ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2015年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧


 ヴィヴェラのレポート、コピペ~。
 

 11月11日、ポッキーの日、愛称 「ロリ」 こと、ロレダーナ・ヴィヴェラ が来日、夕食を共にしました。

「女子ってよく喋るでしょ? そしてシチリア人はよく喋る人種なの。私がよく喋るのはそんな理由だから、許してね♡ 」

 こんな調子で始まった食事は、終始賑やかで和やかな雰囲気。
 モンテ物産が扱うメーカーの中では、最も小さい、家族経営の造り手ではなかろうか。
 まだ新しい造り手で、創業間もない頃から日本への輸出が始まっている。最初のコンテナを出荷する時、コンテナの前で、家族で記念写真を撮り、「今から出荷するね。」 とモンテ物産へ送ったという、微笑ましいエピソードも。


 ヴィヴェラは、エトナ山北東部の標高550m~600m に位置する リングアグロッサ にある。
 パレルモにも畑はあるが、エノテカ・ビアンキ では、エトナのみを扱うことになった。

~ マルティネッラの畑について ~
 ヴィヴェラのエトナは全て、このマルティネッラからのブドウで造られる。マルティネッラは、海からも火山からも9kmの距離。それぞれの長所が表現されやすい利点がある。
 また、元々が海だった土地なので、溶岩由来のミネラルに加え、海からのミネラルをも感じさせる。森にも近く、繊細な香りと心地良い酸は、その涼しい気候に由来する。


~ エトナ・ビアンコ “サリズィーレ”2011 ~
 「カッリカンテ というブドウをストレートに感じられるように、余計なものは入れないし余計な香りも要らない。」
 そんな理由から、ブドウはカッリカンテ100%、ステンレスのみの熟成を経る。
 味わいは、樽熟成を経ているかのような複雑みとミネラル、アフターに爽やかさが残る上質なワイン。
 研究の結果、カッリカンテ はボトル熟成を長く経た方が、味わいに深みが増すことが解り、以後、ボトル熟成を長くしている。だから現行ヴィンテージがこの2011年。複雑みは、そこに起因している。


~ エトナ・ロザート “マルティネッラ” 2014 ~
 これがファーストヴィンテージ。3,300本の生産。
 ネレッロ・マスカレーゼ100%。
 ネレッロ・マスカレーゼ が持つ、 「しっかりとした酸味、色はピノネロだが、ネッビオーロのようなタンニン、そしてミネラル感」、これらを忠実に表現したロゼ。
 濃くならないように細心の注意を払い、プレスは全体の60%に留める。だからこその、美しい色あい。畑名を冠しているだけに、丁寧に醸された特別なロゼ。
 モンテロッサ (フランチャコルタの造り手) の社長に、「価格設定が間違っている!」 と言わしめたワイン。

~ エトナ・ロッソ “マルティネッラ” 2010 ~
 ネレッロ・マスカレーゼ80%、ネレッロ・カップッチョ20%%。バリックでの熟成を経る。
 エトナの伝統的ブレンド。
 舌ざわりが滑らかで、重すぎないが余韻が長く、エレガント。
 ビアンコと同じく、ボトルエイジングを長くしリリースを遅らせる。
「ある造り手が、 『伝統的比率だし法律でも決まっているから変えられないけれど、個人的にはカップッチョの比率をもっと上げたい』 と言っていたけれど、ロリもそう思う?」
 という僕の質問に、
「私はそうは思わないけれど、そう言っているのは、ベナンティ? 」

 エトナでは皆、手の内が知られているようだ。
 それだけ、交流が盛んだということね。

 楽しい食事でした。

 ディナーでは、こんなお料理たちが食卓を彩りました。

d0212522_1927472.jpg

d0212522_192807.jpg

d0212522_19281363.jpg

d0212522_19284113.jpg

d0212522_19285553.jpg

d0212522_19291040.jpg


 ほいで、この人たちが、「ヴィヴェラ 親善大使たち♡ 」 ↓
d0212522_1930513.jpg





~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ でっせ~ 。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-30 19:33 | セミナーレポート! | Comments(0)

