。
 トレッビアーノ・ジャッロ の比率は 15%。 ステンレスでの熟成を経る。
 いわゆる “観光客用” のエストとは一線を画しているのは、その色を見れば 一目瞭然だ。
 並のエストよりも深い色を呈していて、これは ジャッロの比率の高さに由来する。
 味わいもまた、ジャッロの影響が大きい。
 適度な酸とミネラルは、スイスイと飲めてしまう要素だが、そこに 蜜のような上質な甘さが伴う。
 ジャッロ の恩恵だ。

 もうひとつのエストは、リッカルドが創造したもの。
 ポッジョ デル カルディナーレ。
 選定をより厳しくして収穫は手摘み。
 そして ジャッロ の比率を30% にまで高める。
 高いポテンシャルを有するジャッロを、フレンチオークのバリックで熟成。
 エストにおいて、最も立体的なワインへと昇華した。
 はっきりとした 蜜の味わい。 樽のニュアンスは弱く、ちょっとしたグリップを感じる。

d0212522_20155617.jpg

 ふたつのワインには、実にシンプルなお料理と合わせて頂いた。
 お互いを引き立て合う、楽しい食事。


 かつて、 「ヴェルディッキオ」 も、魚の形をしたボトル に詰められた “観光客ワイン” の時代があった。
 彼らは早い時期にそれらを捨て (今もたまに見るけどね)、“観光客向け” からの脱却に成功し、今、アドリア海沿いで最も注目を集める白ワインとして知られている。
 「品質的」 に、 ね。

 レオナルディ の エスト もまた、

「もしかすると もしかするかも。。。」

 そう感じずにはいられない、ポテンシャルを秘めたワインなのよね。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! ウマイもんはウマい。~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-31 20:28 | ワインの造り手。 | Comments(0)

「レストランの皆さん。 フランチャコルタを 『スプマンテ』 のリストの中に入れないで下さい。
 フランチャコルタはフランチャコルタです。 だから、フランチャコルタのリストを作って下さい。」

 10年前、セミナー会場でこう言ったのは、マウリツィオ・ザネッラ氏。
 そう、フランチャコルタの代名詞的造り手、カ・デル・ボスコ のオーナーだ。
 それに感銘を受けて、すぐさまその通りにしたのを、時々思い出す。

d0212522_12542699.jpg

フランチャコルタ “キュヴェ・プレステージ” (カ・デル・ボスコ)

 モデルチェンジした時、そのスタイルに賛否両論あったが、コンセプトの理解が広まるにつれ、「否」 の声は小さくなった。
 コンセプトと味わいの一致が、その原因といえようか。

 マウリツィオ・ザネッラ は、フランチャコルタの知名度を上げることに尽力したひと。
 キュヴェ・プレステージ にモデルチェンジしたその最たる理由は、「フレッシュさ」。 そしてそれに伴う 「飲みやすさ」 にある。
 カ・デル・ボスコ のホームページを訪れてみてね。

http://www.cadelbosco.com/

 どれだけの投資と努力で このフランチャコルタができるのか、動画を見るだけでよく解る。
 そして知ってもらうには、価格も大事だし、他社と比較することも大事。

 大事なことをたくさん詰め込んで 6月、新たなフランチャコルタのリストが完成した。
 DMに同封されているので、どうか目を通してみてね。
 
「上質の泡をグラスで。」

 上質な泡なら、フランチャコルタ!

 決まってるやん ♡




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 今日も早めのアップ! 理由は明日報告するなり! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-30 13:16 | いいお知らせ。 | Comments(0)

 オトコマエ の造り手、来社~ッ!
 土曜日に珍しいな。 休日出勤ご苦労さま!

d0212522_2012771.jpg

 カンパーニア州 タウラージの雄、フェウディ・ディ・サンゴレゴリオ から、アンドレア・ファビアーノ さん。

 同社の “モノヴィティーニョ (単一畑)” シリーズから上のクラスを5種、テイスティング。
 ひとつだけ、初めて味わうものがあった。

 「シリカ」 というワイン。
 「シリカ」 は、ブドウの名だ。 初めて聞いた。
 単一畑でこのブドウを栽培しているのは、世界でここだけだそうだ。
 同社では 200年を超える樹齢のアリアニコが、いまだ現役で実をつける。 それらは同社のフラッグシップ・ワイン、「セルピコ」 を造るための畑だが、そこに一見して、アリアニコ でないブドウがあった。
 地元のじぃちゃんたちに話を聞いてみると、

 「あぁ、それは シリカ というぶどうじゃよ。 ヒャヒャヒャ。」

 と教えてくれたそうな (ホンマカイナ!)

