「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

エノテカビアンキのブログ

bianchim.exblog.jp

イタリアワイン

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧



「おすすめのスプマンテ、ある?」

 この季節、毎日のように頂くお問い合わせです。
 お店やその人に合わせて、説明しながらおすすめしますが、必ず、と言っていいほど次に来る質問が、

「2日目、どう?」

 です。
 グラスユースで毎日の営業に使うスプマンテは、味はもちろんのこと、泡の持続性も重要きわまりない要素のひとつ。 実際、どこかの店で、飲んだ瞬間、「ま~~(ToT)」 みたいな経験は僕にもあります(苦笑)。

d0212522_20193985.jpg

プロセッコ・トレヴィーゾ・エクストラドライ NV(レ・コンテッセ)

 果実味を豊かに保ちつつ、爽やかな酸味が心地良い。
 ガス圧を高く設定することによる 「存在感のある泡」 は、ふくよかで滑らかな舌触りとなって表れる。

 2日目の泡も 「申し分ない」 どころか、きれいに 元気に残る。

 

 プロセッコがDOCGになった時、混乱を避けたいがために、DOCG以外のプロセッコ、つまりトレヴィーゾをはじめとするDOCは選択対象に入りませんでした。

 地域別セミナー、試飲会をするまでは、ね。

 地域別シリーズでは発見がたくさんありますが、最も感心したのは、DOC、DOCG関係なく、プロセッコのレベルが相当な高さにまで上がっている、ということでした。

 もはや勝手な偏見などしていられませんよ。
 そんなことをしてたら、美味しいワインに辿り着かなくなる。

 イタリアワインとはそういうものだったね。

 そう改めて感じさせてくれたこのワインに、多謝。


 
[PR]
by enotecabianchi | 2013-07-17 20:36 | 美味しいワイン。 | Comments(0)

 趣味の悪い配色、ってありますよね。 あくまで個人的ですが。

 黒、赤、金。

 よく、ヤンキー系の高級セダンにこの組み合わせを見たりすると、思わず笑ってしまいます。

d0212522_13141229.jpg

イスキア・ビアンコ・スペリオーレ 2010(ピエトラトルチャ)

 さすがはイタリア、というべきでしょうか。 この組み合わせを 美しくも ややもの悲しい色あいにして 「イスキア」をうまく表現していますね。

 年月を感じさせるやや濃い黄色。 海からのミネラルを確かに感じる味わい。 ピチピチした白よりも、こんな具合にある程度寝たワインの方が好きです。 状況にもよりますがね。

 季節柄なのか、しばらく「島」のワインが このブログとフェイスブックを彩りそうです。
[PR]
by enotecabianchi | 2013-07-10 13:49 | 美味しいワイン。 | Comments(0)