 お客さんに、柿 もろてん。
 見るのも、今年 初めてかも。

 これを、「フルーツ」 とは呼びたくないな。
 書くなら平仮名で、「くだもの」 と書きたいな。日本やし。
 洋ものと比べるとやはり、奥ゆかしい甘み。

 無理に合わせることもないけれども、仕事柄、ね。
 何に合わせるやろか?
 って考えると、

d0212522_21154770.jpg

モスカート・ディ・ノート 2013 (マラビーノ)

 モスカート。 しかも、甘すぎない モスカート が個人的に、いい。
 ノート は、シチリア最南端、つまりは イタリア最南の産地。
 ここで収穫された モスカート を、パッシート (陰干し) せずに、醸す。
 すると、デザートワイン なのに、酸を確かに感じる複雑な味わいのワインとなる。

 これが、奥ゆかしい甘みの 「くだもの」 には最適ではなかろうか。
 これと合わせたあと、
 熱~い 「お茶」 で、〆。

 なんて、どやろか?




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ ええで。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-28 21:27 | 美味しい食後酒。 | Comments(0)

 美味しいワインを見つける場所は、いろいろある。
 もちろん、オフィスに取り寄せたサンプルをテイスティングして決めることが多いが、それだけではない。

 中には、

d0212522_22422245.jpg


 お店で食べたトリッパと、

d0212522_224333.jpg


 合わせたサンジョヴェーゼがやたら美味しかったから載せた、ってのもある。

 トスカーナの人が作ったお料理には、トスカーナの品種が良く合う。

 いよいよ年末。
 準備は、よろしゅうございますかな?



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ だす。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-27 22:56 | テイスティング! | Comments(0)

 ようやく、12月の新着案内 完成! ふぅ。
 間もなく、みなさまのお手元に。

 中には、

d0212522_2017756.jpg


 レポートが、3通。
 連日の来日で、特に 「書くべき」 と感じた2生産者と、スタッフ 木下くんが作ったものと。

 年末だけに、各インポーターからの 「歳末大売り出し」 も多数、入っている。
 それも大事だが、それだけだと、気が滅入る。

 興味を持って頂けるかは分からないが、この仕事は、造り手の情熱を伝えてこそ、と考えているので。

 そんなわけで 今回のDMも、やたら <ぶっとい> 内容になってるさかいに、
 読んでるうちに、眠らんといてや。 風邪ひくで。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ よろしゅうに。 ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-26 20:23 | つぶやき。 | Comments(0)

d0212522_20571659.jpg

ムルゴ・ブリュット 2010 (バローネ・デル・ムルゴ)

 先日来日した ヴィッラグランデ の当主、マルコは夕食の際、最初のワインにこれを選んだ。
 アンティパストからセコンドピアットまで、幅広く楽しめるワインだからだが、理由はそれだけではない。

 それに関してはレポートを書いたので、近々お手元に届くのをお楽しみに。
 少ししたら、こちらにもアップする予定。

 11月は、「エトナ月間」 ともいうべき 怒涛の来日ラッシュ。

 話を聞いて、歴史を知れば、ワインはもっと美味しくなる。

 温故知新。

 ムルゴ・ブリュット は、エトナについてあれこれ考えを巡らす、「長い夜のはじまり」 にふさわしい。

 来日ラッシュはこの金曜日で終わるけれど、

 12月も、
 エトナはまだまだ、

 熱いでぇ!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やでぇ!~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-25 21:07 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 なかなかでけへん比較テイスティング、やってみてん。

d0212522_1940589.jpg

フリウリ。
レヌッツァの フリウラーノ と ソーヴィニョン。
そして、
ロダロの フリウラーノ と ソーヴィニョン。

 コッリ・オリエンターリ DOC の2014年、そして小売価格もほぼ同じときている。

 「好みの問題」。最終的にはそうなるんやけれども、
 ここまで同じカテゴリーなのに、こうも味わいが違うと、

 なんや嬉しくなるねん。

 結果は、
 1アイテムずつの採用となった。
 新着案内、週末にはお手元に届くように、今頑張り中。

 12月も、
 気合入れて、
 行きましょか!