 古代ローマから存在するブドウで、その頃は 「シリクム」 と呼ばれた。
 未だ研究段階ではあるけれど、いくつかのブドウと共通点が多く、それらのブドウのルーツではないかと、囁かれている。
 それらのブドウとは、「レフォスコ」、「テロルデゴ」、そして 「シラー」 だ。

 味わってみると、なるほど確かに シラー に通ずるスパイスの香味、くわの実、ドライなニュアンス。 アリアニコとは明らかに違う個性を持っていた。 料理が欲しくなる味わい。

 フィアノ “ピエトラカルダ” と タウラージは既に扱っているけれど、この 「シリカ」 も扱ってみたいな。
 ちょいと考えるわ。

 Grazie Andrea !
 勉強になったわ。
 それだけやなくて、頑張って売るわ ♡



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 美味しいワインいっぱい! ~



-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-28 20:20 | ワインの造り手。 | Comments(0)

 ベナンティの エトナロッソ“ロッソ・ディ・ヴェルゼッラ 2013
 明日入荷します! 大変お待たせしました。
 欠品中、担当さんは頭をまるめて反省されていたので、どうか許してあげてね ♡

 写真ないさかいに今日は、

d0212522_19551246.jpg

エトナビアンコ “ビアンコ・ディ・カセッレ” 2013
 白で思い出してもらお思てね。

 同社のエトナビアンコ、スタンダードレンジのこのワインも、ボルドーボトルからブルゴーニュに変わった。
 そしてエンブレムも 白黒に。
 プレミアムレンジ (奥のロヴィテッロ とかね) との差がはっきり、かつ 一目で消費者に解るよう考えられている。
 そして、“ ETNA BIANCO” の文字の色は、このワインの特徴をよく表していると思う。
 暖色を使っていない。 これがいかにも エトナっぽい。 また、ベナンティ らしさでもある。

 昨日のワインと同じ、「涼しいワイン」 なのよね~。
 ん? なになに?
 火山のワインに 「涼しい」 と形容するのはおかしいって?

 そこに行けば、解るよ。




 行ったことないけどw



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 6月も、新着いっぱい! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-27 20:09 | 再入荷! | Comments(0)

 午後から営業やさかいに、今日は早めのアップ。
 2年ぶりに 入荷してん ♫ ↓
d0212522_11124.jpg

キアヴェンナスカ・ビアンコ 2015 (ニーノ・ネグリ)

 ロンバルディア州における 「ネッビオーロ」 の呼び名、「キアヴェンナスカ」 を主体とする白ワイン。
 そう、「ヴィニフィカート・イン・ビアンコ (黒ブドウで白ワイン造ってん)」 ね。

 ユニークなワイン、というだけでなく、味わいもお墨付き。
 この時期に嬉しい、「涼しいワイン」 と形容するにふさわしい白。
 過去に入荷したものはだいたい2週間で完売しましてん。

 そやからお早めに!
 限定60本ですねん!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! やね! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-26 11:06 | 少量入荷! | Comments(0)

 タイトルの数字はなにかというと、
 6月に開催される 「試飲会」 の数。 スゴイナ!
 むろん他にもあるだろうから、6月はアイドルタイムにレストランへ営業に行っても、担当さんは居ない と考えた方が良さそうね。
 これだけの試飲会が開催されるのに、日程が被っているのはたったの 二日というのは、本町のマエストロによる粋な計らいによるものか!?

d0212522_1946284.jpg

 一番のおすすめは、「地域別試飲会」。
 ウチ主催やから、そらそうね。
 今回のテーマは、「ヴェネツィア共和国」。

 そして今回から、「エントリー制」 の18社ではなく、こちらが厳選した10社に出展して頂く、というスタイルに変わった。
 「このテーマならこの造り手は出展してほしい!」 という大変にわがままで独断に満ちたセレクトとなった。
 つまり、選んだ基準は、「インポーター」 ではなく、「造り手」。
 だから、インポーター名を見て、「ならばアレは出るだろうね。」 という皆さんの予測は、恐らく当たっている筈だ。 そしてそれらを比較テイスティングできるところに、この試飲会の良さがある。

 インポーターは、テーマごとに得手不得手があって当然。
 なので、声の掛からなかったインポーターさん、どうか凹まないでね ♡

 次回は、
 あなたが、
 主役だ!

