「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


 木曜日なので、「アヴィブログ」の担当です。
 今日はインポーターさんと同行営業なので、昼までに仕上げました。

 こちらも見て下さいね → こちら



d0212522_13195715.jpg

 オマケ画像。
 早く来い来い秋の風。
 今日のエノテカビアンキのオフィスは、32℃!
[PR]
by enotecabianchi | 2013-10-10 13:22 | Comments(0)

 Chi vuol essere lietro, sia:
 di doman non ce certezza

 これは、「バッカスの歌」という名の詩の一部。
 創ったのは ロレンツォ・デ・メディチ。

 そう、中世の銀行家であるあの メディチです。
 歴代メディチの中でも 「イル・マニーフィコ(偉大)」 と通称されるほどの人物で、数々の功績を残した。 中でも芸術にはことのほか熱心に取り組み、ミケランジェロを若い頃から自邸に引きとってその成長に力を貸したり、ルネサンス全盛のフィレンツェを華やかに彩る芸術家のパトロンとして名を馳せた ロレンツォ。




 この 「バッカスの歌」 はイタリアでは小学校の教材として使われているのだとか。

 でもこの文章、どこかで見て 読んだことがあるような・・・。

 と思っていたら、



d0212522_13353986.jpg


 そう、イル・ポッジョーネのエンブレム。
 思い出したとき、鳥肌が立ちました。

 こんな近くにルネサンスが息づいていたなんて!
 過去のブログにも書いているので、覗いてみてね → こちら

 訳すとこうなるそうです。

 愉しみたいものは、さあ すぐに
 たしかな明日は、ないのだから



-
[PR]
by enotecabianchi | 2013-10-08 13:41 | Comments(0)

海外からの意味不明なコメント、てかほとんどがブランドものの売り込みみたいなのが書き込まれてるので、主題の通り、コメントできないようになりました。
コメントして頂ける方はフェイスブックにお願いします。
厳しいご意見も、お待ちしております!
[PR]
by enotecabianchi | 2013-10-07 12:51 | Comments(0)

 今回はグチになるので、そういうのが嫌いな人はスルーして下さいね。


 先日いつも通りに、あるインポーターへ注文のFAXを流した時のこと。

 すぐさまその担当から電話が入り、

担当:「このワインは10月から価格が変わってます。

 それから、このワインの条件(白ワインで ある程度の価格なのでケース注文で条件が出ていた) も9月で終了しましたが、それでいいですか?」

丸谷:「(エエわけないやろ!と内心思いながら) 価格が上がったのは知っていますが、条件も適応されないんですか?」

担当:「はい。 ウチが思っていたほど売ってもらえないんで。」




 エノテカビアンキは信頼関係が第一。
 それはお客さまであっても仕入先であっても同じこと。

 今回のオーダーはキャンセルしましたし、次のワインリストにもこのインポーターのワインは掲載されることはないでしょう。

 ものの言い方もさることながら、



 アンタ 半年以上もウチに来てへんやんけ!

 ほんで、アンタらがレストランに営業に回ってるとこなんか、見たことも聞いたこともないわっ!!

 
 僕は頑張っている人を応援します。
 頑張ってない人がいくらいい物を持ってきても、頑張ってないから買わない。


 「嗚呼、造り手がかわいそう。」

 久々にそう感じたインポーターだな。


 以上、グチでした。
 どこか気になる人は、今度のワインリストで姿を消したワインから想像してみてね。
[PR]
by enotecabianchi | 2013-10-05 19:28 | ちょっと言いたいこと。 | Comments(0)