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ でしょ?~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-24 19:49 | テイスティング! | Comments(0)

d0212522_20455262.jpg

エトナ・ロザート “マルティネッラ” 2014 (ヴィヴェラ)

 エラい エトナづいてるな。
 これだけ エトナの生産者と会うと、そうなるわな。

 さてこの エトナ・ロザート、先日来日した ロリ たち ヴィヴェラ家 にとって最も大切な畑 「マルティネッラ」 から造られる。 つまり、フラッグシップの ロッソ “マルティネッラ” と同じ。
 ロザート にコントラーダ名 を冠したワインは、他では見あたらない。

 先のディナーで 最も驚いたのは、このワインだった。

 ネレッロ・マスカレーゼ100%。
 この美しい色を出すのに、真空でゆっくり、4時間かけて プレスするそうだ。
 濃くなりすぎないように、優しくね、優しく。
 果実の60%までしかプレスしない。

 そう。
 手間 かけてますねん。

 その結果の、3300本。
 これが、ファースト・ヴィンテージ。

 世界に振り分けられ、30本だけ、ウチに届いた。
 来週から、販売開始するねん。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねん。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-21 20:56 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 造り手来日に伴う、メーカーズ・ディナ~ッ!
d0212522_207927.jpg

 昨夜、夕食をご一緒したのは、エトナ の造り手、バローネ・ディ・ヴィッラグランデ のオーナー、マルコ と バルバラ、そして小さな天使、息子のトンマーゾくん。

 改めてレポートすることになったから、マジメなことはそこにまとめるとして、と。

 彼らが造るワインを シチリア料理専門店 「クチーナ・イタリアーナ・ウエキ」 さんの洗練されたお料理と 行き届いたサーヴィスとのマリアージュ。


 素晴らしい。

 何よりも、二人が大喜び。


 彼らが造る 「エトナ・ビアンコ・スーペリオーレ」 は、魚介のためのワイン。
 だから、


d0212522_2064488.jpg

魚介ラグーのリングイネ


d0212522_2072594.jpg

レモンのリゾット 赤足エビ のグリル添え

 これらを食す時の彼らの表情ときたら! エエ顔してましたわ。


 食事の間、

「いつウチに来るんだ?」

 なんて嬉しい言葉をかけてくれたけど、食事が終わって別れ際には、

「もう、あなたは来なきゃダメ!」

 に変わってた。

 温かい家族に出会えて、食事をご一緒できて本当に良かった。

 今宵も、彼らの造るワインで、乾杯するとしますか!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ レポート後日! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-20 20:13 | Comments(0)

d0212522_18433698.jpg

 エトナ からの使者、4人目。
 どうなっているのか 今月は。
 北西部、ランダッツォ から、「テッラッツェ・デル・エトナ の グロリア・フォッサーティ さんとそのお友達、マリオさん来社~。

 レポートしたいんやけど、そのあとすぐに、他の造り手来社~ッ!

d0212522_18453120.jpg

 トスカーナ、ガイオーレ から、キアンティ・クラッシコ の雄、リエチーネ のアマンディーヌ・ゼマン さん。

 久々に飲んだ 「ラ・ジョイア」 なんかも レポートしたいんやけど、
 今から 「3人目のエトナからの使者」 と会食やさかいに、

 レポートはまたこんど~ッ!!



~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ やねんけど、レポート時間下さい。~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-19 18:50 | ワインの造り手。 | Comments(0)

d0212522_19465448.jpg

バローネ・ディ・ヴィッラグランデ の
エトナ・ロッソ 2013 と エトナ・ビアンコ 2014

 エトナ の中でも比較的早い時期から、ウチのリストに載っていた造り手。
 毎年安定した酒質と、エトナのミネラル を届けて下さる。

 造りから、真面目そうなイメージがあるが、実際はどんな人なのか?

 それを確かめる機会が明日、ある。
 オーナーのマルコご夫妻 (とそのバンビーノ くん) 来日に伴い、試飲会を開催します。

 場所は、本町 ブラヴーラ さん。
 14時 から 16時半まで。

 彼らに会って、飲みながら話を聞ける またとないチャンス。
 足を運んでね!

☆ 業務店様限定の試飲会です。 一般の方はご入場頂けません。 悪しからず。




~ 業務用イタリアワインなら、エノテカビアンキ 今すぐッ! リスト請求! ~
[PR]
by enotecabianchi | 2015-11-18 19:54 | 楽しいイベント。 | Comments(0)