 そしてレストランの皆さま、この日は空けといて下さいね ♡



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 主催の試飲会は年3回、やりますねん。~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-25 20:05 | 楽しいイベント。 | Comments(0)

 試飲会や造り手との食事では、できない比較テイスティングがある。

 だから、

d0212522_1926454.jpg

 やってみた ♡
 左から、
ヴィッラ “エモツィオーネ” 2010
モンテロッサ “プリマ・キュヴェ”
カ・デル・ボスコ “キュヴェ・プレステージ”

 造り手のコンセプトや方向性を それぞれ知った上で比較テイスティングすると、
 その違いは一層顕著に表れる。

 エノテカ・ビアンキは今後、フランチャコルタを積極的に勧めますねん。
 何でかって? 美味しいからやん ♡
 飲んで改めて感じた、その美味しさ。 そして、バラエティの豊かさ。

 新しい DM には、フランチャコルタだけのワインリストを同封しているので、
 ご自身のお店にフィットしたフランチャコルタに、出合って下さいね。

 作ってみて初めて気付いたけれども、フランチャコルタだけで20アイテムありましてん ♡
 汗かいたわ。



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! そんなに要るのんか!? というツッコミは、せんといてや~ッ!! ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-24 19:40 | テイスティング! | Comments(0)

 ジェロボームさんの試飲会を全面的に協力したのには 理由がある。

 同社は、バローロの サンドローネや、アルト・アディジェの アロイス・ラゲーデル、キアンティ・クラッシコの イゾーレ・エ・オレーナ など、誰もが知る造り手を数多く輸入している。
 しかしながらその出荷量は、知名度に見合ったものでは ない。
 つまりひとつめの理由は、<もっと出るべきだ> という思いから発する。

 もうひとつは担当さんの、この試飲会に賭ける強い想いに共感した、ということ。
 フランスを中心に輸入する同社にとって、イタリアワインは販路に悩む。 その逆も然りね。
 ウチみたいにイタリアしか扱っていないところに声を掛けてくれたのは、やはり嬉しいものだ。

 結果はどうであったか。

 来場者の多くが、レベルの高いワインを飲んで満足げだった。
 翌日、早速いくつかのお客さんからオーダーを頂いたことも、それを証明しているね。
 よかったよかった ♫

d0212522_20204962.jpg

イゾーレ・エ・オレーナ
キアンティ・クラッシコ 2012 と チェッパレッロ 2011

 試飲会ですこぶる評判が良かった。
 さすがやね。
 いつでもどうぞ。 万全整っておりまする。
 また扱うことになったのは、必然やね。


 イベントの帰り際、担当さんにこう伝えた。

「イベントは終わったけれど、僕たちにとってはこれからが勝負ですね。 来日した造り手のためにも、頑張って普及に務めましょうね!」

 確かな手応えを感じる試飲会は、やっていて楽しい。
 パートナーシップを大事にしつつ、美味しいワインを、広めようじゃないか ♫



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! じゃないか ♫ ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-21 20:39 | 美味しいワイン。 | Comments(0)
d0212522_19544084.jpg

 チェサネーゼは、
 他の地方の人が手を出さないくらい栽培が難しく、生産量も少ない。
 そのうえ、収量を抑えなければ ブドウ本来の味わいが出ない。
 おまけに 晩熟の品種ときている。

 普通ならば、他品種に目が移るだろう。
 なぜ彼らは、そんなブドウを育てるのか?

 愛やな。

 真面目な二人だから、セミナーでは自分たちのワインがどう評価されたのか、気になって仕方がない様子だった。
 「食事に合わせてこそ美味しくなるワインだ。」 と彼らに伝えたあと、その同じ人たちと食卓を囲めたのは、ラッキーという他ない。
 そして僕の予想は外れていなかった。
 イタリア料理であれ和食であれ、咀嚼しながら彼らのワインを飲むと、そこには セミナー会場では体験できなかった 「フィット感」 が。
 口の中は優しく馴染んだ。

d0212522_19512090.jpg

 昨夜は たんぽぽさんのお好み焼き。
 やんややんや! 合いまくり ♫
 パオロとアルマンドも大喜び。

 あらゆるお料理に寄り添ってくれるこのワイン。
 お店に置いてたら重宝するだけでなく、ネタのひとつとしても活躍することだろう。
 「右へならえ」 的なワインリストは早晩、お客さんに飽きられるよ。
 一般の人の知識は目を見張るほど早く、高まっているのだから。

 吟味して、2アイテムを扱うことにした。
 みっちり勉強したさかいに、チェサネーゼのことは何でも! 聞いてや!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ! 愛やよ! 愛 ♡ ~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-20 20:07 | お料理とともに。 | Comments(0)
d0212522_1746581.jpg

 チェサネーゼ・デル・ピーリオ の合同セミナーに行ってきた。

 ご存知だろうか?
 チェサネーゼ・デル・ピーリオ はラツィオ州の DOCG。
 2008年に昇格した。
 産地は、ローマの東 40km。

 歴史あるブドウで、紀元前200年には既に 文献に登場していたそうだ。
 ローマ皇帝ネルヴァ やゲーテ、またこのブログによく出る フリードリッヒ二世も、チェサネーゼというブドウのワインを を飲んだそうだ。

 ロマンやな。

 よく知られていたブドウだが、第二次大戦後の産業の社会的変遷により畑は放棄され、チェサネーゼは忘れられた・・・。
 さらに1970年代、世界市場では国際品種が幅を利かせる時代が到来。
 だが、そんな時にも、チェサネーゼ を造り続ける熱い人がいた。
 それが、カザーレ・デッラ・イオリアのパオロさん と テレンツィのアルマンドさん、今回来日した二人だ。

 今回、チェサネーゼだけを5アイテム、話を聞きながらテイスティングしたが、感じたのは、恐らく試飲会ではスルーされるワインたちだろうな、ということ。
 そして、セミナーでじっくり考えながら飲むよりも食事しながら飲む方が、このワインを知るには良いことも、よく解った。 もっとも、僕たちプロには、こういう場は必要不可欠ではあるけれど。

 パオロさんもアンドレアさんも、まっすぐで真面目で、根っからの 「農夫」 という感じ。
 優しさが溢れ出している。

 実はワインもそんな感じなのね。

 土地に根ざしてものを育てることの重要性、とくと味わった。

 チェサネーゼは難しい品種のようで、房が小さく生産量が少ない。
 これが、このブドウがこの地から外に出ることのなかった理由だ。
 そして、晩熟のブドウでもある。 これは、国際品種と比べると実にリスキーだ。

 また、除草剤は使わず、畑の畝の間にそら豆を栽培して土にすき込む、「緑肥」 を施して、土地に優しい栽培法を実践する。

 途中、こんな質問が飛んだ。

「このチェサネーゼに 国際品種をブレンドしたら、新たな味わいが生まれたりはしませんか?」

「それはないね。 もとより、ウチにはチェサネーゼしか植わっていない。
 苗木に関しても、クローンを絶やさないように苗木業者に依頼して同じクローンを受け継いでいる。
 だから僕たちにとって大事なのは、カベルネやメルロではなく、チェサネーゼ なんだよ。」


 難しい品種であるにもかかわらず、ただそれだけを栽培し、その普及に努める彼らを見て、
 いつも思っていることではあるけれど、

「あぁ、試飲会で美味しいワインだけを扱ってたら、アカンのよねぇ。」

 なんて、改めて思い知らされたセミナー。
 そんな彼らとこれから、和食とのアッビナメントを楽しむさかいに、今日はこのへんで!

 続きは明日!

d0212522_18411119.jpg




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ なのよねぇ。~


-
[PR]
by enotecabianchi | 2016-05-19 18:41 | ワインの造り手。 | Comments(0)